< 貝貝的故事 : 我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

私は台北で駐在生活を4年間送りました。昼間は世界の平和と日本の経済発展を目指して全力でお仕事。夜になると地表にちょこんと顔出して、五木の街あたりを彷徨っています。そこで私は数多くの天使達と悪魔に出逢いました。そんな私の夜の彷徨いを台湾社会の複雑な仕組みなども紹介しながら書き綴っていきます。ほとんどの日本人が深くかかわることが難しいと思われる台北の夜世界の様子とエピソードの紹介が中心です。これは心優しい台妹たちを愛し、そこで出逢った人達とのかかわりや心のつながりをとても大切にしながら、これからも彷徨い続けていく私の軌跡です。

貝貝的故事

寒假的奇蹟(休息一些)

2010年2月の寒假。私は当時いつも行っていた副店長・紅龍の制服酒店で奇蹟と出逢いました。

それは私が最も愛おしんだ台妹・芊芊と瓜二つの顔をもつ一人の女生と出逢ったからです。ただ、彼女の方が肌の色が白く、ちょっとタレ目でおっとりしていた感じでした。胸も芊芊よりは小さく、体つきも完成された身材(スタイルのこと)をしていた芊芊に比べると、幼さの残る子供っぽい体つきをしていました。

彼女の名前は貝貝。後にこの副支店長が独立して3月に自分の制服店をオープンさせるのですが、彼女は彼の下で上班することを選び、次の店では依晨という名前で2010年の暑假まで在籍していました。林依晨という日本でも人気がある明星(スターのこと)に似ているという評判で、歌はうまくありませんでしたが、コケティシュな魅力に溢れている聡明な子でした。彼女は当時、淡水にある有名大学會計系の2年級で故郷の鶯歌を離れ、一人、淡水の窓のない地下室の房屋に住んでいました。

  林依晨。日本ではアリエル・リンの名前で知られています。
36-1339643353-41



芊芊と永遠の別れをしてから、私は芊芊の幻影を追って、酒店に再び、足を運ぶようになるのですが、実はそこからが私の本当に数多くの小姐とのつながりが始まることになります。芊芊と深くつながりをもった頃までは、私はいろいろなこともあって写真を撮ることを避けていました。ですから、今まで書いているブログに登場した子たちの写真はとても少なくて、持っているものも幹部の震洲や經紀人のVickyなどからもらったものや酒店の行政からもらったプロモ用のものがほとんどで、プライベートな写真は多くはありません。心のどこかにまだ、夜の住人である彼女たちに対する不安もどこかにあって、一緒に撮った写真などがいびつな形で使われたら・・・・ということがありました。それは彼女たちも同じでやはり、PTである彼女たちは酒店小姐であることがわからないように暮らしていましたから、当然ながらどちらからともなく、「写真を撮る」ということにためらいがあったと思います。

しかし、芊芊と別れてから、多くの想い出を心と記憶には留めたものの、時として彼女の笑顔が見たくなるときがありました。そこで、芊芊以降、つながりをもった子たちは少なからず、写真をもらったり、撮ったりしました。時々、ブログで「休息一些」で書いている2009年~2011年にかけてつながりをもっていた子たちの写真が多くあるのはそのためです。そして、実はその頃には、かなり小姐の気質を見る目が自分でもできていて、かなりの信用ができるだろうと感じることが多くなったこともあります。しかし、その中の一人(とは言え、何十人と逢った小姐のうち唯一なのですが)に2011年12月の聖誕節の際に有り金すべてを盗られてしまったことは極めて大きなショックがありました。もちろん、そんな私の窮地を救ってくれた夜の住人たちの方が圧倒的に多かったのですが。

3 (1)

