< 酒店小姐 : 我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

私は台北で駐在生活を4年間送りました。昼間は世界の平和と日本の経済発展を目指して全力でお仕事。夜になると地表にちょこんと顔出して、五木の街あたりを彷徨っています。そこで私は数多くの天使達と悪魔に出逢いました。そんな私の夜の彷徨いを台湾社会の複雑な仕組みなども紹介しながら書き綴っていきます。ほとんどの日本人が深くかかわることが難しいと思われる台北の夜世界の様子とエピソードの紹介が中心です。これは心優しい台妹たちを愛し、そこで出逢った人達とのかかわりや心のつながりをとても大切にしながら、これからも彷徨い続けていく私の軌跡です。

酒店小姐

うれしい簡訊(休息一些)

ブログを書いていたら、さっき、私をこの12月25日に助けてくれたある酒店の紅牌(No.1)の子から簡訊が届きました。今日、彼女は上班なので、ちょっと休憩とか言ってきっと更衣室から、わざわざ打ってくれました。

49b2a9f51fb39

また、この顛末はブログで紹介していきますが、この12月の聖誕節の週に仕事もあって台北に行った時、25日の日曜日に私は信頼していた子に裏切られ、有り金を62元だけ残し、すべて盗まれてしまいました。信頼していた子だっただけにショックもあったのですが、そんな私を夜の世界の住人がいっぱいすぐに集まってくれて、助けてくれました。その時に一番に来てくれた子が彼女で、黙って何も言わず、私の手を握り、裸の1万元を私に渡してくれました。私は涙が止まりませんでした。

この1月8日に私の台北の関係者が彼女と会ってすべて返金しているのですが、その時も彼女からすぐに簡訊が来ました。

「XX先生謝謝你如此守信用、我很感動。◆◆先生己經將錢還給我了。你們真的很有信用」
(XXさん、このように信用を守ってくれてありがとう、私はとっても感動したよ。◆◆さん(彼女も知っている私の台北在住の関係者の駐在員)はすでにもう私にお金を返してくれたよ。あなたたちは本当に信用があるね)

実は年末に12月末にもお世話になった彼女たちみんなにEMSでちょっとした禮物(プレゼント)をたくさん送りました。彼女はすぐみんなにその日のうちに禮物を配ってくれました。EMSを送ったとき、郵便局で3Dの可愛い熊が和服を着ている年賀カードを見つけて、この夏、京都で私と浴衣姿で一緒に歩いたことがある彼女が喜ぶだろうと思いついて、その場でメッセージを書いて送ったのですが、今日、やっと着いたようです。

「XX先生、我収到了你的新年賀卡、上面的熊熊、很可愛、我會留著作紀年的」 
(XXさん、私はあなたの新年のカード受け取ったよ。カードの熊さん、とっても可愛い。私は記念にとっておくからね)

心ある彼女と知り合ったのは、今書いているブログのまだまだ先。あと冗談抜きで100ぐらいは書かないと到達できないかもです。裏切られることもあるけど、それ以上の信頼や友情も私たちにはあります。私もすべてではないけど少なくとも彼女たちを信じていたいし、信じて欲しいとも思っています。

 愛すべき人柄、彼女こそ紅牌中の紅牌。最高の女性です。
292830_271460149533624_100000089224726_1189467_5551289_n


今のブログはなぜ、私がなぜ、今のように多くの子たちと交流をもち、信頼ある関係になったかをていねいに書いていきますが、時折、このようにちょっとだけ、現在進行形の事も書いていこうと思っています。

皆さんの応援があると私も1日1編を当時書いていた日記のようにアップしていきますので、ご声援よろしくお願いします。もし、それぞれの感銘した記事にご賛同いただいたら、ブログ右下の「拍手」のところ、ポチッとクリックしてくださいませ。よろしければブログの簡単な読後の感想などコメントしていただけたらうれしいです。

皆さんがもし酒店に行かれたら、女の子たちと楽しく良い交流をもてるようにいろいろな仕組みやヒントも組み込みながら、これからも臨場感もたせて実話を具体的に書いていきます。

台湾の子たちを愛する心ある方々と心温まるブログを創り上げていき、素敵な彼女たちのやさしい心根を少しでも紹介できたらという気持ちです。

「我愛台妹!台妹愛我!」

ぜひ、今後も応援よろしくお願いします!! 

 包廂で私が女の子たちと跳舞しながらよく聴く、MC HotDog と張震嶽 のラップ 「我愛台妹」。


 金曲獎(台湾のグラミー賞と言われる音楽祭)で侯佩岑と一緒のLIVE版。
「一起唱!一起跳舞!」のかけ声とともにゲストもバックダンサーもノリまくりのバージョン。


我回來了!(休息一些)

24日から大阪・神戸に出張でした。23日の月曜日の夜、東京は雪となり、出かける24日の火曜日の朝は道路が凍り、大変な旅立ちとなりました。

東京駅に朝、到着して新幹線に乗ろうという時間は、ちょうど、彼女たちが下班してほっとする頃の時間。
新幹線に乗るホームから曇り空の空を見上げました。この空は台湾にも続いているんだ、そして、空を見ているうちに、彼女たちが北海道に行って一度、雪を見てみたいとみんなよく言っていたことを思い出しました。

簡訊を私が一番、信頼している紅牌の○○○に打ちました。

「早安、XX。昨晩的東京、下雪。你看過亜下雪嗎?
我想讓你看看下雪。今天我走路很辛苦、可是應該若XX看看雪的話、我覺得XX有很感動!
雪是冷冷的、不過XX的心意常常熱熱呀。
我想看XX感到高興的臉和笑容像女孩再一次。
我們有距離、天氣也不一様。但我希望我們才没有心意的距離」

おはよう、XX(彼女の本名です) 。昨日の夜、東京は雪が降ったよ。雪が降るのを見たことがある?僕は雪が降るようすをぜひ見せたいと思っているんだ。今日僕は歩くのが大変だったけど、多分、XXは雪を見たら、とっても感動すると思うよ!雪はとても冷たいけど、XXの気持ちはいつも温かいよね。僕はXXの子どものように喜ぶ顔や笑い顔をもう一度見てみたいよ。僕とXXの間には距離があるし、天気も違う。ただし、きっと気持ちの距離はないと願っているから。

新幹線に大阪行きののぞみが到着して、私は自分の座席に座った時、彼女からの簡訊が届きました。

「給我最喜歡的XX先生。我従没看過雪、今年的過年剛好寒流來、稍冷。 
一瞬之間的相遇、彷彿嘲笑我們的無力。無限的路程、傳達著你我的言語。
想念,是用心去感受的」

私の大好きなXXさんへ。
私は雪を見たことがないよ。
今年の年越しはとても寒波が来ていて、ちょっと寒いよ。
一瞬だけの出逢いは、私たちの無力をまるで嘲笑するようだね。
無限な道のりがあるから私の言葉をあなたに送るからね。
懐かしい想い、きっとそれは心に感銘を伝えられるから

台湾を去った私には彼女たちとの本当に一瞬の出逢い、そして懐かしい想いが、昔の学生時代の卒業アルバムを見るように心を過ぎります。

関西の関連企業の代表の方々と一緒に大陸関係の方々を3日間アテンドし、日中間のプロジェクトを責任者の一人として今、進めています。

私にとって、台湾は少しずつ遠くなっていきます。
しかし、決して忘れることはない、彼女たちとかかわった日々の足跡は残していきたいと思っています。

更新もここ数日、忙しくてできず、何も新しい内容がないブログなのに、多くの方がアクセスしてくれていました。このような日陰でこっそりやっているブログにもかかわらず、私の体験した彼女たちとの日々の記憶の物語を多くの方々に読んでいただいていることに大変、力をいただきました。

今日、帰りに彼女たちの新年の禮物を買ってきました。そんなに高い物ではありませんが、きっと心意を大切にしてくれる彼女たちはきっと喜んでくれると思います。明日にでもEMSで送ります。

東京に戻りました。再び、できる限り、日々書き綴っていきます。
サブタイトルも少し変えました。

”Twikle Story with Taiwanese Girls"  ~台妹たちとのきらめく物語~

プロフィールに勝手に(申し訳ありません)に掲載させていただいた、わたせせいぞう氏のイラスト集のタイトルを少しお借りして、彼女たちとの小さな物語をこれからもご紹介していきますね。

また、皆様の温かいご声援やコメント、気軽なご質問やご意見、ぜひください。

紅牌の○○○が簡訊で書いた「傳達著你們我的言語」という心意。

私だけが知り得るのはもったいない、心優しい彼女たちの素敵な心意を皆様にも伝えていきます。

 画像は紅牌の彼女。モザなしで顔がはっきりとわかりにくいものを選びました。彼女は模特兒もやっているため、写真は極めて豊富、300枚以上有り、いろいろな表情を見せてくれます。

ぶろぐ3

ぶろぐ1

ぶろぐ2

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に撮影は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は彼女たちが撮影し、私に提供してくれている特別なものばかりです。また、画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。 

 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。  

Facebook (休息一些)

FacebookがいよいよSECに上場されるというNEWSが流れていました。

米Facebookは現地時間2月1日、ついに米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開のための申請書類を提出した。50億ドル(約3800億円)の資金調達を見込んでおり、インターネット関連企業の上場では、2004年上場のグーグル(約19億ドル)などを抜いて過去最大となる。提出文書によると、Facebookのアクティブユーザは全世界で8億4500万人、毎日2億5000万枚の写真がアップロードされ、Facebook上で結びついている友人関係は1000億人にものぼる。今回初めて一般に公開された業績は、2011年の売上高は広告収入を柱に前年比約88%増の37億1100万ドル(約2800億円)、経常利益16億9500万ドル、最終利益は約65%増の10億ドル(約760億円)。

台湾でもFacebookは爆発的な人気があって、特に個人情報の露出には甘い台湾らしく、多くの酒店小姐もFacebookで自分の写真などを載せています。私も中文版の台湾通称名で開いているFacebookがあって、今日もお友達申請があり、芋づる式にどんどん友達が増えていく状態です。特に私が時折行くCEOという禮服店は芸能人や政治家、スポーツ選手などの著名人が訪れることで有名で、女の子たちも極めてきれいな子が多く、ここの子たちが積極的に写真をアップしています。多い子になると200枚以上もあって圧巻ですね。スッピンの顔や旅行の時の様子、家での写真なども載せていて素顔の彼女たちの雰囲気が伝わってきますね。

では、どうやって彼女たちのFacebookを見つけていくか?

