< 幹部Kitty : 我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

私は台北で駐在生活を4年間送りました。昼間は世界の平和と日本の経済発展を目指して全力でお仕事。夜になると地表にちょこんと顔出して、五木の街あたりを彷徨っています。そこで私は数多くの天使達と悪魔に出逢いました。そんな私の夜の彷徨いを台湾社会の複雑な仕組みなども紹介しながら書き綴っていきます。ほとんどの日本人が深くかかわることが難しいと思われる台北の夜世界の様子とエピソードの紹介が中心です。これは心優しい台妹たちを愛し、そこで出逢った人達とのかかわりや心のつながりをとても大切にしながら、これからも彷徨い続けていく私の軌跡です。

幹部Kitty

午場の幹部、Kitty

4月に入ると3月同様、年度替わりということもあって、私は多忙を極めていました。特に日本から新たに駐在で来る方々が生活に慣れないこともあり、彼らは仕事にも当然、とまどいがあって、うまく事がなかなか運びません。これが、各関連会社でもありますから、なかなか大変です。特に台湾は暮らしやすく、日本にも近いことがあって、初めての海外駐在や若手社員が多いこともあり、仕事の手順を覚えるといったところから始まりますから、しっかりとした戦力になるには少なくとも1ヶ月ぐらいの期間が必要です。さらに夜は連日の歓迎会や接客、ご招待の連続といった状態でした。

幹部の震洲は酒店に行かなくても催促するような連絡は一切ありません。しかし、時として連絡があることがあって、そのような場合はだいたい私に特別に紹介したい子がいる時だけです。幹部の仕事はなかなか大変で、酒店は年中無休で午後2時から始まり、朝の8時までやっていますから、客の要望が有る限り、要望に応え続けていく必要がありますから、時間拘束は相当なものです。ただ、暇な幹部やポンのような幹部は客がいないので、街角で客を引いたりしていますが、忙しい幹部は次々と電話がかかり、同時進行で複数の客の対応を複数の酒店でやっていますから苦労が多いです。

震洲も3~4カ所の酒店に同時に客がおり、さらにメインとしている酒店では5~6桌(5~6の包廂を自分が担当していることをこのように桌(テーブルのこと)の数で言います) を廻していることもザラです。人気がある幹部は各酒店の行政との信頼が強く、さらに女の子たちとの関係もいいですから、まさしく格差社会で、良い幹部は良い小姐を次々と紹介できますから客もどんどんつきます。

しかし、人気のない幹部は嘘が多く、女の子たちにも嫌われていますから、客に「あの幹部は使っちゃダメ」とかよく教えています。 一番、女の子が怒るのが、性的な服務をあまりしないのに幹部が「何でもあり、サービス抜群」などと言って嘘を言って一見の客を引っ張ってくることです。これは日本人や韓国人客に極めて多いパターンなのですが、街角でスケベな風俗的なサービスの内容を言われて質の低い幹部に連れてこられる時によく発生するトラブルです。幹部の口車に乗って鼻の下をのばしてくるとヤケドをすることがあります。

中国語ができない日本人観光客などはエッチしか実際に楽しみがないため、包廂に入るなり、ボディランゲージ一辺倒となり、さらにFやSの要求を当たり前と思っています。まだ、ましな幹部はそのような服務のある小姐を行政に言って連れてこさせていますが、ひどい幹部になるとまったく客の要求など伝えていませんから、何も知らないで座った小姐が客からあこぎな服務を求められて超不機嫌になるパターンです。客も話がちがうと怒りますが、中国語オンリーの世界なので、抗議もできず、ぼったくられたという感じしか残しませんし、小姐も「二度と日本人客や韓国人客を連れてこないで」と行政に言い、さらに幹部にも大抗議しています。

このような幹部は1回きりの継続的なビジネスや信用第一の姿勢はまったくありませんから、2度目は客も使いませんし、小姐も他の客には紹介しません。もともとポンのような幹部は1回きりの仕事で良く事情がわからない客から高めに金をとろうという考えですし、酒店の行政も紅牌やPT妹、新妹ではない適当な人気のない小姐をあてがって金が儲ればよいと思っていますから、このようなことは後を絶たないです。

私が使っていた震洲は極めて信用を重んじるビジネスをしていましたから、本当に休みがありませんでした。しかし、彼にはビジネスを始める時間があって、いつも晩場(夜8時~朝6時まで。実際には8時までやっていますが、受付は2時間を保証するため朝6時頃までです。)しか仕事をしないというのが基本でした。それと日曜日は小姐の上班が少ないこともあって、あまり積極的には仕事をしなかったです。