貝貝のことはもっとあとのブログで書こうと思っていましたが、そのさわりだけ、ちょっと紹介しておきます。どうしてかと言うと今、書いている、芊芊との物語を多くの方が読んでくれていて、感想をLIVEDOORメールやコメントでいただきます。どんな少女なのか、当然ながら読んでいる皆さんのイメージはいろいろとふくらんでいると思います。そこで、あるメールをいただき、芊芊とそっくりだった貝貝のことを先にちょっとだけ、紹介しようと考えました。

 芊芊とそっくりだった貝貝の横顔。ガウスぼかしかけてます。
貝貝モザ2

私はこの貝貝の写真は大量にもっていて、深いつながりがありました。正確に言うとこの貝貝と同學だった麻衣という子と私は今も深いつながりをもっていて、台北に行くと必ず、彼女と会います。しかし、貝貝は酒店を離れてからは当時の関係していた人たちとの接触を好まないところがあり、多くのつながりは今はありません。

昨年の12月に私は台北に滞在していたのですが、ある掲示板で知り合ったRXXさんというなかなかスマートな方と酒店に一緒に行く約束をしていて、彼と錦州路のある有名な雲南風中華餐廳で待ち合わせをしたことがありました。その時に私と一緒に吃飯をしていたのが、大學3年になった麻衣という子で、彼だけがその時に貝貝の友人である麻衣に逢っています。麻衣のことはまた、ブログの中で紹介していきたいと思いますが、今日は貝貝と出逢った時の顛末をご紹介します。

私は2010年の1月、寒假に麻衣と彩虹という2人のPT妹と出会いました。この2人はとても穏やかな性格で、気立てもよく、その年の8月には私と一緒に泰國へも行っています。この年の1月頃はいつもこの麻衣や彩虹を包廂に呼んでいたのですが、貝貝のことはまったく最初は知りませんでした。

ある2月初旬の夜、麻衣と包廂にいたら、行政が麻衣を突然、呼び出しました。私はよくその理由が最初はわからなかったのですが、戻ってきた麻衣から事情を聞いてすぐに事態を理解しました。

麻衣は当時、実家が新店にあり、大學は淡水だったために淡水で一人暮らしをしていました。貝貝とは同じ大學に通っていたものの二人はまったく面識がなく、酒店でたまたま出逢い、同じ大學に通っていて淡水に二人とも住んでいることを知り得たのです。従って、いつも上班する時には計程車で一緒に五木まで来ていて、交通費を割り勘にしていました。大框される時は別として、下班して帰る時も一緒に計程車で淡水まで帰っていました。しかし、不思議なことに二人は私下ではつきあいがほとんどなく、あまり仲も良くありませんでした。その理由は追ってブログで紹介していきますが、見た目とは異なる貝貝の気の強さにありました。

さて、その時の事態ですが、貝貝が壊客に捕まってひどい扱いを受けたということで、包廂から助けられて脱出し、今日は先に一人で帰るからという連絡を麻衣にしたいということでした。麻衣から事情を聞いた私は、いつも2人で一緒に計程車で下班したら帰るのだから、ここに貝貝を連れてきたらいいという提案をしました。麻衣も同意して、すぐに行政に貝貝を點枱することを伝えたのですが、当の本人がなんと拒否をしたのです。

私は貝貝と逢ったこともないのですが、どうやら、包廂には行きたくないと言っているらしく、麻衣がいったん外へ出て休憩室にいる貝貝を直接、説得して連れてくると言い出しました。私は麻衣にとにかくここはまかせようと思い、彼女を休憩室に向かわせました。およそ30分ぐらいたったでしょうか。麻衣が貝貝を伴って現れました。

しかし、不思議なことがあります。貝貝は紺色のカーディガンを制服の上に纏っていました。制服店の子は基本的に大きく肌を露出した制服で包廂を移動しますが、上枱していないとエアコンが寒いため、移動中や待機中はカーディガンのような上着を着ていることが結構あります。しかし、客人がいる包廂に入る時は絶対に脱いで制服姿にならないと扣錢になるため、このようなことは極めて異例のことでした。

