< 泰國的夜世界 : 我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

私は台北で駐在生活を4年間送りました。昼間は世界の平和と日本の経済発展を目指して全力でお仕事。夜になると地表にちょこんと顔出して、五木の街あたりを彷徨っています。そこで私は数多くの天使達と悪魔に出逢いました。そんな私の夜の彷徨いを台湾社会の複雑な仕組みなども紹介しながら書き綴っていきます。ほとんどの日本人が深くかかわることが難しいと思われる台北の夜世界の様子とエピソードの紹介が中心です。これは心優しい台妹たちを愛し、そこで出逢った人達とのかかわりや心のつながりをとても大切にしながら、これからも彷徨い続けていく私の軌跡です。

泰國的夜世界

曼谷(泰国的夜世界)

私は世界のいろいろな地に駐在したり、長期滞在していますが、タイのバンコクに台北に来る以前は駐在していました。そこでも台北と同じように多くのタイの子たちと懇意にしていましたが、台北と決定的に違うのはタイの子の方が経済観念が強く、金で割り切ることが圧倒的に強いということです。多くは北部のウドンやチェンマイ、チェンライなどの近辺の貧しい地区から首都のバンコクや大歓楽街のパタヤに来ていることが多く、金の切れ目が縁の切れ目といった感覚はとても強かったように思います。

しかしながら、多くの子たちの交流があって、彼女たちの電話番号や連絡先は今も保持しています。最近、タイもスマホがすごく普及しだして、やはりfacebookやLINE、APPを使う子が増えてきました。LINEやAPPはアドレス帳に電話番号があると自動的に相手が使っていれば拾ってくるので、このところ急速にバンコクの子たちとのコミュニケーションが復活しています。結構、みんなお姉さんになっていて、台北にいる間もよくバンコクや南部のハジャイには出張で行きましたから、彼女たちともちょくちょく会っていました。

皆さんはタイ語、わかりますか?語尾に「カー」とつけるのが特徴で、ちょっとカラスの鳴き声みたいでした。私も忘れつつありますが、思い出すとできるもので、翻訳ソフトの力を借りながら返信しています。

ประทับใจสุดๆ^^ (すごく感激したよ^^)

ก่อนจะออกข้างนอก ..!!!! .จร้า..!!อีอี (ちょうど出かけるところだったよ)

久しぶりにLINEで連絡をとれたことにすごく喜んでくれました。今、12人ぐらいが連絡をとれるようになってすごく私も懐かしいのですが、彼女たちは東南アジア独特の気楽さもあって、台湾人とはまた異なる気質があり、適当というか緩いというか、何とも言えないあの感じを思い出します。ではちょっと大人になった子たちの送られてきた画像を紹介しますね。彼女の素性はもちろん秘密。ただ、あんまりこのようなプライベート画像は皆さんも見る機会が少ないのではないかと思い、彼女たちの素顔をご紹介します。短期モザなし紹介期間が終了しましたので、すべて彼女たちの素顔はモザイク処理いたしました。プライベート版にモザイクなし+今までにはない新しい写真をアップしてあります。

tai1

tai3

tai5

tai2

tai4

tai6

こちらは今彼女が関わっている関係の広告。いかにLINEやAPPがバンコクでも普及しだしたかがわかりますね。当時、彼女はいわゆる高級ナイトクラブでアルバイトをしていた大学生でしたが、現在はいわゆる美容関係のカンパニーに勤めていて、いろいろな女の子たちにダイエットや美容関係のちょっと怪しいような商品を販売しています。彼女が言うのは全然、怪しくないらしいのですが。早速、私にも案内してきました。このような商魂たくましいのがタイの子たちのある意味特徴で、「マネー」が大きな価値観を占めているところは若い女の子たちにはよく見られる傾向です。

734518_302526476540926_1792758861_n

321194_317349855041478_1118988239_n

ではもう一人の子。こちらはまだ、夜のお仕事を継続中。とても気のいい子ですが、ちょっと酒乱傾向があって危ないところがあります。台湾の子とちがって、もっと感情の波が激しいというか、そんな印象が私にはあって、同じように信心深いのですが、行動はより思いつきが多いように感じています。タイの子は幼く見えるのですが、実際には結構年令が高くて、この子ももう30歳近いです。

tai13

tai14

tai12

tai11

まあ、いろいろな子たちとつながりを保つことができるのは悪いことではないし、距離があっても最近の彼女たちの様子がわかるようになったのは、本当にLINEやAPPのおかげですね。バンコクにもここ2年ほどご無沙汰なので、行きたいところではありますが、まずは台湾に行かねば・・・と思っています。台湾の子、彩虹や麻衣とは2010年の夏に一緒にバンコクに行っていますから、時系列でのブログの中でバンコクの街の様子や日本人にとって馴染みの少ない北部のウドンや南部のハジャイ、さらにダンノックなども機会を見て紹介したいと思っています。

 では、私が過ごしたタイの夜のめくるめく貴重な動画を短期サービス配信。一般のYou Tubeなどには規制の関係でアップされない内容の画質の良いものです。上のブログの子たちとは一切関係ありません。密嗎は以前と同じ4ケタですから打ち込んでご覧下さい。タイのナイトライフをちょっと見てみたい方は必見です。上2つはアソークのソイカーボーイ、真ん中2つはパタヤのPapermintとHappy、最後2つはハジャイから南へさらに下ったマレーシアの国境にある大歓楽街ダンノックの街の様子です。わかる人にはわかりますね。
 
 
 



  
 
  なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



 以下の内容はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。続きを読む

火災(泰国的夜世界)

さて、GWに久しぶりにいくつか固めてブログアップしたら、早速、多くのメッセージをいただきました。皆さん、こんなブログでも楽しみにしていただいてるんだなと改めて実感。モチベーションが上がりました。芊芊との宜蘭旅行の終末から、また時系列編を書いていこうと考えていたのですが、いただいたメッセージにちょっとびっくりした内容のものがありました。

前回のブログでタイ・バンコクのことに少しふれたのですが、早速、ブログを熱心に呼んでいただいているバンコク駐在のXXXさんからメッセージが届いていました。よく、バンコク事情のやりとりを私と時折するのですが、ソイカにある一番人気店のGOGO、BACCARAが4月下旬に火災になったという情報でした。知ってる人はもう、知ってるのでしょうが、特段、積極的にバンコク事情を追跡しているわけではないので、かなり驚きました。

そのGOGOとは、アジアの夜を彷徨っている人ならば必ず足を踏み入れたことがあるはずの迷宮「BACCARA」。

Baccara3

 1階は比基尼の子が大量に踊っており、2階は制服姿の子が時間とともにトップレスになるという店でソイカでは日本人に最も人気があります。2階フロアがガラス張りになっていて、1階からも2階で踊っている子を見ることができ、さらにはここのGOGOの子たちはノーパンということもあって、首が痛くなる人続出のGOGOです。



確かに踊っている子の数やレベルはソイカの他店を明らかに上回っており、客の数も半端じゃなく多い店です。
ただ、私はあんまり好きなGOGOではなくて、旅行者のような日本人がとても多いこと、女の子も何となく高飛車的な子が多いこと、日本人客慣れしていて足下を見るような子も多いこと、店のサービスも良くはなく、殿様商売的であることなどがその理由です。ただ、女の子は可愛い子が多く、鑑賞するのは悪くはないので、長時間まったりいる店ではないのですが、様子を見るといった感じで、はずせないところがありました。

 人気ブログ、プラザ奈々さんの「タイの夜お楽しむ方法」から。BACCARAの1階の映像は結構あるのですが、トップレスの2階の映像は実はなかなかありません。画像もきれいで秀逸な動画です。PINは4649と半角で入れてください。以前と同じです。


 こちらはちょっと古いですし、音も悪いですが、トップレスになる様子がよくわかります。
 
XXXさんのメッセージをいただいて、調べてみたところ、火災になったのはトップレスになる子が踊る2階部分。朝の8時頃の出火で原因はどうやらタイお得意の漏電らしい。30分程度で消火されたようで全焼には至らなかったようですが、店が流行りすぎていたこともあって放火という噂もあることをXXXさんから聞き込みました。

タイから男を磨け!
今日のパトロール日誌 ソイカ「バカラ」で火災
日刊SPA 火事になったバンコク・ゴーゴー「バカラ」が営業再開へ

以前、彼とバンコク情報を交換したときに、私がナナプラザで唯一馴染みにしていたGOGOのことを話したことがあります。この店はちょっとプラザの上階、奥まった所にあり、構造も複雑なのこともあって日本人客が比較的少なく、まったりできるし、女の子もすぐに親しくなれる子が多く、愛用していました。その店を紹介したことがあって、彼もそこを気に入ったようで、どうやらそこのママさんから、噂を小耳にはさんだようです。真偽のほどは藪の中ですが。

 ナナプラザにある私がよく行っていたGOGO。そんなにマイナーではないですから、わかる人は動画を見ればすぐわかります。だらだらステージのまわりに座ってる女の子が多く、素朴なイサーン出身の子の割合も高いので、私はコミュニケーションをとるのが楽しかったこともあって、よく行きました。ここの店の若い子とパッポンあたりに出かけたときに「アオ、アオ」(欲しいという意味)と屋台に売っていたドラえもんのタオルケットをねだられて買ってあげたこともありました(笑)。





 朝方に発生した火災現場。幸い、早く消し止められたようです。隣のSHARKにも延焼があったようですね。
2_38913986871151

 早速YouTubeにもアップロードされていました。ボヤという感じでしょうか。4月28日に火災が発生し、29日には休業したものの、日本人が大挙やってくるGWには間に合わせたかったようで1階部分だけで30日からすぐに営業再開だった模様です。さすが、商魂たくましい・・・・・。





ソイカはファランが多く、日本人も結構な数いますが、その多くはバカラに集っています。ややロリっぽい子が多いし、制服姿というのもいいのでしょう。私はピンポン玉投げて遊ぶようなバカバカしいGOGOが結構好きなので、スッポンポンで有名なSusie WongやDoll houseが大きな店ではいいですかね。これらの店はファランが多いGOGOで、どちらかというと日本人は少なく、雰囲気がダラダラしていて、いかにも「タイ」という感じで悪くはなかったですね。

  人気ブログ、プラザ奈々さんの「タイの夜お楽しむ方法」から。底抜けに明るくスケベな子が揃うSusie Wongやあっけらかんとした子が多いDoll houseの動画です。





日本人はやはりBACCARAかナナのRainbowグループに行く人が多いです。確かに容姿は他のGOGOよりは上と思われるので、私は鑑賞用とこれらのGOGOは割り切っていて、チラ見で店を出る感じですね。いつも大混雑ですし、どうも日本人が多いところは苦手です。

しかし、驚きの国・タイですから、予期せぬ事が起きますね。

XXXさんとの情報交換はなかなか楽しくて有意義なことが私も多く、夜の歩き方をいつも学ばせてもらっています。なかなか粋な歩き方をされてます。タイにはこのところ台湾以上に行けていないのですが、近いうちに彼とスティサンあたりのGOGOでまったりと気だるい時間をダラダラとすごしたいものです。楽しいだろうな、きっと。有名なアレキ遊びもいつかしてみたいですね。ジャグジーに入ってタイの子たちと戯れるのも当然ながら悪くはありません。あー、タイにもちょっと行きたくなってきました。

 火災になったBACCRAの2階部分。しばらくすると、また、すぐに現状復帰になるでしょうね。
o-cowboy-s1099

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Can't take my eyes off you~君の瞳に恋してる(泰国的夜世界)

このところ、ブログアップのペースが快調でエポック的な内容の「休息一些」が多いこともあって、多くのメッセージをいただきます。今日の記事はそのメッセージからのご紹介です。カチッとした記事の後は一気に軟化してみましょう。

私はかつてバンコクに滞在していましたが、 台湾にいた頃もよく訪問していました。従って、タイの夜世界もそこそこは把握しており、バンコクはもとより、パタヤ、ウドン、ハジャイ、ダンノック、スンガイコロクなど各地方都市も行っているのですが、やはりメインはバンコクでした。このブログを読んでいただいている方の中でバンコク駐在のXXXXXさんという方がおり、バンコク特派員として最近の状況のご報告をいただきます。それがまた、なかなかリアルタイムの情報で、懐かしさもあり、いつも定期的に来る彼の「バンコク通信」が出色の内容。彼もやはり、日本人旅行者がほとんど姿を現さないエリアが心地良いようで、私と夜の彷徨い方が似ていることもあって、懇意にさせていただいています。粋な方ですよ。

0000690

 Boys Town Gang による大ヒット曲ですが多くのシンガーがカバーしています。のびやかな声が素敵です。


最近はバンコクを訪れる機会がなかなかないのですが、彼がバンコクにいる間にナタリーのサイドラインなどで「いかにもタイ」を感じた後に、「アレキ遊び」で優雅にとか、ノーハンドレストランで一緒にはしゃぎたいなんて思ってます。エッチも当然楽しいのですが、タイのドメスティック娘とキャーキャー言いながら飲んだり、ゆったりすごすのは悪くありません。 

  No Hand Restraunt 。 GallaxyやSurat などがありますね。
21533-1300553115pou6gy7th

Weicome to No Hand

さて、タイの夜に関する情報発信をしているブログは本当にたくさんあって、検索すればすぐにかかる状態ですが、なかなか数多くはヒットしないエリアもあります。

 このエリアにあるA-GOGO。すれていない娘も多く、お持ち帰りが目的ということも少ないのでまったりできます。ただし、コミュニケーションの実力は問われますね。
large_8882221558

BTS สะพานควาย からほど近いこのエリアは日本人もいないこともありませんが、ほとんどがタイ人。タイ語がかなり必須のエリアで治安も決して良くはなく、自分でいろいろなピンチを打開できない方は行かない方が無難です。GOGOが10軒ほど点在していますが、雰囲気はナナやカウボーイとはかなり雰囲気が異なります。基本はソファですし、食べ物や飲み物をタイ語だらけのメニューを見て頼んで、タイのお嬢様方とまったり飲むという感じでしょうか。 

レインボー2

レインボー1



特派員のXXXXさんも最近、このエリアに進出され、早速レポートをいただきました。私は日本人をあまり見かけないこのエリアによく行っていましたが、彼も最近はこのエリアに足を運び出したようで、その国にどっぷりとつかって現地化する彷徨い方に心強さを感じました。あまり大きな箱はないのですが、価格もスクンビット周辺やバッポン、タニヤに比べれば安く、フルーツや料理を食べても会計の時に、まあ目が飛び出るということはありません。最も重要な紙幣はここでは20バーツ札でしょうかね。