これは実はとても難しいです。当然、最初のプロフィールの勤め先に酒店の名前を書いている子はほとんどいませんから、実際には酒店の子と親しくなってFacebook上の名前を教えてもらうぐらいしか方法がありません。PCのメアドなどをもっている子は少なく、SMSが連絡の中心で、簡訊を彼女たちは好みますから、検索でもかからないことがほとんどです。

当然、店の花名とは異なっていて、本名の子もたくさんいますし、偽名の子もいます。偽名の子はFacebook上で使っている名前を教えてもらわないとまず見つからないです。お店の中のいい子たちと包廂や控え室で撮っている写真も多く、その友達の友達という感じでつながりが広がっていく感じですね。写真も友達にならないと公開していない場合が多く、皆様にご紹介したいのですが、包廂での写真は名札があったり、現在もまだ在籍中なのでFacebookのアドレスをお知らせすることは残念ながらできません。

Facebookは確かにその子のことがよくわかるツールで、お互いがいろいろなことを晒し合うことによって、大きな信頼感が生まれることも確かです。私もちょっとしたことを書き込んだりしますから、反応もあってなかなか仕事で忙しい時などの合間のコミュニケーションツールとしていいです。

台湾は私の印象では日本以上にスマートフォンが多くて、日本のように携帯コンテンツが独自につくられておらず、すべてPC上の情報をインターネットで見ることが多いですから、一般の携帯ではやや使いにくいのかもしれません。SIMもフリーで端末を換えやすいこともありますし、スターバックスやセブンイレブン、マックはWIFIを簡単につなぐことができます。また、スターバックスやセブンなどはその場で100元ぐらいのカードを購入して設定すればすぐにつながるため、旅行者でもネット利用ができます。従って、Facebookは今や当然ながら台湾でもスマートフォンを利用しての強力なコミュニケーションツールになっています。台湾人はとても電脳(PC)好き、写真好きなので、私も今やFacebookと簡訊が彼女たちとやりとりをする主なツールになっています。

Twitterはそれに比べると、あまり一般的ではないように感じていて、やっている子も少ないですね。ちょっと一言だけ知らせるというのは、台湾人にはあまり向かないコミュニケーションなのかもしれないですが、私の親しい子たちは圧倒的にFacebookとSKYPEですね。

このブログお知らせ用のTwitterを建てましたので、ブログ更新されるとツイートされるように設定してあります。
ご案内させていただいた方でフォローできる方はフォローしておきました。皆さんもアカウントを立てられると適宜ツイートしますので、便利かなと思っております。台北にいる時など、「○○なう」とつぶやいて、もし、機会がうまくありましたら、お会いできたりするかもしれませんね。

皆さんも酒店で小姐と親しくなったら、台湾用のFacebookを別アカウントで用意して、つながりを深めていくといいですよ。ただし、日本語だとなかなか彼女たちにとっても敷居がやや高く、私も台湾通称名(勝手に芸名のように自分でつけています)とFacebook専用のメアドを立てていて、中文でやっています。台湾人しかFacebook上の友達がいませんから、まったく、台湾人モードですね。

素顔の彼女たちと接することができ、彼女たちも自分たちのいろいろな酒店以外の情報も出していますから、意外な一面を知ったり、彼氏と一緒に撮った写真などをアップしている子も多いので、楽しいですよ。

さて、本編の方は台湾滞在2年目に入りますが、2008年と2009年は酒店の外(私下:中国語でプライベートのこと)で逢ったり、その子の普段の生活を含めた交流が深くなっていきました。いろいろなことがやはり数多くあって、特に2008年には私の最も想い出に残る子の一人、芊芊(チェンチェン)と出逢うことになります。2008年の聖誕節(クリスマス)は私にとっては忘れられない日でした。これからもブログの中でおいおいいろいろな交流の実話を当時の日記を見ながら、紹介していきます。ぜひ、多くのコメントを寄せていただき、励ましや感想のお言葉、拍手などをいただけたらと思っております。

ブログランキングにも登録してみました。生ログを見る限りではBBSの頃に使用していた名前を使わず、検索しやすいキーワードもあまり使わないようしておりますので、検索して見つけられた方は少なく、ほぼ、台湾を愛する方々50名から60名ほどで固定されてきています。隠れブログ的にやっているのですが、それでどれぐらいのランクになるのか、ちょっとお試し中です。ランキングのアイコンクリックしてもらうと台湾の様々な情報やタイを中心とした世界のナイトライフの紹介ブログもありますので、それらのブログを見ていただくのもいいかなと思っております。台湾社会の様子や中国語に詳しくなることはプラスにこそなりますが、マイナスになることはありません。

簡単な中国語を覚えて酒店に行かれるととてもいいですから、がんばってみられるのも良いと思います。ビジネスでなかなか中国語力がアップされなかった方もFacebookのコンテンツを見たり、ウォールに書き込んだりしているうちにきっと力量があがりますし、YOU TUBEでC-popsを憶えるのもとてもいい勉強法だと思います。ただストレス発散して、即物的なサービスを求めるような遊びはポンのような幹部におまかせして、ちょっと小粋に遊んで台妹と良いつながりをつくれる方を増やすのが、実はこのブログの私の本意でもありますから。

 画像は前章で紹介した同じ制服店の越年用の新制服です。12月と1月と1ヶ月ごとに制服が替りました。12月以来行っておりませんが、多分、今もこの制服です。12月のコスプレ風とは異なり、胸元が大きく開いた空姐(スチュワーデスのこと)の制服風ミニスカですね。この店に行かれた方もいると思いますが、店名ははっきりとわからないようにご配慮をお願いします。ただ、日本人客はここはあまり多くないとは思います。

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に撮影は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は酒店のスタッフや幹部が撮影し、私に提供してくれている特別なものばかりです。また、画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。  

君悦新制服2012-2

君悦新制服2012-1

君悦新制服2012-4

君悦新制服2012-3

君悦新制服2012-6

君悦新制服2012-5 

 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 
 

粋な遊び(休息一些)

コメントに「粋な遊びを・・・」というありがたい言葉を頂きましたので、以前あるBBSに書いた文章を再度、掲載させていただこうかなと思いました。本編に戻る前に今日、FBに最も信頼している子の家族とともに新年をすごす写真が大量にアップされていて、そこには化粧もあまりしていないスッピンの彼女がいました。その写真にはとても心温まるシーンがいっぱいあって、笑顔もいっぱいありました。新年の休みが終わり、彼女は再び、夜の舞台に戻って来ました。しかし、写真とともにFBを見ている友達たちにあてたウォールには彼女自身の心情を表す言葉があり、思わず、メッセージを送ってしまいました。 

彼女の故郷は少し、台北から離れた街ですが、今、彼女は一人、錦州街で大好きな1匹の猫と暮らしています。彼女は五木の夜の世界では有名な紅牌ですが、その心情は、今日のFBに書かれていたコメントを見ると少し、わかっていただけるかも知れません。

我哭了,你不知道,我笑了,你也不懂我的世界......
你全不懂.....夜晚....只有孤單的眼淚陪我.......

私は泣いた、私はわからない。私は笑った、あなたにも私の世界はわからない....
あなたはすべてわからない....夜遅く....ただ、孤独の涙だけが私につきあってくれるだけ....。

すぐに返信が来ました。その返信を見て、本編に戻る前に.....と思ったしだいです。

この夏頃まで、TBS系で放送されていたドラマ「仁」が好きで欠かさず、見ておりました。台湾のケーブルテレビでも「仁醫」という題名で放送されていましたから、台湾でも見られていた方が多いと思います。少しおとぼけなところがある綾瀬はるかさんのファンでもあったので楽しく見ておりました。

コピー文化の台湾ではすぐにDVD(コピーですからシリーズで100元程度、安いです)をⅠ、Ⅱとも八徳路の電脳街で買ってきました。日本の台詞をどのように中国語訳するかが興味があって、ぜひ、台湾で発売されているコピーものを見たかったことがその理由です。さて、ドラマは現代に生きる脳外科医が江戸時代にタイムスリップし、そこで坂本龍馬をはじめ、かかわった江戸の人々と「仁」の心をもって医術を駆使し、交流を深め、関わっていくというドラマです。

江戸時代の吉原遊郭の花魁である中谷美紀演ずる「野風」がその中でも重要な役割を果たしますが、当時の吉原遊郭の様子も「梅毒」という当時は極めて難敵であった性病の治療を鍵とし、描いています。吉原に登楼するときには、しきたりやルールがあって、花魁は遊女の最高峰なのですが、一夜を共にするまでに様々な彼女たちとのやりとりや交流が必要でした。

私は京都にもよく台湾の方々をはじめとする外国のお客様をご案内するためによくまいります。やはり、江戸時代においては八坂・円山から先斗町にかけての祇園界隈には多くの舞妓たちが客人たちとともに語らい、芸をもって交流を深め、最終的に身請けするまでには様々な手順やステータスが必要な世界が今もあります。

実はこの夏、私と懇意にしていた酒店で知り合ったある女性が日本に来ました。この女性は五木の街では超有名な老鳥(ラオミャオ:いろいろな酒店をやめては戻る女性たちを指すスラング)の紅牌(人気NO.1のグループの子)でした。自由奔放に空を飛ぶつかまえどころがない鳥に例えているので老鳥というスラングになっているのでしょう。

これに対して、酒店をやめず、ずーっと長い間働き続け、海千山千の夜の世界を男達を手玉にとりながら酒店で紅牌などに君臨する女性達を「油條(ヨウティヤオ)」と言います。これは子どもたちが大好きな台湾の揚げパンのような御菓子のことなのですが、子どもたちはキャンディのような感じで甘い味をなめて食べます。客である男たちが長い間、甘くておいしい御菓子をずっとシャブリ続けるように遊べる女性といった意味があります。うまく言うものですね。

私が懇意にしていた老鳥は、彼女のことを知らない幹部や経紀人(女の子のマネージャー)はもぐりだと言われるようないわゆる紅牌中の紅牌でした。模特(モデルのこと)のような容姿、客の気持ちをすぐに察する聡明な女性です。天性の才能があるというか、人の気持ちをつかむのが天才的にうまいというか、私にとっては「こんな女性がいるんだ」という驚きの連続でした。

彼女は1ヶ月ぐらい働いて、白天(昼)の仕事に戻り、気が向くとちがう酒店でまた1ヶ月ぐらい働いてやめるという五木の街ではとてもよく知られた有名な老鳥で、自分のステータスにプライドをもっていて、いつも独特の彼女しか使わない同じ三文字の花名(源氏名のこと)を使うため、他の子たちのようなどこにでもいるような花名とは異なります。普通、花名は二字(微笑とか加菲、小小、小Pとかそんな感じ)なのですが、3文字名は極めて珍しく、彼女のプライドがそこにはあると感じています。ただし、今は2文字名を使っていて、その名前は彼女のポリシーである「ある雰囲気を表す言葉」にちなんだものです。彼女は名前にこだわるのですが、それは彼女自身の生き方の姿勢なのかもしれません。

その彼女がたまたまある酒店に勤めていた時に(彼女は1ヶ月ぐらいしか酒店に勤めない)私は彼女の初めての日本人客として紹介されました。それは彼女は日本文化に興味をもっていたのですが、一般の客は絶対に逢えない紅牌であったため、一見の外国人である日本人客とは逢うことが今までまったくできなかったということでした。

懇意にしているスタッフの多い酒店の大廳で公司の助理(秘書のような人)が、「ずーっと日本人と知り合いたがっている紅牌がいる。ただ、彼女は客を選ぶ。あなただったらここで信頼もあるので、いいだろう」というまったくもって不思議な展開があって、彼女が目の前に突然現れました。出逢った瞬間に心がときめいたのが、今も忘れられません。

