< 泰國的夜世界 : 我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

私は台北で駐在生活を4年間送りました。昼間は世界の平和と日本の経済発展を目指して全力でお仕事。夜になると地表にちょこんと顔出して、五木の街あたりを彷徨っています。そこで私は数多くの天使達と悪魔に出逢いました。そんな私の夜の彷徨いを台湾社会の複雑な仕組みなども紹介しながら書き綴っていきます。ほとんどの日本人が深くかかわることが難しいと思われる台北の夜世界の様子とエピソードの紹介が中心です。これは心優しい台妹たちを愛し、そこで出逢った人達とのかかわりや心のつながりをとても大切にしながら、これからも彷徨い続けていく私の軌跡です。

泰國的夜世界

Part-time Lover(泰国的夜世界)

夏に入ってから、新カテゴリーの「特派員Report」をこのところ、お伝えしてきました。このブログは台湾を中心にした僕の世界各国での体験を元に綴っていますが、当然、それだけでは成り立たちません。今回の台湾南部やタイの現状についてなど「現地社会に対する温かい視点」をもったReportを送ってくれる方々、夜社会の黒子とも言える幹部や経紀人、客服などのこのブログへの理解をしていただいている方々によるところが大きいです。

さて、Kさんに伝えていただいていた「タイ編」もこの記事がエピローグ。

wp618d86fe_05_06

外国で駐在していると意外と観光などに行かないものです。つい、近場ならいつでも行けると思うのと、仕事で来ているので休日はカフェなどでゆっくりしたいという気持ちがはたらくからです。しかし、せっかく異文化の中にどっぷりと暮らしているわけですから、いろいろなものを見たり体験したりはしておくと良いに決まっています。視野が広がり、価値観も変わりますからね。

バンコクにいるとアユタヤや列車が通るたびに市場を折りたたむメークロン市場 、ダムヌンサドゥアック水上マーケットなど中距離的なところは一度は行っておこうと日帰りとかで行く気にもなるのですが、市内近隣のガイドにもあまり載っていないような所というのは駐在していても普通、なかなか行かないです。

nana-plaza-bangkok

 有名なメークロン市場。実際に見ると映像より遥かに列車が近い感じがあります。

 タイに来たら訪れて欲しいダムヌンサドゥアック水上マーケット。今は観光化されていますが、タイの運河を中心とした人々の生活を伺い知ることができます。


では、一番良い方法は何か?

それは現地の子たちと親しくなっていろいろなところに連れて行ってもらうことです。どの国の人だって自分の国の良いところは紹介したい、面白いものは教えてあげたいと思うのは自然な流れです。ただ、教えてもらった人がどう感じるかは様々ですが。

nana-plaza-girls

今は状況が変わってしまいましたが、僕は当時、バンコクのナナ・プラザのマンダリンの子たちとはとても懇意にしていました。あの頃のマンダリンはイサーンのウドンやノンカーイなどから出てきている子が多く、どちらかというとタイの文化はある程度知っていてもバンコクはあまり知らないというのが特徴で、いろいろな所にお互いのバンコクへの興味もあって、時々出かけていました。

 これは当時(200X年)のナナ・プラザ "Mandalin" で踊るFちゃん。もう時効なので、アップします。とても明るく無邪気、天真爛漫を絵に書いたような子でした。もう今はすっかりマダムのお年頃のはず。きっと「私もこんな時代があったんだーぁ、可愛かったよね」なんて思いながら見てくれはず。今は故郷のイサーンで幸せに暮らしていればいいけど。いつもチョコマカしてて、腕に絡みついてくるようなタイ・バンコクで一番忘れられない子です。


Mandalin F

 昼間はいつも必ず待ち合わせに遅刻。彼女が先に来てたり、早めに来てたりしたことは一度もありません。必ず、言い訳をしながら登場。いつも友達のバイクに乗ってやって来ていました。彼女たち、学校で体育とかちゃんとやっていたか極めて怪しく、ちょっと運動神経は?なので、何か危なっかしいんですよね。
BIKE

GOGOなどは普通、Pay Barして女の子と外出するのですが、何度か懇意にしている子をPay Barしていると出かけられるのは基本、夜だけということもあり、店が始まる前とかの午後とかに会ったりするようにもなります。同伴というようなシステムはまったくなく、ただ、空いている時間が暇な彼女たちも遊びたい、食べたいだけなのかもしれませんが。

もちろん、店はまだ、始まっていませんからPay Barなどはまったく必要ありません。彼女たちにとってみれば、退屈な日々のアクセントとご飯をただで食べられるということが大きかったとと思います。

 Cyndi Lauper の "Girls Just Want To Have Fun" 。女の子はただ遊びたいだけ。タイの子の気持ちを代弁していますね。田舎から来て、狭い空間の中で何時間も踊り続ける日々。最初は刺激的でもすぐに若い彼女たちが飽きてしまうのは当然のことかもしれません。


That's all they really want some fun. When the working day is done.
Oh girls, they wanna have fun
Oh girls just wantna have fun (girls and boys wanna have fun, girls wanna have)

僕が一番、よく聞いたタイ語のひとつは「アオ(เอา)」。”I want~” の意味です。日本語では色の名前ですが、屋台や市場に入ると「アオ」の連発。こちらはキリがないので「メダーイ」(だめの意味)の連発。ただ、タイの子たちは衝動性が強いような感じで、すぐに言いますが、しつこくありません。あっさりしたもので、また、次の興味ある品物に目移りして「アオ」「アオ」と指差して、腕を引っ張ります。まあ、いつものこと・・・・という感じになりますね。ただ、この単語を女の子などに向かって繰り返して言うと「あなたが欲しい=ヤリたい」という意味になるので、ご注意を。

9586456a

さて、そんなFちゃんと行ったバンコク市内で特に印象が深かったのが、チャオプラヤー川の向こう側。通称「川向う」です。今は行く人も増えて、ブログなどでの紹介が多くなりましたが、当時は外国人にはよく知られていませんでした。川沿いの王宮やワット・ポー、ワット・アルンなどは定番の観光地ですが、それ以外となるとなかなか訪れる日本人は決して多くはいません。

 暁の寺院の名前の通り、ワット・アルンの夕暮れ時は本当に美しいです。
ワットアルン

この地区でタイを訪れる方がぜひ、見られておくと良いのがシリラート病院の死体博物館。なかなか、このような博物館は世界でもなく、さすがにこれは人権的にどうなのか?それとも医学の発展のため?という心の葛藤をもちながら見ることになります。