従って、私も夜遅くしか時間が空かず、次の日も当然、朝一番から仕事なので、晩場に行くことが難しい状況でした。会社帰りに接待がない時の早い時間や土曜日や日曜日の早い時間ならば、行くこともできたのですが、肝心の震洲が仕事の対象外の時間のため、実際には行くことがまったくできなかったのです。

酒店は午場と言って、昼の2時からやっているところがいくつかあって、午場専門の子たちがいます。だいたい2時から10時まで、4時から12時まで、6時から2時頃までの3パターンが多く、店によっては晩場の子と制服が違ったりしています。私は夜に午場の子と行き会うことが時々あり、学生やPTが多く、門限などある子が多いこともあって利用してみたかったのですが、幹部の問題があって、6時や7時から女の子を呼んだことや、土曜日や日曜日の午後に行ったことがありませんでした。

そこで、震洲に午場に行きたい旨を少し行ってみたところ、彼があっさりと「OK的」と言うではありませんか!
さらに休みもなくなり実質16時間勤務ぐらいになるので、大丈夫かなと思っていたら、実は新しい午場専門の信頼できる幹部を彼が紹介するというのです。

実は酒店には午場専門にしている幹部もいます。彼らは酒店の幹部業だけではなく、酒店を会場としてやっている摸摸茶(MMT)や飯局小姐も同時に取り扱っています。これらの摸摸茶(MMT)や飯局小姐はまた、ブログの中で詳しく説明していきたいと思っています。午場専門の幹部とのコンタクトは晩場以上に難しいです。街角で客を引いていることはなく、すべて紹介とHPなどを見て接触をしてくる客に限られるからです。もし、皆さんが利用している幹部が午場もやるといったら、実はそれはあまり客がついていない証拠です。客がついて晩場に休むことができたり、早上がりできますから、その幹部を使っている得意客が少なく、午場で儲けておきたいということと理解した方がいいです。客が多い晩場の幹部は午場もやっていたら、普通、体がもちません。

ですから、 基本としている自分の店を中心にしている幹部は一般に「店裡幹部」と言って、同じ「副總」でも専門性が高く、その店の小姐の情報に詳しく、さらに午場と晩場でテリトリーも変えています。ポンのような街角で一見客を引いているような「回轉幹部」とは公司の中でも扱いが違っています。また、幹部をたばね、酒店公司の経営にも関わっている幹部は「常董」や「董事」と名刺などに書いてあって、さらに自分が経営にかわっている酒店の状況把握が極めて高く、あるひとつの酒店に必ず行くならば、このような肩書きの幹部がお勧めです。ただ、他の酒店についてはあまり取り扱わず、情報ももっていないので、コツは「店裡幹部」である「副總」の幹部を見つけることとだと思います。

さて、私は4月初旬の土曜日の午後3時頃、震洲から紹介を受けた午場専門の幹部と会うことになりました。場所はいつもの通り錦州路の麥當勞。今度の幹部は若い女性ということでした。コーヒーを飲みながら待っていると簡訊の着信があり、サングラスをかけた一人の女性が近づいてきました。

彼女の名前はKitty。日本のキャラクターのキティが大好きだという痩身の女性でした。
彼女との出逢いで、私は酒店以外の台湾の様々な奥深い世界をも知り得ることになります。
個人工作室や聊天妹、飯局小姐、陪影小姐、茶室、豆干、魚訊 .......。

日式とサウナ、マッサージ、ポンやKIJIJIのデリぐらいしかなかなかたどりつけないのが一般的な日本人ですが、私は彼女と知り合ったことにより、より台湾社会のディープな部分を知ることになるとは、予想もしていませんでした。

 画像はこのところよく紹介している鏡を多用する包廂の多い制服店の2011年の様々な制服です。私がよく行く店に以前いた奈奈という子が寒假(冬休み)で再び、酒店に戻りましたが、店を換えて今はここで上班しています(花名はちがう名前です)。昨日、FBのチャットを彼女と1時間ぐらいやったのですが、生意(ビジネス)は還好と言っていて、以前の店の方が知り合いの公關小姐も多くて楽しいから、来週からまた元の店に戻ると言っていました。ただ、包廂がきれいで、桌(テーブル)もイルミネーション仕掛けになっていて光るため、幻想的な雰囲気があることで知られていますから、一度、上班してみたくて經紀人にちょっと行かせてもらったとのことでした。制服もコスプレが多い独自路線ですが、特に土曜日と日曜日の午場に可愛い子がたくさんいて、服務はまあまあなのですが、ビジュアル的には午場で一番かもしれません。

