< 飯店&汽車旅館&民宿 : 我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

私は台北で駐在生活を4年間送りました。昼間は世界の平和と日本の経済発展を目指して全力でお仕事。夜になると地表にちょこんと顔出して、五木の街あたりを彷徨っています。そこで私は数多くの天使達と悪魔に出逢いました。そんな私の夜の彷徨いを台湾社会の複雑な仕組みなども紹介しながら書き綴っていきます。ほとんどの日本人が深くかかわることが難しいと思われる台北の夜世界の様子とエピソードの紹介が中心です。これは心優しい台妹たちを愛し、そこで出逢った人達とのかかわりや心のつながりをとても大切にしながら、これからも彷徨い続けていく私の軌跡です。

飯店&汽車旅館&民宿

一起去 WeGo

加菲と別れた翌日の午後、Eメールが届いていました。

「XX先生、真的很對不起, 因為哥哥和姊姊都沒有工作、所以我才會跟你開口 你請原諒。
我一定會努力努力賺錢、早日還清你借的錢。明天天我上班! 你要找我嗎?」
(XXさん、本当にごめんなさい。 私のお兄さんとお姉さんは今、仕事をまったくしていないの。だからこそ私はあなたに話したんだよ。どうか私を許してくださいね。私は必ずものすごく頑張ってお金を稼いで、少しでも早くあなたのお金を返すから。明日から仕事も行くよ!私に会いに来る?)

私は加菲に簡訊を打ち、明日の夜に酒店に行くことを約束しました。お母さんも退院し、彼女も再び、学校に行き始め、その足で上班に来るようでした。私は少し、安心したこともありました。しかし、明日、加菲がどのような表情を見せるのか一抹の不安もありました。

次の日の夜の9時半頃、私は震洲に頼んで、加菲を預點し、包廂で待っていました。10時を少し回った頃、彼女は行政に案内されて包廂に現れました。加菲はもじもじしている感じで、小さな子が何か悪いことをしたようなそんな顔で立っていました。感情を表すのが苦手な加菲はどのような顔をしてよいか、きっとわからなかったのでしょう。しばらく、何も言わず、立っていました。

私は加菲に話しかけました。

「你不要擔心。我挽幫助你一點。我知道你真的没辦法付款醫薬費。我、没關係的」
(心配することはないよ。僕はほんのちょっとだけ助けただけだ。僕は加菲が本当に医療費を支払う方法がなかったことを知っているから、気にしていないよ)

加菲はそう話すと安心したようにニコッと笑い、私の横に座りました。そして加菲は何と驚くようなことを言い出しました。

「一起做玩遊戯!」 (一緒にゲームをしようよ!)

加菲はお酒をまったくと言っていいほど飲めませんでした。そのため、いつもベテランの公關小姐にいじめられ、罵声を浴びせられることも多かったのですが、ビールをコップに注ぎ、負けたら飲むと言い張るのです。感情表現の下手な加菲は私にお金を借りたことに対して引け目があったのか、恩義を感じていたのかは定かではありませんが、とにかく、一生懸命、私を楽しませようとしていました。しかし、玩遊戯で負ける度にビールを一気飲みする加菲は笑っているものの、痛々しく、すぐに私は玩遊戯をやめてしまいました。加菲は少し、悲しそうな顔をして、自分はこんなにがんばって接客しているのにというような表情をしていました。

すぐ加菲は歌を一緒に唱おうと言い出しました。加菲は歌も苦手で跳舞もしたことはありませんでした。通常は客について10分後に1回目の跳舞があるのですが、私はいつもさせたことがなく、彼女も苦手で厭だから助かると言っていました。歌も私が唱うことはあっても彼女はいつも横でそれを聞いているだけで唱うのも見たことが一度もありませんでした。その加菲がいじらしく、歌を唱うというのです。彼女は私のために歌を練習してきていました。なぜならば、彼女が選んだ歌は2曲とも日本の歌のカバー曲だったからです。

加菲は学校や公司で電脳(PC)を使うのが好きで、いつも「開心農場」というゲームをやっていました。網路(インターネットのこと)が好きなこともあってYOU TUBEで曲を探して覚えてきたのです。私は日本の歌のカバー曲があることも知りませんでしたが、驚いたのは、その曲がデュエットになっていたことでした。

曲はサザンオールスターズの「真夏の果実」。台湾では薛凱琪と方大同が唱う「復刻回憶」という題名になっています。
 

初めて加菲が唱うのを聞きました。それほど音痴ではないのですが、本当にカラオケをしたことがない子が初めて唱うような感じで、きっと今までの生活経験の中にも歌を唱うということは、ほとんどなかったのでしょう。とにかく、楽しんで唱うという感じはなく、真面目に一生懸命唱っていました。私も曲はよく知っていたので、時々、発音がわからない中国語があったものの、加菲との初めてのデュエットは久しぶりに一生懸命、歌を唱うというモードになったこともあり、結構うまく歌えました。

次に加菲が入れた曲は夏川りみの「涙そうそう」。台湾では蔡淳佳が唱う「陪我看日出」という曲になっていました。この曲は加菲一人が歌ったのですが、一生懸命、日本の歌を練習してきてくれたことを思うと少し、その加菲の気持ちがうれしくて、彼女のあまりうまくない歌を聞き入ってしまいました。


しかし、レパートリーはたった2曲しかなく、加菲は唱い終わった後、もう、彼女自身ができることはなくなってしましました。そして、さらに彼女は驚くべきことを言ったのです。

「一起去WeGo、我們會睡覺抱抱嗎?」 (ねえ一緒にWeGoに行こうよ。私たちは抱き合って眠ることができる?)

WeGoとは錦州路にある人気のファッションホテル。
彼女のあまりにも突拍子もない変貌ぶりに私はとまどうしかありませんでした。

 画像は錦州街と林森北路の交差点にあるWeGo林森館。台北の校外には豪華な汽車旅館(モーテル)はたくさんありますが、街中の便利なところにあり、大人気のファッションホテルで夜はいつも満員といった感じです。

wego

 これは当時の加菲の写真です。ギャル的な要素がなく、タトゥーを少ししていたのも友達に誘われてやって後悔していると言っていましたが、深く物事を考えない彼女らしいことでした。おとなしくていつも受け身な性格で、時自分の感情を表現することがとても苦手な子でした。暗くてあまりよく撮れていないのですが、あどけないというか、物事をよく知らないというか、酒店のような海千山千の人間が集まるところで働くのことは彼女にとって無理がありました。3月末には結局やめてしまうのですが、それも道理でした。
私にとって、これは極めて大切な写真です。皆様をご信頼申し上げておりますので、転載や流用などを絶対にしないようお願いいたします。 プライベート版にはモザなしをアップしてあります。

加菲モザ

 次の画像はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。続きを読む

台中汽車旅館

「我擔心AYU一點」 (私、ちょっとAYUが心配なんだよね)

実は芊芊は台北に来てから長く家を空けたことはなく、旅行も行ったことがありませんでした。旅行に行く前に私たちは猫のAYUを近くの寵物生活館の動物飯店(ペットホテル)に預けてきました。芊芊は最初、旅行に一緒に連れて行こうとしたのですが、犬ならともかく、猫の行動はかなり突飛で首輪をつけたりするのもなじみませんから、芊芊を説得して置いてきた経緯がありました。子猫の時から面倒を見ていて、初めてAYUに一人暮らしさせるので、ちょっと心配になった様子でした。

しかし、芊芊がAYUのことを思い出し、心配するようになってきたので、私は少し安心しました。台中に入ってから芊芊の気持ちは明らかにいつもとは異なる様相があり、それは当然と言えば当然ですが、やっと、本来の芊芊に戻ってきたように感じたからです。

「應該OK的。我相信那個寵物生活館的老闆」 (多分大丈夫だよ。僕はあのペット店の店長信じてるから)

芊芊はちょっと心配そうな顔をしましたが、まあ、1週間も空けるわけではないので、気を取り直してウン、ウンと頷いていました。

さて、芊芊と夜の台中を走り、彼女の案内でついた所は台中で最もお洒落と芊芊が言う「精明一路」でした。まだ夜の10時を少し回ったころでしたので、多くの店が開いていて、表のヨーロッパのカフェ調になっている雰囲気の所に多くの若い人たちが思い思いにおしゃべりしながらドリンクを飲んだりしていました。