結果的に台湾を去る前、最も深い交流をもつことになった女性でした。

「你好、○○先生」という言葉が最初の一言だったと思いますが、今思うと彼女とのその後のいろいろなことも夢幻のように思えてなりません。私と懇意にしている「戀戀」という19歳の気まぐれな可愛い娘がいて、彼女も紅牌なのですが、彼女は一緒に包廂にいる子の好き嫌いが激しくて、特に年齢が上の小姐はねたまれていじめられることもあって大嫌いでした。

しかしその戀戀に「一番好きな小姐は誰?」と聞いたことがあって、彼女は「○○○だよ、彼女は特別だから」と即答しました。気配りできて、やさしく、すぐに相手の心情を察知する能力は際だっていて、それは一緒に包廂に入る女の子たちにもよく知られていました。敵をつくらず、まわりに居る者すべてを包み込むような魅力があった本当の紅牌でした。

私が台湾の駐在を終えた後も彼女とはこの夏まで定期的に連絡をとっていました。実はある大金持ちの香港人と9月~10月にかけて香港に渡って暮らしていたのですが、この11月に台湾に戻ってきました。私ももう二度と逢えないと思っていたのですが、12月24日に麻衣という子と食事の約束をしていて、錦州街の店に行く途中、夜の6時30分頃、ばったり彼女と会ったのです。結果的に25日に有り金すべてを盗まれた私はかけつけた彼女に助けられるのですが、再び、12月から彼女と連絡をとるようになっています。

こんな彼女ですからとてもお金がかかったと思われるかもしれませんが、そこが、また台湾女性の不思議なところで、これが日本の銀座のナンバーなら大変でしょうが、暮らしぶりは実はいたって質素です。派手というよりも物事をよく考えている女性というのが、彼女の本質で私も彼女と逢う時は、最初に酒店で逢った時の緊張感はいつのまにかまったくなくなっていました。肩がこらないというか、自然体というかそんな感じです。ただ、たったひとつの欠点は遅刻グセで1時間ぐらい、よく待たされましたが。

特に酒店に勤めていない時期は台湾企業の秘書を派遣でしていることが多いのですが、そのような時期は「レストランにたまには行こう」と行っても「お金がもったいないから自助餐でいい」といつも言っていました。いつも日本語や日本のことを教えてと言われていて、日本の文化についての質問が多く、冗談ぽく、よく「謝謝、老師!」なんて言ってくれてました。その彼女は、私が最後に台湾の駐在を終え、帰国する前の晩に一緒に過ごした最後の子です。

この掲示板で時々紹介している18、19歳ぐらいの女子大生や高中生の娘のように接している子たちではなく、今は27歳になるとてもしっかりした女性です。私の今の幹部は女性で、事情通で最強の幹部の一人なのですが、その彼女もこの紅牌には少し遠慮したりしています。多分、私が思うにすべての私の逢った小姐の中でその心根は一番素晴らしく、他の小姐が到達できないようなすべての要素をもっています。

彼女の昔からの願いは一度、日本の京都を訪れてみたいということでした。ツアーならいつでも行けるけど本当の日本人に京都の歴史や文化を紹介してもらいながら一緒に歩きたいというのが昔からの希望だったとも言っていました。ただ、日本人と懇意になる機会もなく、彼女が言うには私と知り合ったのは、千載一遇の機会だとのことでした。私が懇意にしている娘のような子たちは東京ディズニーランドや大阪ユニバーサルスタジオに行きたがるのですが、彼女は一度、和服を着て京都を散策したいと強く願っていました。

私もそれに応えました。
しかし、誤解がないように書いておきますが、日本と台湾の往復の旅費は彼女自身が準備をしています。

彼女は8月15日午後に来日、すぐに羽田から品川に出て新幹線で京都に共に向かいました。15日の夕方から18日まで4日間ほど京都に滞在しました。その彼女が一番、喜んだのは8月16日の夜、嵐山の流し灯籠を見て、渡月橋近くから見た京都の大文字送り火でした。彼女とは相談をしていて京都の夏の夜が一番良い1週間を実は充てていました。

京都には和服をワンセットレンタルしてくれ、髪も結い、着付けもしてくれるお店があります。そこを私は手配していたのですが、彼女は念願の浴衣を艶っぽく着こなし、慣れない草履で京都の街を一緒にバスや電車に乗ってまわりました。草履が慣れないからタクシーの方がいいんじゃないかと思ったり、レンタカーを準備しようと提案しましたが、彼女は自ら京都の街を日本人のように歩きたいと言ってききませんでした。

泊まったのは四条大宮にあるホテルなのですが、なぜ、そこかというと彼女は京福電鉄(通称:嵐電)というチンチン電車のような路面電車が京都にはあってそれに乗りたい、浴衣で手をつないで歩きたいという願望がありました。彼女はいつもクラブの時は蔡依林と陶喆がデュエットする「今天你要嫁給我」が大好きで、私によく一緒に歌おうということがありました。



その歌の中の「 手牽手跟我一起走 創造幸福的生活昨天已來不及 明天就會可惜 」(手と手を私とつないで一緒に歩いていこう、幸せな生活を創っていこう。昨日はもう間に合わないけど、明日は惜しまなくちゃね)というところや「手跟我一起走 過著安定的生活 昨天已來不及 明天就會可惜」(手と手を私とつないで一緒に歩いていこう、日々の生活は淡々とすぎていく。昨日はもう間に合わないけど、明日は惜しまなくちゃね)といったくだりのサビが大好きで、この歌を地でいくところがあって手をつないで歩くのが本当に好きでした。

中国語と日本語がミックスされたような会話をしながら、浴衣着た外国人が日本人と歩いているのは京都では珍しい光景ではないでしょうが、何人かの方から彼女の写真を撮らせて欲しいというお申し出があって、まあ、自分に超自信がある彼女は金閣寺とか平安神宮で写真を撮ってもらっていましたね。きっとまんざらでもなかったのでしょう。

金閣寺、銀閣寺、三十三間堂、二条城、平安神宮、夜の清水寺の特別拝観・・そして15日まで鴨川と堀川べりでたまたまやっていた「京都の夕べ」の夜の美しいイルミネーション。彼女は子どものようにはしゃぎ、屈託のない笑顔を見せてくれました。鴨川べりの納涼床もとって、一緒に食事したら、すごく喜んでくれて「我是日本人嗎?」と言っていたのが印象的です。

彼女は自由奔放な空を飛ぶ鳥のような女性ですから、私などにはとてもつかまえられません。しかし、あの時の彼女のうれしそうな笑顔と、きっと日本人が一番最初に憶える中国語「謝謝、○○先生」という言葉だけで私は十分でした。なぜならば、彼女は台湾にいた時に本当にいろいろとお金では買えないような素敵な時間をたくさん私にくれたのですから。

江戸の吉原遊郭は現在、ソープランド街に変わってしまいましたが、時代が変われど京都・祇園においてはまだ昔ながらの「粋な遊び」が守られています。ドラマ「仁」においても主人公の仁は、かつての恋人にそっくりな花魁・野風と心の交流を深めていきます。吉原という遊女の世界から抜けだそうとする野風に対して、仁や坂本龍馬たちは誠実に彼女に接していきます。花魁の野風が「ここは嘘偽りで塗り固められた幻の城ですゆえ・・」と吉原のことを紹介するくだりがあるのですが、遊女や女郎たちを助け、心を通わす人が多く登場するのも私は実はこのドラマが好きな理由でした。

最終的には客人と一夜を共にし、うたかたの夢を見させるのが夜に生き、それを生業とする女性達の本質なのでしょう。しかし、そこには日本人のもつ遊びの格式や品のある遊び方、そして花魁や女郎たちと心を通わせて初めて夜を共にできることもあるという客人達の心意気も確かにあったように感じます。

台湾でのナイトライフは、私にとって、このかつての江戸時代の吉原や祇園で遊ぶような気持ちと重なるものでした。五木の街の夜に生きる台湾女性たちとどう遊ぶかは、きっと客の姿勢によるところが大きいと思っています。当然、江戸時代にも「夜鷹」と呼ばれる夜の街で客を直接ひいて仕事をする非合法の女たちもいました。こちらは台湾でいうところのポン引きなどの紹介する女たちといったところでしょうか。

日本人がかつての吉原や京都の祇園で粋に遊んできたように、ここ台湾においても小粋に遊びたいものです。新宿歌舞伎町や今の吉原ソープ街のような風俗店は台湾には表向きは存在しません。かつての文豪、吉行淳之介や永井荷風らが遊郭の女性達と交流をもち、様々な物語を書いたように、私たち自身も台湾では自らの物語を創っていければ、素敵だなと思っています。

「仁」は台湾人にとってもとても人気があるドラマでした。台湾の方には申し訳ない表現かもしれませんが、私は台湾に一時代前の日本の良さを感じることがあります。人情味とか人とのふれあいのやさしさとか・・・。

日式で接待する時、お客様が店の女の子と飲んでいる間、ママさんたちとかつてよく飲んだのですが、彼女たちも吉原遊郭の女将さんのような感じがしました。登楼したお客さまに気持ちよく遊んでいただくために女の子たちをある意味厳しくしつけています。訪れる皆さん方はあまり、そのことに気づかないかもしれませんが、ママさん達の気配りがあってこそ、あのような日本人にとって心地よい環境ができていると思っています。

彼女たちが最初に見せる偽りの笑顔を本物の笑顔に変えることができるようなつきあいを彼女たちとしてみませんか?
それはお金ではなく、きっと誠実な姿勢と真摯な態度がなければ絶対にできないと私は思っています。

私は人とのかかわりが財産と思っていますので、この台湾でも少しそれを増やしたかったこともありましたし、多くの夜の世界で生きる彼女たちの偽りの笑顔を少し、本当の笑顔にできたらいいなあといつも思っています。そんなに派手にナイトライフを送っているわけではなく、ただ、彼女たちのいろいろな気持ちを受け止めることがあるならば、していこうというスタンスをポリシーとはしていますが。

夜の幻の中にもいろいろな真実もあって、ていねに見つめていけば、きっと見つかると私は思っています。
時には裏切られることだってあります。あくどい奴なんていくらでも夜の世界にはゴロゴロしています。 

しかし、騙し騙されることが当たり前の夜の世界でもし誠意や真実を見い出すことができたならば、それはきっと心の中で宝石のような輝きをもつのではないでしょうか。

 彼女の写真です。実は200枚以上の美しい彼女の写真がありますが、はっきりと顔がわかるような写真はちょっとアップできません。五木を代表する紅牌であり、現在の花名や店名も明らかにはできません。実は彼女は模特兒(モデル)もやっています。プロの写真家がよく彼女を撮影しているのですが、彼女自身も写真が趣味で、とても高価な一眼レフをもっていて、積極的に写真をアップします。しかし、当然、酒店に時折いることは明らかにしていません。彼女と逢ったことがあるのは、あるBBSで知り合った○○○さんという方だけです。私が12月25日に有り金をすべて盗まれた時に彼女に助けられたのですが、その時の夜に彼女の店に一緒に行っています。彼女の顔を見るなり、私は涙が止まりませんでした。62元しか持ち金がなくなってしまった私にポンと1万元を渡してくれた彼女。返して欲しいなどとは一言も言いませんでした。一緒にお礼を言いに行ってくれて日本のクレジッットカードが使えないときは、僕が立て替えますからと言ってくれた○○○さんも素晴らしい方なのですが、その前で気持ちを抑えることができませんでした。