包廂に入った貝貝を一目見た私は衝撃を受けました。芊芊かと見間違うほど、よく似ていたからです。

そして、貝貝は「你好」と私にあいさつをした後、おもむろにカーディガンを脱ぎました。そして、その瞬間、私はさらに衝撃を受けました。何と貝貝のきれいな白い肌には無数のマジックやボールペンで書かれた卑猥な落書きが無数にあったのです。

落書き

落書き2

君悦更衣室5

君悦更衣室6

このような乱痴気騒ぎの遊びは酒店では時々あって、壊人の客が好むストレス発散です。上の画像はそのような一例ですが、実際にはストレス発散のため、よく道理がわからないPT妹にやりたい放題やる客人が存在していて、そのために幹部や行政のPT妹につける客人の見極めは非常に重要です。この時、貝貝もベテラン小姐の中に一人PT妹が放り込まれるパターンで、一緒に上枱する正職の小姐が助ければ良いのですが、客人と一緒になってからかったり、虐めたりすることも多いのが実情です。貝貝は後者のパターンでまわりの正職の小姐もはやし立てて、一人裸にされて落書きを集中的に4~5人いる客人に書き込まれ、さらには前身に無惨なキスマークもありました。わざと強く吸って跡を残すようなのが、はっきりとわかる悪質なキスマークで、本当に多くの卑猥な言葉が全身に書かれていました。

貝貝はそれでも泣きませんでした。一人、耐えに耐え、どんなにあざけ笑われようと、じっと落書きを書かれ、複数の男たちに抱きつかれて体を舐められ、吸われていました。もっとやってやれと正職の子たちがはやしたてる中、これが酒店の勤めなんだと強い心をもって座っていたようでした。外から見ていた經紀人が見るに見かねて行政に言って、貝貝を包廂から出し、何とか、悪魔の巣窟のような包廂を離れることができたようです。

落書きと無数のキスマークを見た麻衣も唖然として、貝貝に事情を訊いていました。従って先ほどの内容は貝貝が麻衣に話した内容です。貝貝はこの体ではもう、次の包廂に言って上枱することは無理と考えていました。当然のことと言えば当然なのですが、酒店には厳しい規則があって、このような小姐への落書き遊びは時折、発生するので、酒店にあるシャワーを浴びて落書きを落として、再び上枱することを求められます。もし、しなければ扣錢(罰金による給料天引きのこと)になるからです。しかし、赤く貼れたようになっている無数のキスマークはとることはできないため、肌を露出する制服店では、隠すことはできません。そのため、貝貝は決心して今日は扣錢になっても先に下班することを決めて麻衣に連絡をしたのです。

それが私と貝貝との初めての出逢いでした。

貝貝とはこの後、私は麻衣、彩虹とともに深いかかわりをもつことになります。
そして、芊芊とそっくりな顔をもつ彼女は、やはり芊芊とはまったく異なる素顔をもっていました。

貝貝、麻衣、彩虹たちとのことは、また、いずれ、彼女との物語を紹介していきます。

 数多い貝貝の写真から、はっきりと顔がわからないものをアップします。今はすっかり酒店からは離れて普通の大學4年級。芊芊と本当にそっくりで、姉妹か双子のような感じでした。今、ブログで書いている芊芊はこの貝貝とほぼ同じような容姿でした。正直言うと、芊芊の方がもう少し美人です。彼女の素顔はもう少し多くの写真をプライベート版に貼ってあります。
13453_136857082997555_100000197915270_392009_7347328_n

貝貝モザ

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に撮影は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人、酒店のスタッフや幹部、または本人や私、友人が撮影し、私に提供してくれている特別なものばかりです。また、画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。  
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。  

 以下の内容はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。 
続きを読む

貝貝と麻衣(休息一些)