3766402576_1402285f06_o

01300000384298124591853082427

精明一街は洋風のお洒落なブティックやレストラン、カフェが統一された景観で店が並んでいます。台中の中でも特にスノッブな男女が集まるところとして知られていますが、物価は高いので一般庶民や家族連れの街という感じはありません。それとそんなに長い路ではなく、計画的に作られた商圏なので、限られたスペースといった感じです。

49511a20141a7

中壢で軽く食事をしてきたこともあって、私と芊芊は入口近くにある春水堂で軽めの點心と冷飲の珍珠奶茶を頼み、外に持ち出して夜風に吹かれながら食べ始めました。春水堂は台湾の各地にあるチェーン店ですが、雰囲気はお洒落で味も悪くなく、お勧めのお店のひとつです。

4294040701_589d675d90_o

291475

しかし、芊芊は自分がここを案内したにもかかわらず、ちょっと落ち着きません。彼女が気にしていたのは、まわりに自分の高中時代の知り合いが偶然いないかどうかでした。周りの客層は確かに若いアベックが多く、芊芊と同じような雰囲気の子がたくさんいます。しかし、彼女の風貌も高中時代よりは少し派手になっていたし、髪もエクステをつけ、完全に茶髪でしたから、もし、知り合いがいたとしてもきっと芊芊だとは気づかなかったのかもしれません。

さて、春水堂は夜の11:30までやっているので、ついつい芊芊とゆっくりしてしまいました。芊芊の台中の時のとりとめもない話はなかなか面白く、すっかり元気になった彼女は、自分の知っているいろいろな台中の話をしてくれました。私たちの旅はおおまかに予定を決めていただけで泊まるホテルも予約していませんでしたから、ちょっと予定を変更して明日は台中附近を散策することになりました。芊芊が目を輝かせて、「台中のことならまかせて」といった感じの即席ガイドになっていましたから、芊芊がお勧めのスポットをいろいろと話してくれて、計画を立てるといった感じだったでしょうか。

さて、今日はあわただしい一日だったこともあって(思ってみれば今日の午後に駕駛執照を取得したばかりでした)、ちょっと疲れてきました。そこで、芊芊が案内する汽車旅館(モーテル)に向かうことになりました。台中は汽車旅館が豊富で施設は豪華絢爛。房間には露天風呂やジャグジー、プール、サウナなどが設備されていることも珍しくありません。台湾の汽車旅館は行ったことがある人はわかりますが、本当に驚きの充実設備で、台北でも桃園や板橋、中和、永和などの周辺に行けば同様の汽車旅館があります。しかし、台北の場合は周辺部に散っていて都心部ではWE GOなどあまり数は多くはありません。しかし、台中は事情が違って、本当に多くの汽車旅館が市内に数多くあって過当競争とも言えるぐらいです。
QK休輭網 台中市

汽車旅館はラブホテルとはちょっとちがっていて、台湾では家族連れや仲間内のパーティー(大人数で泊まる)などによく使われます。台中の場合、だいたい豪華な汽車旅館は泊まりだと1万元前後が定価。高いです。しかし、そこは台湾、実は平日の場合、インターネットや電話予約して交渉するとあっという間に4000~5000元ぐらいの割引価格になってしまいます。

芊芊はこのあたりの交渉事情にも詳しく、さっそく、めぼしいいくつかの汽車旅館を網路で検索し、予約を入れることにしました。驚くべき事は台湾のWIFI環境で、芊芊は自分のノートパソコンを旅行に持ってきていましたが、中華電信のWIFIに接続して、春水堂附近のオープンカフェ席からアクセスしていました。台湾のカフェやマックではノートパソコンでインターネット接続している人をたくさん見かけますが、それは多分、日本より遙かにWIFI事情が良いからだと思います。

さて、この時に私たちが候補にしたのは次の3つの汽車旅館。名前も覚えやすく、今でもあの時に検索した汽車旅館はよく憶えていて、この後、私は台中や台南、高雄に行くたびに狭いビジネス型シティホテルよりもこれらの汽車旅館に泊まるようになってしまいました。快適さのレベルがちがいます。値段はいずれも4500元ぐらいでした。芊芊が行っていたようにWE GOもびっくり。あまりの豪華絢爛さと広さに頭がクラクラきます。

 夏都 夏都精品汽車旅館
夏都


 杜拜風情時尚旅館 杜拜風情時尚旅館
杜拜2

 水月雅緻休輭旅館 水月雅緻休輭旅館
水月

房間は平日ならばどこも満室ということはまずなく、汽車旅館の数は本当に多いですから、これらの汽車旅館と同じようなレベルの所は他にもたくさんあります。だいたい房間に広い温水プールかジャグジーがついていることが多く、驚かされます。

私たちが結局予約したのは「夏都」。第1候補だった水月は房間が少なく満室でした。

3228018_1

images (7)

台中という街は台中車站から中港路を中心に放射線状に大きな道が広がっている感じになっていて、碁盤の目になっている台北とは異なり、ちょっと方向感覚が取りづらいところがあります。大雅路・公園路という道は賑やかな通りで繁華街もこの周辺には多いのですが、この大雅路を昇って北方向に行ったところにこの汽車旅館はあります。だいたい台中車站から車で20分ぐらいでしょうか。外はコンクリートむき出しのちょっと古くさい建物なのですが、中に入るとびっくり!です。







さっそく、房間に入ると芊芊の部屋探検が始まり、いろいろなものを見つけては私に見せて話しかけてきます。基本的におしゃべりで行動的な娘ですから、このような所に来るとすぐに落ち着きがなくなります。しかし、芊芊と私が一番驚いたのはジャグジーというか温水プールというか、これが広いこと。

術後の芊芊は浴槽に入ることを3日間、醫生から禁止されていていたため、今日まで浴槽につかることはありませんでした。手術をしたのが先週の星期三(水曜日)。星期四(木曜日)は萬華に行き元気にしていましたが、暑い夏の中、歩いたりしていたにもかかわらず、彼女はこのところずっとシャワーを浴びるだけでしたから大興奮。あっというまにパッパッと脱いで裸になってザブンと飛び込んでしまいました。

「來來! 很舒服!」 (おいでおいで、すごく気持ちいいよ!)

天真爛漫な芊芊の弾けるような笑顔がそこにはありました。

温泉06burog

童年往事

「童年往事」という有名な影片があります。中国から台湾に移住した一家に起る様々な出来事を家族の一員である少年が見つめ、両親とは異なる台湾人としてのアイデンティティを獲得していくという台湾史を傍観的に描いた作品で1950~60年代の台湾が舞台となっています。

劇情簡介:侯孝賢的自傳式電影、故事是關於劇中男主角阿孝咕家庭成員三年的變化、阿孝咕的外省父親原以為在台灣只是過客、卻在此地落地生根、祖母也不斷要求阿孝咕陪她走回大陸老家、然而父親病亡、母親得癌去世、最後祖母在榻榻米去世好幾天都沒人發現。隨著前兩代親人的逐一謝世、懷舊的年代也成為記憶。導演以一種低調、感傷的攝影手法、傳達出鄉愁、絕望以至於成長的生命歷程、透過背景人事物的點描也見證了台灣數十年來政治、經濟社會的變化。

119d7039ff3

14e5a93d9aa744871b6c3205c6c447a5

「童年往事」という言葉は台湾人がよく使う言葉のひとつで、「少年時代や少女時代にあった昔のこと」という意味合いで昔を懐かしく思うときに用いられます。鹿港には懐古的な雰囲気の「童年往事」という名前の茶館があって、鹿港の街自体がノスタルジックな雰囲気に溢れていますから、このような店もマッチングを自然とするのでしょう。

 童年往事老台灣懷舊茶館
s1_2012041318254233479

a9 (1)