DSC02709

さらに以前火災が報告された日本人観光客の根城のひとつ、カウボーイのバカラが再開しており、さらには3階まで増設されて、1~2階の間のガラス床と同じような仕掛けで2~3階もできているという報告をいただきました。さらにこれに乗じてか、ビールが値上げされ、何と破格の180!私のよく行っていた店は100~120ぐらいでしたから、びっくりの価格です。XXXXXさんも長居をせずに出たようですが、復活したバカラはさらに規模も拡大し、これからガンガン稼ぎまくるだろうとのレポートでした。

4402980379_cdda47352c_z

 カウボーイ・バカラの2Fの再度アップ。もとネタはタイの夜の遊び方師匠のプラザ・ナナ氏。鍵はいつもと同じ。


 こちらはパタヤのバカラ。高画質で音もいいです。必見!鍵はいつもと同じ。


私はバッポン・ナナ・ソイカウボーイの中ではファランが多いカウボーイが一番好きで、バカラはともかく、全裸系の若干客入りの悪いGOGOでまったりすごすのが、ダラダラしていて良かったのですが、そのような嗜好も特派員のXXXXXさんと同じでママさんや店内をフラフラしてる娘たちと話しながら時間をつぶすのは、なかなか楽しいものです。旅行者とか短期滞在だとやはり「どの子を選んでお餅するか」に集中している日本人が多いように感じていて、気合いがそのような皆さんは入っているというか、ギラギラしてるというか、そんな迫力があるのですが、きっと特派員XXXXXさんは駐在ですから時間的な余裕もあるし、私も「お餅」はあんまり興味がなく、コミュニケーションできてフラフラするのが好きですから、彼のレポートはぴったり感性があうんですよね。

 再度アップします。タイの王道、A-GOGOはやはり全裸系でまったり。鍵はいつもと同じ。


代表的な全裸系GOGO「SUSIE WONG」


 こちらも再度アップ。元ネタはプラザ・ナナ氏。彼の撮影する映像は秀逸の出来です。鍵はやはり同じですよ。


Bangkok a Go Go's(いろいろなGOGOの動画があります。お好みでどうぞ)

しかし、ナナには1軒だけよく行く店があって端の方にある2つの階を複雑にぶち抜いたような構造のGOGOで、ここにいた北のイサーンから来ていたFちゃん(もういないでしょう)とはよくペイバーして出かけました。ドラえもんが好きで、スクンビット沿いを歩いているとたくさん出ている屋台でよくちょっとしたキャラクターグッズなどを買ってあげていました。

この店は2階が比基尼、3階が制服→脱衣とバカラと似たような仕組みでしたが、皆、日本人旅行客はこぞってレインボー系に行ってお餅の子を探していますから、日本人と遭遇することはめったになく、場所もちょっとナナプラザ内では辺地にありますから、よく行ってました。ファランはエンジェルウィッチとかでたまってますから、空いていて良かったですね。当時はここの3階にイサーンから来たばかりの18,19の子が多く、彼女たちは概してすれていなくて楽しかったですし、ママさんともすごく懇意にさせていただいておりました。

GOGOでペイバーすることはめったにないのですが、この店のFちゃんだけは特別でした。無邪気すぎるぐらい無邪気で愛らしい子でした。よく、屋台で飯食ったり、スクンビットやバッポンあたりの偽物商品が陳列されている屋台などを冷やかして歩いてました。ドラえもん柄のタオルケットや時計など見て、「アオ、アオ(タイ語で欲しいの意味)」とおねだりする声は今でも耳に残ってます。アソーク近くのマックにもよく行きましたね。

 よく出かけた当時18歳のFちゃん。もう時効でしょうから、特別にお顔出し。連れて歩くのに自慢の娘でした。日本食を食べにいくといかにもアバズレ系の子をお餅した日本人観光客から、よく羨望の眼差しで睨まれてました。彼女はマシンガントークでよく大きな声で笑いながら話すので、目立つということもありました。タイでは最もよく一緒に出歩いた子でしたね。いつも元気で子犬がじゃれつくような感覚で腕にぶらさがってくるので、エッチの楽しみというよりは一緒に出かけるのが面白かったなあ。
F6

mandarin7007-1

 当時FちゃんがいたナナプラザにあるGOGO。最初の方に制服脱衣組が映ってます。


 こちらは同じ名前のパタヤ・ウォーキングストリートのGOGO。映像と音がいいです。


2422

それとちょくちょくバスで行っていたパタヤでもちょっと路地の奥まったわかりにくいところによく行ったGOGOがあります。名前のヒントは「風車」。女の子はそれほどでもないのですが、あんまり日本人がいないし、ノリの良さとお下劣な趣向もあって、お餅と言うよりはGOGOでいろいろ盛り上がるというお店です。よく私はここでダラダラしていたのですが、彼のレポートにもこのGOGOの名前があって、思わずニンマリしてしまいました。

 私がパタヤでよく行くノリノリのお下劣GOGO。日本人はめったに見かけませんでした。店内は広くなく、奥まった場所にあること、それと女の子のレベルがそれなりでお餅には適さないからでしょう。鍵は同じです。


 パタヤはこのGOGOもよくのぞきますが、ちょっと日本人旅行客が多いので、女の子のレベルは高めなのですが、短時間で脱出が多いですね。鍵はやはり同じ。映像・音がいいので再度アップしますね。


Pattya a Go Go's(いろいろなGOGOの動画があります。お好みでどうぞ)

Love Pattya 2014 (いろいろなGOGOの動画があります。お好みでどうぞ)

前からXXXXX氏に勧めているのが夜の総合アミューズメントパークのここ「ฟลอเร้นซ์คลับ」↓

095100499_01 (1)

場所がシーナカリンという少し離れたところにありますから、旅行者は少ないですね。KTVやコヨーテといろいろあってまったりすごせます。KTVが台湾の酒店と似てますよ。ただし、タイ語はできた方がいいですね。自分で運命を切り開けないと苦労します。旅行者や興味本位の人にはむかないかもですね。エンターテイメントがすべて備わっていて、いろいろな選択肢があります。会員制を形の上ではとっていますから、短期滞在にはそれもあって不向きかもしれません。多人数で行くと面白いですね。

ฟลอเร้นซ์คลับ (Florence Club)



 もっと見たい人はこちらをどうぞ
florence club

プライベート版にはこのクラブのKTV遊びの様子をはっておきますので、タイ在住の方はご参考にされてくださいね。

いろいろな政治的な変動もこのところあって、戒厳令があったり、不安定さが増していましたが、やはりタイ。夜の王道というか、熱帯の気怠さのあの雰囲気は他の国の追随を許さない面白さがありますね。台湾のように公私混同、オブラートに包まれていて「つながり」を求めて夜を彷徨うという感じとは異なって、「熱気」というか人間の素直な欲望と金、虚飾に満ちあふれた世界はある意味、夜世界の本質なのでしょう。 

 君の瞳に恋してる~パタヤのきらめく世界をどうぞ(鍵なしですよ)。是非ご覧ください。


 まだ、あるかな?シラチャのエッチな日本食飲み屋。まあ、よくここの子たちとも遊びに行きました。ママさん、元気かな?久しぶりに遊びに行きたくなります。
0-other-sss2029

タイガール

 ラストはロシアのデュオ・Max LuxuayのTokyo Liveより。三者三様のボイスが魅力的。格好いいです!


  なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



 以下の内容はお友達登録している方または私がパスワードをお渡しした方のみが閲覧可能です。 
 右下のプロフィールからお友達申請をしていただき認証を得ていただくか、メールをご送信ください。 続きを読む

A border town(泰国的夜世界)

休載期間があったにもかかわらず、本当に多くの温かいコメント・メッセージ、LINEなどありがとうございます。

このブログを始めた頃から今に至るまで、励ましていただいた読者の皆様やかかわりをもったの方々には頭が下がる思いです。これからまた、できる限り、ブログを更新できるようにしていきたいと思ってますし、このブログの本筋である台湾時系列編も何年かかっても継続していきますので、今後ともご支援のほど、よろしくお願いします。

さて、休載中もメッセージを何度もいただいた方々の中にタイ・バンコクの盟友XXXXXさんという方がいます。僕がタイにいた頃の情報と彼がいる現状のタイのレポをすりあわせるようなメッセージの交換はとても楽しくて、元気になるものが多く、私も彼のLINEやメッセージに苦しい期間、励まされてきました。

その彼からラオス・ビエンチャンより、彷徨いレポを最近いただいたのですが、タイの日本人がなかなかいないようなところを積極的に開拓していただいているようで、その点でも僕と方向性が合うと言いますか、すごく彼の個人的なレポは普通のネットに溢れている東南アジアの情報とはちがっていて、楽しいものが多いのです。彼からのメッセージが来ると間接的に今までもタイ情報などをこのブログで書いてきましたが、今回は彼が未開の地・タイの深南部についての情報をお届けしようかなと思っています。XXXXXさんに宗教対立によるテロの不安はありますが、タイに住み慣れているならば一度は行ってみてくださいとオススメしているところです。

タイの南部はイスラム系の政治勢力によるテロ爆破が頻発するため、この数年間はずっと外務省から注意喚起が出されていて、少しばかり勇気がいるというのが本当のところ。旅慣れていない人はいつ危険に巻き込まれるかは神のみぞ知るという状況ですから、駐在以外の方は疑似体験をしてもらうのがいいかもしれません。 

bandicam 2015-05-10 01-45-54-051

タイの南部ではハジャイ、ダンノック、コンガイスロクなどが代表的な彷徨える街ですが、危険度やリスクが高く、決して油断できません。それは宗教対立によるテロだけではなく、治安、トラブル、暴力などありとあらゆる種類の「人間の暗闇」「人間の欲望」が時として顔を出すことがあるからです。

今回はこの深南部の中で国境の街「サダオ(Sadao)郡ダンノック(Dannok)」を紹介していきます。私は6度ほどこの国境の街を訪れています。

 ハジャイ(Hat Yai)はタイ深南部の都市。ここから国境の街・Dnanokへ向かいます。
10808map3

 クリックすると拡大します。Hay Yai(ハジャイ)からまっすぐマレーシア国境まで下ったところがDannok(ダンノック)です。サダオ(Sadao)と表示されていることも多いですがサダオは正確には郡の名前です。
ハジャイマップ

そのダンノックですが、バンコクやパタヤ、イサーンなどの北部とは明らかに雰囲気がちがいます。より南に下るせいか、享楽的な雰囲気が街全体をつくっていて、華僑とコンマレー、コンタイが混在する無国籍タウン。パタヤとの一番のちがいはファランや日本人は本当に少ないということでしょう。危険な香りはプンプン。すべての価値観はここでは「Money」と言っても過言ではありません。「Money」を求めて女たちが集まり、刹那的に生きる街、それがDonnokです。

bandicam 2015-05-10 01-44-41-404

bandicam 2015-05-10 01-46-20-135

bandicam 2015-05-10 17-28-16-936

私はタイ各地を結構歩いているのですが、北部のイサーンなどに比べ、深南部はとにかく人種のサラダボウルというかコンマレーも華僑も出稼ぎのコンラオ 娘もごちゃ混ぜの世界。ハジャイ・ダンノック・スンガイコロクは何度も行っているのですが、今回は国境の街・ダンノックを紹介しようと思います。日本人が彷徨っているブログも見受けられますが、多くはないですね。いわゆる、ちょっと「通の世界」です。

まずはバンコクからハジャイ(HAT YAI)までエア・アジアかタイエアで。寝台列車などもありますが、私はいつも飛行機でひとっ飛びでした。およそ1時間半くらいのフライトだったでしょうか。ハジャイの空港はいかにも田舎町の空港という感じで郊外にあり、ここから街中にはタイのミニバスである1BOXのロットゥーかソンテウに乗って向かいますが、東南アジアなどを旅慣れていないとちょっと厳しいかもしれません。タイ語が不案内だと空港からなかなか市内へ行き着けないかも・・・・です。

私はいつもハジャイの常宿は「サクラグランドビューホテル」と決めていて、近くの青い外装の麺屋(バミーヘーンやバミーナムの店)がいかにもタイという小汚い感じながらめちゃくちゃうまいという理由とすぐ隣になかなか面白いKTVがあることでしょうか。いろいろなチケットやマッサージやクラブなどのクーポンを安く売っている旅行社もあって実にいいロケーションでした。ホテルの前にはいつもバイタクがいるので、足にも困りません。もちろん市内にはダイイチホテルやリーガーデンなどもありますが、まわりの環境が置屋街に近すぎて誘惑にかられてはいけないといつも敬遠していました(笑)。

 ハジャイのサクラグランドビューホテル。旧館のサクラホテルとはちがって設備はいいです。
P1380210

 サクラホテル裏の青い外装のめちゃくちゃうまいタイ麺屋(いつも満員ですぐわかります)。必死でネットで画像を捜しましたが、たった1枚しか見つからず。日本人はよほどの確率がないと出会うことはありません。
ハジャイ麺屋

ハジャイの街もなかなか面白いのですが、今日の話題はここからさらに下ったマレーシア国境の街・ダンノックなのでハジャイの詳しい状況はまたの機会にします。さて、ハジャイからダンノックへ向かうにはタクシーでも大丈夫ですが、現地化するのが好きな僕はいつもロットゥー。これが初めて行った時は困難でした。ハジャイ駅の近くに時計塔があってここが発着の基地になっているのですが、とにかくどのロットゥーがダンノックに行くのかよくわかりません。ちょっと路地の裏の方から出るのですが、とにかくまわりの人に聞いてたどり着くという感じでした。帰りは確かダンノックのコンビニの前から出発。慣れれば何てことはないのですが、最初は戸惑います。

 当時撮った時計塔。今はかなり周辺も整備されているようです。この近くの路地から出発。
img_9

 これは当時の撮った写真。これはダンノックからハジャイへ向かうロットゥー。これに乗り合わせて、ドライバーに「サクラグランドビュー」とか言っておくと、ハジャイ市内に入ってから主要なホテル前で止まってくれます。最初はよくわからず、ハジャイ駅で降りて歩いてましたが、すぐに気づきました。チケット買ってドライバーに行き先を告げて人が集まって満席になれば出発。出発時刻なんて適当です。
2009 タイ・バンコク 043

ハジャイからはプランレーション時代のゴム農林がまわりに続く単調な4号線という1本道を走るのですが、途中でよく人が乗り降りするので、1時間ほどかかるでしょうか。到着すると向こう側にマレーシアの国境ゲートが見えます。

 これは当時、ダンノックで撮ったもの。今はかなり歓楽街化も進み、かなりきちんとしてきたようですが、私が訪れていた頃は本当に治安が悪い感じがプンプンでいかにも多国籍の国境街、非合法の街といった雰囲気が昼でも漂っていて、あんまり撮影をゆっくりできる雰囲気はありませんでした。
2009 タイ・バンコク 041