去年の聖誕節に錦州街の人和圓で私は淡水にある大學の女生・麻衣と一緒に食事をしていたことは前のブログで書きましたが、この麻衣とは2010年の1月の寒假に当時、最も台北で流行っていた制服店で出逢いました。その時の麻衣は本当に何もわからない女生という感じで、KTVの控器(リモコンのこと)の使い方もよくわからず、ただ、座っているだけというような感じの子でした。幹部の震洲が今日、上班したばかりのPTがいるから、ついて欲しいと言われ、紹介されたのが、麻衣でした。

ring

麻衣はとても日本好きな子で花名も「麻衣」と日本風にしていて、とても穏やかな性格の子でした。でも麻衣はとても気遣いができるやさしい子で、今まで逢ったことがないような純粋な子でした。家は新店でしたが、大學のある淡水までは遠く、そのため、淡水に房間を借りていて週末、新店の実家に帰るという生活をしていました。そのため、経済的に苦しく、一食を100元以内に抑えるという目標が麻衣にはあって、名牌(ブランド品のこと)には、まったく興味がありませんでした。

この麻衣とは実家に帰る金曜日、台北の都心を通るため、酒店を下檔してからも月に1度ぐらい、よく吃飯をしました。麻衣とは彼女が日頃の食生活を倹約していたので、いつも比較的おいしいちょっと立派な店に行くことが多くて、彼女もそれを楽しみにしていました。よく行ったのは晶華酒店(リージェントホテル)の地下にあるおしゃれな和食シャブシャブ店。個室もあったことから、気楽に潜んで食事ができることもあり、いつもごちそうしてあげていました。

 麻衣の画像。ガウスぼかしかけています。穏やかなやさしい子でとても酒店にいたとは今でも思えません。この子とは去年の聖誕節の時に人和圓でXXXさんというあるBBSで知り合って一緒に酒店に行くようになった方が逢っています。彼も昔、彼女が酒店の公關をやっていたとは思えなかったと思います。
モザ2

 こちらは大量にある麻衣の画像から顔のわからないものを。服装などから雰囲気はわかると思います。
149769_1319136236936_1786692314_631193_3808494_n

麻衣はこの寒假の時にたまたま、打工に来ていた芊芊そっくりの子・貝貝と出逢うのですが、偶然、同じ大學に在学していたということがあって、2人の結びつきは急速に強まっていきました。貝貝と私が出逢った顛末は「寒假的奇蹟」というブログで紹介させてもらったので、ちょっと再読してもらえると、その成り行きがわかります。
寒假的奇蹟

麻衣と私が救った貝貝は芊芊と顔が瓜ふたつというほど似ていて、衝撃を受けたのですが、この顛末の後、私はこの寒假の2週間の間、麻衣と貝貝を一緒に包廂に呼ぶことが多くなりました。しかし、実は麻衣は貝貝が好きではありませんでした。貝貝は故郷の鶯歌を離れ、淡水にある窓のない地下室に墨ながら、大學に通っていました。その気持ちの強さはなかなかで、鶯歌の頃はリーダーだったと自分で言っていましたが、勉強もとても得意でよく包廂で「數學」の二次方程式や関数、因数分解などの問題を出してと言っていたほどです。しかし、何でも自分で決めないと気が済まないようなところもあり、とてもやさしい口調なのですが、麻衣に対しては明らかに上手に出ていました。

 当時の貝貝の写真。ガウスぼかしをかけていますが、麻衣とは異なり、ちょっと派手な感じがありました。
モザ

モザ3

 今年、大學を卒業した貝貝の画像。大學の學士服を着ての撮影。茶髪の子が貝貝ですが、当時に比べ、今は随分、ふっくらしました。ガウスぼかしをかけています。
モザ4

 最近の貝貝。マスクをして顔がわからないものを。当時とは雰囲気や面影も随分変りました。
マスク

彼女たち2人はいつも美容代と交通費を節約するため、計程車(タクシーのこと)で淡水から乗り合わせて来ていました。なぜなら、酒店に上班する前は髪型設計や化妝を美容院でしなければならないのですが、地元の淡水だと安くすむからです。しかし、派手な「いかにも」といった化妝と服装でMRTに乗ることは彼女たちはも避けたかったようで、MRTで大學の友人にも絶対に見られないようにするため、髪型設計と化妝をしたら、そこから計程車に乗っていました。