 画像は皆様をご信頼しますので、絶対に転載や流用されたりすることがないようお願い申し上げます。 ただ、五木の街を代表する彼女の素顔とは皆様もどんな感じかを少し知ってもらえたらという感じで少しだけアップしました。プライベート版はもう少し多くの顔がわかる写真をアップしています。

270445_251291204883852_100000089224726_1110919_4182690_n

408240_351197758226529_100000089224726_1486747_1281271397_n

400911_351198011559837_100000089224726_1486753_711357782_n

 以下の画像はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。 

 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。続きを読む

素顔のままで(休息一些)

今日の夕方頃、新年の禮物が届いたという簡訊が紅牌の子から届きました。彼女はとても気がきくこともあって、いつも彼女の家にEMSで一気に禮物を送っています。彼女はいろいろな小姐の子たちの面倒をみるといったところがあります。ベテランの正職の小姐と若いPT妹などが一緒に包廂にいる時、普通はベテランの小姐は何もせず、アイスボックスの交換や灰皿の片付け、KTVの曲の點(曲を入れること)、お酒を客人にタイミングよくつぐといったことは若い小姐にさせていて、若い子が動かないといじめたりするということが普通です。 

しかし、彼女はいつも必ず、他の子よりも率先して動くところがあって、若い子たちがしようとしてもそれを制止して自分がするからと言って、必ずさっさとしてしまいます。長い間、いろいろな小姐を見てきましたが、進んでやる子は彼女ぐらいしかおらず、若い子は歌や踊り、客人とのおしゃべりにすぐ夢中になってしまいますが、いつもしっかりと全体の流れを見ているというか、良い雰囲気をつくるというか、そんな感じがあります。

実は彼女に送った物は高い物ではありません。ユニクロの服です。

ユニクロは昨年、台湾に進出して出店したのですが、台湾人にはとても人気があります。台湾人は基本的に日本のものが好きで、商品に日本語を入れたり、「的」の部分を「の」にしたりしていることも多いです。彼女は紅牌なので日本の銀座のナンバーたちのような生活をしているかというと、実はまったくです。いつも普段はジーンズにシャツといった恰好を好み、食べるものも屋台や近くの自助餐、安い食堂が多く、私も一緒に食事をしても2人で300元程度で終わってしまいます。

そんな彼女が好んでいるのが、実はユニクロの服です。夜市で売っている服は安いけど質が悪くてすぐに破れたり、伸びたりすると言っていて、ユニクロの服はよく作られていると言って好んでいます。ユニクロの服は実は中国製が多いため、台湾では関税が高くて、日本よりも価格が高く、結構、高級品です。ユニクロはカンボジアやベトナムで作られた商品を台湾販売の主力にして価格を下げるような方策をとりはじめていますが、日本で作られたものではないにもかかわらず、日本人が指揮をして、素材を細かく選び、デザインのアイデアを出して大陸の人たちに指示して作らせているから、まちがいないというのが彼女のユニクロ評です。
<台湾ユニクロ : http://www.uniqlo.com/tw/ >

それと紅牌には珍しく、ブランドものを好みません。LVやGUCCIといったブランドの品々は高いだけでお金のムダといつも言っていて、安くて質の良いものを好みます。彼女が一番大切にしているのは、CANONのEOSデジタル一眼レフカメラで、これには投資しています。日本のカメラはすごくいいといつも言っていて、自分で写真を撮ることも好きですし、撮られることも好きな彼女は、大量の写真をFacebookにアップしています。ですから、彼女は毎日のようにFacebook のウォールに写真をアップしてコメントを載せています。

昨日は休みだったようで、お母さんのつくった夕食の写真をアップしていました。彼女自身も高中は餐飲科という日本でいうと家政科のような学科を卒業していて調理が趣味です。だから、高級レストランで食事をするようなことはあまり好きではなく、家庭聚餐が大好きで、家族や友達と気楽に食材を自分たちで味付けして食べることが多いようです。

当時、最初に酒店で出逢った頃はそんな彼女の姿をまったく知りませんでした。とにかく美人でスタイルが良く、礼節正しく接客するというイメージでした。しかし、その素顔は自然体で屈託がなく、気さくな子でした。気持ちがやさしくて、まわりに気をつかうことができる中に凜とした強さや信念があるというのが彼女の本質であり、それを知るのはやはり時間が必要でした。

今回は奈奈(今の店では別の花名です)という子がいて、その子にも禮物を送りました。彼女は暑假の時に酒店で働いていました。暑假の終わりとともに休檔(休職すること)していて、新年明けから寒假の間、再び上檔しました。ただ、以前とは店を変えていて、鏡を多用する幻想的な包廂の雰囲気で有名な制服店に行ってみたいと言っていて、經紀人に頼んで、その店に最初は勤めだしていました。来週、また、知り合いの子が多い、以前の制服店に戻るようです。以前の店で彼女はこの紅牌の子と一緒に上班していて、私も何回か一緒に呼んでいるため、奈奈も彼女のことを知っており、奈奈も彼女が大好きでした。

奈奈は現在、お母さんが癌に冒されていて、現在、その医療費を稼ぐという目的があります。奈奈も本名でFacebookをもっていますが、そこにはお母さんの病状やその具合も書かれています。今は安定しているようですが、12月~1月はお母さんの世話のために寒假にもかかわらず、上檔できなかったようでした。その奈奈にも禮物を送ったのですが、奈奈とチャットでやりとりしていたところ、奈奈自身が紅牌の子に一緒に送ることを望みました。店を離れてしばらく逢っていないので、これを機会に少し彼女と逢いたいというのです。

普通、酒店の女の子たちはお互いを警戒していて、あまり私下(プライベート)は共にしないし、明らかにしません。なぜならば、やはり夜の世界ですから、いろいろな事情があって働きにきているわけで、その理由を明らかには基本的にしないし、騙し騙されが当たり前の世界であり、彼女たち自身が一番、そのことをよく知っていますから、他の小姐の面倒に万が一、巻き込まれたくないと思っているからです。

しかし、若い無邪気な奈奈も紅牌の彼女は信頼しており大好きでした。紅牌の子にはいつも私が世話になっている幹部、そして12月にお金を盗られたときにすぐに力になってくれ、励ましてくれた3人のPTの子たちにも禮物を渡して欲しいとお願いしましたが、彼女は、いつもすぐに面倒くさがらず行動してくれます。それと「仲の良い3人組」の章で紹介した原住民の小小(今の店では別の花名です)という子が、今、彼女と同じ店にいて、2月下旬に護理士(看護婦のこと)資格試験が迫っているのですが、その彼女の面倒も今、よくみてくれています。

なぜなのだろう?

いつも彼女の性格の良さを知る度に不思議に思います。五木の街を代表する有名な老鳥の紅牌なのですが、女王という感じはまったくありません。気が強いとか、男を手玉にとるという感じもまったくありません。彼女が多くの客人や小姐から慕われ、幹部もやや遠慮するのは、その「謙虚さ」や「誠実さ」にあると私は思っています。派閥をつくるわけでもなく、若い子に恐れられるわけでもありません。しかし、彼女を見ていると人として最も求心力があるもの、それが何かということを教えられるような気がしてなりません。

彼女は、今日、包裏(荷物のこと)が着いた瞬間、すぐに簡訊をくれました。そして服がピッタリのサイスだったこと、奈奈とすぐに連絡をとって約束をもうしたことを伝えてきました。

「我已經和奈奈聯絡上了、我今天就可以把禮物給付她了」

(私はもうすでに奈奈と連絡をとったよ。私は今日、彼女にプレゼントを渡すことができるでしょうね)

私は奈奈や小小に逢ったら励ましの言葉を伝えて欲しいと頼みました。

「目前我跟你們有距離和國境。但我常常支持你們。我真的很高興認識你們。當你見面奈奈和小小的時候、你説跟奈奈、『加油!加油!』。因為她媽媽生病、那個病有困難的。但奈奈會照顧媽媽 。而且二月底小小也有護理士的考試。我希望小小變成好的護理士未来。我在台北的時候、我遇到了可惡的小姐一點。她們喜歡説謊、偸錢、吸引K。不過大部分的小姐有誠心、溫柔的心態。你們常常相信我。所以我也相信你們喔。 XX(彼女の本名)、為什麼你會照顧及體諒其他的小姐?」

(今は僕とあなたたちの間には距離もあり、国境もある。でも僕はいつもあなたたちを応援しているよ。僕は本当にあなたたちに逢えて心からうれしいんだ。奈奈や小小と逢った時、奈奈には「がんばれ、がんばれ」と伝えて欲しい。なぜならば、彼女のお母さんは病気で難病なんだ。だけど奈奈はお母さんの面倒をみることができるからね。それと小小は月末にいよいよ看護師の試験だ。僕が小小は将来、立派な看護師になることを望んでいるからね。僕が台北に居たとき、性悪な子たちにもちょっと出逢ったよね。彼女たちは嘘が好きで、お金を盗み、ドラックを吸っていたね。だけど、大部分の子たちはとても誠実でやさしい心をもっていたよ。あなたたちはいつも僕を信じてくれた。だから僕もあなたたちを信じるんだ。でもXXはどうしてそんなに他の子たちの世話をして、思いやることができるの?)

彼女からすぐに返信が来ました。

「這是我的氣質。我討厭不誠實。
好心作好人、所以我人生著於自己心裡的那樣。XX先生、放心、我和奈奈通過電話了。XX先生你是好人、我們大家都知道」

(それはきっと私の性格。私は不誠実なことは嫌い。良い心は良い人をつくる。だから、私は自分の心のおもむくままに人生を送っているだけだよ。XXさん、安心して。私はもう奈奈に電話したよ。XX先生は良い人だよ。私たちはみんなすべてわかっているから)

彼女のこの言葉にまた、自分の彼女たちとのかかわり方は間違っていなかったというありがたい気持ちをもらいました。そして、すぐ続けて簡訊が来ました。

「我看過了、超合身的、我好喜歡它的兩面穿。真的我很喜歡。今天我下班後、我的穿UNIQLO照片、FB上傅!」

(プレゼント見たよ、超ぴったりだよ。私、リバーシブルの服とっても好きだよ、本当に大好き。今日、私仕事終わったら、私がユニクロの服着て撮った写真、Facebookにアップするからね!)

