< 溫泉&放鬆 : 我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

私は台北で駐在生活を4年間送りました。昼間は世界の平和と日本の経済発展を目指して全力でお仕事。夜になると地表にちょこんと顔出して、五木の街あたりを彷徨っています。そこで私は数多くの天使達と悪魔に出逢いました。そんな私の夜の彷徨いを台湾社会の複雑な仕組みなども紹介しながら書き綴っていきます。ほとんどの日本人が深くかかわることが難しいと思われる台北の夜世界の様子とエピソードの紹介が中心です。これは心優しい台妹たちを愛し、そこで出逢った人達とのかかわりや心のつながりをとても大切にしながら、これからも彷徨い続けていく私の軌跡です。

溫泉&放鬆

泡湯

台湾は温泉が多く、台北周辺にも日帰りで行ける温泉が本当に数多く点在しています。北部は北投、南部は烏來という大温泉地帯があり、施設も完備していて様々なニーズに応えることができるようになっています。台湾人も日本人と同様、温泉が大好きな子が多く、私も何人かの気が許せる子たちと台北近郊の温泉に何度か出かけています。

 温泉好きな禮服店の仲良し集團4人。湯屋だと水着を着用しなくてよいため、みんな生まれたままの姿でザブン。
泡泡湯を楽しんでいます。
ぶろぐ1

温泉15

温泉11

ぶろぐ2

私はいつもながら芊芊の動きが早く、どこの温泉へ向かうのかよくわからなかったこともあり、中正路を歩きながら、芊芊に行き先を尋ねてみました。何となく陽明山方面というのはわかりましたが。

「芊芊、我們過去北投嗎?」 (チェンチェン、僕らは北投に行くんだよね?)

「不是、很附近的」 (ちがうよ、とっても近い所)

「什麼說的地方?」 (何ていうところ?)

「今天我們没有游泳衣、所以我們必須有湯屋」 (今日は水着、持ってないから、必ず湯屋のあるとこいかなきゃ)

機車をとばす芊芊は中山北路を北上、天母廣場を左折して天母西路に入りました。そして、行義路をグングン登っていきます。あっという間に温泉の看板がたくさん出ている分かれ道の所に到着、士林から30分もかかったでしょうか?本当に近くて驚きました。

2248ab17cbaa13202ddade9011ea880f

着いた温泉は「紗帽山溫泉」。台湾の場合、「溫泉」という漢字になり、ちょっと違っていますから、網路などで台湾のサイトを検索するには正確に漢字を入力しないとヒットしません。この紗帽山溫泉は餐廳とのセットが多く、それと湯屋が多いという特徴があります。台北から近いこともあって、泊まり客はそんなには多くないようで、24H営業が多く、入浴と食事を楽しむというのが主なここの過ごし方と言えます。

台湾の大浴場は、混浴が多いのですが、水着を着用することがルールになっています。日本のように混浴の場合も裸ということはありません。裸で入る場合は「湯屋」という個室を借りることになっていて、だいたい定員は2人なのですが、家族連れなど小さい子どもも一緒なら4人ぐらいは追加料金で入ることができます。

「紗帽山溫泉與日本的溫泉相似、像日本的溫泉。紗帽山溫泉區、歷史悠久、早自日治時代就是硫磺礦的主要產區。區內沃藏豐沛的白磺、青磺、冷泉、地熱等各種溫泉資源」

(紗帽山溫泉はね、日本の温泉とそっくりなんだ、まるで日本の温泉みたい。この温泉はとても歴史があってね、日本統治時代から硫黄の産出地として知られていたんだ。すごく豊富な温泉があって白磺、青磺、冷泉、地熱といった様々なタイプの温泉があるの)

この後、私はよくこの紗帽山溫泉に来るようになりました。食事をすれば入浴料金が免費になるシステム(ただし、400~500元の最低消費額がある)、日本とまちがえそうなぐらい日本的な温泉店屋、湯屋(個室)が豊富にあって、さらに大浴場もあること(ここは混浴が少なくて裸で入ることができる男女別が多いことも良かったです)など利点が多く、さらに台北から30分程度の至近距離で計程車でも気軽に来られる便利さはなかなか。泉質も良く、まったりできるし、24Hやっていて、深夜でもOKという気楽さもありました。
台北紗帽山溫泉發展協會HP(素晴らしいHP)