1103210410512bfb95a8d57fc6

11050501038ff8a1362b7738df

11032104106728f1064068c483 

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に撮影は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は酒店のスタッフや幹部が撮影し、私に提供してくれている特別なものばかりです。また、画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。  
  
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。

仲の良い3人組


「你好!XX先生」 彼女はニコニコしながら私を見つけてカウンターの横に座りました。

午場専門の幹部、Kittyはどちらかというとこの世界には似つかわしくない感じの女性でした。いわゆるキビキビした感じや人を見抜くような鋭い目つきがまったくといってよいほどありませんでした。酒店の世界でかかわった人物はいずれも「きれる」といった聡明型のタイプが多く、沈着冷静かつ緻密という印象が私がかかわってきた震洲やVickyの印象でした。やさしさや穏やかさの中に厳しさがあるというか、最後のところはきっちり譲らないみたいな感じが彼らにはあるのですが、いわゆるKittyはそのような感じはありませんでした。どちらかというと一般的なこの世界のタイプでゆきあたりばったり、ちょっと適当というところも多そうなところがあって、私は特に強いインパクトは感じませんでした。

しかし、それは実は違っていました。

彼女はなかなかの事情通でした。彼女とつきあったのはおよそ2年間で、その間、いろいろなところに連れて行かれたのですが、好奇心が強くていろいろなことを知っており、女の子たちとつきあうのがうまい幹部でした。なぜならば、彼女自身が元々制服店の公關だったからです。

これは、しばらくしてから彼女自身から聞いたのですが、18才の時にある制服店に學費を稼ぐためにPTとして上檔した彼女は、そのまま正職になって進学をあきらめてしまったとのことでした。22才まで約4年間、正職としていろいろな店を転々としたらしいのですが、結局は酒を日々大量に飲むため、胃腸を壊して幹部に転じていました。ただし、最初の1~2年ぐらいは自分の公關時代のなじみ客などに連絡して仕事を獲得していたようですが、客は公關として彼女の魅力に引かれていたわけで、幹部として努力のなかった彼女はすぐに多くの客から見放されてしまったのです。情報のない幹部やうまく女の子を安排できない幹部はすぐに見捨てられていく...というのがこの世界です。どんなに若くて可愛い幹部でも、それだけでは生き抜いていけません。

Kittyはそこで、晩場では多くの力量のある幹部には到底太刀打ちできないことを悟り、層の薄い午場専門の幹部へ転じたのです。彼女とは本当によくお茶をしたり、食事をしました。夜12時頃には幹部としての業務を終えることが多くて、よく帰りに麥當勞で軽く食べたりしていました。いろいろな話をたくさんしたのですが、幹部というよりも私にとっては一緒に行動する友達のような感覚でした。震洲はとてもしっかりしていて、いつも冷静でしたから、その意見はいつも参考になることが多く、全面的に信頼して彼を使っていましたが、Kittyの場合は正直、まあ、可愛くて愛嬌があるからいいかみたいなところがあって、気楽に使うことができました。

実は幹部を包廂において一緒に過ごすようになったのもKittyの影響です。男性の幹部は、客人と幹部が一緒に包廂にいる場合はだいたい、一緒に酒を飲み、女の子を客と同じように扱うことが多いです。このような幹部はダメ幹部が多く、商品に手を出しているようなものですから、女の子の評判も当然、とても悪いです。震洲は時々、包廂にいることがあっても一緒に客と遊ぶというスタンスはまったくありませんでした。

しかし、Kittyは違いました。元々、制服店の公關でしたから、どちらかというと女の子たちと同じような雰囲気になってしまうのです。一緒に楽しむというか、女の子と友達感覚になってしまうというか、不思議な感覚のある幹部でした。女の子も幹部のことは普通警戒しているのですが、彼女に対してはまったくといっていいほど警戒心がなく、心を開いていました。午場の子たちはPT妹が多く、また、人数も20人前後しかいませんから、Kittyが公關の子たちと人間関係を結ぶのは比較的容易だったのでしょう。

だから、正直言うと私もKittyが大好きでした。ちょっとおっちょこちょいで、少しいい加減でしたが、おおらかで素直な人間でした。震洲やVickyのような「したたかさ」はまったくなく、胃腸を壊して公關ができなくなったものの、大学への進学をあきらめて正職に転じた彼女は、この世界がきっと好きだったのでしょう。だから他の仕事のあてもなく、幹部としてこの世界に留まっているのだと私は感じていました。彼女はタバコが大好きで、いつも私もタバコとられていましたが、そのゆるキャラは子どもがそのまま大人になったようなところがあって、金にあまり執着しておらず、震洲のおつりを10元単位でくれるようなきっちりさとは対照的でした。「おつりもっていないから、もらっとくね」とニコッと言われると、私も苦笑いでよくあげていましたね。