 死体博物館。夢に出てくるかもしれません。心臓の弱い人にはオススメできません。
a7d6416f9d6e10bb_S

僕も実はここに行くのが目的ではなくて、Fちゃんが、コラートのおいしい料理を食べたーいということでタイのいろいろなローカル食堂が集まるワンラン市場に行ったついでという感じでした。ここと魚や肉の充実したウォンウェンヤイ市場はぜひ、時間があったら足を運んでみてください。市場を見るとその国の生活がわかると言いますが、タイという国の食習慣や庶民の文化がいろいろな売っている食品や雑貨などからわかってきます。

タイ市場

 ワンラン市場。ここは本当にローカルなタイの姿を見ることができます。
wanglangmarket02

チャオプラヤ川の川向う 「トンブリー地区」~ ワンラン船着き場目の前「ワンラン市場」

 ウォンウェンヤイ市場。魚や肉などの生鮮ものが充実。アジアの食文化を見ることができます。
uwonguweyyai

最近では女の子たちのトンブリー側の話題のスポットは "Midnight A Cocoa" のようです。小さなお店なのですが、バンコクのローカル女子の間では結構話題になっています。Cocoa のレベルを変えることによって甘さも変わるというところやオシャレ感がうけてるのかもですね。並んで一緒に飲んだら楽しそうじゃないですか。Darknight とか勝手に早口タイ語で注文されそうですけど。

Midnight A Cocoa

 ネーミングがお洒落。ココアの量で濃さが変わることから Good Night/ Mid Night/ Dark Night の3段階を夜の深さで表現。店舗も簡単ながらヨーロッパのような雰囲気で、人気なのもわかります。
a Cocoa

13592266_529511553901147_8253867834333365301_n


 
とにかく甘いものに目がないタイの子たちにとって新しいスィーツやアイスクリームのお店は行きたいところのひとつ。ちなみにタイでは「コーヒー」とは絶対に言わないでくださいね(笑)。「カフェ」と言わないといけないですよ。まあ、有名な話ですね。

 こんなのは序の口。タイの子たちは本当に甘ったるいフレーバーが大好きで、目がありません。僕もこの手のものをどれだけ、一緒に食べたか。彼女たちは基本的に好意の押し売り的な習慣がありますから、気がつくと勝手に注文とかされちゃってます(笑)。


あと、知ってはいたのですが、市場の屋台で売っている「虫」を美味しそうに食べるのもなかなかでした。タイの田舎の方(特に北部)は海や湖がなく、貴重なタンパク源として「昆虫食」が普通です。特にFちゃんの故郷イサーンは「昆虫食」がさかんで、笑顔の可愛い子が虫をパクパク食べるというのが、また、何とも言えなかったです。まあ、彼女、小さな頃から違和感なく、食べてますからね。

 ローカルな市場に行けば普通に売ってます。タガメ、バッタ、ガの幼虫、サソリ、ゲンゴロウ、セミ・・・・など枚挙にいとまがありません。最初はちょっと勇気が要ります。
Insect_foodl

insect 1

Fちゃんが大好物だったのはチンリート(コオロギ)。いつも「アオ・チンリート」と言うものだから、未だにコオロギなんてタイ語を覚えているぐらい、耳に残っています。

紙の袋におばさんがスコップで取ってバサッと入れてくれるのをナンプラー(タイの魚醤)味のようなタレにつけて食べます。「アローイ(อร่อย)~美味しいの意味)」「アローイ・マーク(อร่อย มาก)~とても美味しいの意味)」とか大声で騒ぎながら食べるので、本当に彼女にとってのソウル・フードなんでしょう。僕もよく食べさせてもらいました。ちょっと食べるときに抵抗するような素振りをすると無理やり口の中に入れられて、その様子を見てケラケラ笑うという感じでした。

「อร่อยไหม?(アローイ・マイ?)~美味しい?」と必ず訊くので「อร่อย(アローイ)~美味しい」と言わないと大の大人が小娘に激しく怒られてしまうので、まあ、言ってました(笑)。

おかげ様でタガメとかゲンゴロウのような甲虫類は堅い羽をとって食べるということも覚えました(笑)。まあ、食習慣の違いから好き好んで食べようとは思いませんが、エビ・カニのような風味で慣れたらパクパクいけますよ、今でも。もう、本当にしょっちゅう食べました。屋台があるとオヤツ感覚なんですよね、Fちゃん。虫を指差して「アオ」と言う声が今でも耳に残っています。

 懐かしいチンリートの炒め物。イナゴ系ではありますが、最初は食べるのに勇気が要ります。
7b90438f367ca624c9142a4e7520db02

 あとよく食べたのが、このガイヤーン。まあ、タイ風の焼き鳥なんですが、丸ごと一羽は厳しいのでいつも小串のやつですね。炭で焼くこともあって、すごく風味があって少しカリカリしたところもあり、これは旨いです。
gourmet_00940_album_5_1_521f1a0af031e

ガイヤーン

こんな本当のイサーン・フードも彼女と一緒だったから食べられました。もし、僕が個人的に食べるとしてもきっと最初は屋台ではなく、少なくともレストランだったと思いますが、やはり、彼女たちが言うには「市場とかの屋台」が本物とのこと。衛生面が・・・・・なんて、かったるいことは気にしてられません。Fちゃんが美味しいと言うならば、美味しいんだろうと思って食べてました。確かに今、思うとあの味が懐かしくなる時があって、また、一緒に笑って大騒ぎしながら食べたいななんて思いますよ。

Mandalin F 01

でも、彼女たちは今、一体どうしているのだろう。台湾の子たちとは違ってタイの子たちは、すれちがいのような出会いの多くがその時々の「点」としての記憶に残っても「線」となって長くつながっていくことはほとんどありませんでした。それは彼女たちもその時だけを楽しみたいという気持ち "Girls Just Want To Have Fun" が強くあっただけなのかもしれません。

でも、少なくとも僕たちは例え「点」であったとしても、そこに何かの「意味」をもちたいとは思います。それが陽炎のような幻のようなものであっても。

きっと輝きを放つ出会いは一瞬にしかすぎないことをお互い最初からわかっているのかもしれません。

 Stevie Wonder の名曲 Part-time Lover 。その時々の恋人だった彼女たち。バンコクで出会ったあの子たちをよく思い出すことがあります。


We are strangers by day, lovers by night. Knowing it's so wrong, but feeling so right
I guess that two can play the game of part-time lovers.
You and me, part-time lovers. But, she and he, part-time lovers