8012_94

芊芊は台湾の日本統治時代のことに非常に詳しかったことは以前のブログで何度か書きましたが、この店には多くの日本語の昔懐かしい看板や骨董品がおいてありました。実は旅の途中で気づくことに私はなるのですが、この旅の彼女の目的のひとつは日本人である私にかつての台湾の様子や歴史、日本が統治した時代のいろいろな遺産を見せたいということがありました。それは負の遺産もありました。しかし、芊芊は無邪気な表情の中に時折、真剣な、そして真摯な姿勢が垣間見えることがあって、彼女なりに日本人の私に実直に台湾を見つめて欲しいという願いがあったように思います。彼女が以前私に案内してくれた萬華の剥皮寮や八里の廖添丁廟にはいずれも彼女の思念や示唆があり、私も日本人として、いろいろな思いをもって、この台湾の歴史を見つめることができるようになっていました。

天后宮の老林麵線糊で吃飯を終えた私たちは芊芊が案内するまま、童年往事老台灣懷舊茶館に到着しました。

「鹿港的童年往事茶館是以懷舊為主題的餐廳、店內外皆有濃濃的老臺灣風情,喜歡懷舊風的旅人可前往一探」  

(鹿港の童年往事茶館は昔を懐かしむことをテーマにしている餐廳なんだよ。店の内外は全て濃い昔の古い台湾の雰囲気があってね、すごく風情があるんだ。だから鹿港を訪ねるような昔を懐かしむ旅行者はここにかつての台湾を味わいに来るの)

芊芊が言うように店内はレトロな飾りや台湾の家電メーカー大同が創作した吉祥物(中国語でマスコットのこと)・大同寶寶、看板などが所狭しと置かれていて、椅子や桌も昔ながらのイメージになっていました。壁には日本語の大正時代や昭和初期の頃のものと追われる日本語の古い看板も数多くあって、当時は確かに台湾は日本であり、日本語が公用語だったことがよくわかります。芊芊が私に何の看板か聞いたりすることもあれば、逆に私が聞き返したりすることもありました。当時、日本人が来ることはとても珍しく、店の方に芊芊が話しかけて、あいさつをされたのを憶えています。
童年往事 老台灣懷舊茶館(鹿港)

5192_630

しかし、芊芊と食後の珈琲を飲みながらおしゃべりをしていても飽きることはないのですが、私は今晩の住宿をどこにするか、ちょっと気になりだしました。老林麵線糊でも話をしていたので、すぐに予約をするのかなと思っていたのですが、彼女はまったく電話をする様相もなく、とことこ歩いてここへ私を案内したのです。

「芊芊、今天我們的住宿在那裡?」 (チェンチェン、今日、僕らはどこに泊まるの?)

「不要擔心。我其實已經預訂民宿了」 (心配しないで。もう実はもう民宿、予約してあるの)

本当は芊芊は昨日・星期一(月曜日)の晩にこの鹿港に泊まる予定でした。しかし、急に私が台中に芊芊を連れて行ったため、1日予定がずれていましたが、いつのまにか、彼女はそれを修正して、今晩泊まるところも予定していたのです。

「童年往事」

芊芊はまた、老林麵線糊にいた時と同じことを言いました。

「童年往事是這裡。今天那店可以睡覺嗎?」 (童年往事はここだよね。今日この店は泊まることもできるの?)

しかし、芊芊はまた、いつものエヘヘという感じの微笑を浮かべると、私に車に戻ろうと言います。ますます訳がわからなくなってきました。しかし、ミステリアスなことや行き先がよくわからないことは、この芊芊にはたくさんありましたから、とりあえず、彼女の言うとおり、車に戻りました。さて、再び芊芊が私に行き先を指示し出しました。本当に10分ぐらい運転したかしないかぐらいであっという間に芊芊が預訂した民宿に到着しました。

しかし、ここでもまた、驚きました。何とこぎれいな民宿の名前がさっきの店と同じ「童年往事」だったからです。
荘園民宿「童年往事」
Y013777000001_1_1

swfupload4e702422c2f2d

網路で預訂し、平日だと1500元ぐらいの値段、とても安くて驚きましたが、さらに中に入ってびっくり。さっきの童年往事老台灣懷舊茶館と雰囲気がそっくりだったからです。 次のサイトには動画もあり、民宿の雰囲気がよくわかります。
彰化 鹿港 老街玩創意 探風情民宿

about-P002

 雙人房。芊芊と泊まったのはこの房間。家族連れも多いようで、4人房や8人房がありそれぞれの房間には主題があり、それぞれの房間で、まったく様相が異なります。
Room-2P

ちょっとレトロな雰囲気の房間に入って、芊芊とさっそく民宿探検を始めました。なかなかつくりが凝っていて、すごくきれいにしてあります。大廳があって、そこのソファで座っていると台湾人の方々が次々と話しかけてきて、日本人の私をすごく珍しがってくれました。台湾の感想や鹿港の感想を訊かれることが多かったのですが、すごく日本のことをいろいろと訊かれたのが印象に残っています。日本の無敵鐵金剛・魔神Z(台湾ではとても人気があります。マジンガーZのこと)や大同寶寶がたくさん置かれていて、昔の限量版可口可樂牆なども展示されていました。老闆の20年以上にわたるという収集の集大成を表現する荘園になっていました。 
鹿港住宿.民宿.童年往事莊園民宿BLOG

莊主是一個五年級生、開了10年的畫廊與古董店、又開了10年的懷舊餐廳,還遍及高雄夢時代~

累了、也倦了!決定將20幾年的收藏、打造一個50-60年代的時空背景!
讓收藏的文物、還原那段失落的生活記憶!!

讓您來到童年往事莊園民宿可以回到童年、回味往事!
感受生活的真、人性的善、歷史的美、讓台灣的文化成為生命延續的一部分 ~
 
7756015618_ccaa1e8ae9_z

  台湾の国民的吉祥物・ 大同寶寶(大同健兒)。 初めて登場したのは1969年(昭和44年)。会社創立51周年を記念して登場し、一万元以上の「大同」の家電を購入するともらえました。毎年違ったバージョンの「大同寶寶」がリリースされています。中には片目を閉じたバージョンなど、高価なプレミアムがついているものもあり、ファンも少なくなく、熱心なコレクターも多数います。 台湾のレトロな店には必ずと言っていいほど置いてありますね。
MN10_010

851048448ce27dd7e394fd73ab25b116bb01634a

「芊芊、明天、我們去在那裡?」(チェンチェン、明日はどこへ行くの?)

「明天台湾的特別観光。你期待吧!」 (明日は特別な台湾観光だよ。楽しみにしてて!)  

ちょっと疲れていた私たちは早々と一緒に睡覺。
芊芊は寝付きの良い子でアッと今に夢の世界に私たちは入っていきました。

 台湾の高中や大學の卒業式でよく歌われる五月天の「笑忘歌」。芊芊も大好きで彼女の一番、楽しかった國中や高中時代を思い出させる彼女の「青春の歌」でした。「童年往事」はかなり昔の懐古的な意味合いもありますが、芊芊も少女時代を思い出してよく聴いて、歌ってました。人は最も幸せだった時代の過去を振り返ってばかりでは前に進めません。しかしながら時には心の中にある宝石のような少し甘酸っぱい懐かしい思い出にちょっとだけひたることもあってもいいと感じることがあります。芊芊との旅は私にとっても、そんないろいろな郷愁や懐念をもかきたててくれる素晴らしい時間でした。

 
屋頂的天空是我們的
放學後夕陽也都會是我們的
不會再讓步更多了
唱一首屬於我們的歌 讓我們的傷都慢慢慢的癒合
明天我又會是全新的

屋上の大空は僕たちのものだ。
放課後の夕焼けも僕たちのものだ。
もうこれ以上は、誰にも譲れない。
僕らの歌を歌おう。
そして、傷も少しずつ癒され、明日、僕はまたリセットされて斬新なスタートをきっていく。
 