実はKittyは震洲が幹部として働きはじめた時の公關で、それで、彼女が体を壊した時に、これからの人生を生きるために幹部としてがんばって身を立てていくことを教え、いきあたりばったりで行き詰まった彼女をライバルの少ない午場の幹部に転じさせたのも震洲でした。だから、震洲は午場に行きたい客の手配を彼女にまかせていたのです。震洲は不正やごまかしが大嫌いでしたから、彼女はそういうことはまったくなく、素直を絵に描いたような性格でした。幹部としてそれはやや適正を欠くのかもしれませんが、少なくとも私は彼女が結婚してこの世界を去るまで、楽しく一緒に行動できたし、いろいろなところに身軽に連れて行ってくれたのも良い想い出です。

Kittyと初めて出逢った土曜日の夕方、私は寶貝や蔓蔓、加菲と出逢った酒店に一緒に歩いて向いました。隣が大きなお土産物屋なので、ちょっと恥ずかしいかなと思っていましたが、夕方のため、黒服の男もおらず、エレベータも普通に3階のボタンを押すこともできました。入口の厚いドアの前には、ポツンと小爺が一人いるだけで閑散としたものでした。中に入っても大廳には誰一人おらず、控櫃(業務用のカウンター)の中に行政が一人いるだけでした。公關の姿もなく、ちょっと心配になってきました。しかし、包廂に入り、ビールを頼むところまで全く、晩場と同じで、ちがいはありません。

しばらくすると行政が空枱の女の子を連れてきました。晩場に比べると人数がとても少なく、3人程度しかいませんでした。特に心引かれる子もおらず、下枱してくる子を待つことにしました。午場の酒店は静かで客人もいるのでしょうが、夜のようにひっきりなしに包廂の外を誰かが通ようなことはありません。空枱も少なく、なかなかまわってこないという感じでした。Kittyの話では午場は少人数の客が多くて1人や2人のことが多く、夜のように酒を飲んで騒いだりすることは少なく、ほとんどが女の子目当てで来ているので、一人の客が女の子につく時間が長く、5時間や6時間もザラだと言っていました。ただ、大框をして外に出るようなことは少なく、夜まで午場の子とすごしながら包廂にいて、お目当ての晩場の子が来るのを待っている場合も多い(酒店は先着順が重要なため)とのことでした。

1時間ぐらい待ったでしょうか。最初の3人からその後は女の子もまったく来なかったこともあって、包廂で幹部のKittyと話している以外は新たな展開もありません。時間も4時半をまわっていました。Kittyは夜の幹部の震洲とはちがって、女の子を捜しにいくとか、うまく他の包廂に行くはずの子を抜いてくるとか、そのようなことはまったくせず、包廂でまったりしていました。私も「こいつ、やる気あるのか?」と思ったりしていましたが、「等一些」(ちょっと待ってて)というのが口癖で、私が何か頼んでもすぐに行動を起こそうとしません。しかし、Kitty自身が可愛いので、私も彼女と話していることは、結構楽しかったこともあり、気長に待つこともできたように思います。

さて、久しぶりに包廂のドアが開いて、行政が女の子を2人つれてきました。背の小さな子が2人並んでいました。

「小小、YOYO、到了!」(小小、YOYO、到着したんだね!) Kittyが彼女たちに向かって話しました。

2人はにっこりと笑っています。とても可愛い子たちでした。一人は原住民でやや肌の色が黒く、胸が大きい小小。もう一人は色が抜けるように白く、胸が小さく痩身のYOYO。2人とも19才の大学1年生でした。

Kittyは何もしていなかったわけではなく、ちゃんと預點していました。彼女たちが何時に着くかがわからなかっただけで、上班したらすぐに私の包廂に連れてくるように行政に手配していたのです。だから、包廂でだらだら私と話していても余裕があったのです。Kittyが私の方を見て「她們很可愛、而且年輕的學生妹。你喜歡嗎?」(彼女たちはとっても可愛いでしょう。それに若くて2人とも大学生だよ。気に入った?)と言いました。性格もとても良さそうで、何よりも晩場の子たちとは雰囲気が異なりました。まったく、擦れている感じがなく、晩場のPT妹にあるような最初、警戒するような目もしていません。2人は私の両脇に座りました。そして、Kittyがいるにもかかわらず、いきなり制服の種類の意味などまったくないような姿になりました。あまりの早い展開に私もびっくりでした。とにかく屈託がないというか、明るいというか、そんな感じです。