彼女は今日、下班したらFacebookに私が送ったそんなに高くないユニクロの服を着た写真をすぐに載せるというのです。彼女はいつも「心意是最重要」(気持ちが一番大切だよ)とよく言うのですが、高いものよりも気持ちがこもっていることを大切にしてくれます。彼女は夜市などではなかなかFLEECEの服は売っていないこともあって、 前からFLEECEの上着を欲しがっていました。
http://shoptw.uniqlo.com/tw/goods/069786#colorSelect 

高価なものでなくても気持ちを伝えることができる。そんな当たり前のことを私たちは見失うことがあります。
紅牌は酒店での華麗なその容姿だけでなく、その素顔こそ紅牌であり、多くの人を魅了するのでしょう。

 画像は私が小姐に以前、よくあげていたマッサージ猫人形です。女の子たちは「很可愛的!!」と言ってみんな欲しがっていました。1個100元ぐらいだったと思いますが、日本製で台湾で時々売られていました。錦州路の中山北路の交差点付近の露天商でよく売っていたのですが、最近はまったく見かけません。いろいろな色があり、それぞれの子たちが皆、けっこう愛着をもってくれています。最初は外出して露天商を冷やかして見ていたらある子がすごく欲しがってペアで買ったのですが、手にちょうど握れるサイズぐらいで握っていると気持ちがいいので、よく、皆バックに入れていて、包廂に来る度に「いつも持ってるよー」といった感じで使ってくれていました。ある子が見せると、それを見た持ってない子が欲しがるという展開で、「他の子とはちがう色が欲しい」と言われてよく行きがけに持っていってあげていました。その替わりに彼女たちがブレスレットをよく私にくれて、私は欲しいと言ったことはないのですが、「私のこと、このブレスレットを見て思い出して」とよく言われていました。家に10個ぐらいは今、あるかな?だいたい5連ぐらいをジャラジャラつけているので、そのうちの1個をくれるみたいなのが、彼女たちの間で私にお返しするものとして噂で流行っていたようです。最初は雪碧(ピンクの猫、持っています)という子が私にくれたのですが、それを見た一緒に包廂にいた戀戀(三毛の猫、持ってます)もすぐにくれて、どうも彼女たちが広めたようですね。

21003092717013_30_dai

 紅牌の子も当然、持っていて、彼女は4色そろえたいと言っていましたが、同じ包廂にいた他の2人(EVAと撤嬌)がすごく欲しがって、結局ピンクと青を手放してあげてました。彼女は家で猫を飼っていて、その猫の写真が多数Facebookにアップされていますが、この猫人形もお気に入りのようで、写真を何枚かアップしています。指輪やアクセサリーなどは他の客人の定番のプレゼントで好みもあり、すぐに飽きてしまうようです。私は彼女たちがいつも気軽にもらえるような廉価なちょっと粋なものをプレゼントするようにしていました。

223462_218847401461566_100000089224726_956666_659745_n

 以下の内容はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。 

 すみません。プライベート文字化けしていたので再アップしました。今回は盛りだくさんです。
続きを読む

「App」と「iFLY」の実力(休息一些)

このところ年度末で極めて急がしく、いつも帰宅が深夜近くなる状況で、休日の接遇も多い状況が続いており、なかなかPCに向かって落ち着いてブログアップをする時間がとれないのが悩みです。ログを見るととても楽しみにされておられる方も多く、誠に申し訳ないところです。

さて、忙しい中ではありますが、こういうときこそ、実は大活躍するツールがあり、皆様にご紹介させていただきます。台湾に在住の方は知っている方が多いのですが、日本ではあまり知られておらず、私の周りの方も使っている方はいません。私が簡訊(SMS)をよく使っていることはブログを見ていただいている方はよくご存じだと思いますが、実はこの簡訊のやりとりにはAppと呼ばれる台湾ではとてもポピュラーなアプリを使っています。

一般にAPPSはネットワーク上での統合サービスやクラウドを利用したオンラインストレージなどのサービス全般をさし、Google APPS はその代表的なもので、導入企業も増えています。また、台湾ではAPPという言葉はアプリケーション全体をさす場合もあります。しかし、若い女の子たちが「App」と言ったらこれらのことではなく、まずまちがいなく「WhatsAppMessanger」というソフトのことです。台湾人はMSNが好きですが、MSNは基本的に電脳(PC)利用が原則ですから、今、台湾で爆発的に普及しているスマートフォンではこの「App」を入れている子がものすごく多いです。

私自身は日本ではSIMロックフリーのキャリアのアンドロイドスマートフォンを使っており、これが、超忙しい中でも大活躍してくれます。今日現在、台湾交流用の私のFacebookの友達は141人で、芋づる式にリクエストが入りますから、日々、増え続けていく状況があります。台湾では個人情報を自ら露出する傾向が強くて、女の子たちは自分の可愛い写真をバンバン載せますから、それをどんどん見て欲しい、感想が欲しいという展開がめちゃくちゃ多いです。さすが変身写真の本場だけあって、セクシーな写真や彼氏とのホットな写真などがどんどんアップされます。「信用が信用を生む」のが台湾の大きな特徴ですから、よく知らない友達でも仲間が「いい人だよ」と紹介するとどんどん友達が増えるのは日本よりはるかに早いです。そのため、簡訊の交換やチャットがとても多く、ちょっとした仕事の休憩時間や合間に返信をまめにするようにしています。反応も早くて、すごく喜んでくれるので、さらにそれが次の好展開を生むという流れがあります。

この台湾の女の子たちに圧倒的に普及しているのが前述した「WhatsApp Messenger」という軟體(中国語でソフトウェアのこと)です。彼女たちは「你有App嗎?」とよく訊いてきますが、これはこのアプリのことです。日本ではベッキーが宣伝している「LINE」や韓国で人気の「KAKAO TALK」がよく使われていますが、私の印象では圧倒的に台湾では、この「App」が多いです。すべて免費(無料)で国際SMSがやりとりできたり、聊天(チャットのこと)が複数でできますし、動画や写真、現在地の地図や音声などのファイル添付も簡単にできますから、とても便利で確かに素晴らしく使い勝手がよく、台湾人との交流には欠かせません。
http://whatsapp-messenger.softonic.jp/android 
http://blog.chinatimes.com/kocpc/archive/2010/10/27/553960.html 

Appは電話番号に連携していて、アドレス帳に入れてある電話番号を自動検索して関連付けしてくれますから、SKYPEのようにIDを獲得してログインする必要がなく、電話でSMSを送る感覚とまったく同じです。LINEも台湾では結構、普及していますが、Appの普及率は圧倒的で私のアドレス帳上の台湾の知り合いは約70%が使用しています。日本在住の日本人は約900件ほど電話番号がアドレス帳に入っていますが、一人も使用者がいません。逆にLINEやKAKAOは日本人が多く、台湾人は少なくなります。LINEはそれでも台湾人の利用者も結構いますが、約20%ぐらい、KAKAOは10%ぐらいです。
http://blog.yam.com/iemarketing/article/41602722 

それと台湾は世界でも有数のWIFI状況があって、「TAIPEI FREE」という台北市政府が展開している無料WIFIサービスがあり、日本語のページもあります。私はまだ、使ったことがないのですが、機会を見て使ってみようと思っています。そのため、スマホを使っている人の割合は高く、日本のように携帯用のコンテンツはないですから基本、皆スマホで網路(インターネット)接続していて、その普及率はとても高いように感じます。
http://www.tpe-free.taipei.gov.tw/jp/index100060003.php 

それともうひとつの私たちが使いやすい「WIFLY」のサービスはスターバックスやセブンでカードを購入してスクラッチを削り、IDとパスワードを登入するとSMSが送られてきてそれを登録すればつながります。ただし、私は中華電信の携帯の契約を維持しているため、いつもこれでSMSを受け取りますから、日本の携帯やスマホでSMSを受け取るようなことはやった経験がなく、実際できるかどうかはわかりません。国際SMSが受け取れないと台湾の携帯契約がないといずれも難しいかもしれません。詳しい方がいるならばコメント欄に書いてくれると情報交換もできてありがたいです。空港でSIMが買えますから、WIFIのデータ通信つきの3GのSIMを購入して、SIMロックフリーの端末に入れるという方法もあります。 
http://www.wifly.com.tw/CmsWifly/web/windex%20jp-index.html 

それともうひとつの問題は簡訊の時の中国語入力です。基本的に聊天室(チャット)の利用は中国語が有る程度、サッと出るレベルでないと絶対に無理です。入力が間延びしていたらできません。台湾の子たちは当然ボフォモフォで入力していますが、私はいつも五画で入力したりしますが、これでは速いスピードにはなかなかついていけません。ただ、電脳(PC)の場合は私もキーボードで単語登録してる第三種漢字をどんどん入力していますので、ついていけます。

従って、今最高の発見がこのアプリです。素晴らしすぎて、このアプリを見つけたのが最大のポイントでした。 

これは「iFLY」という中国語入力アプリでIFLYTEKという会社が出しています。アンドロイドは「安卓」と中国語では言いますが、私が使用しているのはアンドロイドでiPHONEではありません。しかし、このアプリのアンドロイド版があって、私の会社のスマホにすごく詳しい若手インテリ社員がいて、彼にす早く台湾の繁體字が入力できるアプリを捜してもらったところ、彼の結論がこれがダントツでベストということでした。もちろん無料で下載(中国語でダウンロードのこと)可能です。

何と言っても手書き入力がすごく便利で、指でなぞって漢字を書いていけばどんどん変換して候補を出してくれますから、めちゃくちゃ早く入力でき、さらに音声認識も可能です。ただ、発音が悪いと誤認識が多くなるため、私はもっぱら手書き入力です。さらに数字とアルファベットが同じキーボード上にあり、切り替えも簡単にでき、絵文字や記号も充実していて、本当に素晴らしすぎます。今、私にとっては最高のアプリと言っても過言ではありません。
https://market.android.com/details?id=com.iflytek.inputmethod&hl=ja 

ブログがなかなか集中してPCで書けない忙しい合間でも「WhatsApp」と「iFLY」の組み合わせでスマホを使ってコミュニケーションは問題なく、素早くできますし、彼女たちも免費なのでどんどん簡訊を送ってきます。基本、誰かとコミュニケーションをとっていたいという寂しがりやのところがある子も多く、こちらが面倒くさがらず、返信をこまめにしていけば必ず良い交流が続きます。時々1時間以上に断続的に渡り、疲れ果てますが、なかなか心地よい疲れではあるかな?眠る前後の真夜中が最もよく着信しますから、よくベットの中でチャットしていますね。もし、料金を正規に払っていたら、きっとそれこそ大変、月に5万元ぐらいはきっといっちゃうと思います。

さすがに皆さん全員の方ができるわけではなく、中国語の文法がある程度わかること、すぐに文章が中国語で書けること、簡訊や聊天で使う彼女たち独特の中国語に慣れて、こちらもそれに応答していけることなどができないと難しいですが、少し、中国語の心得がある方はぜひトライしてみてください。 まずはFacebookあたりのメッセージからゆっくりしたスピードで練習するといいです。

私はFacebookも台湾繁體字で使っていますから、SNSで使われる基本的な単語もすぐに理解できるようになりました。日本人はTWITTERなどを使っていますが、台湾ではあまり使われておらず、紹介したAppがその替わりをしているような形になっています。

ブログがなかなかあげられなかったこの数日間も日々、台妹とのコミュニケーションは延々と続いていました。スマホがあれば、国境もなくなり、料金もなくなるというこの便利さを享受しないのは、なんとももったいないと思いませんか?