 湯屋だと完全に個室になりますから、水着は当然、着用しません。しかし、この紗帽山溫泉は大浴場も男女別が多くて、水着を着用しなくてもよいところがほとんどです。台湾ではちょっと珍しいのですが、かなり日本的で北投や烏來よりも私は気に入っていました。画像は可愛い台妹の泡湯姿。台妹の子が胸を出している画像はあまり多くはありません(規制が厳しいため。乳首や乳輪が出ている画像は雑誌などの公の媒体ではすべて禁止)。それと私の印象では、台湾人の子はあまり知らない大勢の同性の前で裸になるのをすごく恥ずかしがるところがありますが、湯屋になると急に大胆になったりしますね。
ぶろぐ

さて、芊芊が選んだのは、最も日本的な造りをしている店屋のひとつ「川湯溫泉養生餐廳」。寿司カウンターなどもあって日本人客の利用も多く、まさしく、日本にいるような気分になれる店屋です。ただし、ここの男湯大露天風呂やサウナはゲイの発展場としても知られているので、湯屋の利用がまちがいありません。
川湯溫泉養生餐廳HP
川湯温泉養生料理(日本人による探訪レポート)

3

 音声が入っていないのが残念ですが、川湯溫泉養生餐廳の様子がよくわかります。湯屋などの雰囲気や大きさなどもよくわかりますね。見ていると、また、行きたくなります。


さて、早速、芊芊と湯屋を借りて、石造りの温泉に2人でザブン。芊芊は基本的に陽気な子であっけらかんとしていますから、湯屋に入ったらすぐに温泉をためてパッパッと勢いよく脱いで入泉。

「這個溫泉是青磺的。有磺礦的香香了。這理的泉質為酸性磺礦泉、適合婦科疾病的」

(この温泉は青磺だね(色が透明な硫黄泉)。硫黄の香りがするよ。ここは酸性の硫黄泉だから婦人病にも効果があるんだ)

人工流産の手術後、彼女の体調は極めて順調で、不正出血もなく、最初の月経も無事来ていました。しかし、やはり、酒店の工作に復帰していたこともあって、体のことは気になっていたようで、温泉の効能への期待も彼女の脳裏にはあったようです。

芊芊は本当に手足を伸してのびのびと湯につかっていました。

「芊芊、如果迴避一點了」 (芊芊、少しは遠慮したら!)

芊芊に笑って私は言いました。しかし、こういう所にくると気持ちを抑えることができず、いきなり少女になってしまう彼女は、湯船のお湯を手で勢いよく、私にかけだしました。お湯はそんなにには熱くはないのですが、このイタズラ好きの台中娘のはじけ方はいつも尋常ではありません。

 川湯の湯屋。石造りできれいです。浴槽も結構広くて、2人で入るにはちょうどいいかも。
4942_444

さて、この湯屋は利用時間が決まっていて、だいたい1時間。その後はまったりと料理を食べてすごします。さっき士林でちょっと小龍包なんかを食べてしまいましたが、途中でこのわがまま娘が「温泉に行こう!」という提案をしたため、そんなにたくさん食べていなかったことも功を奏しました。それと刺身や天麩羅、寿司といった日式料理が中心ということもあって、結構2人でガンガン食べてしまいました。それぞれの房屋からは日本の演歌がそれとなく聞こえてきたりして、本当に台湾なのか?と思ってしまうような雰囲気があります。
川湯溫泉養生餐廳(台湾人のブログ)

芊芊とはこの後も何回か、この紗帽山溫泉に来ましたが、いつも同じ所には来ていなくて、必ず新しい所を開拓していました。芊芊が日本的な雰囲気が好きだったこともあって日式風の色合いが強いところが多かったですね。このブログの中でまた、順に紹介していきたいと思います。

 ここはすごく良かったですね。皇池溫泉御膳館。湯屋もきれいでした。ちょっと浴槽が小さいかな。芊芊は泉質がいかにも温泉といった感じの乳白色の白磺でしたから、とても気に入っていました。
IMG_6292