しかし、大學の学科とカリキュラムも異なる2人が同じ時間に待ち合わせることは簡単ではありませんでした。いつも貝貝が麻衣に電話して上班する日と時間を指定し、麻衣にあわせて欲しいと頼んでいました。断ることができない麻衣はスケジュールが苦しい時や上班したくない時もあったようですが、貝貝にいつも気を遣って、必ず、上班と下班の時間を合わせていました。包廂でも2人いると貝貝がいろいろとペースを決めることが多く、麻衣にとって特段、苦しいことはなかったと思いますが多少のストレスはあったということを後から知りました。

しかし、バカな私は芊芊にそっくりだというだけで貝貝とよく盛り上がっていました。貝貝は活発な子で面白く、ハキハキしていたため、「活撥」「明朗」が好まれる酒店ではそのキャラクターが生きるタイプだったこともあります。麻衣はいつも静かに微笑みを浮かべて、受動的な感じで包廂にいることが多くなりました。麻衣は一応、包廂にいるのですが、盛り上がる輪になかなか入ることができなかったと思います。私も貝貝と連絡をとることが多く、ちょっとおとなしく警戒心が強い麻衣とは、簡訊のやりとりも多くはありませんでした。

寒假が終わり、彼女たちはつかの間の打工が終わり、大學へと戻っていきました。

その年の6月中旬。貝貝から突然、簡訊が来ました。以前いた酒店の副店長・紅龍がこの年の3月に新たにオープンした大型酒店に麻衣と再び、暑假から勤め始めるから、来て欲しいという内容でした。以前、彼女たちと出逢った酒店は、この副店長が去った後、一気に下降線をたどり、特に多くの經紀人が彼について行って、自分の手持ちの女の子たちをこの店から引き上げ、新たにオープンした店に移籍させていました。彼女たちの經紀人も同じようにこの新しい店に貝貝と麻衣を送っていました。

6月中旬、暑假が始まったこともあり、私は貝貝と麻衣に逢いにこの酒店に出かけました。2人は花名を変えていて貝貝は依晨、麻衣は心情と名乗っていました。私は震洲に頼んですぐに2人を預點したものの、可愛くて活発な貝貝は框されてしまい、結局、その日、私は麻衣とだけすごすことになりました。

すると麻衣は意外なことを言い始めたのです。

1330862844-3825952104_n

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に撮影は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人、酒店のスタッフや幹部、または本人や私、友人が撮影し、私に提供してくれている特別なものばかりです。また、画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。  

 以下の内容はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。  
続きを読む

麻衣と彩虹(休息一些)

包廂では口数が少ない麻衣がポツリと話し出しました。

「我不想在一起跟貝貝」 (私は貝貝と一緒にいたくない)

私はこの時まで、麻衣はいつも貝貝と一緒に行動していたので、仲がいい大學の同級と思っていました。しかし、麻衣は貝貝は、はっきりと意見をいうので自分の気持ちを言えなくなってしまうこと、彼女のペースで物事が進んでいくことのストレスがあることを話し出しました。前のブログで書いた麻衣が貝貝の予定に合わせていることもこの時、初めて私は知ったのです。

その時、いきなり、包廂の扉が開かれました。

「你好!XX先生。今天如何?」 (よう、XXさん、今日はどう?)