このブログを書き始めている間、Fbを開きっぱなしにしているのですが、すでに今見ると(16)の数字が入っていてこの約30分~40分の間に矢継ぎ早に更新されています。コミュニケーションをとることができないと、やはりつきあいは長続きしません。外国人でありながら、中国語で台湾人同様にコミュニケーションをとっていくための、その努力こそ、彼女たちの信頼を生むものにほかならないと私は思っています。

 画像は上班前の更衣室(休憩室)の女の子たちの様子です。Fbの友達になると酒店の子たちが友達のみに公開するアルバムでこのような写真をアップしています。素顔がわかり、なかなか興味深いですね。

 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。   

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に撮影は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は酒店のスタッフや幹部が撮影し、私に提供してくれている特別なものばかりです。また、画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。  名札ついていて、女の子の花名がちょっとわかりますが、どこの酒店かはあまり詮索しないでください。素顔が見たい方は錦州路の麥當勞の大樓にある酒店のどこかで捜せば、逢えるかもしれません。皆、若いPT妹ばかりですよ。  

 Twitterはこのところ仕事が忙しくて、ブログを待っていていただいている方のご期待を裏切りかねない予告になることもありえますし、フォロワーも少ないので廃止いたしました。替わりに簡易BBSを設置する予定です。これならばスマホでちょっと書けますからね。

更衣室の公關3

更衣室の公關1

寛恕(休息一些)

いろいろなことがうまくいかないこと。きっと誰もが思い当たることです。

昨日、仕事が終わって深夜に帰宅、このところの激務でさすがにすぐに眠ろうと思った矢先、簡訊がAppで届きました。誰かと思って見ると圓圓。今年の夏から秋にかけて仕事で何度も台北を往復していた時に出逢った子でした。すぐに聊天(チャット)になったのですが、何と2時間40分もの間の最長聊天になりました。実はそれには理由があります。 

私が彼女と出逢ったのは、当時彼女は18歳になったばかりで、誕生日の翌日でした。つまり、本当に18歳になってすぐに酒店にやってきました。圓圓は幼少の頃に両親が離婚、國小、國中は母方の奶奶(中国語で祖母のこと)と一緒に暮らしていました。しかし、奶奶が亡くなり、彼女は高中になってから、長い間一緒に暮らしていなかった媽媽(母親)に引き取られ、一緒に暮らすことになりました。しかし、当然ながら、長い間、生活を共にしていなかった母親とうまくいかないことは自明の理でした。彼女は学校生活も乱れ、そして、高中を退学してしまったのです。 家には帰らず、媽媽も彼女を見放し、一切のこずかいも与えなかったと言います。彼女はまだ、18歳未満だったこともあり、一小時80元の時給で夜市でTシャツや帽子を売るという打工しかつくことができませんでした。

しかし、そんな彼女も17歳になり、学校を出ていないことが台湾の社会では大きなリスクをもつことが痛いほどわかった彼女は再び学校に通い始めます。従って、今は18歳であるにもかかわらず、高中進修学校の2年級です。以前もブログで紹介しましたが、酒店の高中生は、そのほとんどが進修学校(定時制のような補習校)で本来の高中とは異なります。従って、上課は朝8時から12時までの午前中のみ、午後からは働くことも可能でした。しかし、時給はやはり一小時90元。彼女は17歳の時に18歳になった瞬間に酒店で働くことを友達から紹介された娯楽公司の經紀人と約束して8万元を借りたのでした。

私が彼女と出会ったのは去年の8月の下旬。在住ではなく、仕事で往復するような形で台北に行く形になった私は大廳で酒店の行政をはじめとするスタッフや様子を見に来ている經紀人と旧交を温めるようなことが多く、その日も2時間ほど酒店で懐かしい戀戀と逢い、彼女が下班したので私も帰ろうとしたところ、「好久没看到!」(しばらく会っていなかったよね)と言うことで、 帰り際の大廳で知り合いにつかまってしまい、 少し、話し込むことになってしまいました。すると一人の背の高い子が控台(打卡などの上班の手続き)をしに大廳にやってきました。彼女を見た知り合いの經紀人(ブログで書いたVickyではありません)が私に言いました。

「她在我的公司。不過我不是她的經紀人。別人的。剛剛來的。今天是第一天。如果你可以的話、你點她比較好」
(彼女はうちの公司の在籍さ。ただ、僕は彼女の經紀人ではないよ。別人だ。彼女はさっき来たところ。今日が一日目なんだ。もしできるなら、彼女を指名してくれないか)

彼女の手を引いて、經紀人が私のところに連れてきました。その表情はとてもオドオドしていて、目もなんとなく暗く無表情でした。確かに美人で、スタイルは抜群。しかし、本当に暗い目をしているのが、とても気になりました。茶髪で化粧もギャルのような派手な感じなのですが、よく制服店にいるような弾けるような感じがありません。しかし、親しかった經紀人が空枱に入れたくなかったような態度は見え見えでしたし、彼女が壊人の客人でやりたい放題されるのも可哀想な気持ちも手伝って、一度去った包廂に再び戻ることにしました。しかし、時間は12時頃で一番、酒店が込む時間になっていたため、大廳で包廂待ちすることになりました。

この時間になると少なくとも30分、平均的に1時間は包廂が空くのを待たねばいけません。しかし、実は方法があって、女の子をすぐに「點枱(指名)」してしまうと優先的に包廂を廻してもらえます。酒店の料金体系は複雑そうで実は単純、女の子を横に座らせた瞬間に料金が発生します。多くの客人は包廂に入って回ってくる多くの公關の子を並べて見て選びたいため、大廳で 「點枱」する客人は多くはありません。しかし、基本的に私は空枱で回ってくる公關はよほど運が良くないと数はいても本当に良い子は、ほとんどいないことを知っているため、幹部の紹介によることが今は多く、そのため、よく、大廳で點枱します。

大廳で多くの包廂待ちの客に秘密にしたい子の顔を見られしまうリスクはありますが、先着順が極めて重要な酒店では、とにかく少しでも早く女の子を決めることが重要ですから、包廂を空くのを待っていたら、良い子は最初か次に入った包廂あたりでまちがいなく他の客人にとられてしまいます。従って、私はよく、大廳で女の子を座らせています。しかし、その瞬間から料金は発生しますから、行政たちは、一刻も早く包廂を準備するため、待ち順位が1位に繰り上がります。初めて逢った圓圓を點枱したこの日もご多分に漏れず、混んでいたにもかかわらず、10分程度で私と圓圓は包廂に案内されました。

圓圓は本当に表情が硬く、10分たったら秀舞をすることぐらいしか、よくわかっていませんでした。その秀舞も必死でやっている感じがあって、顔がひきつっているというか、そんな感じがしました。ちょっとこのままでは雰囲気もほぐれないなと思った私は、小Cという大直にある大学の2年級の子を點枱することにしました。実はこの日、酒店に行く前の9時半頃、民生東路近くのテーブルがあるセブンイレブンでWIFIをつないでいたところ、彼女がたまたま飲料を買いに入ってきて、ばったりと逢っていました。

彼女は胸の大きなグラマー美女で、やはり懇意にしている子です。彼女には酒店に行ったら呼ぶからと伝えていました。この日は私は戀戀というとても可愛がっている気まぐれ娘を呼ぶ約束を簡訊でしていました。そして小Cも點したのですが、他の客人に加點(指名返し)されてしまい、呼べていませんでした。彼女が最初の客人に呼ばれてそろそろ3時間ぐらい経っていましたから、そろそろ帰り、彼女が下枱する時間が近いと思っていました。予想通り、行政に小Cの預點(下枱したらすぐに連れてきてもらう點枱のこと)を頼んでから、15分ぐらいして、すぐに包廂に姿を現しました。

小Cはおっとりした子で雰囲気もなごみますし、しなだれ系の子なので、初めて上枱した圓圓もリラックスし出しました。小Cは胸がEカップは余裕であるのですが、実は圓圓は背が高く、素晴らしいスタイルでとてもスリムですから、ちょっとポッチャリ系の小Cよりも胸が大きく見えるような感じでした。圓圓はもともと美人なのですが、逢った時は表情がかたく、少し冷たいような印象がありましたが、本当は明るい子で笑顔も可愛い子でした。その時は、誕生日の翌日ということもあり、2時間ほど私と小Cとすごして下班となりました。彼女は、最初の上枱でおだやかにすごせたこともあり、最後に電話番号を私の小機に入力していました。

その後、台北に行く機会がある度に彼女を呼んでいました。彼女の事情を知ったのはしばらく経ってからなのですが、彼女は一刻も早く、經紀人からバンス(前金)として借りた8万元を返すことに必死でした。そのため、学校があっても毎日、午後6時から午前2時までPTではなく、正職として週5日の上班を選択していました。ただ、いつも私に言っていたのは、この仕事は好きではない、一刻も早くやめたいということでした。

また、彼女はその派手な顔つきとは裏腹に男性経験は一度もなく、客人との出場も絶対にしませんでした。どちらかというと愛想がないところもあって、若くて可愛いのですが、ボディサービスは悪い方でしたし、出場もせず、1對1も私以外の客人とは一切しなかったので、あんまり人気はありませんでした。従って、だいたい點枱すれば、他の包廂にいてもすぐにやってきました。彼女が言うには何度も逢いに来てくれて點枱を繰り返ししてくれるのは私だけだとか言っていました。

夜、制服店に来る客人が好むのは、とにかくボディサービスがよく、ノリの良い子です。彼女は心をなかなか開かないので、本当はノリの良い活発な子なのですが、初対面の客に対してはあまり楽しめるという子ではなかったように思います。18歳になったばかりなのに、どこか醒めていてハツラツさがないような感じもありました。また、自分が、もともとお金を何とかするために18歳の誕生日の翌日から働き出した経緯からも、一刻も早くやめたかったのが本心でしたから、どうしてもそのような気持ちが接客に表れてしまったのではないかと私は予想しています。実際、彼女は10月にはもうやめてしまいました。經紀人への借金をすべて返し、当面のお小遣いや生活費がストックできた時点でスパッとやめてしまったのです。

彼女が酒店で得たお金で買ったのは、一番欲しかった「i-phone」でした。彼女は当然Facebookももっていて、無名小站にブログとアルバムももっています。アップされている写真は合計500枚以上、いつも免費のTaipei-FreeでWIFIをつなぎ、電話代がかからないLINEやAppで連絡をとっています。従って、最低料金のみで中華電信と契約しているようで、気軽に簡訊を私にも時折、送ってきていました。

その彼女に問題が発生しました。ストックしていたお金がもう尽きかけているのです。そこで、昨日の簡訊になりました。内容は仕事を紹介して欲しいということでした。酒店の仕事はもう絶対にしたくないという決意が強く、何でもやると言います。ただ、勉強は苦手で日本語はもちろん、英語や会計に必要な数学も苦手です。本人は自分が美人で背が高く、スタイルが良いことはとても自慢に思っていますから、ショーガールやキャンペーンガールのような仕事がしたいようなのです。台湾では電脳展や車展などを始め、数多くのイベントが派手に行われますが、必ずと言っていいほど、各社のブースなどにビキニや大胆な恰好をしたレースクイーンのようなキャンペーンガールがいて跳舞をしたりするのが一般的です。どうもそのような仕事で身を立てていきたいようなのです。