すると、包廂の再びドアが開きました。一人の背が高い童顔の子が入ってきました。私に話しかけるのではなく、小小とYOYOに向かって、指をさして「我晩到了、應該扣錢把!」とか言っています。晩場の空枱の子たちのような無言で客の前に立っている感じとは明らかにちがいます。小小とYOYOも彼女に笑いながら大声で「你應該過睡了!」「你來不及!」などと応答しています。それにKittyも加わりますから、客の私などはどちらかというとそっちのけで、3人の公關とKittyで盛り上がっています。女子高か女子大にいるような錯覚を覚えました。

この子はもう現在は卒業していますが、進修学校ではなく、ちゃんとした台北市立XX高中の3年生に当時は在籍していた18才の滴滴。

とにかく、ワイルドでじゃじゃ馬的な性格、細かいことは気にしないという子で、私が呼ぶかどうかという返事をする前にもう自分の制服に手をかけて小小やYOYOと同じ恰好になりながら、いきなり座ってしまいました。確かにとても可愛い子で元気いっぱい、さらに胸の形はとてもきれいで大きく、スタイルは今まで逢った子たちの中でも抜群でした。私の意思など関係なく、いきなり3人の子が包廂にいる展開となり、さらにKittyもいて(Kittyは彼女たちとは同じ恰好になっていません)、一緒にはしゃいでいますから、よくわけがわからないうちに包廂が女の子だらけになっていました。

2人の大学生と1人の高中生。

土日だけ午後4時から来るとても仲の良い3人組でした。この3人とも私はそれぞれかかわりをもっていくのですが、今もつきあいがあるのは原住民の小小だけです。彼女はこの2月下旬に護理士(看護婦)の資格試験を受けることになっています。この1月まで彼女は前章で綴った紅牌の子がいる酒店と同じところにいて、 紅牌の子が若い小小(今はちがう花名です)のよく面倒を見ていました。

午場に初めてきた私は同じ酒店のPT妹でも女の子の雰囲気がこんなにちがうのかと思いました。酒やドラッグのKの心配があまりないため、きっと彼女たちも気持ちの持ち方がやや軽いのかもしれません。私も彼女たちに逢ってからは、特に忙しかった4月5月、土曜日か日曜日の午場に酒店にちょっと気軽に行くことが多くなりました。

しかし、仲の良かった3人組も同時に酒店にいたのはわずか1ヶ月半。
その後はそれぞれの運命に従い、5月の末にはそれぞれ別々の道を歩んでいくことになりました。

 画像はやはり鏡を多用する制服店の子たちのいろいろな制服です。下は聖誕節の時の天使と悪魔シリーズのコスプレの悪魔の方のタイプです。上は禮服タイプの制服ですね。この制服店の午場はとても人気があって、午場専門の幹部たちが、まず客に紹介するのがこの店です。午場の幹部を見つけるのは簡単ではなく、夜のように街角で声をかけているポンのような幹部もまず昼の2時~4時にはいないため、夜の幹部からルートを探っていくのが一番良い方法だと思います。

君悦制服

君悦制服2011/12 

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に撮影は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は酒店のスタッフや幹部が撮影し、私に提供してくれている特別なものばかりです。また、画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。 
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。  

吃軟飯男人

中国語でヒモのことを「吃軟飯男人」と言います。ちなみにホストクラブは少数ながらも台北にあって「揭密牛郎村」と言います。ホストは「牛郞」ですが、日本のように一般的ではなく、数も多くはありません。

芊芊は6月初旬頃に客人として来たある若い男と知り合い、その彼と親しくなっていました。寂しさ故のところもあったと思いますが、6月下旬頃からその男が芊芊に金をせびるようになってきたこともあって、芊芊はその男をだんだんと7月頃から敬遠するようになっていました。

大都会・台北で一人で暮らし、大学を休学していた芊芊は親しく相談できる友人もまわりにはおらず、気を許せない夜の住人ばかりで、ホッとできる話し相手が欲しかったと彼女はいつも言っていました。その若い男は、最初、とてもやさしく、純出場(Sなしの外出だけの大框のこと)を連続でしてくれて、ご飯なども一緒に食べていたようです。しかし、それは最初の2週間程度だけで、あとは芊芊の彼氏気取りになって、体を求めるようになりました。店に来て欲しいと言っても店に来ることはなく、いつも私下で会いたいと言っていたようです。それもそのはず、酒店に来る十分な金を持っておらず、また、詳しく聞いてみると仕事をもっていませんでした。そして、最初はとてもやさしかった態度がだんだんと変化し、媚びを売るような態度になってきたと言います。