1323736800-1506192830_n
皇池溫泉御膳館 facebook

本当にこの紗帽山溫泉は数え切れないぐらい来ていて、日本からの客人や友人、そして酒店の子たち。いつも満足できる日式料理と温泉。気持ちを解放できるいい所です。台北に駐在などしていて、まだ、行ったことがないならば、ぜひお勧めします。日帰りでちょこっと行くのに最適。500元でおいしいもの食べて、気持ちがリフレッシュできれば安いものだと私は思っています。

芊芊とすごす、久しぶりの泡湯。台湾中西部の旅行以来でした。少し、ゆっくりしても機車で家まで30分もかかるか、かからないかで到着してしまいますから、とても気楽です。

「芊芊、很開心!真的我感覺放鬆了 (チェンチェン、とってもハッピーだ。本当にリラックスしたよ)

芊芊も気持ちが解放できて、リラックスできたのでしょう。
いつものエヘヘという感じとはちがう、ちょっと脱力感のある、微笑を浮かべました。

cdf7c0f9-7b12-4323-b4b3-be6381455464_std

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

龍鳳谷

芊芊の機車でよく陽明山の近辺は走りましたが、彼女と行った想い出深い所のひとつに「秘湯」があります。芊芊は本当に健康志向が強くて、泡湯をするのが大好きでした。

 溫泉好きの禮服店のXXと○○。2人とも現役なので店名と名前は秘密。彼女たちの臉書にたくさんの楽しそうな画像が上傳されています。台北の子たちにとって陽明山の溫泉での泡湯は極めて一般的な放鬆方法。
163993_1476548765275_2530451_n

彼女と行った秘湯はいくつかあって、ガイドブックなんかには掲載されているのをまったく見たことはないのですが、網路にはそれらしき情報がポツポツとあります。陽明山の龍鳳谷と硫磺谷附近は温泉をひく多くのパイプが走っていて、噴煙も上がっているという独特の風景區ですが、この近くに、彼女と行った秘湯のひとつがあります。

 勢いよく噴煙を上げる陽明山の龍鳳谷の様子。近くに来ると硫化水素の臭いが漂っています。
4093080160_7d0a0bc311_o


72383727

 クリックすると拡大します。陽明山と北投の位置関係がよくわかります。
lunfygood021

ある秋の日、芊芊が今から「秘湯」に行くというので、機車でいきなり出かけたことがありました。

「這個溫泉地是免費的」 (この温泉はお金払わなくていいからね) とニコニコして言います。

さて出発後、いつものように芊芊は彼女が運転する機車に私を乗せて自分のテリトリーである陽明山をグングン登っていきます。天母西路から行義路に入り、紗帽山溫泉を通過、登り切った所に惇叙工商という高職がありました。こんな山の上に學校があることにまず、驚きますが、さらにこの高職がある交差点を右折して龍鳳谷を回り込むように泉源路を入っていきます。道は完全な山道で、建物などはまったくありません。

本当にこんな所に秘湯があるのだろうか? しかし、芊芊はどんどん機車をとばしていきます。
 
龍鳳谷を取り囲むような位置にある泉源路をしばらく走ると突然、泉源路が紗帽路に変わるあたりにポツンと「龍鳳谷餐廳」といういかにもつぶれそうな鄙びた餐廳がありました。芊芊はここに機車を停車、そしてこの横に谷底にある龍鳳宮へ降りる狭い石段があるのですが、ここを芊芊は降りだしました。

1172690708

本当にありました。階段を下りきって谷底近くまで来ると現れたのが羅漢窟溫泉(龍鳳谷公共溫泉地)。

あまりにも鄙びていてびっくり。しかし、芊芊はうれしそうにしています。コンクリートにペンキで大雑把に男・女と書かれた浴室に入ると、そこは確かに温泉。入っている人は私と芊芊のみ。男女別れていますが、声を出せば会話ができるので、お互いの様子がよくわかります。本当に誰もいません。

 網路で見つけた羅漢窟溫泉(龍鳳谷公共溫泉地)の画像。とても捜すのに苦労しました。
72383619

72383622

images (11)