Part-time lovers,Part-time lovers,Part-time lovers

限られた時間の恋人、僅かな時をすごすだけの恋人、君と僕はそんな束の間の恋人なんだ・・・。

maxresdefault (14)

 なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


Like a Vergin & We look for Diamond (特派員Report~泰国的夜世界)

いつものパタヤを感じて深い眠りについた後は、少し遅い朝を迎えてまずは Breakfast 。

今日は天気がとてもいい。僕らがとるホテルはいつも Beach Road のOcean View 。やっぱり南の海風を感じていたいじゃないですか。カーテンを開ければ海。少なくとも気分は大切にしたいですよね。

Kさんから早速「夏を感じる」PATTAYAの動画と写真が送られてきました。



Breakfast in PATTAYA

8月の風を 両手で抱きしめたら イマジネーション 飛び立つのサヴァンナ
輝く銀色のセスナは ふたりを乗せ 遥かな国境を 今 越えるよ
たいくつなイルミネーション ざわめく都会のノイズ
ステレオタイプの毎日が ほら蜃気楼の彼方に消えてく
One and only darling 駆けぬける ゼブラのストライプ Fly with me, darling 舞い上がる 砂の嵐
世界でいちばん熱くひかる夏 もうこのトキメキ 止めないで

コンパスはいつも ほら南を指してる もうすぐよ きらめくシャングリラ
永遠に終わらない ふたりの夢の中で 遥かなオアシスにたどりつくの
モノトーンの時間が いつの間にか奪っていった 心の中のジュヴナイル とりもどすのよ あなたと一緒に
One and only darling 流れ落ちる河の水しぶき Fly with me, darling 舞い上がる虹のスコール
世界でいちばん大きな太陽 いつまでも夏を焼きつけて

Hold me tight, darling 8月の風を抱きしめて Fly with me, darling 飛び立つの ふたりのサヴァンナへ
Hold me tight, darling 駆けぬけるゼブラのストライプ Fly with me, darling 舞い上がる砂の嵐
世界でいちばん大きな太陽 世界でいちばん熱く光る夏 世界でいちばん愛してる



「午後からはビールでも飲みながらダラダラとしてみます。また、連絡します」

パタヤでは時間を贅沢に使いたいですよね。日本から肉食目当てに来た方々はとにかく、物色、物色という感じが目につく人が多く、まあ、わからないでもないですが、少なくとも格好良くはないかな?

パタヤは喧騒もあるけど、気怠いような空気も充満していて、時がゆったりと進むという感じもあります。Beach Road をゆっくり海を見ながら歩いてみるのも悪くないです。僕らがここで出会った女の子たちに "Like a Vergin" のふりをしてもらいたいように、僕らもちょっとカッコつけたいかな。



「今日は14時にソイ6が本当にやっているのか、確認しようと思って来てみました。本当にやってましたね。恐らく賄賂を上乗せしたことで、許されていると知り合いのママが言ってました」

8889876-Soi-6-Pattaya-0

ソイ6は紛れもなく「性」を売り物にしている街。でも、それがどうこうということではなく、街の風景として自然に彼女たちは存在しています。小さな子どもたちが無邪気に遊ぶその横で女の子たちがファランと談笑する。物を運ぶ車やバイクが絶え間なく行きかう。生活の場がそこにはあり、無邪気に笑う彼女たちがいます。良い悪いではなく、パタヤという街が長い年月をかけて創ってきた原風景がソイ6と僕は来るたびにいつも思っています。何となく歩くといろいろなものが見えてきます。

bar7

SOI 6

Kさんはソイ6で何人かの子と夕刻までまったりされたようです。

すぐに上の部屋に上がりたがる子よりも本当にいい子たちは明るくて、話をよくする無邪気な子ですよね。僕らはつながりを求めてソイ6に来ている訳で、それは少なくとも即物的なつながりじゃなくて "Like a Vergin" のような笑顔に会いたいのですから。

KさんからLINEで送られてきたソイ6の笑顔を少しばかり、ご紹介します。

 「この娘はイサーン・ブリラム出身の29歳。過去に何人も日本人の恋人がいたという2児の母。年の割にはまだまだ可愛いです」

Soi6 girl2

soi6 girls3

 「この娘はイサーン・コラート出身の21歳。身長145cmで小さな子で子供っぽいですね。ちょっと生意気だけどよく連絡をくれる凄く可愛い子です」

soi6 girls4

Kさんはソイ6でゆっくりとした贅沢な時間を感じた後、喧騒のWSへ。WSは7時から8時にオープニングするGOGOが多く、そろそろ賑わい始めているでしょう。お盆休みも本格化し、日本人旅行者もすごく増えてきている様子です。

Pattaya Walking Street Go-Go Bars/Pattaya Nightlife

「昨日に比べると天気も良いせいでしょうか、WSは凄い人です」

WS 06

「まずは日本人御用達のBACCARAへ。今はオープニングを見てから、そのまま飲んでます。綺麗ですけど人造人間ばかり(笑)。あとタトゥー率が高いです。日本人が今日は多いですね。客の約8割かな? 女の子も多くて2階もあるから80人ぐらいはいます。横で涎を流しながら日本人オヤジが見てます(笑)。オヤジが大変なことになってますよ、興奮しちゃって。まあ、確かに美人が多いですね。でも、僕は全然つまらないのでとっとと出ます。これからアクティブ系のGOGO、行ってみますね」

Baccara-A-Go-Go

BACCARA 01

baccara pattaya

baccarapattaya026_large


「BACCARAを早々にチェックビンして、例のGOGOの提携先に来てみました。さすが姉妹店ですね。アクティブ度全開でした。19歳の子が目の前にいたので、ちょっとイタズラしていたら、シゴかれて危うく・・・でした。お返しをしておきましたけどね(笑)。日本人はまったくいません。快適です。ここはやはり若い子が多いですし、超コミュニケーション型なので合格点です。きっと遅い時間ほど、この雰囲気からしてもっとカオス状態になりますね」

bath-gogo
naughty-Thai-girl-in-gogo-bar

「センセーションズに入りました。日本人7割ぐらいですね。バカラより女の子は多いかも。綺麗な子が多いですが、やはり私にはつまらないです。下の写真は前回、ペイバーした子なんですが、センセーションズに移ったと聞いたので来てみましたが、いませんでした。すごく明るい良い子でハジャイ出身の21才なんですが、やはり移り行くのは早いですよね。彼女がいないので早々にチェックビンします」