入ってきたのは、幹部の震洲でした。麻衣はとても恥ずかしがり屋で胸が多分Bカップあるかどうかでしたから、とてもコンプレックスをもっていて、涼しい格好をしていた彼女は咄嗟に胸を腕で覆いました。

震洲の後ろには細身の美少女が立っていました。

「今天你打算陪依晨(貝貝のこと)和心情(麻衣のこと)一起。不過依晨是被框的。應該心情 一個人是無聊。因為她是安静、所以我帶新妹、她的名字彩虹。她也女生、大學四年級。很可愛的」

(今日は依晨と心情を一緒に呼ぶつもりだっただろう?だけど依晨は框されたから、心情ひとりじゃ、つまらないんじゃない?、彼女はおとなしいからね。だから、もう一人新しい子を連れてきたよ。彼女の名前は彩虹。彼女も大學4年生の学生さ。とっても可愛いから)

麻衣は震洲の言葉を下を向いて静かに聞いていました。貝貝がいないとつまらないだろうと震洲にも麻衣は思われていたようですが、麻衣は基本的に物事を受け入れ、反発などできない性格の子ですから、心の中にはいろいろな思いがあったのでしょうが、ただ、黙っていました。私は麻衣の貝貝に対する気持ちを聞いたばかりだったし、麻衣も一人の方が実は気楽であることがわかったので、震洲が連れてきた彩虹はとても可愛い子だったのですが、断ろうと思いました。麻衣の気持ちを考えると、麻衣が心穏やかに包廂ですごせる時間があってもいいかなと考えたからです。基本的にちょっと人見知りする麻衣は気の強い正職の小姐たちにいつも気を遣ってすごしていることは容易に想像がつきましたし、ましてや彼女がまったく知らない年上のPT妹とまた一緒に過ごすということは麻衣にとっても、また、ストレスがたまると思ったからです。

しかし、その時、さらに意外なことが起りました。私が幹部の震洲に断ろうとする前に麻衣が「可以!」(大丈夫だよ)と答えたのです。私はちょっと驚いてしまいました。

「OK、OK。彩虹是很好的小姐。所以你決定的!心情、不要擔心!」

(OK、OK。彩虹はとってもいい子だ。決定でいいよね。心情、心配しなくていいから!)

そう言うと震洲は後ろにいた彩虹を私の横にすわるように促しました。彩虹はにっこりと微笑むと「你好!」と言って私と麻衣にあいさつして、すぐにソファに座りました。震洲が包廂を去ったと同時に私は麻衣に訊きました。

「我覺得你一個人比較好。為什麼?」 (僕が思うに麻衣は一人でいたかったんじゃない?どうして?)

「彩虹是今天第一次上班。如果你跟幹部説不要彩虹的話、她感覺很悲哀。所以・・・・」

(彩虹は今日は最初の上班でしょう。もし、あなたが幹部に彩虹は必要ないなんて言ったら、彼女はとても悲しくなるよ。だから・・・・)

麻衣は心優しい女性でした。

彩虹は今日から暑假が始まり、最初の上班。そして、酒店に来た途端、最初の客人である私がもし、彼女を断ったとしたら、彩虹はきっと好かれなかったと落胆してしまうと麻衣は考えたのです。その話を彩虹も聞いていました。

「真的你要求求我嗎?」 (ねえ、本当に私が必要なの?)

彩虹も気を遣われてここにいるとしたら、きっと本意ではないのでしょう。気にして訊いてきました。

「不是。你是很好的小姐。但今天我覺得麻衣一個人比較好。所以如果麻衣不介意、沒問題」

(ううん、彩虹はとってもいい子だと思うよ。但し僕は今日、麻衣が一人の方がいいかなと思っていたんだ。だから、麻衣がかまわないなら、問題ないよ)

彩虹はニコリと微笑みを浮かべ、桌(テーブルのこと)の上にあった杯子(コップのこと)に台湾啤酒を注ぎました。

7415f4bf0cdded53fb0793f5691d9764

これが、私と麻衣と彩虹との最初の出逢い。

私は心やさしい麻衣の気持ちにだんだんとこの後、惹かれていきました。
そして、この後、麻衣と彩虹はとても気が合って、2人は一心同体の姉妹のようになっていきます。

「事実は小説よりも奇なり」と言いますが、この後、私がこの2人とタイに一緒にこの夏、旅立つことになるとは、この時、想像すらできませんでした。

麻衣と彩虹の物語はまだ、今書いている時代よりずっと先のことなのですが、ブログの中に麻衣のことは現在進行形で時々登場するので、ちょっと、そのさわりの部分だけを紹介したしだいです。