青春是手牽手坐上了 永不回頭的火車
總有一天我們都老了 不會遺憾就OK了
 
青春はみんなで手をつないで永遠に元に戻らない列車乗ったようなものだ。
いつか僕らが年をとっても心残りがなければそれでOKさ。

自己和自己打一架了 想通想不通反正就是這樣了
不會再流淚更多了
有多少錯誤重蹈覆轍 有多少苦痛還不是都過來了
想起來甚至還會笑呢 

自分の心に葛藤があって、自分が納得しようがしまいが、いずれにしても現状を受けいれるしかない。
もう涙は流さないことにした。
どれぐらい同じ間違いや失敗を繰り返して来ても、
どれぐらい辛いことが遭っても僕らは乗り越えてきたじゃないか。
そこまて、本気になった自分を思い出す度に、つい笑ってしまうこともあるよね。

青春是人生的實驗課 錯也錯得很值得
就算某天唱起這首歌 眼眶會有一點濕熱 

青春は人生における実験授業。 
間違ったとして僕らの未来にとって、それはとても価値があることだ。
あの日々のことを思い出してこの歌を歌うと目元がちょっと熱くなって、
きっと涙で目が少し潤んでしまうよね。

傷心的都忘記了 只記得這首笑忘歌
那一年天空很高 風很清澈 從頭到腳趾都快樂
我和你都約好了 要再唱這首笑忘歌
這一生志願只要 平凡快樂 誰說這樣不偉大呢

全ての悲しいことを忘れてしまおう、この“笑忘歌”だけ思い出して。
あの年、とても高かった青空と澄み透った風のおかげで、
頭のてっぺんからつま先まで全部のことが
すごく楽しかったよね。
いつかまた一緒にこの“笑忘歌”を歌おうと僕と君は約束したよね。 
一生は平凡で楽しければ、それで十分だ。
僕はこの願いが立派ではないってことを誰にも言わせたくないんだ。

邦尼熊

芊芊との旅も3日目に入りましたが、この娘は本当にタフで疲れなどまったく見せません。旅行そのものにあまり来る機会がなかったこともあり、心から台湾中部の旅を楽しんでいるようでした。行くところはどちらかというとマイナーなところが多く、本当の台湾がそこにはあるので、私自身も台湾の理解が進みました。台湾のいろいろな社会的な側面が詳しくなったのは彼女のおかげと言っても過言ではありません。

目指す次の目的地は雲林の北港。 一部、西部海濱快速公路がとぎれていてく、距離はそんなにないものの結構時間がかかりました。ついたらすっかり夜でしたが、芊芊はこの日も住宿をすでに手配していました。

「芊芊、今天的住宿在那裡?」  (チェンチェン、今日の泊まる所はどこ?)

「雲林北港的。我已經預訂了。没問題、不要擔心」

(雲林北港だよ。もう予約済みだから、問題ないよ。心配いらないから) 

とにかく、北港に向けて車を走らせて汽車旅館のある天祥路に着きました。しかし、外観を見て私はびっくり。何なんだこれは?芊芊の顔を思わず、見てしまいました。

「很可愛的」 (とっても可愛いでしょ)

彼女が預訂していたのは「邦尼熊主題汽車旅館」。 ベニーベアという熊のキャラクターがテーマの汽車旅館でした。

 邦尼熊主題旅館の入口。いったい何なのかと最初は思います。中はキャラクターグッズが置かれています。
3281320093094441

邦尼熊主題汽車旅館 (4)

48e1acf1a6adf
邦尼熊主題旅館HP
雲林遇到熊

さすがにちょっと驚き。大の大人が泊まるにはちょっと気恥ずかしい感じの汽車旅館でした。日本ではあまりこのようなキャラクターをテーマにしたようなモーテルはありません。鹿港の童年往事もそうでしたが、オーナーの趣味が反映しているというようなモーテルが多いことも私は知らなかったのですが、芊芊が選んでくれる所はそのような趣向の汽車旅館が多くて、なかなかいつも面白かったですね。

これは房間もこの感じかなと思っていましたが、意外とシックでバスタブも広く、すごく快適でした。アメニティなどは邦尼熊のイメージでしたが、落ち着いた空間でした。中の様子はHPを見てもらうとわかりますが、清潔感もあって平日で網路予約だと1500元ぐらいで泊まることができ、リーズナブルでした。普通のビジネスホテルよりも快適で面白く、芊芊との旅の疲れも十分にとることができました。

この日も芊芊はノートPCを網路につなぎ、何かを調べていましたが、端末のモニターを見せてくれません。見ようとするとPCをもって逃げたり、画面を閉じてしまいます。きっと、また、私を案内するためにいろいろと調べているのでしょうが、私も楽しみをとっておくことにしました。

明日は芊芊が言うところの台湾で神様が集まる街・北港。媽祖廟の総本山があることや五路財神の総本山があることは知っていました。信心深い芊芊は宮や廟に行ってはいろいろなお祈りをすることを好んでいましたが、この雲林北港には、ぜひ、来たかったようです。彼女自身も来たことはなく、とても楽しみにしているようでした。寺院に若い女の子がお参りに行くのを楽しみにしているというのは、日本の若い子ではあんまりいないように思いますが、台湾では本当に多くの子が機会があるたびにお参りに行きます。台湾にはたくさんの神様がいますが、それらの神様が普通に生活の中に根付いているように感じました。

芊芊は元気でPCでいろいろと調べ物をしていたようですが、この日の鹿港のウォーキングと王功での採蚵車ツアーの疲れもあって私はあっという間に睡死(台湾人がよく使う爆睡の表現)でした。 

さて芊芊の術後からちょうど1週間。明日はいったい、どんな一日になるのでしょうか?

雲林北港

変貌的歴史

さて、南投・鹿谷郷の山中にいた私たちは渓頭森林遊樂區の入口にある 「明山森林會館」 に私たちは泊まりました。妖怪村ができる以前、このホテルはかつての東京大学演習林を受け継いだ台湾大學實驗林の第二入口にあたっていて、杉林の中に当時から森林浴を目的に来る台湾人客のためにありました。童話森林といういろいろな童話に出てくる白雪姫やシンデレラ、不思議の国のアリスなどのキャクターの人形やオブジェが飾られた森林があって、そこに本館とは別にコテージも数多く設置されており、森林散策を目的としていました。このホテルは妖怪村ができる以前からあり、すでに40年以上の歴史がありますが、妖怪村が開村してからは、妖怪村色を全面に打ち出して、このところ、訪問者が激増して一層の成功をし、大きな変貌を遂げました。
妖怪村Facebook

 角色(コスプレも中国語)好きの台湾の若い子にも妖怪村はうけました。模特の撮影も今はとても多くなっています。台湾小姐による可愛い犬神様。
-F coser (8)[2]

-F coser (17)[2]

 これは妖怪村が開村する前の明山森林會館。本館のトップには妖怪イラスト壁がありません。まわりの雰囲気もまったく変ってしまいました。当時は訪れる人も決して多くなく、静かすぎる杉林の中の飯店でした。
3976098518_917807d970

 芊芊と行った当時2008年頃の明山森林會館でもらった概況図。鳥居は東京大学演習林の名残として当時は台湾大學實驗林第二入口でした。今はこの横に妖怪村が開村しています。 
494374110c5b0

 明山森林會館の童話森林。奥深い杉林の中に童話に登場する動物やキャラクターたちの人形があります。
vYD65dO7WlBi683nU8NL1A

douwa

妖怪村が開村してからは、 観光に来る台湾人たちはここに泊まるのですが、私が芊芊と行った当時は妖怪村色はまったくなく、まだ、森林の中にある静かな山荘風大ホテルという状況でした。当時よりも今は一層、充実度が増していて大きなメインのホテルと森林の中にはコテージも独立棟としてあり、妖怪村のキャラクターがホテル内には多く飾られて雰囲気を盛り上げていますから、一度、お泊まりになると楽しめると思います。
明山森林會館HP~楽しいつくりのHP ぜひ、クリックしてみて!
明山森林會館紹介
溪頭-明山森林會館(妖怪村)~妖怪村とのタイアップ後の現在の様子

 現在の明山森林會館。本館の屋根部分に妖怪村のキャクターのイラスト壁が新たにできました。
IMGP9678

 現在の明山森林會館の大廳。妖怪村の専属ホテルというイメージで今は大々的にキャンペーンをしています。
img_252227_6456730_0

img_252227_6456730_1

DSC05747

 現在は妖怪村の入口となったかつての日治時代・東大演習林入口の鳥居。台大に演習林が移ってもそのまま維持されていて、私と芊芊が行った頃はこの奥に松林さんの子孫が妖怪村の造成を始めだしていました。
CIMG6524