泉質は青磺。龍鳳谷から直接、パイプで温泉をひいているようで、湯量は豊富、3人ほど座れる洗い場もちゃんとあって、いい湯でした。芊芊が言うようにあまりにも秘湯。人もいないし、浴槽も湯がどんどん溢れていて、手入れされているのかどうか、誰が管理しているのかさえ、わからない状態でした。この溫泉の対岸には「龍泉宮」というちょっとした宮があって、カラオケOKなどと書かれているのですが、人の気配はなく、ノラ猫が歩いているぐらいのものでした。

 龍泉宮。近くにちょっとした休憩室のような所がありました。小さな宮が谷底にあります。
72383616

 羅漢窟溫泉(龍鳳谷公共溫泉地)側から見た龍泉宮。一帯はかなり広くて谷をはさんで施設が点在しています。
72383627

72383618

龍鳳谷には媽祖窟溫泉というよく秘湯として紹介されている鄙びた鐵泉の溫泉地がありますが、こちらは龍鳳谷の散策コースに沿って歩いていけば行き着くこともあって、簡単に発見できますし、レポートもいくつかあります。日本人も結構、訊ねているようです。秘湯としては羅漢窟溫泉(龍鳳谷公共溫泉地)の方が上ですね。羅漢窟溫泉(龍鳳谷公共溫泉地)は日本人のレポートもまったくなく、存在そのものがあまりにもマイナーです。

 龍鳳谷へ降りて源泉などを見学しながら散策コースを渓流に沿っていくとコンクリートの崩れかけたような溫泉地が出現。これが媽祖窟溫泉。羅漢窟溫泉に比べると発見しやすい。あまりにも老朽化のため、閉鎖されている状態がしばらくあって、不規則に開いたりしていました。2010年には巨石の落石があって破壊状態になり、閉鎖。今は復旧したのでしょうか?不明です。
d3f2430f51c154ef70ecef2549bb479d

23

229_WUVUNggJ3S
媽祖窟溫泉レポート(日本人による温泉レポートブログ)

芊芊の凄いところは、この好奇心あふれる行動力。彼女自身はこの秘湯に来たことはなく、大學の友人に話を聞いて、場所のあたりをつけ、ここに来ていました。普通の女の子だったら、ちょっと・・・というようなあまりにも鄙びた公共溫泉地であるにも関わらず、どんどん入浴しちゃうようなところは、私もよく驚かされました。

芊芊が言うには、ガイドブックにも出ていないような溫泉がこのあたりには点在していて、まだまだ秘湯はあるといつも話していました。私は芊芊と共にいくつか秘湯を捜す旅に出るのが、結構面白くて、金山あたりまで時々、彼女の機車で出かけていました。

行動的でワイルドな彼女は新しい発見が大好きでした。
それだからこそ、いつも本気の彼女の行動は心を動かされることが多かったです。

彼女自身が一番、興味をもって新しい台湾を発見していく前向きな気持ちがあったから、彼女と一緒に行動することで私もいろいろな新鮮な発見や驚きがあったし、ちょっとした感動もあったんだと思います。

 ブログの最初に貼った子たちの泡湯の様子を最後にもう1枚。
163060_1476550005306_162552_n

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


國道客運台北總站

「因為獎賞所以旅行帶去我」 (ご褒美に旅行に連れて行ってよ!)

9月中旬。大學に通い始めた芊芊が週末が近づいたある日、また、突然の思いつきが始まりました。大學にちゃんと通って、酒店の仕事も週3天こなし、がんばっているから、旅行に週末行こうと言い始めました。私はその前の週に土曜日の出勤があって、次の星期一(月曜日)は代休だから・・・と芊芊に話し始めたことがきっかけでした。 芊芊は星期五(金曜日)までは上班がありますが、星期六~星期一までの三日間は工作はありません。星期一の上課は午後からだから昼までに帰れば大丈夫とのこと。そこで2泊3日で出かけようというのです。以前の台湾中西部旅行のように出租車(レンタカーのこと)を借りて、また、台湾の方々をまわるのかなと思っていました。

しかし、芊芊の提案は意外。安く公車(バス)と台鐵で行くと言います。

すでに行き先も決めているようでしたが、私にはいつものように教えてくれません。まあ、いいか、いつものことだし。結局、芊芊の提案を受け入れ、星期六の朝に台北を発つことにしました。