 
Kさんの思いは通じず、行方がわからないまま。出会うは別れの始め。それがPATTAYA・・・・。
Sensations 01

Sensations 02

「そのあと、エレクトリックブルーとドールハウスに入りましたが、今日はドールハウスの方がノリが良かったですね。どちらも日本人は少なくて3~4人でした。ドールハウスのスリン出身の子が、細くてスタイル抜群、性格も良かったのでつい勢いでペイバーしてしまいました。とてもいい子です。スリン出身ですが、色白で21歳と言ってます。本当にすごく気のいい子でラインも交換したし、また会いたいと思っちゃうほど。やはり、性格です。今はカオマンガイを一緒に食ってます」

 日本人が御用達ではないDoll house。まあ、人によりますがコミュニケーションタイプの店なので「カー」というカラスのようなタイの子たちのタイ語がうっとおしく感じる方はこの手の店はダメ。お餅の子をじっと見て選ぶような鑑賞重視の方はBACCARAかSensationsがキレイ系が多くていいかな。僕らはコミュニケーション重視なので、こういう店の方が楽しいですね。
Doll house 01

Doll house 02
Doll house 03

 Kさん、今回唯一の Pay Bar お嬢さん。とても笑顔が素敵な子です。実際のReportは当然ボカシなしですが、アップは現役バリバリなのでガウスぼかし強めにかけてます。Pay Barするならば、話してて楽しい子、一緒にいて時間が短く感じられるというのが必須条件でしょう。体のつきあいと心のつきあいは必ずしも一致しません。外面の美しさは内面から。少なくとも僕らの前では "Like a Vergin" 。
doll house 01

 タイめしの定番、カオマンガイ。これが癖になる旨さなんですよ。
Image_e409eca

「今はサファイアクラブ。物凄く盛り上がってます。日本人は1割もいないかな? 女の子は綺麗だし、ちゃんと踊ってます。ここはやはり、かなりいいですね。客はファランがほとんどです。綺麗でスタイル良い子が多くて、しかもダンスが本格的。これならコヨーテも許せます。サイボーグはいません!100%。ここはしばらく来てませんでしたが、一時期よりずっといいですね。とにかくスタイルの良い子ばかり集めていて、センセーションズとすごく違うのはしっかりと踊りますから、見ているだけでも楽しめます。遅い時間だったせいもあるかもしれませんけど、あの盛り上がりは必見です。たった30分ぐらいの短い時間でしたが、ステージ上のダンサー全員にテキーラ進呈の鐘を3回も聞きました」

 僕がお気に入りのSapphire Club。今回はKさんも久しぶりに行ってくれてレポくれました。楽しい雰囲気が今も継続しているようで良かったです。ただ、肌が小麦色のドメスティック、無サイボーグの典型的な天然娘集合・GOGOですから、好き嫌いは別れるかもですね。
Sapphaire Girls

Sapphaire Girl 01

「ちょっと趣向を変えて、先程、エンジェルウイッチでショーを見てきました。なかなか良かったですね。日本人はゼロ(笑)。客も5人でした」

「今はWSに戻り、ペパーミントてす。そこそこ盛り上がってますね。日本人率20パーセント。まあ、この時間になれば、日本人観光客の皆さんは、ほとんどお持ち帰り済でホテルで頑張っていることと思います。もう2.3軒廻ってみます。」

peppermint pattaya_large

peppermint pattaya

「今日は体に鞭打って頑張ってみました。ペパーミントの後はまたソイ15に戻ってワッツアップに行ったんですが満席で入れず、仕方がないので前にあるミスティを見て帰りました。店は狭いですが、あの時間に満席は凄いですね。ワッツアップはモデルのような美人が多いんですよ」

19399550_1705246266438861_2727626633126387861_n

What's up 01

What's up 02

「今回は日本から来ている友人と一緒だったので、バカラやセンセーションズにも行きましたが、一人ならまず行きませんね。時間の無駄です。気持ち悪いほど日本人がいますし。逆にあそこで楽しめる方はある意味凄いなと思ってしまいます」

「明日、バンコクに戻ります。もちろん、バスですよ(笑)」

Baccara-Dancers

GOGOに行く目的はきっと人それぞれ。求めるものも違うし、「何がいいのか?」は個人によって大きく差があることは当然のことです。みんな、それぞれ好きな「ダイヤモンド」の形も輝きも異なっています。僕らには僕らの彷徨い方があります。でも、それはそれ。大切なことは誰もがこの街に来たら、心の扉を開き、疾風のように時代を駆け抜けている "PATTAYA" を楽しむこと。それに尽きると思います。

「まだまだ、たくさんのダイヤモンドがこれから見つかりますように・・・・・」


冷たい泉に素足をひたして見上げるスカイスクレイパー 好きな服を着ているだけ 悪いことしてないよ
金のハンドルで街を飛び回れ 楽しむことに釘付け ブラウン管じゃわからない 景色が見たい
針がおりる瞬間の胸の鼓動焼き付けろ それは素敵なコレクション もっともっと並べたい
眠たくても 嫌われても 年をとっても やめられない

ダイアモンドだね いくつかの場面  うまくいえないけれど宝物だよ
あの時感じた 予感は本物   今 私を動かしてるそんな気持ち

いくつも恋して順序も覚えてkissもうまくなったけど 初めて電話する時にはいつも震える
プレゼントの山 埋もれもがいても まだ死ぬわけに行かない 欲張りなのは生まれつき Partyはこれから 
耳で溶けて流れ込む媚薬たちを閉じ込めろ コインなんかじゃ売れない 愛をくれてもあげない 
ベルトをしめて プロペラまわし 大地をけって 飛び上がるぞ

ダイアモンドだね いくつかの場面  うまくいえないけれど宝物だよ
あの時感じた 予感は本物  今 私を動かしてるそんな気持ち

何も知らない 子供に戻って  やり直したい夜もたまにあるけど
あの時感じた 気持ちは本物  今 私を動かすのはダイアモンド

PATTYA 01

  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Material girl (特派員Report~泰国的夜世界)

8月中旬、タイの特派員Kさんが友人とパタヤに行かれて、今の "Crazy Town" の様子を伝えてくれました。バンコクから当然、バスで出発。わずか110バーツ(現在の為替相場:350円ぐらい)ほどです。日本からの皆さんは普通、タクシーで行かれることが多いようですが、パタヤまでのバスはとても快適です。僕らは無駄な経費は削るのは基本中の基本ですから、安全とある程度の快適さが確保されれば当然ながらバスをチョイスということになりますね。

20151012172156

KIMG3416-644x483

昼過ぎにホテルにチェックイン後はすぐに女の子を物色しに・・・・みたいな無粋なことをKさんも僕らと同じで当然しません。まずは、この南国の海風を感じたいところですよね。