彼の仕事は 「吃軟飯男人」 。酒店で孤独な子を見つけてやさしさを売り物に心の隙につけいる輩でした。見た目にはかなり男前でお洒落。朝の7時から8時頃に錦州街の酒店のあたりに行くと酒店を下班した女の子たちを迎えに来ている若い男がたくさんいます。バイクや車に乗って、入口付近で出てくる子たちを待ちかまえていますからすぐにわかります。

35efb0b3315264e3c25edfeb85c8bd27_m

芊芊もつきあっていくうちにその正体がわかり、その男に別れ話を何度かしていたようでしたが、男のつきまといがしつこく、かなり業を煮やしていました。最初は客からもらった小費を1000元ほど小遣いが欲しいので貸して欲しいと言われ、渡していたようですが、しだいに芊芊も厭になって、なるべくかかわらないように努めていたようです。

しかし、事はそう簡単ではありません。

ついには下班する芊芊を朝の6時頃に酒店の出口で待ちかまえるようになり、芊芊も下班する時に周りの様子を伺ってから走り去るという状況が続いていました。酒店の行政たちも警戒していたようで、入口にいる目つきの鋭い屈強なスタッフも芊芊の頼みをきいて、寄せ付けないように協力をしていました。しかし、少し離れた路地のあたりに身をひそめて、突然、姿を現すことも多くなってきたとのことでした。

8月のある夜、芊芊から食事をしながらこのことの相談を受けました。日本ではストーカーなどの対処もあるのでしょうが、ここ台湾では私の知る限り、そのような法令や防止策はわかりません。それに厳密に言えばストーカーではなく、気を許した芊芊とその男のこじれですから、警察などに相談すること自体がお門違いとも言えます。

しかし、芊芊の訴えはその時、かなり本気で私もとても気の毒になったのは事実です。原因は芊芊にあるのですが、人を信じやすい彼女の性格を責めるわけにはいきません。その彼には体を許しておらず、冷たくしているのらしいのですが、いっこうに堪えずに芊芊に会いに来るとのことでした。特に暴力的なことをするわけでもなく、暴言をはいたりすることもないのですが、「やさしくしてあげてるのにどうしてお金を貸してくれないんだ」というようなことをよく言われるらしく、手を切ることができず、とても弱っていました。

「你幫助我」 (私を助けて)

確かに芊芊はいつもいろいろな所に連れて行ってくれたし、ただの客人である日本人の私にとてもよくしてくれました。それに加え、気持ちの良い裏表のないやさしい子でした。しかし、私も事件に巻き込まれるような不安もあってちょっと躊躇しました。經紀人のVickyや幹部の震洲に相談しようとも思いましたが、芊芊が良い顔をしません。理由は自分が客人相手にまいた種だから、どうも夜の世界の関係者にはあまり世話になりたくないようでした。芊芊はいわゆる明朗快活なタイプで細かいことをまったく気にしない子でしたが、ちょっと強情なところもあって自分が納得しないと行動しないようなところがありました。ですから自分の經紀人には絶対に相談しないようなところがあって、門番の行政に監視をお願いするのが精一杯だったと思います。

しかし、私も中国語でその男に話をつける会話力にまでは自信がないし、どうしようもありません。そこで私が思いついたのが下午専門の若い女性幹部Kittyでした。彼女は夜の酒店の手配はほとんどしていないし、元は酒店の公關でまだ若いので芊芊の知り合いと言って登場しても疑われません。私もその男と話しあう場面にいれば、3対1で数的な有利もあり、その男もあこぎなまねはできないと考えました。それにKittyは気の強い所もあって、感情的にあまりならず、冷静なところがありますから、このような話にはもってこいと考えたのです。芊芊も自分とは多分、まったく関係がないと思われる海千山千のKittyの手助けならばありがたいようなところがあったのでしょう。芊芊もこの提案に了承しました。

すぐにKittyに電話したら、気のいい彼女は近くにいるからとすぐに錦州街の私と芊芊が食事をしていた店までバイクをとばしてやってきました。Kittyと芊芊は初めて逢うのですが、どちらも人見知りをまったくといっていいほどしないので、すぐに打ち解けて事情を理解していました。そして、今日、木曜日の上班後の朝(すなわち金曜日の早朝)にその男をおびき出して話をつける算段をしたのです。私は早朝に5時起きして待ち合わせ場所に行き、片が付いたらそのまま出勤ということになりました。打ち合せの後、芊芊が店からその男に電話、朝の6時頃に店の近くにある錢櫃の前に話があるから来て欲しいと伝えました。