芊芊は前日にここを網路で預訂していましたが、宿泊客はバイクや自転車のツーリストや大学生アベックの台湾人が2組で来ているような感じで、あまりこのような山林は子供には面白くないのか、家族連れはほとんどいませんでした。落ち着いた住宿で空き部屋も多かったこともあり、私たちは本館でも別墅(別荘のこと:コテージ)でもどこでも選んで良いと言われました。せっかくだからということで芊芊とちょっと木屋區(木造コテージエリアのこと)にある豪華な4人用の1戸建てを選択、値段はどこでも同じでいいと言ってくれました。

しかし、私たちがどのタイプの部屋でも良いと言われたのにはちょっと理由がありました。この明山森林會館の別墅はすべて異なるつくりになっていて名前も童話の森の中に点在するので「有巣館」(アリス館)などと童話に登場するキャラクターの名前や自然の風物の名前がついています。大家族で泊まるような集英客棧や二世帯が泊れるような暁風館などの大きな別墅もあります。

要領の良い芊芊は基本的にいつもニコニコしていて愛想が良いので、日本人の私がこの南投の山奥にある日本ゆかりの地をわざわざ訪ねてきたことをアピールして、チェックインの時に會館の支配人までフロントにあいさつで登場してしまいました。従って、結局、夕食の自助餐(バイキング)の啤酒免費も含め、すごくおまけをしてもらうことになり(このあたりが台湾のいいルーズさです)ました。

預訂では普通は2人の場合は本館の雙人房(2人部屋)または別墅も1房間のタイプになるのですが、4人や家族連れで泊まるのが標準の3房間(2寝室と1客廳)別墅1棟を2人分の料金で借りてしまいました。さらに芊芊は星が見たいので2樓(2階のこと)に陽台(ベランダのこと)があるタイプがいいと話をしてあっさり、OKになってしまいました。値段は確か2人で2500元ぐらいだったと思います。ただ、台湾独自の網路割引、平日割引だとあっという間に定価の半額ぐらいになってしまうこともあり、さらに妖怪村ができた今はかなり高い値段になっていますね。きっと当時とは異なり、客はひきもきらない状態という話ですから、このようなことはもうありえないと思います。
明山森林會館 : 小木屋別墅~すべての別墅の画像があり、わかりやすいです。

 私たちが泊まった迎風亭。三角屋根で狭そうに見えますが中は広くて3房間ぐらいありました。二階の寝室を出るとすぐに陽台(バルコニー)があり、1階にも陽台(こちらはベランダ風)が両サイドにあって夜風が気持ち良かったです。 外から見ると苔むしたような屋根の青いペンキの塗ってあるちょっと安っぽい感じでしたが、中はとても広くてきれい、快適でした。
hbbx_lSXXCBtGPTRKouIA

IMG_0094

cm20120724_38397_78908_e9b7cb74d7dbeb6616aae8a4bffedbcb877

この明山森林會館は旧・東京大学の演習林のことや妖怪村を建造している松林氏の家族のことをすごく大切に思っていて(この明山森林會館も松林氏一族の経営のようです)、日本人である私を大歓迎してくれました。妖怪村が開村した今は日本人もよく泊まるようになったと思いますが、当時は日本人が来ることは極めて珍しく、日本の大學の農学部林学系の研究者が時折訪れるのみだったようです。會館のスタッフはとてもフレンドリーで夕食の時もすごく、私と芊芊のところに話に来られました。人見知りせず、誰とでもすぐに仲良くなる才能のある芊芊はすぐに日治時代から現在の経緯、2009年から開村を始め、2010年にはほぼ完成する妖怪村の概略やこの明山森林會館のタイアップの仕方などの話をしていました。今、明山森林會館には妖怪のキャラクターでアメニティや内装が統一されていますが、あれは芊芊がこの時にアイデアを出していたので、もしかしたらそれが参考ににされたのかななんて勝手に思っています。

 現在の明山森林會館のマスコットキャラクターの妖怪公仔・枯麻(KUMAR) 
1312268983-33bb7b0496b85a2c5c733329d1048651

二町妖怪T_拷貝

 現在の明山森林會館のアメニティグッズ。当時とは異なり、すべて妖怪村一色になっています。
8120671598_862686a84a_o

現在は妖怪村の松林商店區でやっているようですが「竹筒飯DIY」というのが、この明山森林會館では当時、やっていて、南投・竹山と鹿谷は杉林と竹林で有名ですから、粽づくりか竹筒飯づくりを夕食時にやっていました。これは私は初めて見たのですが、芊芊はまた自慢げな顔をしてていねいにやりかたを教えてくれました。しかし、実は説明の看板が目の前にあってイラストもありましたから、だいたいわかったのですが、こんな時の芊芊は生き生きとしていますから、気持ちよく習わないといけません。

 現在は妖怪村の松林商店區で観光客への売り物のひとつとして実施されているようです。
DIY0

「DIY竹筒飯就只是把炒過的米飯裝進竹筒内、封上鋁箔紙後、放入蒸籠內蒸熟。因為會館厨房說直接幫我們製作、不要擔心的。密密麻麻的竹筒飯中!」

(DIYの竹筒飯はねただ、炒めたお米を竹筒の中に入れるだけ。そして上の部分をアルミ箔で封入してセイロで蒸すのよ。だからDIYと言っても會館のスタッフが直接、話しながら私たちがつくるのを手伝って くれるから心配ないから。だめだめ、竹筒の中には隙間がないようにご飯をいれなきゃ!)

DIY2

15

DIY

A_jessica_20050721235729_general_000005s2

この竹筒飯はもともと原住民の料理法だったようで、鍋やフライパンなど米を料理する調理器具代わりに竹を使い、竹の熱伝導率と耐久性の良さ(かつて竹は電球のフィラメントなどにも使われていました)を生かすとともに竹の香りや防腐効果をも活用したものです。実際にはセイロで蒸したりすることなく、豪快に野火で焼くようです。南投・竹山では翌日気がつきましたが道路でもよく原住民のおばさんと思われる方がこの竹筒飯を売っていて
[南投鹿谷]隱藏在鄉間美味~天鵝湖茶花園巨無霸竹筒飯,邊吃美食邊看螢火蟲

4b4c5c56ab0b2

竹筒1

明山森林會館の本館で吃飯をしながら、楽しく會館の方々と語り合った後、私と芊芊は童話森林の別墅・迎月亭に移動しました。そこで、芊芊はまた、思わぬことを言い出したのです。

File_2012072013560777

01frame_01

迎月亭的晩上

明山森林會館の迎月亭はなかなかのものでした。2階建てになっているのですが、客廳(リビングルームのこと)もあり、二樓の寝室からの夜空は杉林の間に星が瞬いて、空気も澄んでいるのでしょうか、夏なのにちょっとひんやりした清涼な風が流れていました。

 杉林と迎月亭。小さく見えますが、実際にはなかなか立派です。
P1000559s
 
 一樓には客廳があり、芊芊とここでよく話しました。
cm20120724_38397_78908_114aeb02c2ac8988c1b820d7bf021a09361

 一樓の寝室。一家族が泊れるようになっていて、大きなキングサイズのダブルベットと小さなダブルベットがあり、大人の夫婦2人と子供2人が一部屋で眠れるようになっています。
cm20120724_38397_78908_4db38bce0553ded249f87302cf2d0e9a373

 二樓の寝室。1組の夫婦またはアベックが泊れるようになっています。実際に私たちが眠ったのはここ。
cm20120724_38397_78908_0653e08930c32421dc577098dd2d7599441

さて、シャワーを浴びた後、客廳でゆっくりしていると芊芊もやってきて話が始まりました。

「這個旅遊是也終於結束」 (この旅行もいよいよ終わりだね)