 Kさんによるパタヤのいつもの風景。天気はまあまあかな


そんなときはまず、カフェレストランかBar Beerでゆっくりしながら、気分をリゾートモードに少しずつ変えるのがルーティンでしょう。

7762_report_1_2

まずは行きつけのBar Beerで一杯。そのあと暑さにはうまいタイのちょい辣味かナンプラー味のおつまみを少しいただくのが基本。その後、ヤムウンセンかソムタム(いずれもタイのサラダ)なんかのサラダがやっぱり夏は旨い!

bandicam 2017-08-15 16-26-39-646

「ソイダイアナのバービアです。10年前はゴーゴー嬢だったそうです(笑)。みんな気のイイ連中ですよ」

Image_175b462

夕刻すぎからはちょっとソイ6の様子を実地踏査。ソンテウで移動するのがパタヤの基本ですが、いつもながら日本人の乗車率は多くはないのでしょう。Kさんも気軽なようですね。日本人観光客の場合はWSとソイ6両方への徒歩圏にホテルを確保することが多いようで、ソイ7、8あたりにいることが多いです。海岸沿いにフリーランスの子を見ながら、キョロキョロしたりして同じような出で立ちしてますからすぐにわかります。襟を立てたポロシャツなんかも特徴的な日本人ファッションですよね。

sonteu



それとこれはバンコクでもなんですが、日本人はポシェットタイプの小型ショルダーバックをたすき掛けにしていたり、ウェストバッグを腰に巻いたりしていることが多いので、すぐにわかります。タイは抱きつきスリや女の子と思って声をかけるとLBで、仲間の2~3人で囲まれてバッグを盗られるという被害が多く、注意が必要ですよ。ムエタイなんかの心得があるLBなんか、ザラにいます。

パタヤで日本人がレディーボーイにリンチされ脱糞被害。

パタヤで土曜深夜、泥酔した日本人男性がタイ人にからんでKOされる!
ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-7

このReportのやりとりをしているときにKさんに「僕も財布とスマホだけもってすぐに行きたいですよ」という冗談をLINEで書いたりしていましたが、それは事実で最も重要なことは「身軽」ということです。それと必要最低限のものだけ、安全をできる限り確保できるように持つというのが、僕らの鉄則ですね。

僕の場合、彷徨い用グッズはパスポートまたはIDカード、財布(必要なカードとピンチがあった時用のクレカ1枚)、スマホの3点のみですね。まあ、あとタバコとライター(笑)。それをボタンではなく、必ずチャックやバンドのついたポケットが手前から奥方向に最低3つある小型のウェストバッグに入れて、たすき掛けにして胸の前に来るようにしています。腰に巻かないのがポイント。

 愛用のPRADAの小型ウェストバック。バンド止めがあるとさらに安心。
55421210-1

僕のやっているスタイルはタイ以上に危険な中米とか南米で確立しました。参考にされてください。

 たすき掛けのポーチやショルダーバックは横や後ろにバッグがいくことがあり、ひも部分に余裕もあるので、カッターや大型のはさみなどで切られやすく、引っ張られて取り去りやすいので絶対にアウト。

 ポケットがひとつだと少し酔ったりするとき、スマホとか出す時に他のものを誤っておとしやすいのと整理が悪いとすぐに必要時に物がパッと出せません。ただ、大型タイプのウェストバックはダメ。

 パスポートやIDカードは最も重要なので、一番奥のポケットに入れる。パスポートやIDカードはカラーコピーを財布に入れて持っていて、事件に巻き込まれたらまずはそれを見せるようにしています。警官などのフリをしてパスポート出せと言われて預けてしまうと、そのままダッシュで持ち逃げされて終わり。カオサンあたりで売ってる偽身分証明や偽パスポートの原材料にされてしまいます。

 ウェストバッグは腰に巻かない。後ろからバックルを外されやすく、腰の横や後ろになどにバック部分がいくことがあり、後ろから手を回されても気が付きにくい。

 使う金は財布には入れない。ポケットに少額の紙幣や硬貨を入れておき、そこから使う。なくなったら財布から安全な場所で補充。財布から金を出すといくら持ってるか財布を覗き見する輩がおり、つけられたりして人気のないとこやグループでやられる可能性があるので基本、僕はいつも裸銭です。

 物売りの子供などは油断していけません。特に背の小さな少年少女には腰あたりにウェストバックしているとやられます。フリーランスの子はもっと要注意。もし、一緒に部屋に入るようなことがある場合は怪しい飲み物は口にしない(睡眠薬などが入っている可能性あり)、トイレやシャワーは貴重品持参。

それと靴はサンダルでも必ず踵が固定されるもの(逃げれる、走れる、踊れる、足場が悪くてもOk)、シャツはTシャツとかポロシャツではなく、基本、ラルフなんかの前開きのボタンダウンシャツ(前開きが重要でいざとなればバックを素肌にしてその上からシャツのボタンを2~3個とめる)、ズボンは耐久性のあるチノクロスのパンツかショートパンツという格好が多いです。

images

さて、Kさんは夕刻のソイ6へ。ソイ6は夕方6時から営業開始するようにという通知が当局から出ていますが、午後2時頃から多くの店が始めているようで、以前と状況はあまり、変わっていないようです。ただ、GOGOもそうですが、未成年雇用と外国人雇用に関しては極めて厳しく対処されるので、一昔前のように驚くような年齢の子とか近隣諸国の子はまったくいなくなっているようです。

Bar-Pattaya-Soi-6-Sexy-Girl



「私はレディの食事を見ながら飲んでます」

 ソイ6というとすぐに上の部屋に上がってしまう人が多いのですが、まあ、そんな無骨なことはちょっと・・・というのが僕らの流儀。やっぱり、店先でまずはゆっくりご飯。気持ちが通じてないとただの肉食系の物理的行為になってしまいますよね。ディナーと同じで前菜➜メインディッシュ➜デザートといったぐらいに段取りをていねいに踏んでいくことが重要と思っています。
soi 6 01

soi6 02

soi6 03

「この娘はイサーン・サコンナコーン出身の22歳。話を訊くとファランにどうやら仕込まれてるようですね(笑)。スタイル抜群で特にお尻が最高に綺麗、とても優しくて楽しい娘です」