果たして明日の早朝、どんなことになるのか。
皆、一抹の不安を胸に芊芊は上班に、そしてKIttyと私は家路へと向かいました。

5726326926202348655

熊猫娘

朝の6時00分。ちょっとまだ薄暗い中、私は酒店の出入り口の前で芊芊の下班を待っていました。そこへやってきたのはkitty。約束通り彼女も来てくれました。kittyは以前、自分自身が制服店の公關だったこともあり、このような吃軟飯男人とのトラブル、対応には何度かかかわったことがありました。彼女はそのため、今回の芊芊の対応にも自信をもっていました。

早朝

芊芊が6時15分頃でしょうか、いつものトートバックを肩にかけて出てきました。多少、酒に酔ってはいるものの、至って元気、下班後の疲れ果てた感じはありません。私たち3人は歩いて錢櫃に向かいました。週末の錢櫃の前は夜明かしした若者のグループがたくさん談笑していたのですが、一人、若い男がいて、芊芊を見るなり近づいてきました。男はオープンカラーのシャツに黒のジャケット、いかにもといった出立でした。

男が芊芊に話しかける前にKIttyが割って入りました。彼女は中国語で男に早口で話し始めました。芊芊と私はその光景を立って見ていましたが、時々、男が芊芊の方に目をやります。しかし、芊芊はまったく、話しかけることはなく、すべてKittyと男のやりとりとなっていました。 

1_114710_11

あまり激しいやりとりがあるわけではなく、どちらかというとKittyが一方的に話を進め、それに男が言い返すという感じでした。早口の中国語で会話が進むため、実際のやりとりの内容はほとんどわからず、「分手」(別れること)という言葉を何度か聞き取ったぐらいです。

5分も話したでしょうか。男はその間、芊芊に一言も話しかけることなく、「了解」とKIttyに最後は答えました。しかし、その次の瞬間、Kittyは思わぬ行動に出ました。彼女は冷静に自分のバックから錢包(サイフのこと)を出して彼に1000元札の束を渡したのです。男はニヤッと笑って、その金を受け取ると芊芊の方をチラッと見やって足早に民生東路の方へ歩いて去っていきました。

私は特に何をするわけでもなく、芊芊とただ、立って様子を見ていただけでした。

「結束的」(終わりだよ)

kittyが私たちに言いました。詳しく事情を私はわからなかったのですが、芊芊の目から大粒の涙がこぼれ落ちました。当然、芊芊は台湾人ですからKittyが男と話していた内容をすべてわかっていたのでしょう。

Kittyが男に芊芊につきまとうことをやめて欲しい、彼女はあなたと逢うことを歓迎していないということを言ったらしいのですが、男は芊芊が寂しがっていたから相手にしてやっただけだと言い放っていました。さらに芊芊の面倒を見てやったのだから手切れ金を寄こせとKittyに要求していました。

kittyが渡した金は10000元。

kittyは吃軟飯男人のねらいはあくまで金であり、最後のこのような結末を予想していました。だからこそ、彼女はあっさりと男に金を渡していました。彼ら吃軟飯男人のねらいは女の心や体ではなく、実はすべて金だということを彼女はよく理解していました。

「不是錢的問題。我不是可憐」 (お金の問題ではない!私はあわれではない)

芊芊は泣きながら私に言いました。手切れ金をとられたことではなく、同情をされたこと、あわれに思われたことが彼女のプライドをズタズタにしていました。

酒店小姐だから軽い女と見られ、そしてバカにされ、あしらわれる。

そんな多くの言葉を最後に間接的に浴びせられたことが芊芊にとっては我慢ができないことでした。涙は芊芊の悲しい気持ちから出たものではなく、心からのくやし涙でした。芊芊はよほどくやしかったのでしょう。KIttyに抱きつくと彼女にすがってどんどん涙が止まらなくなってしまいました。しかし、その芊芊の頭を抱えて髪をなぜ、kittyは何も言わず抱きしめていました。きっと酒店公關として18才から多くの修羅場をくぐってきたkittyは痛いほど芊芊のくやしい気持ちがわかるのでしょう。

「你是好的人、而且你聡明的。不可已經被欺騙。以後請小心」

(芊芊は人もいいし、その上、頭もいい。だから二度と騙されてはいけない。これからは注意するんだよ)

Kittyは年輕の可愛い妹を諭すように芊芊に話しかけました。
芊芊はその言葉を聞いてまた、涙が止まらなくなってしまいました。化妝はすっかり崩れ、目元のマスカラがにじんで、涙を手でふくので目の周りが真っ黒になり、その顔は熊猫(パンダ)のようになっていました。

「芊芊!你的臉是像熊猫!」 (芊芊、顔がパンダみたいだ!)