街の構造は単純。4号線が真ん中にズドンとと通っていて、その両側に店やホテルがあり、ソイ(小道)が左右にあってそのソイ沿いにずらりと50店以上はあると思われるSEXYカラオケ(カラオケを実際にやるわけではありませんよ。実態は置屋です)やコヨーテクラブ、スコーピオンとかパタヤという名前のGOGO(2店舗ぐらいしかないと思います。パタヤの開放的な感じとはまったく雰囲気がちがう)が並んでいて、産業はまさにそれしかないと思います。そこで働く人たちのための衣料品、食品や生活用品などの店が間に挟まっているという奇妙な街です。街は狭く、地理把握も簡単なので、歩けばすぐに様子が把握できます。

ただし、衛生状態は注意が必要な街です。道路にはゴキブリやネズミが走るのは普通に見られますし、屋台の品には虫がいることなど普通。腹痛とか下痢、A型肝炎要注意と僕はいつも思っていて、火がしっかり通ったものを食べる、水や氷は要注意と思って食生活を送ってましたから、一度も体調が悪くなるということはありませんでした。中華料理やムスリム料理店も多いですし、ダンノックにはTMTホテル1Fにマックもありますから、あとは自分の選択能力が重要という感じになります。

ダンノックMAP

ダンノックのホテルはパスポートを預かってチェックインする仕組みでセーフティーボックスに預かるのとはちがいますから、ちょっと不安はありますが、私の経験ではチェックアウト戻って来ないことはなく大丈夫でした。でも何でもありの雰囲気でしたから偽造パスポートのソースとかにされないだろうかといつも不安はありましたね。それと、水まわりや諸設備には難点が必ずと言っていいほどあって、ゴキブリなどの害虫や蛾の類いは普通に登場しますし、治安はいいとは言えない雰囲気がありますから、注意はしていました。タイ語でクレームすることができないと我慢を強いられることがいくつかあるとは思います。

基本、ダンノックではほとんどの訪問客は遊びに来ていますから、KTV(置屋)で女の子をブックして、食事やクラブホッピングを一緒にしてお泊まりというパターンがほとんどで、いろいろなトラブルもあり、女の嬌声や罵声も聞こえるし、夜中はうるさいしで、とにかく油断はできません。それとソイ6にあるQeen Park Hotelというホテルは特に入口の階段付近に女の子や怪しいお兄さんがたむろしていてなかなかの雰囲気でした。

 Qeen Park Hotel。夜になるとこの周辺はとても妖しくて階段部分にもよく座り込んでいる人たちがいます。
557

 いつもダンノックで泊まっていた4号線に面するオスカーホテル。セブンイレブンやレストランや診療所などが道路の反対側にすぐあって地の利は抜群。老舗のホテルはここかオリバーホテル。オリバーホテル周辺はとにかくSEXYカラオケ(KTV)と大規模クラブ(ディスコ)が周辺にいっぱいあって、ローケーションからオスカーホテル以上のハプニングや喧噪があることもあってちょっと避けてはいました。但し、最近は新しいホテルもどんどんできている様子です。ただし、小さなソイ(横道)にあるホテルはちょっと治安に不安があるのと入口付近に女の子や怪しげなお兄さん方がよくたまっていることが多くて宿泊は敬遠していました。ダンノックのホテルに泊まる客の目的はほとんど決まっているので「ジョイナーフィー」などもちろんなく、コンマレーや華僑の皆さんなどとっかえひっかえです(笑)。ロビーあたりにいるといろいろな光景が見られますよ。
2009 タイ・バンコク 042

 ダンノックの中心はこの4号線。この両側と横道にいろいろな店が広がります。
2009 タイ・バンコク 032

 これは当時撮影した写真ですが、昼でも歩いているのは主にここで働いている娘たちとフラフラしている男たちで街の雰囲気ができていて、それを目当てに商売して物を売っているタイ人という日本では考えられない街です。いわゆるイサーンの小さな街などのような生活感はまったくありません。まあ、死ぬまでに一度ぐらいは行ってみてください。
2009 タイ・バンコク 034

 ハジャイのKTVは午前中とかにブッキングしておき、夕方に女の子を迎えに行くというのが主流ですが、ダンノックは基本的に24時間いつでも可能です。ただし、日中は暑いので女の子は店の中でグッタリしているようで店に入っていくとブザーやベルを店主が押し、奥から女の子がゾロゾロと顔見せで出てくるというパターンです。

ただ、パタヤなどと違ってとにかく夜遊びだけに特化した街ですから、昼はコミュニケーションをとるのが苦手な人はとにかくやることがありません。屋台で飯食べながら、だらだらと話しながらすごすみたいなことができないと本当につまらないかもしれません。しかし、夕方になると涼しくなって店頭に何人も出て、飲み食いしながらまったりしてますし、街も活況を呈して人並みも急に増えてきます。どこから人が出てくるのかと思うほど閑散としていた各ストリートに人や車、バイクの往来が激しくなります。

 昼間に撮影したSEXYカラオケ店。夕方から店の前にも女の子が出てまったりで雰囲気が変わります。
2009 タイ・バンコク 038

2009 タイ・バンコク 039

 こちらが夜の雰囲気。とにかく妖しい雰囲気。横道にあるホテルの階段や手すり部分にも大量の女の子が座り込んだりしていて、何が何やらよくわからないこともよく遭遇します。よく「煙草くれ」とか、女の子からも「飲み物買ってちょうだい」みたいなこと言われたり、とにかくよく話しかけられるし、話しかけると皆気軽に応えてくれます。GOGOのスコーピオンでは踊っている女が裸のまま降りてきて、いきなりご飯食べさせろみたいなこと言われたり、小銭ちょうだいとか言われて股間触られたり、よくわかりません。
photo-1

 夜の様子の動画はこちらをどうぞ。雰囲気がよくわかります。
 

夕方になって街歩きして、夕方6時から始まることが多いSEXYカラオケ(24時間ずっとやってる店の2~3倍はあります)に 時折入って、一緒に行動する子を捜すのがダンノックの彷徨い方。とにかく女の数がすごくて、男の2倍以上はいます。商売しているタイ人のおばさんを除いては、ほとんどが夜のお仕事か、フリーで客を捜している子ばかりです。ある意味、ここに来るとこんな街があるんだという感慨さえ覚えます。人間のありとあらゆる欲望だけが凝縮されています。かつてカンボジアにスワイパーというもう壊滅した幻の街がありましたが、それを商業化に徹した感じでパタヤのようなエンターテイメントも賑やかな感じとは明らかに異なります。

ただし、この狭い街・ダンノックでは人間関係とコミュニケーション能力が重要で、旅行者のようにただ入ってもまあ、一緒に行動したいという子を見つけることは至難の業。ブッキングというタイ深南部の主流のシステムをうまく使わないとといけません。それと女の子の友達紹介でしょうか。あっという間に3Pとか4P状態になります。すぐに「友達も一緒にいい?」とかなって、とにかくよくわかりません。昼から夜の間にこの街の妖しげな住人たちやリピーターと顔なじみになっておくことが重要でしょうか。

 こちらはタイ語ができないと検索できません。タイドメスティックのダンノックの紹介。貴重です。


 華僑やコンマレー、ムスリムと多国籍の人種が渦巻くサラダボールの街ですから、看板も中国語表記も多く、英語表記が一般的。日本語はまったく見かけませんでした。
2009 タイ・バンコク 037

2009 タイ・バンコク 036

さて、一緒に行動する子が決まったらだいたいは食事→クラブホッピングというコース。クラブはダンノックの夜の彷徨いの基本ですが、一人で行ってもあんまり盛り上がりません。やはり、一緒に行く子がいると楽しいです。

まずは最も大きな箱「Paragon」でしょうか。2013年12月22日にはテロによる爆発事故もありましたが、現在は復帰の模様。そして特筆すべきは超大音響と満員のカオス状態。普通の感覚だと完全に頭がおかしくなるぐらいの大音響で踊っている女の子たちは明らかに陶酔状態。一緒に行くとさすがに疲れますが、女の子たちは踊りまくってます。一度は体験してみてください。日本ではありえないクラブ・ディスコです。

ここの裏(国境側)にある「Yes Club」もDiscoの大御所。とにかくダンノックのDiscoは広くて体育館ほどあります。こちらはコヨーテのショーを中心にしていてややおとなしいものの、やはり大音響。次々と女の子が現れるのでとにかく見ていて飽きないとは思います。

Paragon 周辺のテロ爆破事件

DSC02454

 一番雰囲気が近いのがこれ。普通に録画したら音が割れまくりになります。頭がおかしくなります、確実に。


 Paragonは純粋なDiscoですが、こちらはコヨーテも登場のセクシークラブ。大箱です。とにかくどうしてこんなに女の子がいるのかというぐらいの大量姫。ラオスやミャンマーからも出稼ぎ多数です。
674

 
 

























 タイではお馴染みの花輪をもらうというコヨーテ。ダンノックではコヨーテもお遊びできる子多数です。コヨーテも連れ出すことが普通に出来て、花輪を買って送るとステージ降りたりしてきますから、あとはタイ語でコミュニケーションとってみてください。
タイ語 夜の会話集
タイ語@夜遊び編






 こちらは必見。日本風のショー。タイの日本?面白いです。
 

 Dannokの様々な動画のチャンネル「東南亜HOT」。お好みでどうぞ(しかし、削除が多い!)


 こちらは老舗のBangkok club。小プールのショーが有名ですね。




このオリバーホテル周辺は商店などを挟まずにテナントのようにとにかく無数のSEXYカラオケが並んでいて、Paragon周辺は夜は驚くべき光景となります。4号線の反対側のゴチャゴチャした感じの風景とは違って、とにかく「特化」しています。見て回るだけでもワンダーランドの世界があって、こんな街がありえるのか?と疑問が湧いてくるほどです。

 写真は秀逸のブログ物差しタイランドから掲載させていただきました。2014年10月現在のダンノックです。言ったことがある方はすぐにあのあたりとわかるはず。オリバーホテル周辺の「特化地区」です。
660 (1)

657 (1)

662 (1)

街では夜になると奇妙なカップル?が大勢います。コンラオの子は肌も白く、幼い感じの子も多いですが、そのような子はSEXYカラオケでは見つけることは難しいです。皆、紹介によるブッキングが主流なのでしょう。複数の子を連れ歩いている人も多数います。4人ぐらい連れ歩いている人もいますね。でも明らかに街全体が女の子の数の方が男性を上回っているようにいつも感じていました。女性が女性の本質で稼ぐということが徹底していて、その割り切り感はアッパレみたいなところもあります。刹那的な街なのでしょうが、計画性などあまりない生き方に身を時としてゆだねてみるのも人生には時々あってもいいかもしれません。

 当時、ダンノックでよく一緒に行動していたノイちゃん。出稼ぎの子はいかにも過ぎてあまり一緒には行動しませんでした。南部のある街出身のコンタイ、XX歳の明るい子でした。もう時効なので特別にご披露します。明るくノリの良い子で一緒にダンノックのレストランでまったりしながら、いろいろな話をしていました。今はどうしているかな?タイのパタヤなどにある食べ放題のレストランがダンノックにもあって、そこでいろいろ食べてました。
気立てのいい田舎娘という感じで思い出深いです。
2009 タイ・バンコク 031

 彼女がお気に入りだったのが南米・中米系の飲み物。CORONA BEERやタイでよく見かけるBacardi Breezarというキューバ原産でインドから入ってくる?と言っていたフルーツリキュール。いつもシンハやリオといったタイの原産ビールを飲んでましたから、結構新鮮だったかな。
3370843475_6867f09535_b

6a013486aec64c970c01538e945730970b

しかしながら、この猥雑な街、ダンノックも少しずつリゾート化も始まっているようです。華僑のMBI國際集團によるリゾートが2015年2月に完成し、ダンノックも少しずつパタヤ化が始まるかもしれません。

 泰國丹诺亚洲文化村
asia1

20141120180954605



XXXXXさんに休載の間のメッセージに感謝して僕の少しばかり知っているタイ深南部の街ダンノックのことを書き綴ってみました。危険な香りのする街ではありますが、こんな街があるんだという気持ちに絶対になりますから、機会があればテロに気をつけて行ってみてください。訪れている方も結構いますが、それでも、まず、日本人に出会うことはありません。ただ、タイ語などが使えて旅慣れている人向きではありますが。

日本人がいるところがあまり好きではない彼とタイで彷徨うことができるのはいつの日でしょうか? 
そしてその時、タイのこの国境の街はどのように変貌しているのでしょうか?



2009 タイ・バンコク 035

 bandicam 2015-05-10 17-28-31-352

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

"Requiem" นาตารี อาบอบนวด~那達里(泰国的夜世界)

このブログには開始当初から度重なる中断にもめげず、ご拝読いただいているありがたい方々がいらっしゃって、その中のひとりにバンコク在住のXXXXXさんという方がいます。彼はバンコクに駐在しているのですが、やはり現地化?されていて貴重なタイの彷徨い方を教えていただいており、私もかつてはバンコクで彷徨っておりましたので、時折、現地のローカルな情報交換をしています。

それと台北時代に知り合って何度か制服店などもご一緒したXXXさんも現在、大陸で駐在中なのですが、この14日に上海に仕事でおいでになるということで、夜、仕事の後にでも久しぶりにお会いしたいなと思っております。このブログは開始当初から交流してきた皆さんに支えられて執筆意欲が湧くところもあり、本当にネットを介してのつながりも貴重なものなんだなあと実感しています。

さて、バンコク特派員のXXXXXさんから久しぶりにメッセージをいただいたのですが、アソーク・ソイカーボーイのバカラ火事以来の事件の報告でした。今度ばかりはタイもついに来たか・・・・という印象のニュースです。

'ก.มหาดไทย' บุกนาตารีอาบอบนวด
บุกทลายอาบอบนวดย่านรัชดาฯค้าประเวณี



 バンコクで最も人気があったMPの一つ、ナタリー。長い歴史があり、少し他のMPとは趣きが異なっていました。売上は月に2000万バーツ(現在のレートで約6000万円)近くにのぼっていたということも明らかになっています。さらに摘発を逃れるための賄賂を送っていた関係機関人物の名簿リストも発見されました。
nataree top

ラチャダー地区、MRTホイクワン(フワイクワーンという感じが正しい発音に近いかな?ホイクワンと書かれていることが多いのですが、なかなか通じません)駅近くにある著名なMP「ナタリー」が6月7日16:00、ついに摘発されたという衝撃的なニュースです。当初の逮捕人数は115人と発表されました。きっかけはニュージランドをバックグラウンドにするNGOの国際団体「NVADER」による人身売買の通告がきっかけでした。タイの関係部署は特殊作戦部門にXデーを設けさせて内部捜査を実施した上で今回の大規模な摘発を行ないました。思えば1月に夜中ににぎわうプラチャー・ソンクロ通りにあったフワイクワーン・ナイト・マーケットも違法に道路を占拠していたという理由で閉鎖に追い込まれたようですから、地区の法的な健全化も進んでいるかもしれません。