Soi6 04

「今日は意外にも人が少ないですね。恐らく有名店は日本人だらけですが。これからWSに向かいます。」

 ソイ6の夜の賑わい。まさにCrazy Town。2017年も今のところは変わりなく存在。


さて、Kさんはソイ6でまったりした後は、少し暗くなってきたWSへ。まだ、時間が少し早いこともあってまあまあの賑わいのようです。日本人客は時間きっちりだから、GOGOのオープンにもう、入っているのでしょう。

 夕刻のWS.まだ、人が少ないですね。でもバカラとかはもう日本人だらけなんでしょう。
WS01

パタヤは夏休みということもあって、日本人と中国人が多いようです。特に中国人が激増しているとのこと。

「しかし、中国人が多いですよ。ガイドが旗を持ってるでしょ。半端ない人数です。最近、パタヤの街中から車で40分程度のところにあるウタパオ空港を整備しまして、中国の一部都市からの直行便を増やしたようです。益々、増えますね。このぶんだと」

「21時半のWSです。かなり人が増えてきました」

WS 02

まず、Kさんは僕もよく行っていた休業中との情報があるベネルクス系のGOGOへ。ここは本当に面白い店で日本人はほとんど遭遇せず、楽しく女の子とすごせる店で、長年の利用者(笑)なんですよね。
日本人の多くはBACCARA、Sensationsといった女の子の頭数が多くて白肌モデル系が多い店に行って、基本、どの子をお餅するかということ狙いなので、僕らとは少し方向性が異なるので、ありがたいことです。

ただ、日本人が多くいる有名GOGOの子たちの多くは "Cybernetic Organism" で "Material Girl" です。基本的にkさんも僕も ”Domestic Pure Girl” 志向なので、あんまり日本人が多い店には行かない・・・というよりは行く店に日本人が来ないといった感じですね。

「例のGOGOの入口です。店員がいたので聞いてみましたが、19日から再開と言ってました。現状は同じような内容かは分かりませんね。スタッフが移動したというXXXXXにこれから行ってみます。本当かどうか分かりませんが、やはりリノベーションと言ってましたね」

WS 03

「新店に入りましたが、あのGOGOの子たちが来ていますので、物凄い人数でした。内容的には同じ制服を着て踊ってますが、ちょっとアクティブさはちがいます。ノリはさすがに良いですけどね。まあ、それなりに雰囲気は継承しているといった感じです」

「ここは簡単に言うと、例のGOGOのマットが無くなった感じです。嬢のノリはいいですよ。なんせあの店の嬢ですから(笑)。でも、色々WSの様子と状況を見たかったので、30分ぐらいで出ちゃいました」

WS 04

「この後、新しくなったマンダリン、知り合いのママがいるDクラブとフェロモンクラブ、ソイダイアモンドのスーパーガールとニュースターなんかを覗いたんですが、マンダリンなんかは数年前まではイサーンから出てきたばかりの危ない年頃の子が沢山いたはずなのに、今は20オーバーの綺麗なコヨーテが入っていますので、他と変わらなくなってしまったなと」

コヨーテにはコヨーテの良さがありますが、やはりGOGO嬢にはGOGO嬢の良さがあります。当然ながらそれは人によって求めるものが異なってはいますが、気楽につながりをもてたり、一緒に出歩けたりするのはやはり、 "Material Girl"  をあまり感じさせない、そして性格のいいGOGO嬢ですよね。

バンコクのGOGOで流行りの路線のコヨーテ導入が、ここパタヤにも少しずつ入ってきているのはまちがいありません。それとかつては「危ない年齢」が疑われるような子も結構いたパタヤは、もう消滅しています。海岸沿いにいるフリーランスの子などもそのような子はもう、今はいないでしょう。未成年問題はこのような夜世界では必ずアキレス腱になりますから、それはそれで良かったことだと僕は思っています。やはり、トラブルになる元は断ったほうがいいに決まっています。

 PATTAYAのBeach Road 2017。フリーランスの娘が並ぶのはいつもの風景。


午前2:30のWSは、まだまだ多くの人で賑わっています。"Material Girl" をPay Barしてホテルに向かう日本人たちを尻目にKさんは一人ソンテウに乗り込みました。誰も乗っていないソンテウは快調に Second Road を北上しながら疾走していきます。

夜風が気持ちいい。喧騒のCrezy Town "PATTAYA" の熱い夏は明日も続きます・・・・・。



WS 05

  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


Dance! Dance! Dance!(泰国的夜世界)

特派員のKさんが今日11日にパタヤに到着、早速、彷徨っているようでいろいろな報告がLINEで届きます。夏休みということもあって、泰国夜世界の特集をもう少し続けたいと思います。

タイというと日本人の場合はタニヤのカラオケかクラブ、MP関連、GOGOというのが三本柱ですが、非常にローカルな小箱のローカルなKTVやDJクラブ、それと大規模なDJクラブやLIVEがあり、非常にエネルギッシュな雰囲気が満ち溢れています。

maxresdefault (5)

僕は当時、よくナナ・マンダリンの子たちとブラブラショッピング➜食事➜DJクラブかカフェへというコースで出かけることが多かったです。.。タイに来られる旅行者の方の中にはBar Fineを払ってすぐにホテルへお餅みたいな人やテーメカフェに行って速攻で相手を見つけるという短期勝負・肉食系の方が結構いますが、僕はどちらかというとゆっくりとすごすというパターンが好きでしょうか。

先日、特派員のKさんとLINEでやりとりしていたとき、住居部分のサービスアパートメントになっているところに、この夏に入ってから日本人旅行者が何組か短期で泊まっており、まあ、酷いもんだ・・・・と嘆いておられました。

夜中にエントランスあたりで酒に酔っているのか、女の子を連れてきて大騒ぎをする。エレベーター内での喫煙や飲食、ゴミのポイ捨て、公共物の乱雑な使用と破壊・・・・。恥ずかしくはないんでしょうか。「旅の恥は書き捨て」「よくわからなければ、出たとこ勝負で何とかしちゃえ」精神のようなものは現地でタイ社会とビジネスなどで接点をもっている者にとっては日本人の信用失墜以外の何者でもありません。

学校の勉強と同じで予習は極めて有効だということはもちろん、「地球の歩き方」的な各ポイントの"How to"だけではなく、その国の文化や社会構造、習慣を学ぶことの方がはるかに重要だと僕は思っています。「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」という言葉の通りです。

jpg

基本的に僕は遊ぶのは外で・・・・と思っておりますので、女の子と出かけるときも夜半過ぎまでカフェやDJクラブにいることが多かったです。DJクラブは本当にエネルギッシュで躍動感があり、日本の比ではありません。地球の赤道との距離に反比例していると感じます。日本➜台湾➜タイといった感じで南に下がるほど活気がどんどん強まっていくように思います。ダンス文化が子供の頃から浸透していてヒップホップなどには自然に体が反応する子が多いですね。