私はあまり、自分のことを具体的に酒店で話すことは絶対にしないのですが、薄々は話すことがあります。彼女は私が日本企業の駐在員であることは知っていましたから、なんとかそのような機会を紹介してくれないかというのです。そのため、細かな部分の話し合いを聊天で長時間にわたりすることになりました。

今日、台湾企業の関係者に連絡したところ、いくつかの担当者が彼女の写真を見て興味を示し、これから面試などが整えられるはずです。私は今、台湾に常駐していないので、あとは彼女のやる気と才覚しだいかなと思っています。

彼女とは、よくデュエットしましたが、その中の一曲に圓圓がお気に入りの「寛恕」という曲があります。「寛恕」とは日本語でも同じ意味ですが、日本語ではまず使われません。その意味は「心が広くて思いやりのあること。また、「そのさまとか過ちなどをとがめだてしないで許すこと」と広辞苑などには出ています。 

歌詞の中のサビの部分に「努力學習寛恕」という言葉があります。

圓圓は私が台湾の駐在が終わった後に知り合った子であることもあって私下(プライベートのこと)で逢ったことは一度もありません。ただ、彼女が大好きな 「i-phone」 を通して時折、簡訊のやりとりをし続けていた子で、何かあると相談事をしてきました。彼女の無名小站のアルバムにある大量の写真には制服姿で友達と屈託なくすごす彼女の楽しそうな笑顔があります。 彼女がお金を經紀人に借りざるを得なく、そして、本当に不本意であった酒店にわずか2ヶ月勤めたことに対する彼女への私の気持ちはこの「寛恕」そのものです。

きっとわかってくれる日が来るかな?

まだ、本当に若い彼女は、これから自らの力で自分の未来を切り開いていかないといけません。
彼女とのAppとでのやりとりはずっと残してありますが、彼女自身がどう感じ、どう思っているかの本当のところは私にはわかりません。しかし、少しばかり後押ししてあげることで、決して生い立ちが恵まれていない彼女がその美貌を武器にして生きるための術を得るならば、私のできる範囲で力になってあげようかなとも思っています。

 画像は圓圓の無名小站のアルバムの中の写真です。正面の写真はすべてモザイクを入れてあります。シルエットなどの雰囲気がわかり、顔がはっきりわからないものを掲載していますが、流用や他のサイトへの転用などは絶対におやめいただくようにご理解をお願いします。

 圓圓のKTVでの友達たちとのパーティーの時の画像です。

圓圓2

 大好きな愛用のi-phoneを見る圓圓です。写真の真ん中あたりにアルバムのアドレスを
彼女が入れていて、そのためモザイクで修正してあります。

圓圓1

 自宅での全身姿です。i-phoneでちょうど顔が隠れているものを選んであります。

1887382908

1887382907

季節は巡る(休息一些)

寒假が終わり、開學して2週間。酒店を去った子たちからの緊急報告が簡訊で日々届きます。その多くはAppなのでまったく費用がかからないこともあり、彼女たちは気が向くと簡訊を送ってきます。FacebookやGoogle+をやっている子たちもとても多いため、近況もよくわかります。現在Facebookの友人は167人。酒店の行政や小爺、幹部もおり、また現在もまだ、酒店にいる子、酒店を去った子、そして彼ら彼女たちの友達という形でどんどん輪が広がっていきます。

私の台湾交流用のアカウントには日本人は一人もおらず、トルコ人や香港人、大陸人などが若干いますが、90%以上が台湾人です。特に女の子たちは本当に写真が好きで、すぐに写真をアップします。多い子はアルバムに1000枚以上の写真がアップされていて、この前は28連続投稿もありました。親しい友達に登録している子がアップするとメールが配信されるため、ここ1週間でさっき確認したら870通のメールでした。最近は削除が追いつかない状態で、ちょっと見るとすぐに次が配信されているという感じです。まあ、彼女たちがFacebookにアップする内容はたわいもないことが多いのですが。

ちょうど1年ぐらい前、去年の2月の寒假の時に出逢った子でEVAというPT妹がいます。彼女は当時、高中進修学校の2年生の18歳になったばかりの子で、やはり事情があって休学していましたから、今は3年になっています。EVAはすごく性格の良い子で、私が一番信用している紅牌の子の一番のお気に入りが彼女でした。素直を絵に描いたような性格、明るくて快活、とても気がきく子です。彼女はGoogle+とFacebookに登録していて、そのつながりには多くの同學の子の写真やコメントがあるのですが、そこにいる彼女はいつも笑顔があり、楽しそうな写真ばかりです。

彼女はスマートフォンを持っておらず、いつも簡訊よりも直電の多い子でした。いつも元気に第一声が「好久不見!」(しばらく逢ってないよね)という台湾人がよく使うあいさつから始まるのが定例でした。Appはアドレス帳の連絡先と自動的に同期するのですが、昨日、Appの友達一覧に彼女がいつのまにか追加されていました。念願のスマートフォンを手に入れたようです。

EVAは夜學のため、寒假が終わった後も昨年の4月頃まで週3天、上班していました。しかし、彼女は子宮筋腫が発見され、5月に手術をして夏頃まで療養していました。8月に何度か台湾に行った時によく食事を一緒にしていましたが、手術後は少し学校を休んでいたことや家族に負担をかけたことをとても気にしていました。9月の中秋節にあいさつの簡訊が来て、9月16日から4日間ほど台北に行くことを連絡したら、私が台北に行くタイミングで再び酒店に上班するからという返信が来ました。

しかし、実際には彼女はこの9月に酒店に戻ることはありませんでした。

やはり、どうしてもあの「虚構の世界」に戻る気がしなかったと彼女は後日、私に話しました。今、彼女は85℃という台北のコーヒーチェーンで打工をしながら、再び、学校に通っています。彼女が酒店に戻らなかったことは、私はとても良かったと思っています。とても素直なEVAは嘘をついたり、ごまかしたりすることがとても苦手でした。どちらかというと勉強も不得意で、頭の回転が速いというタイプではなく、いつも言われたことを受け身の姿勢で嫌がることなく、やるような子です。いわゆる処世術にたけておらず、人間としての狡猾さやクセがまったくありませんでした。

酒店のようなある意味、騙し騙されが当り前の世界では、彼女はやはり生き抜いていくことは厳しいと思っていました。私の信頼する紅牌の子がEVAを可愛がっていたのは、守ってあげたくなるような素直さ、いじめや人の非難に絶対に加わらないような気質、そして細かなことにこだわったり、クヨクヨしたりしない明るさが好きだったのではないかと思っています。去年の2月~3月頃はこの紅牌と子とEVAをよく呼んでいました。2人を包廂で呼ぶと実に明るい姉妹のように仲良くすごすので、ほほえましいような関係ができていました。

私がこのブログを書こうと思ったのは、あるBBSで酒店の子たちの裏側にある様々な世界を私だけが知るのではなく、昨年度で台北での駐在を終えたことをきっかけに、台湾を愛し、台妹と心の交流をもちたいと思う人を増やしたいという思いからでした。そこで私はある小動物のハンドル名(ニックネーム)を使っていたのですが、実はその由来はこのEVAと紅牌の子にあります。紅牌の子がいつも包廂に持ってくる小さな包包(バック)に彼女が夜市で手に入れたという小さなゲームをつけていました。

Pei Jun 的 Present 002

スイッチを入れるとLEDが点滅して、ついたところを素早くたたいていくのですが、だんだんと点灯のスピードが速くなっていきます。紅牌の子はこのゲームが好きで、包廂でもよく一緒にやりました。EVAもこのゲームが大好きで2人と一緒によく遊んでいました。私が台北を去る最後の日の前日に、紅牌の子は酒店ではなく、私下(プライベート)で逢おうと言ってくれて、午後から夜まで一緒にすごしたのですが、その最後に別れた時、彼女が自分のバックからこのゲームをとりはずし、私にくれたのです。この写真は、私が自分の家にあるものを撮影したものです。

彼女とEVA、そして実は彼女たちとかかわりがあった子が2人、ほかにいて(また、ブログで紹介していきます)最後の台北の時をすごした想い出のグッズなのです。たわいもない電子ゲームなのですが、私はとても大切にしています。今も自宅の部屋にぶら下げてあって、時折、やってしまいます。紅牌の子やEVA、そして、その他の2人とは今もつながりがあって、台北に行った時に一緒に食事したり、日本では簡訊のやりとりをしています。彼女たちはこのたわいもないゲームで遊んだことを皆、すごく覚えていていつも懐かしそうに思い出し笑いをします。だから、私は初めて、あるBBSに投稿した時にこのゲームに由来する小動物の名前をつけることにしたのが本当の理由です。

EVAとはこれから彼女がスマートフォンを手に入れて、Appをインストールしましたから、さらに簡訊のやりとりが続くことになりそうです。今は打工を午前10時から夕方にかけてしながら、その後、新生北路近くの高中に通う日々が続いているようです。私はEVAには酒店に戻ることなく、白天の世界でコツコツがんばって欲しいと思っています。結局彼女が酒店にいたのは2ヶ月足らず。ほんのわずかの間だけでした。今日のAppの簡訊のやりとりでEVAが書いていた文章に次のような言葉がありました。真面目でまっすぐな気持ちがあるEVAらしい言葉でした。

「花錢花在値得的人身上吧。家人是最重要得。不過我也不好過一點。但祝福你一切順利」

(お金を使う価値は自分の身の上に使うことでしょ。家族が一番、大切だよ。だけど私もちょっと良くなったかな。但しあなたがすべてのことがうまく行くように願っているからね)

以前、ブログの「寛恕」の章で書いた圓圓もこのところ、就職の紹介のことがあり、ひんぱんにAppでの簡訊が来ます。彼女の今の希望は日本料理店のウェイトレス。キャンペーンガールなどはまだ、不安もあるようで、まずは高級な日本料理店で和服などを着て白天の世界でしっかりと働きたいという強い希望があり、私も今、台湾の知り合いの方にお願いしているところです。やはり、根は真面目な子です。

護理士(看護師)の資格をとった原住民の小小はある大病院に就職が内定し、今はその近くに家を借りるため、家探しを積極的にしています。やはり、酒店はすでに去っており、もう2度と戻ることはないでしょう。

季節は巡ります。

東京では春の足音が少しずつ聞こえ始めました。昨日はなごり雪が降りました。
酒店で知り合った彼女たちですが、そのつきあいはこれからも続いていくでしょう。
酒店の客と小姐という関係ではなく、私にとっては成長していく可愛い娘たちのような存在です。

彼女たちの人生にもそろそろ春が近づいてきているような気がしてなりません。

 以下の内容はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。続きを読む

変身する娘たち(休息一些)

このところ、事件に巻き込まれた酒店を中心とした今の台北の酒店業界の状況をアップしてきましたが、そろそろ状況が落ち着いてきたこともあり、時系列で書いてきた本編に戻していこうと考えていますが、その前にちょっと現在進行形のことを少し書こうかなと思いました。