確かに短くは感じたものの、結構、長い間、芊芊と台湾西部から中部を旅していました。星期一に免許を取得してすぐに出租車(レンタカー)を借りて、台北を午後に出発してからもう4日間が経っていました。

星期一 台北から台中へ 芊芊の思い出の地を夜にこっそりと周り、台中の汽車旅館泊
星期二 台中の彩虹村→太陽餅DIY→高美湿地と周り、鹿港天后宮へ 鹿港の民宿泊
星期三 鹿港を歩いた後、午後には王功漁港へ行き、夜に北港朝天宮へ 北港の汽車旅館泊
星期四 北港武德宮 →虎尾布袋戲館と日本故事館→古坑・華山咖啡園區と周り、夕方に南投に入って竹山の紫南宮→集集站と最も超ハードなスケジュールをこなしてここ明山森林會館に来ていました。

しかし、この明山森林會館の木屋は静かで、本当にリラックスでき、私たちも心身共に解放でき、戸建てだったこともあってゆっくりできました。明日の星期五は最後の清境農場で泊まり、星期六に台北というのが芊芊の今回の計画でしたから、残すところはあと2日となりました。ただし、私は台北で出租車を星期六まで借りること(つまり五泊六日)とおおまかな計画だけしか芊芊に知らされておらず、鹿港や北港に行き、最後は清境農場で泊まるということぐらいしかわかっていませんでした。

「星期天我想回台北。因為向我的計劃沒有住在台中的預定、所以我們的旅遊要更一天的」

(私は日曜日に台北に戻りたいな。だって私の計画には台中に泊まる予定はなかったの。だから、私たちの旅にはもう1日必要なの)

確かに1日目は鹿港まで行き、その夜は鹿港で泊まる予定でした。しかし、芊芊の故郷である台中に突然、寄ったのは私の判断でした。従って彼女の当初の予定には彩虹村や茶藝館、太陽餅店、高美湿地へ行くことは入っておらず、彼女がその場で考えた行程でした。従って、確かに1日ずれていて、芊芊はノートPCですべて住宿の預訂をその都度修正していました。

「 其實我已經結束聯絡了。也做再二天分的住宿的預約、出租車到星期日也借OK、貓貓也可以住寵物生活館、所以没問題的!」

(実は私、もう2日間分の泊まるところの予約もしちゃったんだよね。レンタカーも日曜日まで借りるのOKだって。それと猫もペット店が預かってくれるって言ってたから、問題ないよ!)

芊芊はいつものようにペロッと舌を出すような悪戯娘の表情で出し抜けに私に言いました。私がシャワーを浴びている間、ノートPCを使って網路をつないでいたようでしたが、山間部などでなかなかつながらないと言っていたのはどうやら、この作業をするためでした。

まったく、この娘はいつもこの調子です。思えば没有MCの話も突然でした。

人工流産の術後、芊芊は絶好調で、まったく体の不調を訴えることや突然の不正出血もなく、元気満々でした。
芊芊は思えば、服もところどころで安いものを買い足していて、旅行の継続はどうやら確信犯でした。私の暑假は正確にいうとこの星期四まで。しかし、年次休暇を1日使い、土日は当然、週休日なので休みという状況でした。土曜日に台北に帰り、日曜日はちょっと休養して仕事の再開に備えようと思っていた計画が見事に崩れてしまいました。

まあ、いいか。

私も芊芊の子供っぽい表情を見ると、1日遅く台北に帰っても実質的な問題はないこともあり、彼女の提案を了承することにしました。

「好的、芊芊」 (いいよ、チェンチェン)

そう言った瞬間、彼女は跳び上がるように喜んで、いきなり抱きついてきました。
本当に子供のような無邪気さがあり、気持ちを包み隠さない彼女の気質の魅力は他の子にはないものでした。

芊芊は実はちょっと心配だったのでしょう。仕事があることを彼女は知っていましたし、旅行費用も余分にかかることになるので、断られるかもという一抹の不安があったようです。まあ、私も芊芊もお金は余裕をもって持ってきていてそれぞれ、5万元ぐらいはありましたし、信用卡(クレジットカードのこと)もありましたから、問題はありません。車の運転も慣れてきたし、私もこの際、日本人がなかなか行けない台湾中部を巡ってみたくなりました。芊芊という最高の可愛い案内役がいるのは、本当に貴重なことだったからです。

「芊芊、明天我們去在那裡?」 (チェンチェン、ところで明日はどこへ行くの?)

また、「秘密的」というと思っていたら、彼女はあっさりと今回は答えてくれました。

「是台灣的秘境中的秘境喲!」 (台湾の秘境中の秘境だよ)

よくわからないのですが、南投は確かに山間の縣。なかなか行けない所に行くようです。
あまり、訊くと楽しみがなくなってしまうので、私も深くは訊かないことにしました。

thumb5

私と芊芊は陽台に出ました。高く伸びた杉林から垣間見える夜空には落ちそうなぐらい星がいっぱい。
明日、この元気娘はいったい、私をどこへ連れて行ってくれるのでしょうか?

south-korea-vector-illustration-beautiful_00153918

Unlimited Sky

やっと竹山天梯の停車場についたのですが、さすがに疲れました。早朝から杉林溪の散策、そして、悪路を緊張感の続く中を運転して八卦茶園でちょっとゆっくりしたと思ったら、最後はとどめの竹山天梯。芊芊が言うところの「台湾的秘境」を十分過ぎるほど味わった一日でした。時刻はすっかり、夕刻。まだ、陽が落ちるまで時間はありますが、流石に私は今日はここまでと思いました。

「芊芊、今天的住宿在那理?」 (チェンチェン、今日の泊まるところはどこ?)

この南投・竹山の大自然に囲まれた民宿に泊まるに違いないと思って訊きました。疲れたから、夜は啤酒でも飲んでゆっくりと星空でもまた見るかなといった気分でした。

しかし、どうも芊芊のエヘヘというような笑容が気になります。なかなか、彼女は言いたがりません。しかし、観念したように一言、ポツリとつぶやきました。

「埔里的」 

思わず、私はまいりました。ここから再び山を下り、さらには集集支線を越えた北側まで行かないと行けません。今日はこのあたりに泊まって、明日、清境農場に向かうとばかり思っていた私の予想をはるかに超えていました。しかし、芊芊の頭の中にはどうも明日の予定があるようで、どうしても今日中に埔里まで行きたいとのこと。そしてちゃっかりしている彼女はすでに預訂も網路でしていました。

「不有擔心。應該大約2小時左右我們可能到達吧。没問題。而且有高速公路、所以附近的」

(心配しないで。だいたい2時間もあれば着くからさあ、大丈夫。その上、高速もあるから、案外近いよ)

仕方がない。行くか。

芊芊は無理難題を言う悪戯っ子のような顔をしています。私は芊芊のように当然、台湾のこのあたりには詳しくはないし、PCも持っておらず、網路も使えない状況ですから、彼女のナビに頼るしかありません。

竹山天梯からとにかく頂林路は一本道。まずは竹山市區に出て、そこから福爾摩沙高速公路に乗って北上、集集線鐵路を越えて、水沙連高速公路と言う道筋でした。確かに高速公路に乗るまでが大変ですが、午前中の大鞍林道とは異なり、ナビを見る限りちょっとカーブが多い道ですが、整備されているようですから、それほど苦しくはないかもしれません。高速公路に乗れば、埔里は直結していますから、まあ、問題なく着くような気がしてきました。

「真的我想過預訂有名的天空的院子、不過、那個的民宿是很人氣、民宿所以不能到達了」

(私、本当は有名な天空的院子に泊まりたかったんだけど、とても人気があって予約できなかったんだ)

天空的院子という民宿は竹山鎮頂林路にある三合院の非常にレトロな雰囲気のある有名な民宿で極めて房間の数が少なく、普通、数ヶ月前ぐらいから予約しないと泊れないと言われています。特に夏のこの時期はトップシーズンなので、相当、早くから予約しないと無理でしょうし、増して今日は星期五の週末ですから、まったく無理な話でした。
天空的院子
天空的院子-昔與今最完美的結合
Taiwan Navi 天空的院子~日本語で詳しく案内されています。