GOGOの子などは仕事で踊ってるので疲れているし、もう踊り飽きてるのでは?と勝手に思ったりしまいますが、まったく・・・・といった感じで、Bar Fine後もDJクラブとかに行こうとか普通に言いますよ。

 タイではコヨーテがひとつの職業として確立しています。野外で改造した大音響車の上に乗ってコヨーテが踊り、チップをもらうといったアウトサイドのダンスショーもさかんに行われています。
COYOTE1

 タイでは一般的なコヨーテショー。もらったチップは胸のブラの隙間に挟み込み。



僕が最も忘れられないDJクラブはダンノックの「Paragon」。詳しくは以前書いたブログ記事を参考にしてほしいのですが、超強烈なディスコクラブでした。とにかく音量と人の陶酔状態が半端なくて、こんな世界があるんだ・・・・と思ったのが今でも印象に残っています。

 当時の"Paragon"の様子です。大音響過ぎて、動画を撮っても音が割れまくり。普通の人間なら頭がおかしくなるレベル。踊っている人間も何かに取り憑かれたように踊ってて、踊ってる人たちの表情に恐怖感すら覚えました。テロによる爆破・火災の後は行っていないのですが、復活したのでしょうか?
maxresdefault (7)


バンコクはラマ9世通りから出ているRCA(Royal City Avenue)という曲線の道路附近に複数のクラブが集まっていて、アソークからラムカムヘン方面に行ったあたりの途中なのですが、交通はとても不便です。行く時はペッチャブリー通り側からRCAに入るところあたりに日本食レストラン(旨い)があってそこでまずはご飯。そこからブラブラとRCAに沿って北上(結構距離がある)しながら良さげな小さなカフェバーやクラブを覗くという感じが多かったかな。タイの若者のナイトスポットといった感じですね。

僕がタイにいた頃はまだオープンしてなくて僕は行ったことがないのですが、今は”ONIXS"の評判がとてもいいようですね。

19

onyx1

Onyx Model

RCAのONYXに行くちょっと手前にある”Route 66"は古くからあって、何度も行っていますが、現在の画像をみると随分と改装を重ねたようです。ここはエンターテーメントクラブのような感じでだだっ広いダンスフロアというつくりではないので、本格的にDJクラブの雰囲気を味わいたい方にはちょっと物足りないかもです。行くとわかりますが、なかなか独特のつくりで大箱ドーンという感じとは異なります。入場料も外国人はかかりますが、タイの女の子は無料だったように思います(違っていたらごめんなさい)。

Route66

タイのDJクラブも一応ドレスコードはあって、入場時に身分証明書も普通は提示します。タイの子はバート・プラーチャーチョン(IDカード:重要なタイ語)を携帯しており、在留の日本人も外国人用のピンクIDカードがあればOKですが、観光客などの外国人はパスポートになるので持っていかないといけません。正直、なくても連れの子がプラチャーチョン持ってれば大丈夫なことが多いですが、まあ、トラブルに遭遇したときのためにもあった方がいいですよ。今は軍政で厳しいから特にですね。

Route-66-Bangkok-6


でもナナやソイカからRCAはちょっと距離もあるので、一番良く行ったのはナナの"Insanity"です。

 かつての"Insanity"。スクンビットに面していて、立地は最高でした。日本人は少なかったですね。あのあたりを夜中にふらついている日本人は、ナナからアソークに向かう途中というとテーメーカフェとかに行く人が多かったように思います。今はKさんの報告によるとスクンビットの通りにあった屋台やオープンテーブルは当局の指導でなくなってしまったとのことですが、あのローソクの灯されたテーブルで女の子とちょろっと飲み食いしてから行くというのが良かったんですけどね。
S__48537605-1024x768


実はバンコクのクラブはホテルの地下にあることが結構あって特にスクンビット附近のクラブは朝4時頃までやっています。GOGOは2時までなので、うまく客を見つけられなかった子が新たなキャッチをするために来たりもしています。ナナホテルの地下にかつては怪しいクラブがあったのですが、もう3年近く前に閉店してしまいました。ソイ11のアンバサダーホテルの地下にも”Climax"というクラブがあり、ソイ20のウィンザーホテルの地下にはテーメカフェと同様な目的で男女が集まるクラブが知られています(僕は女の子としか行ったことがないのですが)。

  Climax Club 。まあ、いろいろな目的の男女が集まっています。それなりに面白いですよ。


"Insanity"はどちらかというと怪しい雰囲気の漂うスクンビット界隈のクラブの中ではかなりしっかりした店で女の子と行くのには適しています。現在はネット情報によると7月下旬にソイ11の少し入ったところいに移転し、リニューアルしたようです。移転した今はどうかわかりませんが、ムエタイやイベントなども当時は時々やっていました。

S__2088973-1024x768

S__2187319-1024x768

それとタイの場合は基本的にしっかりしたクラブに行かないとドラッグや暴力沙汰、盗難などのトラブルに巻き込まれる可能性もありますし、ナンパしてタイの子とうまく・・・・などと考えるのはやめておいた方がいいです。日本人の場合は基本的に「カネ」を持っている、「断りきれない」と思っている子も多く、積極的な子ほど危ないです。安易にローカル系は行かないほうが無難です。

ただ、ある程度、自分でピンチを脱出できそうなら、クラブ系の店はできる限り、女の子とともに行き、ローカル店で時間を楽しむことに限ります。一番大切なことはトラブルの際にタイ語ができる子がいて、現地の解決方法(日本とは慣習や考え方が違います)がとれることで、そのためにはある程度、信頼できるタイの子と一緒に行かないといけません。

それとタイの子の場合、ダンスはほとんどの子が好きで日本人とは異なるようなリズム感の良さをもっています。だから、一緒にダンスすると楽しく汗をかけることも多いですね。

  タイのどローカル店のクラブ系はこんな感じ。まったく、照明やインテリアの工夫はありません。ただ、酒を飲んで激しい音楽で踊るという完全陶酔の世界。川向うとかカオサン、シーナカリン方面に行くとありますよ。入場料は基本なしか、100バーツ程度。タイの子と行かないと日本人では絶対にたどりつけません。信頼できるGOGOの子と一度は行ってみてください。新たな価値観が生まれます。