ナタリーはバンコクの中でもレジェンドのMPで、まずはMPはナタリー見てからというほど多くの集客を誇っていました。他のMPと異なり、金魚鉢にほとんどキャストがおらず、目の前に多くのキャストがいるという極めて有機的なMPでしたから、少しタイ語ができれば、カラスのような「カー」というタイの女の子の独特の語尾を聞きながら、キャストとコミュニケーションを直接とるという楽しみがありました。

  ナタリーの摘発を報じるNation TV。6月7日夕方4時、警察と軍がなどが一体になった特殊作戦でした。
nataree1

 当初の速報による逮捕者の発表は115人でした。その後、121人と正確に発表されました。
ナタリー摘発

 突然の摘発で一斉に顔を伏せるキャスト。この後、キャストの人権に配慮してマスクが配られたようです。
ナタリー摘発18

 摘発を受けるナタリーのひな壇。書類や違法薬物の有無、金銭の流れなども徹底的に捜査が入りました。
ナタリーひな壇

 摘発直後の画像。一斉にうずくまるキャストたち。摘発の際の発表画像はブログ後半に数多くあります。
ナタリー摘発24
ナタリー摘発17
ナタリー摘発25

ナタリーは本当に日本人にも多大の人気があったMPで私がバンコクに駐在していた頃、よく接待でも日本から来たゲストをご案内していました。フワイクワーン駅がMRTですごく便利なこと、まわりはMPがズラーッとあり、ポセイドンやエマニュエル、アレキ遊びで有名なシーザーもナタリーのラチャダー・ピセーク通りの向かいにあって、多数のがあるため、店を回遊魚のようにまわりながら店選ぶということができ、店の選択と自分のタイプのキャストとの遭遇には事欠きません。

 古式按摩(左側)と大浴室(右側)のエントランスが2つありました。メインは大浴室側。入口にはアロワナが泳ぐ水槽があり、入ると右手側の方に100人平均のキャストがたくさん並んでいたり、ソファに座っていたりしました。
nataree4

Bangkok MP(韓国人の方が有名どころのMPを内部撮影しています。お店ごとに分類されています)

 通称ラチャダー地区。MRTフワイクワーン駅下車で中心地より極めて便利なため、気軽に地の利に詳しくない観光客でも間違いなく足を運べます。いろいろなお店を見てまわれるのも魅力でした。何もすることがない休日など午後のオープン時間から行って、個室にあがらず、いろいろなお店の雰囲気を味わい、コンシアとコミュニケーションするという彷徨い方をすることもありました。客がガラガラのMPもあって、人気具合などもよくわかりましたが、ナタリーはいつ行っても必ずと言って良いほど客が入っていました。

ratchada

 最近(2016年4月のラチャダーピセーク通りの様子。フワイクワーン駅を出て道路の向こう側にシーザーがあるあたりからエマニュエル前を通過し、ナタリー方面へ。映像がきれいで通りの雰囲気がよくわかります。

その中でもナタリーは古臭い建物、貧弱なつくり、木枠の窓の個室など豪華さでは大きく劣るものの、多くの支持を集めていました。特に日本人客が多いことや団体で来られる人が多いことも知られていました。キャストの人数が全盛期は150人近くいて、団体の対応もまったく問題なくできたこともありました。他のMPとは少しばかり雰囲気が違っていて、金魚鉢にはあまり女の子がおらず、金魚鉢の子は値段も2000バーツぐらいで安いのですが、それよりも入口附近に立っていたり、ソファに多くの子が座っていたりしていて、彼女たちは2600バーツ平均で値段も高いという独特のMPでした。

外道の細道~Nataree編(かつて2012年頃まであった人気サイト。歴史がわかります)
外道侍(現在はここがタイの夜遊びなどの情報が充実しています)

直接、近くで女の子を見ることができたり、話しかけられたりしますから、より間違いなく自分のタイプの子を連れていけるということもありましたし、全体的に女の子の年齢が低く、ロリ系の子が多いのも特徴でした。コンシア(コンチアと日本人は発音する方が多いですが、正確には「シ」に近い発音だと思うのですが)の中には日本語を話す人もいて、私もかつてはモックンに似ているコンシアと懇意にしており、よく電話をいただいておりました。彼にはよくスラングのタイ語を教えてもらっていて、タイ語にもおかげさまで多少は詳しくなったでしょうか(笑)

ナタリー04

ナタリー浴室

nataree12

さらにナタリーのキャスト構成ですが、圧倒的に北部山岳地帯やミャンマーなどから入国している子が多く、奥の柱の影には年齢的にかなり危ない子や未開通の子がいて、価格も5000バーツ以上はすることも多く、未開通だと10000バーツを超える子もいました。こっそり体育すわりなどしている子もおり、コンシアと通になるか、事情がわかっている人はわかるという感じです。さらにコンシアが現場にいない子を奥から連れてくるというようなこともありました。

僕はこの柱の影の子たちと入ったことはないのですが、彼女たちはいつも少し暗い目をしていて、いかにも好事家という日本人や韓国人、中国人、タイ人が連れて行く様子は貧しい家の経済を支えるためにバンコクに田舎から来たとは言え、少しばかりかわいそうな気持ちがありました。

しかし、そんな彼女たちも半年もすると海千山千の経験を通してこのような世界を生き抜いてきたこともあって、逞しく変貌する子も多く、入ってきた客に媚びを売り、駆け引きをして積極的に声をかけるようになってきます。

 かつては開放的な雰囲気もあって、少しベテランになると自分の宣伝もあり、顔出し撮影もにこやかでした。最近は隣接国からの不法就労の子も多いようですから、このような写真はないでしょうね。昔ののびやかな雰囲気のナタリーは商売っ気よりも他店にはあまりないコミュニケーションの面白さがありました。彼女たちも、もう今や当時の面影はきっとまったくなく、もうすっかりオバサンになっている年齢ですね。
nataree girl 10
nataree girl 22
Nataree girl 21
natareegirl 25
nataree girl 24

nataree16
nataree girl 12

 かつてのナタリー内部の様子。ひな壇の感じや浴室の感じがわかります。

Inside Nataree Massage, Bangkok from RedNightCity on Vimeo.


 passは表示されている言葉を半角数字4桁にしてくださいね。いつもと同じです。

 勇気ある盗撮者の皆さんが内部を撮影しています。当然、映像は悪いですが、雰囲気はわかります。 




ナタリーは今回の摘発でも外国人の不法就労がひとつの理由になっていますが、このところはほとんどがミャンマーなどから来た子になっていたようです。タイの経済状況が昔に比べると格段に良くなっていますからタイ北部や北東部から来る子も時代とともに少なくなったのでしょう。

僕がタイにいた10年ぐらい前の頃はまだ、タイ北部・東北部から来る子がほとんどで、タイ北部山岳地帯附近のチェンライやチェンマイ、ミャンマー国境の街メーサイや東北部イーサーンのノーンカーイやウドンターニー、コラートなどから来ている子がほとんどでした。中にはコンラオ、コンパーマー(ミャンマー人のことをタイではまだビルマ人という呼び方が多いです。)も混じってはいましたが、多くはありませんでした。ミャンマーの国境の街・タチレクからメーサイに入って来るか、ラオスのビエンチャンからターナーレーンを通ってノーンカーイに入り、ウドンターニーに出てからバンコクに来ている子もいましたが、少数でした。ハジャイ方面の深南部から来ている子はまずおらず、ダンノックやコンガイスロクあたりに行っているからだと思います。カンボジアの子にも一度も会ったことはありませんでした。

desti-map

多分、北部の子たちは肌が白く、表情も日本人に近い顔立ちの子が多くて、日本人需要が高かったナタリー向きだったこと、それと性格が素朴でいわゆる「田舎から出てきた」わけですから、接客業に向いている部分もあったのでしょう。しかし、タイの発展と時代の流れとともにだんだんとミャンマー人女性などが増えてきて、現在のような外国人がほとんどという特異な状況に変容してきたのではないかと類推しています。

 かつてナタリーで人気を集めていた可愛らしい彼女たち。今はどうしているのでしょうか。
ナタリー02

nataree girls 100

nataree14

駐在していた当時、僕はナタリーではいつもイサーンから出てきて日本語を勉強しているという子と懇意にしていて、彼女によく個室でも日本語を教えていました。タニヤあたりのクラブに早く日本語を覚えて移りたいというのが彼女の目標で、日本語学校にいけるような余裕はありませんでしたから、なかなか進歩が望めず、本当によく教えたものです。お店が終わった後や休みの日はよく出かけてもいて、アソークやプロンポンあたりでよくお茶したり、タイスキチェーンのMK(ร้านอาหาร เอ็ม เค)で食事したりしながら日本語を教えていたのも良い思い出です。

では少し中休み。タイの彼女たちと特によく行ったところをご紹介。まずはMKから。

MK Resttaurant(ร้านอาหาร เอ็ม เค) HP
MK Restaurants(ร้านอาหาร เอ็ม เค) FB

 よく行ったMKのMKB店。懐かしい場所です。
MK

 商売上手なMKの躍進はサービスの多角的展開でしょうか。クーポンやお得なセット、懸賞もたくさん。
MK (1)
MK02
mk (3)

 コマーシャルのセンスやエンターテイメント的なサービスもMKの躍進の秘密。一度は行ってみてください。


ただ、MKをはじめ、いつも行きつけの店や場所だったこともあり、待ち合わせに必ず遅刻してくるというのだけはちょっと勘弁でした(笑)。やはりコンタイはコンタイ。1時間近く遅れてくることもへっちゃら。アソークのソイ17にあるロビンソンのマックが24Hということもあって、よく待ち合わせましたが、思えば当時はLINEなどはなく、タイ語のSMSとかでやりとりでしたので、不便でした。MPの子でも心を開いて懇意にしていれば、いろいろな展開があります。

 アソークのロビンソンは庶民的なショッピングセンターで地下にスーパーやフードコートがあり、1階にはスクンビット通りから入れるマックがあって超便利でした。MRTのアソーク駅からも2階からダイレクトにつながっていて、急なスコールの時でも濡れずに行ける便利さがあり、本当によく行っていました。夜中すぎにお腹が減るとスクンビット通りに出る屋台でタイ麺クエッティオ ก๋วยเตี๋ยว<บะหมี่(バーミー)>(旨いのはバーミー・ナーム⇒汁あり、バーミー・ヘーン⇒汁なし)もよく食べてました。日本人の口にあう味でとても美味しいです。
Mac asok

 アソークに出るクエッティオ・バーミー&カオマンガイ屋台。個人的にはハジャイのサクラホテル前で食べたバーミーが一番旨いと思いましたが、スクンビット通りのテルメ前の屋台やトンローのかつてあった屋台村(撤去が勧告されて今は寂しいようです)もよく行きました。各屋台や店でスープや具材が異なり、個性があります。
バーミー

 まあ、タイのバーミー屋台チェーンといえば「チャイ4(ชายสี่ บะหมี่เกี๊ยว)」。この黄色い特徴的な看板はタイを彷徨っている人なら、必ず見たことがあるのではないでしょうか。安心確実なクエッティオならここです。万人受けするバーミーが食べられます。
chay4

ชายสี่บะหมี่เกี๊ยว facebook

chay4 02

 駐在当時、いろいろな子とよくフラフラと行ったMBKショッピングセンター。とにかく中は迷路で巨大。海賊品が多くて、ちょっと危ないSIMや携帯グッズが充実、ラルフローレンの偽物のシャツなどよく買いました(笑)。一日見ていて飽きません。ここのマックなどのファーストフードもよく使いました。
MBK
MBK3
MBK2

さて、ナタリーに話を戻します。

僕はよく入って右側にあったテーブル席でまったりとしていることが多く、ビール飲んだり、簡単な食事をして、接待するゲストが遊んでいる間、待っていることが多かったです。いつも現地化しているように心がけていることもあり、レイバンのサングラスにラルフのシャツ(偽物ですけど)などにチノショーツといった出で立ちで、シンハービールやチャーンビールなどを飲み、普通にボーイとタイ語でやりとりしていましたから、観光客の日本人の方に「バンコク在住の日本人の方ですか?」といった調子でいきなりよく話しかけられました。

 タイのビールはコクがあって、やや苦味がきつく氷入れて呑むとうまいです。
beer2

彼らは一応、ネットやホテルなどに無料で置いてある現地情報誌の日本語版で情報収集しているのですが、やはり現場のあの圧倒的な雰囲気だと最初は戸惑う方も多いように思います。当時はアナログ的な情報からデジタル的な情報への変わり目でしたから、まだ「GーDiary」の雑誌版等を読んでいる方々も多く、さらにスマホやタブレットもなく、情報誌の電子版のような即時的な情報を得るのははなかなか不便なこともあった時代でした。さらにナタリーに初めて足を踏み入れた方は目が点になるというか、こんな世界があるんだというような感じをもたれたのではないでしょうか。

僕も初めてナタリーに足を踏み入れたときはちょっとクラクラしたのを覚えています。入口を入るとすぐの所に水槽があって、巨大なアロワナが2匹ほど優雅に泳いでおり、そのサイドには若い100人近くの女の子が座っていたり、立っていたりするという女護が島か竜宮城かというような雰囲気で、衝撃でした。

ナタリー06

特にやや若めの日本人の2~4人ぐらいのグループに話しかけられることが多く、「タイに住んでる日本人の方ですか」とかいった切り出しで、キャストの選び方や価格差、どうやって具体的に個室で遊ぶのか(特にドリンクオーダーなどのこと)、2~3人のキャストを複数連れていけるのかといった内容が多かったでしょうか。ただ、見るからに団体の脂ぎったおじさん方から話しかけられるようなことは記憶ではなかったですね(笑)。

タイでも風俗業の違法摘発は当然ながらたまにあり、「事件」というほどの扱いを受けない程度のことが多いですが、今度のナタリーの摘発は状況が大きく違います(ノアの摘発がその前哨戦だったのでしょう)。それは風俗の摘発ではなく、ことの本質が人権問題に根ざす「人身売買」、国家としての方向性を問われる「外国人の不法就労」、そして国際的なコンプライアンスになりつつある「未成年による売買春の厳格化」の3点が絡む大きな社会問題としていることです。さらに逮捕されたキャストの数は100人以上の大人数であり、その規模は今までの摘発とは大きく異なっています。当局も特殊作戦という位置づけで臨んでおり、いろいろな意味をもつ摘発だったと思います。

 タイの一般的な摘発。警察が中心となり軍や法務局関係者も出動する、今回のナタリーのような大規模な摘発は極めて珍しいというより、僕が今まで知っている中ではタイ最大規模クラスの摘発だと思います。やるときはやるというタイ内務局・法務局や警察の威信を賭けたものだったのではないでしょうか。
 ตชด.234 มุกดาหารจับกุมแรงงานต่างด้าวสาวบริการ
摘発5