1202725739

e5a4a9e7a9bae79a84e999a2e5ad90

さて私たちは頂林路を下り、道路に面した竹山天梯大鞍山林瓦舍の前を通過、天空的院子に近づいてきました。ちょうど大人凍林道との分岐点附近にあるのですが、私たちはちょっと見学をしていこうということになりました。天空的院子はちょうど夕焼けに染まり、なかなか情緒がある素晴らしい雰囲気でした。特に庭が美しく、三合院の建物も中華風のような和風のようなつくりで、竹山の文化を継承するような竹細工なども置かれており、正直なところ、感動しました。泊まることはできませんでしたが、民宿の方が芊芊と話をしていて、どうやらゆっくりと見学していってくださいと言われたらしく(私はいつもの早口の中国語でよくわかりませんでした)、民宿内を30分ぐらいでしょうか、ゆっくりと散策させてもらいました。こんな山奥に雰囲気のある民宿があることがそもそも凄いのですが、数ヶ月前から予約しないと泊れないと言われている理由はよくわかりました。

4a6c5ad97cd1b

「芊芊、我餓肚的。如果可以的話、我想吃在這裡」 

(チェンチェン、お腹が減ったなあ。もし可能だったらここで食べていこうよ)

今日はすごく歩いたこともあり、さらには昼も杉林溪を出るときにちょっと軽く食べただけでしたから、とてもお腹が減っていました。芊芊もその提案に賛成し、民宿の方に訊いてもらいました。しかし、ここは宿泊客だけに食べてもらう特別な晩餐便當があって、外などで自由に食べる方式ということで、宿泊客の分しか数を作っておらず、その願いはかないませんでした。

 天空的院子の晩餐。特別な容器に入っています。私たちは食べることはできませんでした。
4a6c5acf2c8c6
 
しかし、ここからちょっと先の大人凍林道を行ったところに景色の良い「上山閱讀」という本がたくさん置いてある餐廳があるという紹介をしていただきました。そろそろ暗くなりかけていたこともあって、私と芊芊は早速、その上山閱讀に向いました。5分ぐらい運転するとあっという間に到着、山のてっぺんの斜面に作られた小さな建物でしたが、広いオープンカフェもあり、心を打つ素晴らしい景色を見ることができました。 「上山閱讀」とは「山の上で本を読む」という意味。小さな建物の中にはたくさんの本がちょっとしたライブラリーのようになっていて置いてあり、ここで素晴らしい景色を見ながら珈琲を飲んで読書をするというのが、この餐廳のコンセプトになっていました。 

normal_49be51c77702b

3089255546_d101fb2544

5918-G20100929104334

時刻はちょうど夕刻の黄昏時。上から見下ろす山々に残照が光り、吃飯をしている間にあっという間に宝石箱をひっくり返したような美しい夜景へと変っていきました。 

4

9

201005251759062317244

DSC_3921

「芊芊、很美麗的。真的我感動了」 (チェンチェン、とってもきれいだなあ。本当に感動するよ)

「恩、恩」 (うん、うん)

美しい光景を見たとき、いつも芊芊は子供のように見入って、饒舌な彼女らしくなくなってしまいます。 

芊芊とは台北の陽明山で文化大学やTOPSから一緒に夜景を見ましたし、淡水や台中近くの高美濕地でも美しい夕焼けを見ました。しかし、それぞれの場所にはそれぞれの想いがあり、変化していく心情を七色に映し出すプリズムのような役割がありました。私と芊芊も最初に酒店の更衣室で逢った時から、実際にはまだ1ヶ月足らずなのに、何年も前から彼女と知り合いだったような錯覚をこの時、抱いたような記憶があります。

上山閱讀の招牌の下には、この餐廳のキャッチフレーズが書かれています。

5

「Unlimited Sky  空中食飲」      

私と芊芊は確かに美しい空の中の世界に、この時いました。

1024-768

聽著自己的心跳 沒有規則地跳躍
我安靜地在思考 並不想被誰打擾
我們曾緊緊擁抱 卻又輕易地放掉
那種感覺很微妙 該怎麼說才好

時間分割成對角 停止你對我的好 瓦解我們的依靠

在你離開之後的天空 我像風箏尋一個夢
雨後的天空 是否有放晴後的面容
我靜靜的望著天空 試著尋找失落的感動
只能用笑容 期待著雨過天晴的彩虹

在你離開之後的天空 我像風箏尋一個夢
我靜靜地望著天空 試著尋找失落的感動


選擇住宿

礁溪の街に機車で戻った私たちは、芊芊が事前に網路で預訂してあった飯店にチェックインしました。いつもこじんまりしたような民宿を好む芊芊のことだから、また、街中にあるマイナーな飯店を選ぶのかなと思っていたら、予想をさらに裏切って礁溪站の反対側、繁華街のある方とは逆側にある静かな民宿でした。

「礁溪有很多飯店。應該100個以上的飯店。都大概有湯屋。不過服務為價格有比例、因為礁溪是很有名的觀光溫泉地、競争激烈、所以我們選擇住宿是重要的」

(礁溪はとてもたくさんのホテルがあって、多分、100軒以上はあるわ。すべて部屋には浴槽のある温泉もだいたい あるよね。ただし、サービスがすごく値段と比例していて、競争も激しいから、私たちがどこに泊まるかを選ぶことはとても大切なんだよね)

 礁溪の中心部に立ち並ぶ大型溫泉飯店。まわりにも中小の飯店がたくさんあり、500元ぐらいの宿もあります。夜になると色とりどりのネオンが派手に点灯して、ちょっと不夜城のような雰囲気になります。礁溪は台湾では珍しく、平地に湧いた溫泉であるため、開発がすごく進み、街全体が觀光化しています。
0065AFD9-B195-49BA-8EE1-5B5EC6FE9EEE_d

5933192546_fa91f9ed9f_b

2380848439_4178f4f18b

342331

礁溪の街は駅前から中心に温泉路という道があり、ここから街中を流れる温泉の小川:温泉溝を中心に繁華街や夜市が広がります。特に足湯の設備が立派な温圍溝公園の周辺が賑やかで、この周辺に大飯店が数多く点在しています。日本人がよく泊まるのは、街中では蘭陽、山泉、中冠、凱麗、川湯春天、麗翔、皇泰などの大きなSPAがある大飯店が多いですね。

 礁溪導覧圖。クリックすると大きくなります。下側が西。上側が東の海岸側になります。
map1-b

「真的我想選擇老爺大酒店了、可是比較貴、從城市很遠的」

(私は本当は老爺大飯店を選ぼうと思っていたんだ。だけどちょっと高いのと街から遠いんだよね)

多分、この礁溪で一番いいホテルは私も礁溪老爺大酒店だと思います。私もここに泊まったことがありますが、多様な温泉SPA設備、広くてきれいな内湯、ドクターフィシュのいる足湯、和式の広い部屋にアロマを選んで入る大きな浴槽もあり、礁溪で満足感は一番あるのではないかと思います。料金はちょっと高めですが、それに見合うサービスや設備で、ちょっと街中から離れた五峰旗風景特定區の高台にありますが、旅行で礁溪に日本から行かれるならば、ここに泊まるのが間違いありません。
礁溪老爺大酒店

3761510885_ae7efa89c6

filename-img-2893-jpg

hotel_9_big

老爺1

しかし、芊芊はいつもながらの情報検索力で普通の日本人ではなかなか泊れないようなマイナーな民宿を探し出していました。彼女が言うにはポイントがいくつかあって、それに近い所を選んだとのこと。

 房間に日本的なつくりの湯屋があって、広くて、段差が少ないこと。

これはなかなかの条件で、多くの飯店は湯屋があっても浴槽が置かれているタイプが多く、湯に入るために足を上げて跨がなくてはいけません。芊芊の希望は、床から掘り下げてあるようなタイプの湯屋でした。それと後から聞くと、日式の雰囲気があって、湯屋から外が見えて気持ちがいいことも条件にしていたようです。

 温泉SPAはなくても良い。礁溪は多くの公共溫泉地があって、いろいろなタイプのSPAに入ることができるし、住宿では、それよりも裸で広々と気持ちよく入れる湯屋が重要。