 台湾では國道公車(高速長距離バス)は極めて一般的な交通手段です。日本でも、デフレ・不景気の今、格安の高速バスの人気は高いですが、台湾の価格は日本の比較にならないぐらい安くて、本数もすごく多いため、手軽にほぼ予約なしで利用することができます。下の画像は豪華客席(總統座椅と言うニックネーム)で50人乗りのバスに19人しか乗せない總統座椅が設備されている「阿羅哈客運」の車内。
4afc1224c8e710048cf10c94a1f8c169

さて、星期六の朝、芊芊の機車に乗って台北車站へ。機車を停車して、私たちは台北車站にある国道客運台北總站に向かいました。今ある近代的な台北轉運站はまだ、当時はオープンしておらず、ちょっとローカル色の強いバスターミナルという感じでしたが、ここから、台湾の各地方へ行く公車がたくさん発着していました。國光客運は当時、台北車站の西側に桃園と基隆に行く公車が発着する東站と台中などそれ以外の方面に行く西站にあったのですが、それ以外の客運は国道客運台北總站から発着していました。2009年に完成した台北轉運站に機能が集中的に移され、当時の古い國光客運站西站も立て替えられてすっかりきれいになりました。この国道客運台北總站も2010年には完全に使用停止になり、その跡地には今、「台北雙子星」という56階と76階の台湾第三位の高さのツイン大樓が建設中で2014年にはオープンの見込みです。

 時あった国道客運台北總站。今はすべて近代的な台北轉運站に機能が移りました。
4a1b4579b07a6

 当時の國光客運の西站。桃園、基隆方面以外の國光客運はここから出ていました。看板が懐かしい。
2006-0520Taiipeiwest01

img_1509009_59145990_4
                                          
 今は近代的な雰囲気にちょっと装いを改め、臺北西站B棟になっています。國光客運はまだここがメイン。
台湾台北站 - Google マップ

ダウンロード

 東站はA棟になって劇的に変わりましたが、東站はB棟になったもののマイナーチェンジといった感じです。基本的なつくりは大きく変わっておらず、お化粧直しして、モニターなどを多様して利便性を上げた印象です。
img_b (3)

 当時の國光客運の東站。桃園機場へはここから乗りました。この雰囲気、懐かしい方も多いのでは?
東站

 以前の服務台。桃園機場への票をここで購入して、いかにもアナログな雰囲気がプンプンでした。
lrg_11178451

3762777754_eacaaae494

CIMG0325
                                                                                                                                          
 2010年1月に臺北西站A棟がオープン、すごく近代化しました。以前のちょっとうらぶれた雰囲気はまったくなく、中もすごくきれいになっています。桃園機場はここからが便利。B棟は以前のように國光客運だけですが、A棟は大有客運や三重客運など桃園、林口、基隆、金山など台北近郊へ行く公車の起点になっています。
台湾台北站 a- Google マップ

tw10811tarminal1

4290833100_856e456f54_z

img_b (2)
臺北西站A棟 HP 

 2009年開業の近代的な台北轉運站。中はすごくきれいで、機能的。台北市民の足の基地になっています。
4aa3d5f6b44aa

 切符売り場もわかりやすく、各客運の勧誘・案内の服務小姐がいて質問すれば、丁寧に案内してくれます。
4b6987fcbe685

 モニター表示がされて、わかりやすくなった月台(プラットホーム)。デザインもきれいに統一されています。
2階が国光客運、統聯客運の青、3階が統聯客運と豪泰客運の赤、4階が阿羅哈、和欣、尊龍、三重、新竹、豊原、巨業、葛瑪蘭の黄色になっていてます。宜蘭方面に公車を走らせている首都客運は市政府轉運站が発着場所になります。また國光客運も宜蘭方面に公車を出していますが、かなり細かく停車する路線バス的な色彩があり、比較的新しい公司の葛瑪蘭客運が参入してからは、直行に近く行けるこの
4bc6d0c76e6b1 (1)
京站時尚廣場 跟 有和欣正妹的台北轉運站