1摘発

摘発6

ชุดเฉพาะกิจ บช.น.บุกตรวจค้นสถานบริการผิด กม.ย่านดินแดงพบต่างด้าวอื้อ
摘発11
摘発10
摘発9
摘発8
摘発7

 ตำรวจ ดส.บช.น. บุกตรวจ-จับกุมอาบอบนวดดังเมืองกรุง – มั่วสุมค้าประเวณี(4月7日のノアの摘発)
摘発3
摘発4

ナタリーの摘発のニュースの画像を見ると、あの懐かしいひな壇のいかにも古臭いバックやよくビール飲んでいたテーブル席が写っていて少しばかり感慨深いものがありました。

「ああ、ついにナタリーも終わりか」と。

今度の摘発はタイ当局もかなり本腰で、発端はNPOによる近隣諸国の外国人などの人身売買問題摘発に端を発しているようですが、多くのTV局でトップニュースに近い形で報道されており、警察も記者会見そしっかりとしていますから、かなりのものです。 特に摘発の瞬間からTVが撮影していますから、当局の準備は相当周到で国民と世界に向けて「タイはコンプライアンスでやっていく」という姿勢と「人身売買や外国人の不法就労」「未成年の風俗業従事を許さない」というアピールをしたと思います。

逮捕者は後日の報道によると121人、5台以上にのぼるバスやトラック、ワゴンを準備していました。121人のうち、未成年者が9名混じっており、さらには長年にわたって摘発を逃れるために警察などの関係部署への賄賂もあったようで厳しくこれから追求がなされるようです。

 摘発の瞬間の映像です。写ってしまった日本人客の皆さん、お気の毒です

 摘発後すぐに流された速報ニュース

 現場からのレポート。用意周到です。

 タイのTV局では次々とニュースが流れ、大きく取り扱わられています。単なる摘発を超えています。



ナタリー摘発10
ナタリー摘発11
ナタリー摘発15
ナタリー摘発16
ナタリー摘発14
ナタリー摘発0
ナタリー摘発19
ナタリー摘発2
ナタリー摘発3
ナタリー摘発23
ナタリー摘発8
ナタリー摘発9
ナタリー摘発22
※写真はタイ内務省地方行政局、各TVニュース映像からマスコミを通じて発表されたもの

今回の摘発に向けては「4人のタイガー」と呼ばれる警察と軍のトップが指揮する大掛かりな特殊捜査部隊でかなりの綿密かつ慎重な作戦だったとタイのニュースは報じています。

4

ผบก.น.1 สั่งเด้ง 4 เสือ สน.ห้วยขวาง เซ่นอาบอบนวด

1.พ.ต.อ.
 กิตติพงศ์ วิเศษสงวน ผกก สน.ห้วยขวาง

2.พ.ต.ท.
 ศาสตร์ศักดิ์ ชัยประเสริฐ รอง ผกก.ป สน.ห้วยขวาง

3.พ.ต.ท.
 จีระพล ประพันธ์จันทร์ สว.สส. สน.ห้วยขวาง

4.พ.ต.ท.
 ศุภภัทร สวัสดี สว.ป สน.ห้วยขวาง

従って単なる摘発というものにとどまらず、かなり社会的な事件としてタイのマスコミはとらえているところがあり、各TVも討論番組や特集を組むなど事件後2~3日たってもその余震は続いています。最終的に逮捕された121名に対しての取り調べや入国状況の調査も続いており、背後にあるタとやミャンマー、ラオス、カンボジアなどの国境を利用した人身売買ブローカーの摘発へとつながる可能性もあります。国は違いますが、かつてカンボジアのスワイパーのベトナム人未成年女性の大規模摘発や同じタイのウドンターニーのラオス人女性が根こそぎ摘発されて逮捕または保護された事件を彷彿させます。

พิษส่วยโรงนวด เด้งรวด4เสือ ห้วยขวาง "ศานิตย์" สอบวินัย ปปท.ฮึ่ม ฟันเรียบ
กรมการปกครองคุมตัวหมอนวด “นาตารี” สอบปากคำเพิ่มก่อนทำประวัติคัดแยก

 取り調べが続くナタリーのキャストたち。強制送還もあるのでしょうが、今後の彼女たちの生活も気になります。摘発後のフォローや社会保障の充実が必要なのでしょうが、そのシステムが不十分なまま表面的な問題を叩いていくだけでは構造的な問題は解決できないのではないでしょうか。
ナタリー取り調べ5
ナタリー取り調べ1
ナタリー取り調べ2
ナタリー取り調べ3





ตำรวจฝากขังผลัดแรกหญิง 121 รายใน “นาตารี” แจ้งข้อหาหนักผู้จัดการร้านกับพวก

ナタリー取り調べ4
ナタリー取り調べ6

取り調べが現在も進んでおり、ナタリー事件は各関係部門による捜査へと発展しています。日々刻々とニュースが配信されていますが、摘発時に確定していた未成年だった9人に加え、10日には年齢がよく確定できなかったキャストの病院による科学的な調査により、さらに15歳が2人、16歳が1人、17歳が3人がわかり、合計15人であることも判明しました。

ナタリー未成年

さらに6月10日にはラチャダーの「コパカパーナ」も「未成年就労」「薬物」「外国人違法就労」などの容疑で摘発を受けました。しばらくはラチャダー地区は虱潰しに摘発が続く可能性があり、そしてMPも縮小営業になって、客が激減していくというパターンでしょうか。MPがなくなるような地区の再生というまでに多くの年月が必要ですし、MPで働くキャストや従業員の買い物や来る客を対象にしてビジネスしていた多くの仕事のサイクルやシステムが崩れていきそうです。「必要悪」と呼ばれて近年まで現存していた日本の埼玉の西川口や群馬の太田、横浜の黄金町そして中国の東莞などが時代の流れとともに消えていったのと流れは似ています。タイの近代国家化は止まらず、国際的に「健康的な国・タイ」をアピールしていきたいでしょうから、これからはどんどんタイ社会も変わっていく可能性があると思います。

しかしながら、タイはタイ。その視点でこれからの動きを注視はしていかなくてというところもあります。

จู่โจม”โคปาคาบาน่า” คุมหมอนวด-เชียร์แขก-เด็กเสริฟ
ตรวจโคปาคาปาน่าพบหมอนวดสาว22คน

コパ02
コパ01
摘発2

でも、さすがにタイでも、もうナタリーの復活はないでしょう。僕はそう思っています。ラチャダー地区をちょこちょこ摘発した後の次の大きなターゲットは場所が超不便なとことにある、ナタリーとともに同じキャストの雰囲気がある「キ○○○ン」かなあなんて思っています。

時代の変遷とともに社会が変わる。それは栄華を誇ったナタリーの終焉が教えてくれています。

 Close Your Eyes, Hold Your Breath, Say Good-Bye
目を閉じて、あなたの息を感じて、そして、さようなら

nataree5

ナタリー00

 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている方々に向けて、2012年1月1日から、あるBBSでご賛同いただいた皆さんに情報提供する、または私が体験した素敵な出来事を私だけが知っていることがもったいなく思って書き始めたものです。従って画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深めたりして、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同様で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、右下の拍手をクリックいただき、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

"Continue" ตำรวจบุกตรวจ อาบอบนวด(泰国的夜世界)

ノア、ナタリーと続いたMPの当局による摘発、監視の余波は現在も続いています。ラチャダーピセーク、ラマ9世にあるMPも警察当局による摘発が継続しています。

ナタリーの摘発は6月7日でしたが、6月10日にラチャダー・ピセークの「コパカバーナ」、ラマ9世通りの「ラ・ディフェンス」と警察の立ち入り捜査が実施され、不法就労外国人と未成年労働者、薬物などの違法行為がないかどうかの確認が継続しています。今はタイのMPのどこが急に捜査が入ってもおかしくない状況だと思われます。
ラチャダー地区以外のラマ9世通り(ถนนพระราม 9)、バンカピ地区(แขวงบางกะปิ)の店舗にも捜査が広がっています。


MPの数は本当にタイには星のごとく山程あって、一体次はどこに捜査が入るのか、現状ではまったくわからない状態が続いています。ノア、ナタリー、コパカバーナ、エマニュエル・・・・・。そしてパタヤの5店舗やチェンマイの数店舗も捜査があったとの情報。いつ捜査が入るかわからない状況ではこれから危険を避けて客も激減、周辺産業にかかわる方も含めて死活問題にならなければ良いのですが。

 前回のブログでも紹介したナタリーに続いて行われた10日のコパカバーナの捜査の様子です。

 次々とMPの捜査が続いています。ロード、エマニュエル・・・・。営業許可の確認を基本に外国人の不法就労や未成年就労、違法薬物の使用がないかというこの3点についての捜査が続いています。

massage girl2

I like massage.com(タイのMPサイト。各店舗のキャストや状況がわかります)

6月13日の夕方4時過ぎから、やはりラチャダー・ピセークの大規模店「エマニュエル(เอ็มมานูเอล)」をはじめとするMPに捜査が入りました。キャストには尿検査が実施され、麻薬をはじめとする違法薬物の仕様がないかどうかと年齢や国籍確認が行われています。

エマニュエル

 現在のエマニュエルのトップキャストたち。このMPの雰囲気がわかります。
エマニュエル1
bandicam 2016-06-14 04-27-19-785
bandicam 2016-06-14 04-28-12-689

Emmanuelle HP (代表的な各キャストの写真とプロフ)

エマニュエルはナタリーの隣りにあるMPですが、ナタリーのキャストと雰囲気が異なり、可愛いというよりは美人、モデル系のキャストが多い人気店で料金も平均よりやや高めというどちらかというと高級店志向のあるお店だと思います。キャストの年齢層も高めで未成年はいないという印象ですが、外国人就労と薬物に関しての捜査が中心だったようです。しかし、キャストのカテゴリーからしてエマニュエルも・・・というのは意外な感じでした。

 エマニュエルの捜査の様子です。


'นครบาล'ล้อมคอก ลุยตรวจ'อาบอบนวด'รายวัน

エマニュエル01
エマニュエル02
エマニュエル03

同時にいくつかのMPも前述したように捜査を受けており、ナタリー事件の余波はまだまだ続いています。

ตำรวจบุกตรวจ ‘อาบอบนวด’ ย่านรัชดา-ห้วยขวาง

อ่าง1

อ่าง2

อ่าง3

 to nite1

さらにはスワンブワーム空港からの新交通システム・エアポートレールリンクの出発駅があるマッカサン・ペッチャブリー地区も警察の手入れを受けています。
บก.น.1 ปล่อยแถวตรวจสถานบริการอาบอบนวด พื้นที่มักกะสัน-ห้วยขวาง อ่านข่าวต่อได้ที่

マッカサン
マッカサン02

また、タイにはDSIと呼ばれる法務省直下の特別捜査局があり、警察庁とは別のFBIのような捜査機関があります。実際には複雑な犯罪や国際的な犯罪など特別な事案について独自に活動していますが、DSIが各関係機関と連携し、摘発を行うこともあります。

 15歳の未成年女性が組織によって売春さえられていたのを救出した事例です。
未成年売春
DSI บุกจับอาบอบนวดชื่อดัง กลางเมืองหาดใหญ่


タイ法務省や内務省のコンプライス方針の浸透がこれから一層図られていくでしょう。

バンコク特派員のXXXXXさんからの現状のメッセージをいただきましたので、差し障りの無いところを紹介させていただきます。

「GOGOでも最近はたまにガサ入れがあります。マンダリンでも一度遭遇しました。でもその時は前もって情報が入っていて、これから警察が来るけど気にしないでね!と言われて、従業員がIDチェツクされてる間も女の子と飲んでました。去年の6月ぐらいだったかスージーウォンでもあったし、レインボー4でもありました。狙いはやはり未成年者の性風俗雇用と不法滞在でした」
   
 
MPからGOGOなどへと当局の矛先も向いていくかもしれません。特にスージーウォンなどは女の子がスッポンポンで踊りまくることでも知られていて、タイの開放的な雰囲気のあるGOGOですから、ちょっと気にはなります。
せめてタイの夜らしさは今の軍政の中でも残していって欲しいものです。ただ、国際的なアピールという側面が今回の一連の騒動には含まれていますから、今、閉めだされたコンパマーやコンラオなどの若い彼女たちが集まり始めているのは特派員XXXXXさんのレポートによると「あの地区」ではないかという見解があり、実際にそのようです。

suzy-wongs-II
Suzy Wongs HP

 MPとGOGOがタイの王道。このようなめくるめく世界がいつまで見られるのでしょうか。

  PATAYAの人気GOGO Happy


TV ATTO

  Bangkok,Soi-Cowboy. GoGobar SuzieWong
suzie wong


  人気ブログ、プラザ奈々さんの「タイの夜お楽しむ方法」から。底抜けに明るくスケベな子が揃うSusie Wongやあっけらかんとした子が多いDoll houseの動画です。





※鍵はすべて前回のブログの鍵あり動画と同じ4桁の数字です。
よろしくお願いします。

MPではないのですが、2014年5月のクーデターで政権を奪取したタイ軍部は路上の屋台撤去に力を入れ、バンコクの中華街や王宮周辺などで違法な市場や屋台群を撤去しています。タイの原風景だった路上ーマーケット。道路を不法占拠していたとしてトンローsoi38の名物屋台村や深夜1時過ぎから明け方まで大賑わいだったフワイクワンのナイトマーケットも撤去という方針が打ち出され、いわゆる人間の生活に根ざしたきれいに形付けられない営みもこのところ、きれいに整理していかれています。

 いかにもゴチャゴチャしたタイの風景だったトンローsoi38の屋台村。かつては賑わっていましたが、今はすっかり屋台も減り、あの熱気は消えつつあります。
トンロー屋台村

トンロー屋台村2


 遊び帰りの客やMPの従業員やキャストなども多く利用していたフワイクワン・ナイトマーケット。夜中の2~3時が盛況で明け方まで賑わっていました。しかし、ここも撤去命令が出されており、まもなく姿を消していきます。
フワイクワン

Huai Khwang Night Market

huai-khwang-night-market03


ホイクワン・ナイトマーケットの露店と屋台が撤去!