私は多くの小姐と交流を現在も続けていますが、実は彼女たちが勤めている酒店にそんなに通ってはいないのが実際の所です。簡訊を中心にちょっとした相談やたわいもない会話、食事を一緒にするなどのことが多く、日本人が珍しい(彼女たちの知り合いにおは、まったくと言っていいほどいません)こともあり、中国語での会話もそれなりにできるので重宝してくれているようです。また、たまたま、小姐たちのいろいろなプライベートで起きたことにかかわることも多くて、素顔の彼女たちを見せてくれることも、こちらが気軽につきあっていける要因かもしれません。

それと重要なことはいわゆる下心がないことです。まったくないと言えば嘘になりますが、基本的にいつも娘のように接していますから、彼女たちもしつこくつきまとわれるとか、恋愛感情を抱かれるという心配がまったくと感じているのでしょう。それと私自身が酒店のスタッフや幹部、經紀人などとも交流があり、事情通なため、共通の話題も多く(どこの店が流行っているとか、あそこの対応は悪いとか、客層がどうかとかそんな類の話)、それなりに中国語もできるので、きっと気軽なんだと思います。「たまには店に来てね」と冗談で言われたりしますが、彼女たちは仕事は仕事と割り切っているようなので、私もいつも食事などして別れてしまうことが多く、あっさりしたものです。

そんな交流を気軽にしている子の一人に、ある制服店で知り合い、今は有名な禮服店に勤めている子がいます。彼女の禮服店は比較的高級な部類ですからよく台北にいる頃は台湾人の方との商談に利用していました。ビジネスで関係していた台湾人の方がとてもこの店を気に入っていて、いつも私は接待を受けていたこともあり、彼女をよく呼んでいました。

彼女の名前はXX。ある有名私立大学に通っている女生です。
今も現役で在籍していますから名前は秘密です。

大学では国際関係や貿易を学んでいるため、台湾や日本の政治経済状況の話やビジネスの話にもついてくることができるインテリな子です。スタイルは抜群、特に痩せているのに胸が多くて手足が長いという理想的な体型をしています。

XXという名前は酒店にはとても多くて、必ずどこの店にもいます。しかし、この名前は名前負けしないように各酒店や經紀人も気を遣っていて、いわゆる看板の名前です。私も数多くの「XX」と出逢っていますが、はずれたことはありません。彼女はタヌキ顔ですが、とてもナルシストで写真が大好きでFccebookにも多数の写真をアップしています。フィード版ももっているので、相当自信があるのでしょう。ただし、当然ながら彼女はXXという名前ではFacebookをやっていませんから、彼女の手がかりがない方が見つけるのは簡単ではないです。ただし、この酒店に行ったことがある人は制服や禮服の感じを見るとどこの店かわかってしまいますね。

いつも痩せているのに胸が大きいことが自慢ですから、胸を強調するような露出系の服が好きで、メイクも目を大きく見せるような化粧を好むのが特徴です。さっきAppで連絡があって「你幾號會回來台北?」というようなまた、たわいもないようなやりとりなのですが、今度、日本食を食べたいということで連絡がありました。大好きなのは回転寿司で、意外でしょうが、極めて庶民的です。

彼女が勤めている酒店は五木ではないこともあって、台北にいた頃はよく会社帰りに夕食を一緒に食べていました。いつも明るく陽気でよくしゃべるので、とても面白い子です。家庭的にも比較的恵まれていて、最初はやはり學費を稼ぐために制服店で暑假でこの世界に入りましたが、回穿店、禮服店とだんだんと酒店小姐の王道ともいえるコースで勤めを続けています。今日は日曜日で上班がなく、暇にしていたようでした。

いろいろな子がいて、気軽につきあっていけること。
なんか、私自身がいつも不思議に思っています。

最後に普段の彼女の写真です。まったく学生以外の何者でもありません。
いつも思うのですが、彼女たちの見事な変身ぶりとそのギャップには驚いてしまいます。

 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。

 以下の内容はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。 
続きを読む

中文(休息一些)

さて、このところ芊芊との出逢いの話の間に現在進行形だった東莞の様子と微笑と開心との簡訊のやりとりを挿入してきました。このブログには多くの彼女たちの送ってきた簡訊や聊天の原文を掲載しているのですが、読者の方からメッセージやメールをいただいく中で、何人かの方に「中国語や台湾文化の勉強になり、単なる夜世界の遊びの話ではなく、総合的な台湾の様々な習慣や現状の勉強になります」といったお言葉をいただきます。誠に恐れ多く、ありがたい限りです。

中文はなかなか独特の慣用句や表現もあって、慣れないとどのような意味なのかさっぱりよくわからないことがあります。また、現代の若い子たちが使う口語体や簡訊で用いられる言葉・文章もかちっとした習う中文とはちょっと異なっている所があって、使い、コミュニケーションをとることによって習熟していきます。

このブログの中文も彼女たちの原文は正しいのですが、私が物語の中で經紀人や幹部、小姐が話した言葉を再現する時に書いている中文はちょっと怪しいところもありますから、ご承知おきください。私自身は日本語は日本人だから当然ですが、英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、タイ語、タガログ語、そして中国語と使いますからよく混乱してしまいます。駐在していたそれぞれの国で習得したのですが、使わないと忘れてしまったり、似ているスペイン語とポルトガル語が混在したりすることがよくあって、頭のスイッチを切り替えないといけないので、結構、大変です。

ただ、不思議なことに例えばタイに行くとだんだん慣れてきて、タイ語を思い出してきますから皮膚感覚で獲得するとことはつくづく大切だなと思っています。最近は飛行機の中で基本的な語句や文法をよくチェックしておいて到着した国で積極的に会話したり、文章を書いたりして思い出すようにしています。

さて、APPでよく送られてくる中文や写真を貼ったりするのにいつも使っているのが、EVERNOTEという軟體(ソフトウェアのこと)です。簡単に写真や文章、音声などを簡単にペーストしてクラウドで保管できるので、インターネット環境があればPCとのやりとりも簡単で、いつの中文の原文もこれを利用してブログに貼っています。また、GOOGLE翻訳で翻訳することもよくあって、とても奇妙な翻訳になり、意味不明なことも多いのですが、細かな単語などわからないことも多いため、大いに参考になります。下のリンクはクリックしても購入なんかにはなりませんし、私のアフェリエイトにもなっていませんから、安心してクリックしてみてください。だいたいEVERNOTEは無料ですから、ワンクリック詐欺なんてありません。

はじめてのEVERNOTE(アマゾンのブック案内サイト)

EVERNOTE ホームページ 


41HG0jZ9M9L__SS500_

私は国際的にコミュニケーションをとり、また、ビジネスでも簡単な文章を保管することを中心によく利用しています。インストールも無料でできますし、PCとスマホをいつも同期させて使っていますから、私はとても活用しています。Facebookも私は台湾人の方々との交流用の方については中文(繁體字)のアカウントを使っていますから、気になる写真や文章はとりあえず、どんどんコピーしてEVERNOTEに貼って保管します。後でしっかり翻訳したり、整理ができたりするため、とても重宝しています。

また、直接の会話はLINEやVIBER、SKYPEなどをフル活用し、さらには中華電信の3G携帯もあわせて利用しますので免費であることも多く、思う存分、料金を気にしないで話したりできるのは、非常に気が楽で十分にコミュニケーションがとれることもあって、とてもありがたいですね。

ついさっきもブログを書いている途中にある制服店の公關の◆◆(現役なので名前は秘密)が昨日と今日は放假だったようで、バイクに乗って台北郊外を友人と疾走中だったみたいですが、7-11のガソリンスタンドがあるのを発見と言って、写真をいきなりAPPで送ってきました。

318113_425714204113786_100000256309832_1551269_177128902_n

どうも淡水の近くにある温泉?に女友達と2人で行っていたようで、何とも可愛らしい和服のような浴衣?を着ている写真を10枚ぐらい続けて送ってきました。素顔、スッピンで、「你幹嗎?最近如何?」(何やってるの?最近はどうしてる?)などと短文がついており、今の彼女の状況の様子などが書き込まれていました。私もあんまりよくわからない場所なのですが、楽しそうで、ついほほえましくなります。なんかスッピンに茶髪と艶っぽい浴衣がミスマッチで面白いのですが。

420789_359412647417350_100000458543125_1241167_1169464846_n

yukata01

yukata02


ただ、台北に行って酒店に行き、金さえあれば、遊ぶことはそんなに難しいことではありません。

しかし、交流やつながりをもてるかどうかは簡単ではなくて、中文というコミュニケーションの基本があり、私たち外国人はどうしても細かな表現の壁や単語の壁がありますから、それを補う様々なツールをうまく使うことによって、成り立つことが多いです。ぜひ、皆さんの参考になればと思っております。特に駐在の皆さん方はビジネスでも大きな財産になりますし、大陸の簡体字もそんなに難しくないですから、台湾で積極的に中文を学び、使うことは大いに役立ちます。あきらめるのは簡単。でも、それは大きな宝を発掘する努力をあきらめることと同じです。できるところから、話せる言葉からやってみるだけでもちがうと思います。

世界で公用語として使う場面が最も多いと言われる英語。
世界で最も公用語としている国の数が多いと言われるスペイン語。
そして、話している人間の数が多いと言われる中国語。

ボディコミュニケーションができれば大丈夫という側面もなきにしもあらずでしょうが、やはり細かな心情のやりとりは言葉あってのものと思っています。写真と簡訊が大好きな台湾人との交流において、中文の能力とそれを補うツールの存在は役に立つことはあっても無駄になることは絶対にありません。

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、特別なものばかりです。また、画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。
自我介紹-My Profile-
E-mail Messege
~ Blog's Thema ~   戀愛的幸運餅乾  台灣女大學生來跳舞­
~Beatiful Taiwan~  台湾心跳聲-蔡依林   
~I'm Not Yours~   蔡依林&安室奈美惠
青春無敵!台灣加油讚
近期發表文章50(有照)
LINE読者登録QRコード
今天你們的運氣好嗎?
今天我最美     今日の台湾美女Click⬇
我有懐念、美麗的歌曲
いずれも私にとっては思い出深い美しいバラードです。台湾を愛する皆様もぜひ、お聴きください。↓
禮物~劉力揚 Jeno Liu
夢中作憨人       ~阿密特(張惠妹)    
四季~黃麗玲 A-Lin  
愛台妹的訪客總數
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近14天、訪客總數

    愛台妹朋友大約200個人。謝謝

    瀏覧總數量

      記事・文章 搜尋
      Exchange-Rate
      惠靈頓・東京     倫敦・紐約 世界時刻
      FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX
      目前世界外匯情況
      Sugakiya名古屋の味 台湾ラーメンも有ります美味しい拉麺通販!!
      台湾セレクション    台湾グッズはここで!
      台北楽天市場店   美味台湾グルメ通販!
      台湾小集      台湾関連商品超充実!
      宝島-台湾料理&食材 日本で台湾食材GET!
      紅利點積分變現金
      日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