彩虹とは、今はもう逢うことはありませんが、Facebookでやりとりを続けています。彼女は酒店を去った後、恋人ができ、さらには台北から少し離れた故郷の新竹で大きな公司の秘書を今はしています。当時、彩虹が通っていたのは、台北から離れている苗栗にあった國立大學でした。私が出逢った小姐のうち、國立大學に通っていたのはたった3人だけで、そのうちの数少ない一人です。極めてしっかりしていて、お洒落なのにとってもインテリでした。

聯合大學

この彩虹の姉は今もある酒店で公關をしていて、宝石の名前の花名を使っています。やはり、台北の公司の秘書をしていて、当時、彩虹は大學がない日にバスで苗栗からはるばるやってきて、台北に住んでしたこの姉の家に寝泊まりしていました。彩虹のお姉さんとも私は親しくしていて、彩虹が酒店を去った後も、私はお姉さんのところへは時々、訪ねて行っていました。姉妹の仲が良く、顔やスタイルもそっくり。最初に逢ったときは双子かと思うほどでした。

 当時の彩虹。ガウスぼかしをかけています。彼女の本名はとても素敵な名前で、宝石のように美しい子といったような意味合いがあります。名前の通り、すごく美人でスラッとしたスタイルをしていました。ただし、麻衣と同様、胸がCカップぐらいで、そんなには大きくはなく、いつも寄せて作っていました。それも麻衣と気が合った理由なのかもしれません(笑)。彼女が酒店にいたのは2010年の暑假のたった3週間のみ。麻衣とともに7月6日に私と最後に過ごして下檔しました。
彩虹モザ1

彩虹モザ2

彩虹は心やさしき麻衣のことが、この最初の顛末から、とても好きになったようでした。麻衣は必ず、相手に気を遣い、自分はそのために我慢したりすることが自然とできる子で、そんな麻衣をちょっと年上の彩虹はとても愛おしく感じたようでした。

そして、この日、さらに驚くことが起りました。

麻衣は歌が苦手で基本的にいつも安静(中国語で静かにおとなしくしていること。病気の安静とはちょっとニュアンスが異なります)にして客人や貝貝の歌を聴いていることが多かったのですが、実は彩虹も歌が苦手という共通点がありました。本当はこの日、ちょっと寒假で上班の経験がある麻衣が包廂の中でのもてなし方や遊び方を教え、彩虹をリードすべきなのでしょうが、麻衣の気質からしてそれはできないことはわかっていました。

貝貝とは異なるタイプの彩虹は、気遣いができ、心やさしい子なのですが、とても活発なところもありました。自分からパッパと涼しい格好にあっという間になると歌が苦手の彼女は、羅百吉や芭比、溫嵐の跳舞系の曲を控器で10曲以上どんどん入れて、麻衣と私の手をとって、踊り出しました。マイクを使わず、地声で歌えば歌が苦手でもOKということもありました。覚えているのは多分、次のような曲。

「一起跳舞吧!!」 (一緒に踊ろうよ!!)