バンコクにとどまらず、チェンマイの「サユリコンプレックス」をはじめとするいくつかのMPでも捜査と摘発が続いています。すでにイサーンや北部にあった怪しい通りは何もないのに近い状況になってきており(笑)、非合法の場所はタイ全土から、その姿を奥深くへ隠しつつあります。従って今度は届け出をしているMPやGOGOなどの店内での違法行為の摘発へと捜査レベルが上ってきているという印象です。

 バンコクにとどまらず、パタヤやチェンマイでも手入れが継続しており、チェンマイで最もポピュラーな「SAYURI」も捜査の対象となりました。チェンマイではユーロ2016の間に違法で行われた大規模なサッカー賭博も摘発の対象となりました。
sayuri

230
573
sayuri2
sayuri3

ปราบค้ามนุษย์ เมืองเชียงใหม่ บุกค้นอาบอบนวด จับ “แพนโดรา” ไร้บัญชีสาว ตรวจโอเกะดังต่างด้าวเพียบ
ลุยตรวจ 10 อาบอบนวดกลางเมืองเชียงใหม่

今後は各店舗ともかなり厳格にキャストの年齢や国籍のチェックなどが実施され、いわゆる「人身売買」と揶揄されていたブラックな部分や闇の取引をするブローカーの存在も消えていく方向性にあるのは間違いありません。
危ない香りがしない健全なMP(笑い)へと生まれ変わっていく時代の趨勢は止めることは難しいかもしれません。今回の騒動で逆にいろいろな部分が地下に潜らなければいいのですが。

今後、タイのMPをはじめとする夜の世界が具体的にどのように変貌し、そしてそれがどのような新たな動きを生むのか、それはきっと誰にもわかりません。タイのことですから、何もなかったように数年経ったら元に戻っているのかもしれません。

しかしながら夜の街を彷徨っているとき、ふとした落とし穴に足をとられないよう、慎重に状況を判断しながら行動することが今のバンコクやパタヤでは最も必要なことに間違いはありません。

 これからはこの世界から足を洗う子や仕事がなくなる子も出てくるのでしょうか。金魚鉢ももっとガラーンとしてしまうかもしれないですね。余波はしばらく続くと見ていいでしょう。ただ、タイの逞しい彼女とお店ですから、簡単には終わらないとは見ていますが。
kinngyobachi2

เปิดกรุสถานที่ อาบ อบ นวด ยอดนิยมในกรุงเทพ(人気のMP タイ版)

TMM Club facebook

Thai massage models since 2008(日本語版あり。会員制のHP)

รวม อายุ 18+ ใน EDTguide(18歳以上の遊び場:タイ現地情報)

10574285_492305694238983_5387387657687023701_n

Bangkok 112 (2016のBangkokやPatayaなどThai's Night lifeを含む日常を記録した秀逸のチャンネル)

このMPの後はGOGOなどにも動きが波及していく可能性は決してないとは言えず、タイはタイではあるものの、しばらくは様子を注視していかなければならないと思っています。

Emmanuelle-Entertainment
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている方々に向けて、2012年1月1日から、あるBBSでご賛同いただいた皆さんに情報提供する、または私が体験した素敵な出来事を私だけが知っていることがもったいなく思って書き始めたものです。従って画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深めたりして、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同様で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、右下の拍手をクリックいただき、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

  

"We must make sure" บัตรประจำตัวบัตรประชาชน(泰国的夜世界)

バンコクの特派員XXXXXさんから、ナタリー事件以来、今の状況についての続報が届きました。さすがにMPは現状ではいつ、どの店に入るかわからないという可能性が継続しており、なかなか近づけない状況のようです。きっとどのMPも閑古鳥が泣いているのは間違いないと思われます。

MPを中心とした風俗関係業種店舗などの捜査は相変わらず継続しており、バンコクのみならず、タイ全土で活性化しているようです。政府の強い国際的なアピールの場となっていることもあり、振り上げた拳を下ろせないという状況にも近くなっています。

先日もソイカのGOGOで警察の捜査に遭遇したとのレポートを送ってきてくれました。

Black-Pagoda-Bar-Bangkok 1

 タイの王道と言えばやはりGOGOでしょう。きらびやかな世界は多くの人を魅了します。
best-go-go-bars-bangkok0

GOGO girl

 日本人に人気ナンバー1のバカラ。ここもあまりにも有名ですから、アピール度は抜群。もう、外国人や未成年がいたとしてもとんでるでしょうから、摘発ではなく、不意打ちの捜査として狙われるかも・・・・ですね。
baccara_04
 とにかく画像がいいです。臨場感いっぱいのATTO TV/BACCARAの様子。

では、そのレポートを差し障りのない程度に掲載させていただきます。XXXXXさんも現地化して彷徨っている方で日本人が多いGOGOにはあまり行きません。そのため僕がかつてよく行っていたGOGOと被ってます(笑)。そこから見た手入れの様子の雰囲気がよく伝わってきます。彼がその時いたGOGOは小規模店で、ファランが多い店ですから、きっと日本人は彼一人だったと思います。

 とにかく画像が良くてタイの風景を切り取る、臨場感いっぱいのソイカ。秀逸動画集のATTO TVより。

 Bangkok Report now 1 
MPはさすがに行けませんが、今週2回ほどGO-BARに行きました。昨日はソイカに行ってみましたが、コヨーテバー.カウボーイ2の前を通りかかると人だかりが...さっそくガサ入れに遭遇です。カウボーイ2が終わると対面にあるライトハウスに警官隊が移動してまたチェックを始めました。ただこれはそれほど真剣に行っているという感じではなくて、形式的にIDチェックをやっているようでした。実際にそのあとカウボーイ2に入り嬢に聞きましたが、やはりIDカードを見せただけと言ってました。昨年、スージーウォンやレインボー4が摘発にあった時は数か月前から内偵されていたようで、確実に未成年がいるとなって摘発となりました。

実はその摘発の時も◯◯◯◯◯で飲んでいたので外から見ていたのですが、今回のガサ入れはその時のような迫力はまったくなく本当にいつもの定期的な捜査と見えました。しかし、あまり警察にうろつかれると気持ちの良いものではありませんし、もしかするとナタリーや他のMP摘発など一連の流れを汲むものだとしたら不安ですね。

 
ソイカのライトハウス3周年記念パーティー(ATTO TV)

soicowboynewyears1

 ソイカのドールハウス。明るく元気な子が多い活気のあるGOGO。今のところ平和のようです。
Dollhouse-Soi-Cowboy-Bangkok7

 ナナのマーキュリー。日本人はとにかくレインボー系列に多いので、少しマイナーなGOGOはゆっくりできます。人気店よりもどちらかと言うと女の子もとても親しみやすい子が多いです。
The Mercury Is Rising(とてもブログ全体の画像がきれいです。必見)
Mercury-Bar-Nana-Plaza-Bangkok20
Mercury-Bar-Nana-Plaza-Bangkok1
Mercury-Bar-Nana-Plaza-Bangkok21

 バンコクではありませんが、パタヤのGOGOはセクシーなショーも多く、バスタブのエリアがあるGOGOもとても多いです。バンコクよりもさらに参加型、エンターテイメントに徹している感じがあります。
GOGO show

PATAYA(最新のパタヤの今を映す、画質抜群の秀逸動画集:オススメ)

 人間のあらゆる欲望がぎゅっと凝縮された街、パタヤ。あの刹那的とも言える明るさも輝きを失わないようにと思います。バンコクからパタヤにも影響は少しずつですが、出始めているようです。
DancingThaiLady

この6月17日にもラチャダー地区の新し目のMP、Mariaに捜査が入っています。主に営業許可内容の確認とキャストのIDカードのチェックによる年齢とタイ国籍の確認、そして尿検査による薬物使用をしていないかという確認で、他のMPと操作状況は同じです。ナタリーのように事前の潜伏調査や内偵はないようで、今は少しばかり行き当たりばったり的なところも出てきました。ただ、遊びに行っている時にいきなり、警察がやってくるのは当然ながら気持ちの良いものではなく、客の足が遠のき、出勤するキャストが減っていくのは普通の心理でしょう。

 MPのキャストたちが溢れるぐらいいた風景もこれから、また見られるようになっていくのでしょうか。
015735ta7kczka72ucp9hq

kinngyobachi3

dadad
 かつてのパタヤ・ラスプーチン。今はどうなんでしょうか?

 MPを舞台にしたPVです。さすがタイ。

 MPのキャストも出勤が少なく、どこもお姉さん系の子ばかりになってきているようです。いろいろなタイプの子たちがバサッという感じで大量に並んでいた金魚鉢を見ることは今は難しくなってきています。
4221592_orig

 ラチャダーの有名なMP。ナタリー、ロード、コパカバーナ、エマニュエル、マリア・・・・。摘発と捜査が次々と入っています。虱潰しにも見える一連の当局の動きはいつになったら一段落するのか予想がつきません。
バンコクのマッサージパーラー人気地区ラチャダーの店舗まとめてみた【MP】
mp

MARIA HOTEL&SPA
maria00

maria_massage_2
maria_massage_5

ตร.บุกค้นมาเรียอาบอบนวดรัชดาฯไม่พบผิดกม. 

 豪華で高級感を売りにしていたラチャダー地区の新規店舗、Mariaも手入れの対象となりました。
 maria3
maria1
maria4

 タイ深南部のハジャイでも5月頃から6月にかけて、MPや置屋地区の手入れや摘発が頻繁に行われ、以前と状況は大きく変わってきています。ハジャイの3箇所あった密集地もこの一連の動きで縮小されてきています。ダンノックやスンガイコロクもそのうち・・・・・・なのでしょうか?
5
fsest20150915162815

6

でも、摘発された後の彼女たちの行き先はどこなのでしょうか?もちろん、強制送還などが一般的な考え方ですが、MPなどにいて摘発の不安を感じた子たちは自ら辞めていったとも思っています。家族への仕送りやブローカーとの約束、バンス・・・・いろいろなことがきっと絡んでいるでしょうから、簡単ではないはずです。

 フリーの子たちが集まるスクンビットのテルメ・カフェ。MPを終えた子や休みの子も以前から混じっていましたから、一連の事件の後、やって来るようになった子もいるかもしれません。でも危険も潜みます。
thermae freelancer

今はきっとどこの店も今は外国人雇用や未成年雇用に敏感になっており、タイ人が必ず持っているIDカード~บัตรประจำตัวบัตรประชาชน バート・プラチャーチョン(国民身分証明書)を確認してから就業させているでしょうから、これを持っていない外国人などが非合法の店や街でビジネスを始めなければいいのですが・・・・・・・。テルメなどの現在の状況はよくわからないのですが、いろいろな意味でやはりこの一連の取り締まりの影響が出ているのかもしれません。

タイのIDカード
763352-img-1398580486-1

タイの子をホテルに入れようとするとしっかりしたホテルはこのIDカードを必ずフロントなどで確認しますし、ジョイナーフィーを要求されます。IDカードの確認なしやケチってジョイナーフィーなしのホテルを好んで泊まる方もいますが、僕はどちらかというとそのようなホテルは危険なども感じますし、トラブルがあった時などのために必ずIDカードの確認があるホテル、ジョイナーフィーがあるホテルの泊まることにしています。

black_pagoda_patpong1_001

バンコクに出張で行くときの常宿はいつも決まっていて、アソークとナナの間でMRTナナ駅最寄りのスクンビット通りから少し入ったサービスアパートメントタイプのホテルと決めています。バンコクでは老舗とも言える非常に快適なサービスアパートメントでビュッフェ形式の朝食もうまく、セキュリティもいいです。値段も内容の割にはリーズナブルと僕は思います。

やはり、日本人が多いとは言え、外国は外国ですから、そこはわきまえてもいます。また、ここはほとんど日本人はいません。増えてしまうと困りますから、申し訳ありませんが、サービスアパートメントの名前は秘密にしておきます。長居してゆっくりすることが多いので簡単なキッチンがあったりするとすごく便利ですし、いろいろな間取りの部屋もあり、気に入っています。

grand pesident

それとXXXXXさんからもうひとつレポートの中に気になる情報がありました。

 Bangkok Report now 2 
ナタリーに関して、あくまでも噂ですが、ひとつ嫌な情報を聞きました。警察が店でクレジットカード決済した客にカード会社に協力させて連絡をしているとか。まあ、日本に帰国していたら今更淫行で捕まることはないでしょうけど、恥ずかしい話です。私は使ったことありませんが、連れて行った客人は結構カード使ってました(笑)しかも会社のカード使ってた連中もいます。あの程度の遊び代ぐらい自分で払ってほしいところです。

確かにおっしゃる通りです。「人の金で遊ばない」というのは僕の彷徨う時のポリシーのひとつで、よほどでない限り(支払いが予想を超えて持ちあわせがない)時以外はすべて自分の持っている現金です。現金を持ち歩くのは危険では?と思う方もいるでしょうが、その現金の範囲内で遊ぶ、治安などが極めて危険な場所には近寄らないという嗅覚みたいなのも長年、異国にいると少しあって、あまり、ひどい被害にあったことはありません。ただ、台北で懇意にしていてとても信頼していた子にコーヒーに睡眠薬入れられて有り金を全部盗られたことが一度だけ、ありました(ブログでそのことを詳しく書いた記事があります)。

XXXXXさんがおっしゃる通り、クレジットカードとは言え、クレジットカード会社に立て替えてもらうことに間違いはありませんから、個人情報もしっかりと記録されてしまいます。夜を彷徨っているといろいろなトラブルに会う可能性もなきにしもあらずですから、やはり、その場その場で決済していくに越したことはないと思っています。

Image5

さて、この一連の騒動でチェックに引っかかりそうになって、先に逃げてしまった子たちはどうなっているのでしょうか?ナタリーの子などは逮捕されていますから、強制送還や施設などに入所ということになるのでしょうが、摘発の可能性を感じて、いわゆる「とんでしまった」子たちが結構、多くいるのではないでしょうか?