礁溪の公共温泉地は方々にあって、ちょっと入りたくなれば入ることができます。基本的にどのホテルでもSPAがあり、泊まらずに温泉SPAだけの利用も可能ですが、はしごするほどのことはありません。

 街中から少しはずれた静かな所。礁溪は大歓楽街的な溫泉地で夜中もKTVなどでうるさいから、少し離れた所がいい。街に行くために自転車があると便利なので、貸し自転車がある所がいい。

確かに行くとわかりますが、夜はネオンがギラギラの大温泉地で、人が街を夜遅くまでフラフラたくさん歩いています。2時ぐらいまではかなり人がいる雰囲気なので、静かにすごすには、少し離れた所の方がいいかもしれません。

こんな条件で芊芊が捜したところはこの「奇立丹民宿」でした。網路で優惠方案があって2人で約2500元(当時)のお得な価格。こじんまりしていい宿です。ちなみに民宿の老闆が言うには私が初めて来た日本人とのことでした。
礁溪溫泉民宿【奇立丹 宿‧食‧湯】官方部落格

ここは私の感覚では超お勧めです。礁溪の田園地帯の中にポツンとあって静かな環境。レンタサイクルが無料で貸してもらえるので、ちょっと外を散策するにも便利です。街中まで自転車で10~15分程度です。各房間にはかなり広めの湯屋があります。それと独特の構造で、ガラスがどこも広くとってあるつくりなので、外の風景がきれいで心が厭されます。2食付き(夜・朝)と1食(朝)付きがあって、餐廳はやはり、ガラスが大きくとってあるため外の風景を見ながら食べることができて、食事もおいしいです。ただ、温泉SPAはないのと、繁華街から離れているので、温泉SPAざんまいして、街中をフラフラしたい人はやはり、蘭陽、春天、中冠あたりに泊まった方がいいかもしれません。

ただし、日本人はまず、いませんし、この民宿を紹介している日本人のブログや旅行記も私は見たことがありません。やはり、街中の大飯店が便利でまちがいがないので、そのレポートが多く、バックパッカーのような安宿専門の日本人旅行者も街中の500~1000元ぐらいの飯店に泊まっているようです。私たちは土日に泊まりましたから、ちょっと高かったのですが、それでも当時、早餐付きで3000元しませんでした。とてもお得です。

7f1ec228e6e53a68c5fb82ec4583a2a8

 また、 台湾の不思議な所はどんどん7折、8折になる優惠方案がたくさんあること。まともな値段で泊まっている人は日本から来る事情がよくわからない旅行者ぐらいかなと思っています。網路で預訂したり、早めに預訂するとかなり安くなり、平日と假日でも価格が異なったりします。それと空いている房間がないと低い値段の房間の価格で高い房間を回してくれることもよくありました。 交渉も重要で、いつも芊芊は高くなることはないから言わなければ損という方針で必ず交渉していました。需要と供給の関係でかなり価格がぶれるのが、台湾の特徴で、日本のように房間が空いていても値引きしないということはありません。客人を少しでも入れてちょっとでも稼ごうというところがあります。
b1a8bbb8263cf69b641fdc7567e032c9

 周りはのどかな田園風景が広がります。夜は礁溪の繁華街のネオンがよく見えます。
m_PXlS99jA

45a0acb21f1e356fd10a367c1f8f3ee6

 右側の大きなガラス窓の部分が餐廳。本館の中央下に置いてあるのがレンタサイクル。
6369508689_5553b75484_z

 独特のつくりで本館の裏側に中庭を囲むように各房間があり、日式の雰囲気を出しています。
d03a5b60b6fb949f2f24ad692f18da3f

 房間は広くて、快適。窓際に湯屋が配置されていて、構造がめちゃくちゃ便利。間のガラス戸を閉めれば、湯屋の湯けむりや湿気も気になりません。
8148_8870_0

 台湾人の台湾人の方の旅行記ブログに掲載されていた房間の様子。雰囲気がとてもよくわかります。
VOYAGE~旅途
5

 房間は結構、広くて奥には湯屋があり、芊芊がこだわったように段差がないので、浴槽の縁に座って温泉を楽しんだり、できます。トイレが同じ湯屋の中にあるのだけがちょっとマイナス。浴槽はとても広々していて、比較的湯船が狭い台湾の飯店内湯屋では特筆もの。窓の外は礁溪の繁華街のネオンの夜景。
7814454064_8552deba39_b

 礁溪の湯は無色の炭酸水素ナトリウム泉。弱アルカリ泉でちょっとヌルヌルしていますが、いいお湯です。
IMG_5269 (1)

 湯屋の横の窓ガラスが大きくて、外の田園風景を見ながらの泡湯は本当に気持ちいいです。湯船も広くて、2人で楽々。水着を着ずに2人でまったり、ゆったりするのは最高のロケーションです。
20110823【宜蘭│礁溪】住宿:礁溪-泉民宿-奇立丹1

 こちらは街中にど派手なネオンがついている蘭陽溫泉大飯店の房間湯屋。和風のつくりと檜風呂で日本人には人気ですが、浴槽が狭いのと浴槽が置いてある形なので、踏み台を使って跨いで入らないといけません。芊芊はすごくこのことにこだわりがあって、跨いで入るとなんとなく入れないと言っていました。私も芊芊の言うことはすごく正解と感じていて、この奇立丹民宿の湯屋の方が楽で長くダラダラできて、いいですね。奇立丹民宿のような床の高さから下に掘り下げられているタイプの浴槽は意外と多くの飯店にはありません。
3222438_1

 奇立丹民宿の餐廳。お洒落でとてもきれい、食事もうまい(私たちは朝だけ食べました)です。
1338808944-4003202978

 台湾人の方の旅行記ブログに掲載されていた晩餐。私たちは食べませんでしたが、おいしそうですね。
VOYAGE~旅途
6 (3)

 早餐は自助方式です。早朝、外の田園風景が気持ちがいいのでパクパク食べてしまいますよ。
1333977326-3808204774_m

1333977326-2561974053_m

さて、とりあえずは民宿にチェックインして、荷物を房間に置いたところで晩餐を食べに礁溪の街中へ。

「我們用騎車比較好、比較方便!」 (自転車に乗ってくのが便利でいいから)

機車は民宿において、今度は芊芊と夜風に吹かれて自転車でお出かけ。
小径を適当に入ったり、ちょっと停めたりするのに自転車の方が城市内は圧倒的に便利という芊芊の建議。

芊芊と共に礁溪の街へ。どんな新たな発見があるのでしょうか?

 台湾の民宿にはかなりの確率でレンタサイクルがあります。周辺の観光用の足として重宝します。
afd9077b46ec35e55bb16676f43bbcf7

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタス&げん玉の登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


自我介紹-My Profile-
E-mail Messege
~ Blog's Thema ~   戀愛的幸運餅乾  台灣女大學生來跳舞­
~Beatiful Taiwan~  台湾心跳聲-蔡依林   
~I'm Not Yours~   蔡依林&安室奈美惠
青春無敵!台灣加油讚
近期發表文章50(有照)
LINE読者登録QRコード
今天你們的運氣好嗎?
今天我最美     今日の台湾美女Click⬇
我有懐念、美麗的歌曲
いずれも私にとっては思い出深い美しいバラードです。台湾を愛する皆様もぜひ、お聴きください。↓
禮物~劉力揚 Jeno Liu
夢中作憨人       ~阿密特(張惠妹)    
四季~黃麗玲 A-Lin  
愛台妹的訪客總數
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近14天、訪客總數

    愛台妹朋友大約200個人。謝謝

    瀏覧總數量

      記事・文章 搜尋
      Exchange-Rate
      惠靈頓・東京     倫敦・紐約 世界時刻
      FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX
      目前世界外匯情況
      Sugakiya名古屋の味 台湾ラーメンも有ります美味しい拉麺通販!!
      台湾セレクション    台湾グッズはここで!
      台北楽天市場店   美味台湾グルメ通販!
      台湾小集      台湾関連商品超充実!
      宝島-台湾料理&食材 日本で台湾食材GET!
      紅利點積分變現金
      日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