 

  

  

 


最初は恥ずかしがっていましたが、麻衣と私も彩虹の底抜けの明るさと可愛さに負けて、一緒に跳舞を始めました。彩虹が今日、初めての上班で、いつも一緒に包廂にいる正職のお姉さん小姐のように気を遣わなくても良かったことも麻衣の気持ちを後押ししたように思います。それと彩虹はカラッとした明るさがあり、細かいことを気にしない子で、麻衣も一緒にいて気楽だったのでしょう。

この日、おとなしいとばかり思っていた麻衣が跳舞するのも初めて見ましたが、それがとてもうまくて彩虹もびっくり。麻衣が楽しそうに心底からはじけて笑顔を見せているのもこの時、初めて見ました。貝貝は芊芊とは異なり、跳舞は苦手で、麻衣と一緒にいても2人が跳舞をするのは見たことはありませんでした。私は最初の秀舞をいつもしてもらわないので、その機会すらありませんでした。従って、麻衣が自ら積極的に跳舞することはそのため、まったくもってなかったのですが、実は麻衣は跳舞がとても得意でした。ただ、跳舞が苦手で好きではない貝貝に合わせて、一度も踊ろうとしていなかったのが実のところだったのです。

432

この酒店での麻衣の花名は心情なのですが、私も「麻衣」と以前の名前で呼ぶため、いつの間にか彩虹も「麻衣」と呼ぶようになっていました。

「麻衣、很好的!」 (麻衣、とってもうまいじゃんか!)

彩虹がダンスミュージックの大音響が響き渡る包廂で麻衣に向かって大声で叫びました。

「哈哈哈、還好的」 (ハハハ、まあまあだけどね)

麻衣の心の封印が彩虹の手によって解かれ、彼女は自分の気持ちを開き始め、輝き出しました。

「麻衣、你很好的!」 (麻衣、とってもうまいんだ!)

私も彩虹と同じように大声で踊りまくる麻衣に向かって踊りながら叫びました。

「今天、我的心情、很開心。謝謝大家!」 (今日はとってもハッピー。みんなありがとね!)

麻衣も大きな声で私と彩虹に答えました。

 

 

結局、実はこの日は彼女たちが下班する2時までほぼ、跳舞し通し。10分ぐらい啤酒を飲んで、休むのですが、その間に話をして、また、跳舞という感じでした。麻衣の包廂での弾けるような笑顔がそこにはあって、最後の方には今までまったくすることがなかった麻衣自身が控器(リモコン)をとってKTVに點(曲をいれること)をしていました。

そして、この日をきっかけにこの年の暑假の前半、私は麻衣と彩虹とのかかわりを深くもつようになっていきます。
彼女たちとの心の交流の日々は、また、追々ブログの中で紹介していていこうと思っています。

dance

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に撮影は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人、酒店のスタッフや幹部、または本人や私、友人が撮影し、私に提供してくれている特別なものばかりです。また、画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。  

 以下の内容はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。   
続きを読む
自我介紹-My Profile-
E-mail Messege
~ Blog's Thema ~   戀愛的幸運餅乾  台灣女大學生來跳舞­
~Beatiful Taiwan~  台湾心跳聲-蔡依林   
~I'm Not Yours~   蔡依林&安室奈美惠
青春無敵!台灣加油讚
近期發表文章50(有照)
LINE読者登録QRコード
今天你們的運氣好嗎?
今天我最美     今日の台湾美女Click⬇
我有懐念、美麗的歌曲
いずれも私にとっては思い出深い美しいバラードです。台湾を愛する皆様もぜひ、お聴きください。↓
禮物~劉力揚 Jeno Liu
夢中作憨人       ~阿密特(張惠妹)    
四季~黃麗玲 A-Lin  
愛台妹的訪客總數
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近14天、訪客總數

    愛台妹朋友大約200個人。謝謝

    瀏覧總數量

      記事・文章 搜尋
      Exchange-Rate
      惠靈頓・東京     倫敦・紐約 世界時刻
      FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX
      目前世界外匯情況
      Sugakiya名古屋の味 台湾ラーメンも有ります美味しい拉麺通販!!
      台湾セレクション    台湾グッズはここで!
      台北楽天市場店   美味台湾グルメ通販!
      台湾小集      台湾関連商品超充実!
      宝島-台湾料理&食材 日本で台湾食材GET!
      紅利點積分變現金
      日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