 バンコクには有名な場所がいくつかあります。そのような場所での非合法なビジネスが広がらなければいいのですが。店舗という後ろ盾がなく、その日その日の日銭を稼ぐという状況は新たな危険を産みます。
aa1106

iStock_000045111044_Small-550x365

ナタリー事件から10日ほど経ち、しかし、その余震はまだまだ続いています。タイのある意味、必要悪として産業構造に組み込まれていた世界のあり方が変わるという大きな変化の節目に今、なっているのでしょう。

僕たち自身も街を彷徨う時に、状況をよく見極める目としっかりした状況判断こそ、今のタイではきっと最も必要なスキルと思っています。

aa214-630x418

 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている方々に向けて、2012年1月1日から、あるBBSでご賛同いただいた皆さんに情報提供する、または私が体験した素敵な出来事を私だけが知っていることがもったいなく思って書き始めたものです。従って画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深めたりして、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同様で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、右下の拍手をクリックいただき、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

   

Compliance(特派員Report~泰国的夜世界)

世界的なコンプライアンスが進んでおり、ここ数年で台湾・大陸、そして泰国夜世界の在り方も大きく変わりました。

09070702

タイ駐在のKさんは特派員としては格段の眼力がある方で、僕がタイにいた頃から変わってきている「今のタイ」をよくご報告いただきます。昨年6月のナタリーの摘発から始まったMPをはじめとする広い範囲での摘発は断続的に続いているようで、タイ警察や軍も一過性ではなく、どうやら本腰を長期的に入れているようです。

泰妹

では4月~この7月末までの近況のReportです。

「被害が大きくなかったので日本ではほとんど報道されてませんが、4月ぐらいからすでに3~4回の爆破事件が起こっておりまして、そのうちの一つは軍関連の病院で起こったりしており、少なからず夜遊びにも影響がでているみたいです。ナナやソイカは元々2時半ぐらいには閉店しますが、平気で朝まで営業するスティサンなどのローカルの遊び場でも2時半には閉店とのお達しが出ているようです。遊ぶ側からしたら爆破テロには慣れっ子になっていますので気にはなりませんけど、ローカル店は盛り上がっている時間帯に閉店では少し可哀想ですね」

タイの政治状況と治安状況は振り子のように状況が次々変化するのですが、しばらくすればまた、元のように・・・・・というのが基本でした。しかし、昨年からの本気度はかなり今までとは違っていて、特に外国人の不法滞在、麻薬、違法賭博、未成年雇用などには業種を厭わず、摘発しています。今までは警察に対して「賄賂」という方法で店もうまくやっていたのですが、軍政は警察の権益を絶ち、より一層の健全化を目指しているようです。癒着していた警察幹部は事実が発覚すると「更迭」されており、今までの「馴れ合い警察」の弱体化を図っているようです。その逆恨みもあるのでしょう。軍関連施設でのテロはその証ではないでしょうか。少なくともこの大摘発によって多くの権益を失った方々がいますからね。

Kさんによると上記の理由から警察をはずしての軍による摘発が増えているのが今のタイです。

「頻度はかなり高くて、最近ではゲ ストハウスなどもその対象になっているようですし、タイ人しかいないようなクラブでも行われています。ポイントは所轄警察を入れずに軍だけで行う時は本気度がまったく 違いますので注意が必要です。まあ、その場合は事前に情報は流れ ませんから注意のしようがないですけどね」

かつてはあまり摘発がなかった風俗業とは言いにくいDJクラブやナイトクラブ・パブなども外国人不法滞在問題や麻薬・賭博関連の容疑でやられています。まあ、そのようなことにまったく関わっていない僕らとしてはとばっちりという感じなのですが。

 2017年早々にあったクラブの摘発。カメルーン人などのアフリカ系外人の違法滞在と麻薬。
21213
21210

 パブの違法賭博と客の麻薬使用の容疑での摘発。
16065
16064
16063

摘発があったときにその場に入れば、今は間違いなく身分証の提示と尿検査がありますから、パスポートなどのみぶんしょうはの携帯はより必須となってきていますね。

 尿検査による薬物陽性検査。やってはいなくても、検査をされること自体が嫌ですよね。
16068

「昨年6月のナタリーの摘発以来、MPも相変わらず状況は厳しくなってきているようで、少し古くなりますが、2017年2月にファイクワーンにあるターンティップという店が 摘発を受けています。この店はナタリーがなくなった後、ポストナタリーの一番手と言われていました。駅からは少し遠いものの大型店で日本人好みの子が多くて、タイ滞在の駐在員などの間でも知られる存在になりつつありましたが、観光客に知られる前にやられてしまいました」

21875
21874

 ポスト・ナタリーと言われていたターンティップの摘発の様子。


 こちらはやはり違法路線が強かったと言われるコロンゼ。


さらにKさんからのMP関連の特派員Reportは次のように続きます。

MPの最新情報は二つありまして、
①閉店したRAMA9にあった高級MPのアムステルダムが同じく 閉店したエマニュエルに移る。(すでに営業を始めた?)
②閉鎖されていたナタリーに清掃業者が出入りしている。
どちらも私自身は未確認ですが、特に②は興味ありますね。噂によると、ナタリーのオーナーは海外に逃亡していて未だに捕まってい ませんし、ナタリーという名前で同じようなサービスで復活はあり得ないでしょうけど、水槽で優雅に泳いでいたアロワナは元気なんですかね。(笑)



「何でもあり」と言われたタイも、世界的なコンプライアンスの波から逃れることはできませんでした。北のイサーン・ウドンやノンカーイそしてチェンマイやチェンライもかつての夜世界の面影はなくなりつつあります。南のハジャイやスンガイコロク、ダンノックあたりは現在の状況がよくわからないので何とも言えませんが、少なくともテロの可能性は当時よりも増えており、雰囲気も変わってきているのではないかと類推しています。

10年一昔とは言いますが、あの猥雑な雰囲気に満ちていたタイはもう終わりが近いのかもしれません。

 タイのぱっつん娘たちのダンスで元気をもらいましょう! 




f16d99ba


  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

เพียง 7 นาที~ซอยธนิยะ, Soi Thaniya(特派員Report~泰国的夜世界)

タイの最も一般的なナイトライフを送るときに気軽に足を運ぶことができるのはGOGOでしょう。最近はコヨーテの導入が増えて華やかさが増してきました。ただ、猥雑さは反比例ですが(笑)。

タニヤのような日系クラブで飲むということもあるのでしょうが、ちょっと店を覗いて次に行くこともでき、ビール一杯で何時間でもいることができるGOGOはコスパもよく、南国の雰囲気を味わうことができます。個人的にはGOGOはフィリピンなどより断然タイですね。

maxresdefault (9)

 これがThai、Coyote。軽快なタイのダンス・ミュージックとDJ MIXで奔放に踊る彼女たち。せっかくタイにいるのなら、タイに行くのなら疑似日本から離れてみてはどうでしょうか。2017年夏のタイ。


夏に入り、このところバンコクやパタヤ、プーケットに来ている日本人が当然ながら増えてきています。ただ、やはり全てではありませんが、夜観光ツアーをメインに来ている日本人の評判や一部の長期滞在者の噂はいつも概してよくありません。これは外国に駐在したことがある日本人なら感じることですが、やはり、各国には長い歴史背景や社会文化があり、そのベースをよく理解して行動しなければいけないと僕は考えています。

各国には各国の良さや美しさがあります。その国をリスペクトしていくことが基本ですよね。

 วง L.กฮ.(TMG) の大ヒット曲「7 นาที」に乗せて韓国の ดีเจ โซดา(DJ Soda)が魅せるベトナム。

 วง L.กฮ.(TMG) の大ヒット曲「7 นาที」に乗せて韓国の ดีเจ โซดา(DJ Soda)が魅せる日本。


タイ特派員・Kさんの夏休みが本格的に始まった今のバンコクの様子の報告です。

「8月に入ってから急に日本人を見掛けるようになりました。やたらと気分が高揚していて調子に乗ってる人が多い印象ですね。日本人だからモテると勘違いしているようですが、傲慢で汗臭いセンスのかけらもないオジサンがモテる訳ありません。影でタイの子たちから悪口を言われているとも知らずにいい気なものです」

 バンコクへ行ったら、まずはエラワンプームで願い事を。空港からホテルへ着いた途端、いきなりタニヤ目指したり、MPにタクシーで乗り付けたりするのはさすがにみっともなくありませんか?
gh-erawan-026

このブログでもよく台湾の習俗や社会構造を単なる観光ガイド的なサイトとは異なる形にして紹介しているのはそのためです。自分を含め、そのことがいかに大切かを外国暮らしをされている多くの方々は当然、理解しているのですが、土足で人の家に上がるようなことは慎むべきと思っています。

KさんからのReportでは、やはり、来タイしている日本人観光客の方々の中には目に余る行動(日本人として恥ずかしい)ということがこの夏になって増えているとのこと。現地に入ったら、片言でもいいから現地の言葉を使ってコミュニケーションをとって道を切り開く(ご紹介した出川イングリッシュのように)ことが基本ですが、まるでタイは日本の植民地のように日本語で大声で騒ぎ、ボディランゲージのみに終始したり、女の子への接し方も一方的で双方向的でなかったりという行為が目立つようです。

A GOGO

タイの夜世界はカネだけではありません。間違ってはいけません。気性の激しいタイの子たちはその時々で「意気に感じる」ことが少なくはなく、気持ちだけで刹那的に生きようとする部分も持ち合わせています。

タイに来るクズ日本人をウォッチングしようぜ

当然ながら現地で駐在などする多くの日本人はタイ社会とうまくやることで仕事もうまく運んでいるわけで、懇意にしている店や女の子がおり、そういうところからいろいろな話が入ってきます。特にタニヤあたりでは日本人接待が多く、ママはいろいろな情報をもっています。

 シーロムのソイ・タニヤを歩けば、普通に日本語が聞こえます。日本食を食べるには悪くはないですが、カラオケやクラブには日本人慣れしたしたたかな子も多いのでご注意を。
タニヤ

僕が台湾の日系ラウンジやクラブ、スナックのことを詳しくあまりブログで紹介しないのは、接待というビジネスの場としてかかわることが多かったため、日本社会との接点という側面があり、ドメスティックな場ではなく、そこは疑似的な「日本」だからです。そしてあまり言いたくはありませんが、「嫌な日本人」の姿をたくさん見たからです。

タイについても過去にブログで何回か書いていますが、タニヤの紹介はしたことがありません。これは台湾における上記の理由とまったく同じです。ただ、台湾と異なるのはタイの場合、MPやGOGOの敷居が低く、台湾の酒店のように現地のドメスティック夜社会へ気軽に足を踏み入れにくいということがなく、情報も多いため「嫌な日本人」の方々が大量にGOGOやMPなどに来ているということです。

タニヤは行けばわかりますが、日本語の看板が多く、日本食屋も揃っています(僕は大戸屋よく行きました)。通りに出ている客引きも日本人バイトがおり、タイの子たちも椅子に座りながら日本語で声をかけてきます。僕は接待以外ではカラオケやクラブにはあまり行かなかったですし、外国の邦人社会というのは極めて狭い社会なのですぐに変な噂が立ちますから、あまり気楽にはすごせない感がありました。

 椅子を並べてタイの子が「お兄さん、ちょっと寄ってって」とか日本語で行ってくる摩訶不思議な光景。まあ、一度ぐらいは様子を見ておくのもいいのではないでしょうか。
maxresdefault (8)


 Kさんによるとタニヤで一人勝ちと言われるAGEHA。日本人経営で日本的な居酒屋サービスなどをきめ細かく踏襲していて観光客や出張者にも「疑似日本」が再現されているため、入りやすい店となっています。いろいろなコースがあり、バリエーションも豊富です。
1972390_725609727491573_5597909304246629913_n
10312387_724220050963874_5549040860982941429_n


現在バンコクで仕事をされているKさんも接待でタニヤに行かれることがあるようですが、当然、仕事ですので心を開放するというところには仲々なれないようです。僕も同じように日向が苦手なもぐらですから、タイにいた当時は、GOGOならナナよりソイカ、ソイカよりインタマラ(スティサン)、シーロムあたりよりシーナカリンのフローレンス、タイの川向うのトンブリーのルーフトップバーやエンターテイメントクラブ、アジアンタウンならタニヤより伝説のジュライホテルや台北ホテル(今はどちらも閉館)で有名だったヤワラーといったところに足が向いていました。

 何でもあり。それがヤワラーのチャイナタウン。人のいろいろなものを飲み込む怪しい街です。
a058de797ae0d63246dd029847182321f81f3509_57e7f97fb8ae1_p

 KさんとLINEでやりとりした中で話題となったインタマラにあるスダ・パレス・ホテル。近くには激安のスパープ・ホテル。まあ、観光客や初級旅行者には縁のないホテルですね(笑)
523012_14012409300018142247
 近くのスパープ・ホテル。エアコンのないファン部屋とか泊まるとローカル色プンプン。
スパープホテル

タニヤで疲れたら日本人があまり来ないGOGOにフラッといって、ボーッと踊る子たちをビールを飲みながら見る開放感は悪くはありません。

タニヤは7分だけでいい。極彩色の街、バンコク。次はどこへ行こうか・・・・・・・・。

Phat Pong、NANA、Soi Cowboy ・・・・・・・次回はタイの王道"A Go Go"の今を。

 疲れたらコヨーテで「7 นาที」。何と700万アクセス!


 7 นาที のThaniyaから นานา(NANA)へ。タイの夜はまだまだ続きます。
NANA HOTEL


  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


Standardized a Go-Go bar in BangKok(特派員Report~泰国的夜世界)

バンコクでGOGOと言えば、パッポンナナソイカスティサンになります。しかし、タイのGOGOもここ数年で随分、変化が出てきたようで、Kさんからも最近の状況の報告をいただきました。

 ソイカ、パッポン、ナナ、2017。いつもながらのバンコク。でも少しずつ変化が・・・・。


 台湾のニュースでレポされているタイのGOGOの紹介。日本からの観光客の話題も・・・・。



タイの政治状況は目まぐるしく変化していますが、世界のコンプライアンス化の波とともに変貌していくタイの夜。それはGOGOも決して例外ではありません。

gogo

「最近はコヨーテの割合が増えてきていて、コヨーテとgogo嬢を混同した店がトレンドでして、若くてダンスの上手いコヨーテととにかくエロいgogo嬢という2通りの楽しみ方ができます。でも、コヨーテのくせにやたらとサービスの凄い嬢とかいますよ(笑)。まあ、gogo嬢をいつも横目で見ていたらそうなるんでしょうけどね。コヨーテと普通のgogo嬢との区別がつかなくなってきています。もう、ごちゃごちゃです」

 抜群の映像と音のOTTO TVの動画から2016年のナナ・コヨーテ特集。このところ導入店が格段に増えてきています。2016年6月のナタリー事件以降は急加速している感じですね。動画の下はOTTO TVのコヨーテ解説。コンパクトにまとまっており、掲載させてもらいました。


 今回はNANA PLAZA内のダンスを職業としているCOYOTEをピックアップしてみました。
バンコクの夜遊びといえばGOGO BARですが、GOGOで踊るCOYOTE嬢はここ数年急激に増えてきました。もともとCOYOTEといえばお金持ちのタイ人があそぶローカルコヨーテ(郊外におおくある高額な大人の社交場。ビッグアップルなどが有名 )として認識されていました。アグリーコヨーテという職業ダンサーとしても有名ですがここでは割愛します。