芊芊は私の声を聞いて、いきなり、トートバックに入っていた飲みかけのペットボトルの水を私に投げつけました。まるでだだっ子のように。

しかし、顔にはいつものお茶目で悪戯っ子の芊芊の笑顔が戻っていました。そして、その様子を見ていたKIttyも思わず笑い出しました。

確かに芊芊にとってはつらい5分間でした。しかし、それは芊芊が酒店という様々な人間模様が交差する虚飾の世界をあなどってはいけないことを再認識した5分間でもあったように思います。きっと聡明な芊芊は同じ過ちを繰り返さないだろうし、人間の寂しさや孤独さにはつけいられる心の隙ができてしまうことも強く実感したにちがいありません。この日のことは実は芊芊が台北を12月24日の聖誕節の夜に去る伏線でした。そのことには当時、まったく私は気づかなかったのですが・・・・・。

すっかり陽も昇り、あたりは夏の台北の日差しが降り注ぎ始めました。私はこれから上班。しかし、まだ、6時半にもなっていません。8時半に出社すればいいので、まだ時間がたっぷりあります。

「芊芊、Kitty、我肚子餓一點。一起去吃早餐!」

(チェンチェン、キティ ちょっとお腹が減ったよ。朝ご飯を食べに行こう!)

すっかり笑顔が戻った芊芊は大きな声で熊猫のような顔のまま、答えました。

「Ok的! 因為工作是辛苦、所以我也太累累、肚子餓了」

(うん、OK。仕事が結構大変だったから、とても疲れているし、お腹も減っているんだ)

実はあの時、Kittyが支払った10000元を芊芊がどう返したのか、よく知りません。Kittyも一切、支払ったお金を返す話を芊芊にあの日の朝、しませんでした。台湾人の母性というか度量というか、細かいことを気にしないところを感じることはよくあります。昨年の12月に台北で私が有り金全部を盗まれた時、すぐに信頼している紅牌の子が駆けつけてくれてポンと10000元を渡してくれた時、彼女も「使って」というだけで必ず返して欲しいとか、貸してあげるからということを一言も言いませんでした。人が苦しい時に助け合う気持ちは、夜の世界で幾度と辛酸をなめてきた彼女たちだからこそ、わかるのでしょうし、きっと本能的に信頼できる人間の臭いを嗅ぎ分けることができるのでしょう。

kittyは前日の夜に私を介して芊芊と知り合ったばかり。しかし、度量があり、心意気のある彼女は芊芊を信じ、私を信じて彼女にとって何の得もない行動をまるで当たり前のようにしてくれました。

「謝謝、Kitty」 (ありがとう、Kitty)

私は早餐店に向かって歩きながら、芊芊に聞えないように小声で彼女に言いました。

「不客氣」  (どういたしまして)  さらっと彼女も笑顔で答えました。

台北の早朝の日の出も眩しかったのですが、kittyという不思議な魅力をもった、そんな彼女の気持ちがさらに一層輝いて見えた、とても気持ちの良い早上だったのを憶えています。まわりは早起きの老人たちや下班帰りの小姐の姿があり、そして通勤に向かうバイクの喧噪が始まりだしていました。

芊芊を囲む私たちは彼女がこの台北で初めて心から信じてくれたアカの他人だったのかもしれません。

011 (1)

早上台北

080715180124_XmitEad

自我介紹-My Profile-
E-mail Messege
~ Blog's Thema ~   戀愛的幸運餅乾  台灣女大學生來跳舞­
~Beatiful Taiwan~  台湾心跳聲-蔡依林   
~I'm Not Yours~   蔡依林&安室奈美惠
青春無敵!台灣加油讚
近期發表文章50(有照)
LINE読者登録QRコード
今天你們的運氣好嗎?
今天我最美     今日の台湾美女Click⬇
我有懐念、美麗的歌曲
いずれも私にとっては思い出深い美しいバラードです。台湾を愛する皆様もぜひ、お聴きください。↓
禮物~劉力揚 Jeno Liu
夢中作憨人       ~阿密特(張惠妹)    
四季~黃麗玲 A-Lin  
愛台妹的訪客總數
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近14天、訪客總數

    愛台妹朋友大約200個人。謝謝

    瀏覧總數量

      記事・文章 搜尋
      Exchange-Rate
      惠靈頓・東京     倫敦・紐約 世界時刻
      FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX
      目前世界外匯情況
      Sugakiya名古屋の味 台湾ラーメンも有ります美味しい拉麺通販!!
      台湾セレクション    台湾グッズはここで!
      台北楽天市場店   美味台湾グルメ通販!
      台湾小集      台湾関連商品超充実!
      宝島-台湾料理&食材 日本で台湾食材GET!
      紅利點積分變現金
      日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