芊芊と私がここから向かったのは宜蘭縣の礁渓溫泉。宜蘭方面には前述したように首都客運も公車を出していますが、私たちが今回乗ったのは葛瑪蘭客運で、料金は105元。極めて安く、さらに雪山隧道ができてからは、とても台北から便利になって1時間とちょっとで礁渓には到着することができます。星期五の工作の疲れがあるので、芊芊の計画はまず、今日は台湾を代表する溫泉である礁渓でゆっくりして、放鬆(リラックスのこと)するという計画でした。
葛瑪蘭客運HP
首都客運HP

 当時の国道客運台北總站の案内板。2番から発車。新しい公司だった葛瑪蘭客運はまだ、マイナーでした。台中や高雄への長距離豪華座席バスで知られる阿羅哈客運(ALOHA)もこの頃から参入してきました。阿羅哈客運は私も何回も乗っていて、南部などへ行っていますから、また、ブログ内で紹介をしていきます。
300px-Plat_of_Taipei_Bus_Termanal

kippu

img_b

台北を出ると高速公路に入り、あっという間に世界で5番目に長いという雪山隧道を抜けて、あっという間に宜蘭縣北部の礁渓へ。本当に近くて、驚くほどです。わずか100元程度の交通費なので、台北に旅行で来られた方もちょっと足を伸してみるのにちょうどいいぐらいの距離かもしれません。

 安い!台湾の長距離バス(國道公車)は極めて安く、主要都市へ格安で行けます。高鐵(台湾新幹線)ができてからは、特に台中・台南・高雄などは安さを売りにしていて、台中なども150元ぐらいで行けます。
1311185054-bbf49a7ab3e836ddb7b83ef40cee5dc6

 雪山隧道の開通は本当に宜蘭をはじめとする台湾東部への移動時間を大幅に短縮しました。
1453172433_8c2bdebd0c_o

雪山隧道

さて、礁渓に到着、溫泉飯店がズラリと並んでいて、まるで熱海や有馬の温泉街に来たような雰囲気で、完全に温泉観光の街となっています。駅前にも足湯があり、いろいろな温泉関係の施設も充実しているようです。

 溫泉マークが入っている礁渓站。台湾を代表する大溫泉観光地。日本人も駐在の方などが来てます。 
img_941208_13015671_0

 駅前にある足湯場。今は郷長のアーチ型の看板があるようですが、私たちが行った頃はありませんでした。
20100828144536

 当時の足湯。まわりは機車出租店が多い。計程車が観光地で初乗りが高かったりするため、機車が便利。
P1030647

さて、駅前には機車出租(レンタバイク)がいっぱい。早速、芊芊は1台借りて、行動開始。
相変わらずのテキパキした行動でした。今回の小旅行はいったいどんな所へ行くことになるのでしょうか?

 ずらりと並ぶ飯店。礁渓だけで100軒以上はあるという話。どこも部屋で温泉が入れます。
05620_Dscn2833

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタス&げん玉の登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


自我介紹-My Profile-
E-mail Messege
~ Blog's Thema ~   戀愛的幸運餅乾  台灣女大學生來跳舞­
~Beatiful Taiwan~  台湾心跳聲-蔡依林   
~I'm Not Yours~   蔡依林&安室奈美惠
青春無敵!台灣加油讚
近期發表文章50(有照)
LINE読者登録QRコード
今天你們的運氣好嗎?
今天我最美     今日の台湾美女Click⬇
我有懐念、美麗的歌曲
いずれも私にとっては思い出深い美しいバラードです。台湾を愛する皆様もぜひ、お聴きください。↓
禮物~劉力揚 Jeno Liu
夢中作憨人       ~阿密特(張惠妹)    
四季~黃麗玲 A-Lin  
愛台妹的訪客總數
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近14天、訪客總數

    愛台妹朋友大約200個人。謝謝

    瀏覧總數量

      記事・文章 搜尋
      Exchange-Rate
      惠靈頓・東京     倫敦・紐約 世界時刻
      FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX
      目前世界外匯情況
      Sugakiya名古屋の味 台湾ラーメンも有ります美味しい拉麺通販!!
      台湾セレクション    台湾グッズはここで!
      台北楽天市場店   美味台湾グルメ通販!
      台湾小集      台湾関連商品超充実!
      宝島-台湾料理&食材 日本で台湾食材GET!
      紅利點積分變現金
      日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