 COYOTE嬢とGOGO嬢のちがいは?
お店によって異なるため一概には言えません。出勤形態がちがっていたるため給与はCOYOTEのほうが高いことが多いです。そのためPB代金も高くGOGO嬢をPBするよりも高く設定されていることが多いです。SOI COWBOYほどではありませんがCOYOTEのいる店のドリンクは高く設定されていることが多いです。

blog_import_551ab42c37a93

まずはパッポンですが、タニヤと同じシーロムにあり、タニヤから女の子連れて流れてくる、いけすかない態度の日本人が多いこともあり、僕は基本的にはあまり行きませんでした。特派員Kさんからの報告もまずありません。僕は行くとしたら屋台でショッピングの冷やかしといった感じがほとんどで、偽モノのブランド品とかまがい物が多く、見ているだけで楽しい街、それがパッポンという感じですね。

pat pong1


パッポンにあるゴーゴーバーの相場やシステム、店内で行われているすごい事について

続いて定番のソイカことソイ・カーボーイの今をKさんがウォッチングしてReportしてくれました。

 2017年初頭のソイカ。抜群のウルトラ4K映像。ソイをまるで歩いているような秀逸の動画です。


今も日本人旅行者や短期滞在者に多分、一番人気なのはソイカのBACCARAであることは間違いないと思います。容姿端麗な子も本当に多いですし、1階と2階に別れた独特の構造による特異性もありますからね。いつ行っても超満員です。

BACCRA

BACCARA UNDER

ただし、女の子たちは本当に日本人慣れしているのとビジネスライクやルーティンワークという感じの子が多いですから、勘違いは絶対にしてはいけません。いろいろな相場もかっちりしてて柔軟性はほぼなく、価格は高めで「意気に感じる子」は少ないように思います。

 あまりにも有名な立体構造のBACCARA。火災の後、すぐに立ち直り再び人気ナンバー1店に。日本人客がすごく多くて、いろいろな状況を見るので、僕もKさんも覗いてもまったりはしないかな。1階で黙ってズーッとガラス天井を見上げている日本人が多いですが、女の子は動いているし、実はそんなによくは見えません。大昔に流行った日本のノーパン喫茶を思い出します(笑)。とても滑稽に見えるのでやめて欲しいなあ。
p2

 BACCARAの動画はいっぱいありますが、映像と音が良いものと2017年の初夏のものをピックアップ。



 BACCARAの2階です。僕は喫煙するので行くとしたら2階でした。2010年頃のかなり昔の動画ですが、映像と音が極めて良く、雰囲気がよくわかります。今も大きな変化はありません。このアップ主はすごい撮影技術です!これは早く見ないとYouTubeでは削除かロックの可能性大。必見。





「早速ですが、先週、ソイカに行った時に、XXXX(店名ではなく伏せ字)に立ち寄りました。店内を改装したとの事でかなり綺麗になっていました。店内の写真を撮ろうかと思ったのですが、さすがにステージ上の全裸のオバちゃんから、『メ.ダーイ!』を連発されて許可が下り ることはありませんでした(笑)。左側のカ ーテンが出口で右側にはドリンクを作るカウンターが出来ていまし た。以前は出口から見て一番奥にあったのですが、出入り口付近に 移設しました。改装前はここにはコーナーテーブルがあって、ファランがエロいサービスを受ける専用席になっていましたね。私は残 念ながら(?)サービスを受けたことはありませんけど。現在は系列のローハイドなどから比較的若い水着コヨーテが7.8名移動し てきていて、昔ながらの全裸ゴーゴー嬢(オバちゃんですけど) が5.6名という布陣で交互に踊っているといった感じです。 コヨーテが入ってきたので、従来のエロ接待はすっかりなくな ってしまいました。オバちゃんのエロ接待など期待してませんが、 少し寂しいですね」

 
Kさんが何とか撮ってきてくれた改装後の小箱・A GOGO 「XXXX」。すっかり小奇麗になってかつての猥雑な雰囲気はなくなってしまいました。僕はこの店が好きでKさんとの共通話題のひとつ。コヨーテを導入するなんて昔は考えられなかった独自路線だったんですが。
②

僕自身ソイカの小箱GOGOは日本人とまず遭遇せず、まったりできて好きなこともありますが、Kさんもそこは同じような感覚がおありなようです。GOGOの一番のキモはビール飲みながらボーッと踊る子達を見て、気が合いそうな子がいたら、ちょいセクハラしながらダラダラするというパターン。タイ在住時当時は今のような小奇麗な感じはほとんどなく、いかにも「熱帯の東南アジア」という雰囲気が好きでしたが、このところCoyoteの導入がどの店も進み、「標準化」してきています。

ソイカウボーイで遊ぶ前に知っておくべき料金相場から注意点

「ここや△△△△△(店名ではなく伏せ字)のような小箱でもコヨーテが導入されていること は既報の通りですが、さまざまな面でA.GOGO-BARも変 化してきていると感じます。昔ながらのA.GOGO-BARが形態を変えていくのは寂しいですが、あの高層ビルの間に佇む異様な エネルギーを持った空間が、どんな形にせよ残って欲しいと思うの は私だけではないですよね」

「スージーウォンも一昨年の摘発のあとバカラに買収されましたが、やはりオーナーもちゃんと心得ているのか、今まで通りの路線を継承していまして、バカラ2にはなりませんでしたね。以前より過激さはなくなりましたが、まだ今のところは健在ですよ(笑)」

 
2009年当時のスージーウォン。伝統的なこのスタイルは細々と2017年も健在。ただ、もう風前の灯火かもしれません。ダンスステージからそのままの格好で多くの子が座ってくれる貴重なGOGOです。ただ、いかにもタイという子が多く、日本人は少ないです。目をこらして御覧ください(笑)。音は悪いですよ。

 少し古いですが、2015年末のソイカの様子。映像がきれいで雰囲気がよくわかります。このときよりさらにコヨーテの導入が進んできており、GOGO嬢との区別もつきにくくなっています。


 「△△△△△の店外テーブルでよく煙草を吸うのですが、そこから見たカウボーイ2とスパイスガールズの写真 ↓↓↓ です。最近の人気店カウボーイ2は女の子が多くて、少しスケベなキャバクラといった感じで、いつも店内はお客さんで一杯です。元祖コヨーテバーのスパイスガールズは、女の子のレベルは高いですが、人数が少ない.ボッタクリの傾向があり.基本ペイバーは出来ないといった特徴があります」

「この系列店がゴーゴーにコヨーテを導入したせいで、今のような進化した形態になったのですが、昔からのゴーゴー好きには嬉しくない存在です。スパイスガールズ系には、キッス.サハラ.デジャブなどがあり、どこも同じようなサービス内容なので客は非常に少なく、何も知らない観光客相手といったところです。 店の外を見ても、その差ははっきりと表れているのがよく分かると思います。あまり客が入らないので、最近はコヨーテでもバカ高いバーファインで連れ出せる娘がいたりして、もう何だか区別がつかなくてよく分かりません」 

⑤

 最近の人気コヨーテ店、カウボーイ2。映像はいつものOTTO TV(2016年3月)。


では、ソイカに続いてナナ・プラザの現在の特派員Reportをお届けします。
僕はスクンビット方面ならナナよりソイカなんですが、ナナはソイカ以上に様相が変化してきているようです。一番変わってきたのは無駄にLBの店が増えて来ていること。やはり立体構造の店マンダリンはかつてよく行った店ですが、今ではやはりコヨーテが入ってきて上の階でも脱ぎはなしになってしまいました。

nana-front_ss-672x372

 2017年初頭のナナ・プラザ。このBangkok69もOTTO TV同様、素晴らしい映像と音の動画がアップされます。Bangkok69の良いところはタイの日常風景や周辺の生活感のある動画を盛り込んでおり、タイという国の社会性が俯瞰できること。チャンネル登録されていろいろ見られるといいですよ。


ただ、ナナの良い所はソイカよりもドリンクなどが安めなことと女の子たちがかなり気さくなことです。ソイカは見て楽しむ、ナナはペイバーで一緒に屋台で買物したり、食事したり・・・という感じが多かったです。以前のブログで紹介した懇意にしていたFちゃんという子もナナのマンダリンの子でした。この子はイサーンから来たとても天真爛漫な子で、タイにいた時に最もよく買い物や食事に出かけた子でした(詳しくはリンク先の以前の記事を御覧ください)。

ナナ・プラザは日本語を片言で話す子も多くおり、日本人慣れしている子が多い感もなきにしもあらずですが、イサーンや北部から身一つで出てきたような素朴な子にも行き合うことがあります。GOGOの楽しみ方は人それぞれですが、僕はナナで出会った子を連れてソイカとかのGOGOに一緒に行くのもよくしていました。アクティブに楽しむとき、疲れてボーッと何気なく踊っている子をみているとき、その時々の楽しみ方ができるのがGOGOの良さですね。

 1年ほど前ですが、コヨーテが導入されたマンダリンとレインボー4,キャンディーランド2。


ナナプラザの夜遊びで損しないために知っておくべき相場や特徴

それとナタリー事件以降、GOGOでも摘発が相次いでいましたが、現在は沈静化しているようです。

「ナナのマンダリンやソイカのライトハウスで摘発に遭遇しましたが、本気度はなく、事前に店には情報も入っていて、 危ない娘はすでに退避した後でした。この手入れの後、危ない娘達は戻ってきて踊り始めたのを見て流石タイだなと思いましたが(笑)、最近では問題のある危ない娘を雇いませんので、バンコクのGOGOでは手入れ自体が少なくなっているように思います。 すでに健全化(?)されていて、叩いても何も出てきません」

 
ナタリー事件すぐにKさんが遭遇したソイカ・ライトハウスの摘発の様子。
① (2)

 特派員Kさんがナナ・マンダリンで遭遇した摘発の様子。
② (2)

「大人の遊園地(笑)ナナプラザも同様に残して欲しい場所ですが、最近のナナプラザはレディーボーイ店が 増えてしまって気持ち悪いですよ。マンダリン2Fの隣、以前ブロ グでも紹介されていたマーキュリーも、店名はそのままですが、6月からオカマの店になっ てしまいました。感覚的ですがナナプラザ全体の3~4割はレディ ーボーイ店になっていますから、しだいに足が遠のくことになりそ うです。オカマってそんなに需要あるんですかね? 私には理解不能です」

 
ナナ・プラザ2017。日本人によるアップ。ナナ・プラザの概略がわかります。

 昔の動画ですが、今では数少なくなってしまった脱ぎ店のひとつエンジェル・ウィッチ。ファランが多くて、日本人は比較的少ない店で(NANAでは日本人はRainbow系列とかビルボードに多いです)、ショーもあるのでマンダリンとともにかつてはよくまったりしてました。ママも個性的な方でしたね(今もやってるかな?)。


 
多くのGOGO映像の中で繰り返しになりますが、OTTO TVは抜群の音と映像の良さ。少し古いですが、雰囲気はわかります。


 2010年頃のレインボー4。懐かしい時代です。今は猥雑で混沌とした雰囲気よりもGOGOの中でも洗練された雰囲気が強くなってしまい、見るよりも選ぶということが主流になってしまいました。



ナナやソイカはやはり、交通も便利で日本人がよく泊まっているホテルはスクンビット界隈が多いこともあり、日本人をまったく見ないということはありません。どんなにマイナーな小箱GOGOでも行き合うことがあり、特にGWとかお盆休み、年末年始などの観光客が多くなる時期とかはインタマラ(スティサン)方面にバイタクでビューンと行っていました。

 スティサンのローカルGOGO。ソイカやナナのような華やかさとは違い、ローカル色豊かです。
ste
img_1 (1)

ただ、ナタリー事件以降、このローカル地区の摘発も相次ぎ、時間無関係に朝方近くまでやっていたGOGOも午前2時~3時には閉店するようにとのお達しがあった模様です。以前は年齢不詳のコンラオが多く、まさに超カオスだったんですが、もう今はその面影はありません。

タイ語でGOGOは「อะโกโก้」とそのままの当て字になりますが、スティサンあたりの超ローカルはソイカやナナとオーダーの仕方もちがうし、超ローカルで日本人やファランを見掛けることはまずありません。僕もKさんもこのような超ドメスティックなところを彷徨いたくなるのですが、旅行者や観光客の方は慣れなければ、勢いだけでいくとトラブりますからご注意ください。

 スティサンの地図。クリックすると拡大します。慣れない方は避けるが無難です。多分、ある程度のエキスパートでないと面白くありません。
Sutthisan map

sutthisan Map


 まあ、ローカルなอะโกโก้はこんなもの。かつてイサーンのGOGOに行った時は2人ぐらいしかGOGO嬢がいなかったり、真っ暗で眼が慣れるまで何も見えなかったりもありました。ダンノックでは大音響(半端ないですよ、耳が壊れそうなぐらい)で頭がクラクラでGOGO嬢も狂ったように踊っている姿は標準化してきたソイカやナナとは異なる世界です。


一見さんに対するスティサン・レインボーの対応(クリックするとサイトにJumpします)

「スティサンも最近は行ってないんです。昨年、FOR-Uが店をソイカやナナの有名店並みに綺麗にして営業を始めました。元々ここには多くの怪しげなコンラオがいて私も大好きだったのですが、店が綺麗になってやたらと客が入り始めました。そして、しばらくしてから手入れがあり、やはり閉店に追い込まれました。恐らく大盛況を見て妬んだレインボーなどの他店が警察ではなく軍に通報したのではないかと言われています。警察には裏金を払ってますから問題ありませんが、ナタリーの件以来、軍が本気になってますから面倒です。そんなことがあって少し怖くなりまして様子を見ている状況です」

 
ソイカやナナのGOGOとは雰囲気が異なっています。日本人やファランもほぼ見かけません。
foru12009
rcaone12009
RCA2

時代とともに街も変わっていきます。

バンコクのナイトライフの枠組みも当然ながら変わってきています。
僕らは何もすることはできませんが、時代の波をとらえて夜を彷徨っていくしかありません。

NANA

  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

自我介紹-My Profile-
E-mail Messege
~ Blog's Thema ~   戀愛的幸運餅乾  台灣女大學生來跳舞­
~Beatiful Taiwan~  台湾心跳聲-蔡依林   
~I'm Not Yours~   蔡依林&安室奈美惠
青春無敵!台灣加油讚
近期發表文章50(有照)
LINE読者登録QRコード
今天你們的運氣好嗎?
今天我最美     今日の台湾美女Click⬇
我有懐念、美麗的歌曲
いずれも私にとっては思い出深い美しいバラードです。台湾を愛する皆様もぜひ、お聴きください。↓
禮物~劉力揚 Jeno Liu
夢中作憨人       ~阿密特(張惠妹)    
四季~黃麗玲 A-Lin  
愛台妹的訪客總數
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近14天、訪客總數

    愛台妹朋友大約200個人。謝謝

    瀏覧總數量

      記事・文章 搜尋
      Exchange-Rate
      惠靈頓・東京     倫敦・紐約 世界時刻
      FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX
      目前世界外匯情況
      Sugakiya名古屋の味 台湾ラーメンも有ります美味しい拉麺通販!!
      台湾セレクション    台湾グッズはここで!
      台北楽天市場店   美味台湾グルメ通販!
      台湾小集      台湾関連商品超充実!
      宝島-台湾料理&食材 日本で台湾食材GET!
      紅利點積分變現金
      日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