 とにかく若い頃からDance! これがタイ。天性の腰の動き。タイのコヨーテ予備軍、恐るべし。









それとコヨーテクラブやエンタテーメントを楽しめるような店も多く、ダンサーや歌手に花輪を買って首にかけてプレゼントしたり(チップ替わり)、生演奏を聴いてゆっくりしたりという展開もすごくあります。

 まあ、コヨーテクラブはこんな感じですね。GOGOよりも大規模なことが多く、食事も楽しめます。やはり、ショーとダンスが一番の見ものなので肉食系が主目的の人はつまらないかもですね。




 この手のクラブはとにかく、DJクラブの”Paragon”ともにかつて何度か行ったボーダータウンのダンノックが最強。これは”Hellow Bangkok"の当時の映像。まったくもって異世界。忘れることはできません。



 こちらはダンノックに行く拠点のハジャイ”The Dome"。南部はテロだけじゃなく、ショーも爆発。

 

北のウドンタニに行った時に場末みたいなウドンホテルという所に泊まったのですが、ディスコのような?クラブのような店が併設されていて行ってみたことがあります。日本人はまったく僕一人だったのですが、皆で生バンドの演奏でビール飲みながら踊ったりしてとても楽しかったのを憶えています。バンコクやパタヤはファランなども結構いますが、さすがにウドンは99.9%がタイ人。コンラオの子が混じっているという雰囲気でした。

 ウドンタニのクラブの雰囲気。こんなタイ、大好きなんですよね。

 イサーン方面に来ると一気にドメスティック度がグーンと上がります。タイを実感。
isaan nightlife girls

 バンコクのこの手の店で一番良く行ったのはシーナカリンの”Florens”"The Sky"です。総合的なエンターテーメントの店でショーを見ながらくつろぐこともできるし、個室KTVでいろいろと(笑)驚くべき展開も当時はいっぱいありました。今は多少は変わったのかもしれません。やや都心から離れたところにあって、遠いです。タクシーでビューンですね。
Florence-Club1


The Sky


 LIVEというよりは「歌謡ショー」といった趣きのタイ得意の生バンド演奏と大量の女の子のダンス。こういうのを見ないと、やはり本当のタイの楽しみ方を極めることはできないと僕は思っています。ダンスというのはそれぞれの文化が内包されていて見ているといろいろなことを感じます。






 LIVEでの盛り上がりは半端じゃありません。タイの子の陶酔感はヤバイほどですよ。



 タイでは生活の中にダンスが根付いていて、学校でもこのように先生をはじめ、みんなダンスをするようです。あの独特のリズム感は小さな頃から自然に身についたものなんでしょう。


 日本企業もその国のダンス文化を取り入れてイベントを行っています。台湾のYAMAHAとはまた、ちがうダンス系統です。台湾は日本に近く曲に合わせて踊る感じですが、タイの場合はこのスピード感あるヒップホップを中心とした大音量で激しくダンスするのが特徴。




タイにはいろいろなダンスシーンがあって、自分の好みのスタイルでチョイスすることができます。お決まりの日本人ナイトライフパターンから少し違うタイのドメスティックな雰囲気を味わってみるのも悪くはありません。一面しか見えなかった「タイ」という国の新たな断面が見えてくることにつながることは間違いありません。

「タイを楽しむ」ではなく「タイで楽しむ」に変えてみませんか?

Crush Wednesdays at CE LA VI Bangkok

maxresdefault (3)

 最後に2017 Super Coyoteの躍動感あるDance! Dance! Dance!  何と1000万アクセス! 4Kの素晴らしく美しい動画です。夜空に映える彼女たちのDanceする姿は神々しさすら感じます。思わず見とれてしまいますね。
これがThai Coyote Girls。必見!


今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


พัทยา~PATTAYA(特派員Report~泰国的夜世界)

バンコクのGOGOでコヨーテの導入が進み、多くの店が小奇麗になってきており、摘発が仮にあったとしてもすでにほぼ健全化?されてきていることは前回、お伝えしました。

では、パタヤの今はどうなんでしょうか?

パタヤにはいろいろな選択肢があって、ソイ3やソイ7・8あたりのバービア(Beer Bar Complex)でゆったりとすることもできるし、海岸でちょっとしたバカンス気分を味わうこともできます。海岸沿いには危ない感じのフリーランスの子もフラフラしていますし、ソイ6に行けばあの独特の雰囲気のバーがズラーッ並んでいます。

他にもMPやジェントルメンズクラブ、ライブやショーを楽しむことができるDJクラブやライブもたくさんあります。しかし、やっぱり何と言ってもパタヤではGOGOがメインなのに間違いはありません。バンコクに比べ、お遊び的な要素が強いのがパタヤの特徴ですが、KさんのReportによるとパタヤにも自粛ムードや規制の強化が少しずつ忍び寄ってきています。

19601102_1829136097402153_4257354851395724176_n

パタヤまではバンコクから約2~3時間。僕は普通にエカマイからバスに乗って行っていました。本数も多く、午前中に出れば、午後にはパタヤに到着し、バスも快適なので疲れることはありません。ただ、空港からのバスはパタヤに入ってからいくつかバス・ストップに順に止まっていくので、どこで降りるかはあらかじめホテルの場所などを確認して決めておいた方がいいですね。

パタヤに着いたらソンテウかバイタク(モトサイ)。ソンテウは極めてタイ的でいい加減なことが多く、僕はよく失敗します(笑)。客がいればいいんですが、あんまりタイ人が乗っていないソンテウだと運転手に相当強く言わないと、あっと言う間に降りたいところを通過されたり、運転手の気分で違うところに行かれたりします。降りる時に窓叩いたり、ブザーではなかなかね。2017年4月からはかなり、システムがきちんとされたということですが、何せタイですから(笑)。

songthaew-pattaya-have-people-1

レンタルバイクを市内で借りてもいいですが、パタヤの場合はかなり交通安全のマナーに問題がありますから、トラブルの可能性があり、警官に止められることも少なくはなく、あまりオススメはできないかなあ。パタヤは意外と広く、小道はアスファルトガタガタのことが多く、土地勘がないと厳しいです。土地勘ないとどうしても脇見運転になりますから、一旦停止しない車やバイクとガシャーンとなって楽しいはずのパタヤ滞在が一転します。そういう方を何人か見ています。お気をつけ下さい。

パタヤ~ソンテウ・モトサイ・レンタルバイクの使い方

 パタヤには人間の欲望すべてが渦巻いています。この街を彷徨うことは決して飽きません。もし、時間と少しばかり経済的な余裕があるなら、人生で一度ぐらいはこの景色を見ておいた方がいいです。
GINZA


次のサイト ↓↓↓ は最も秀逸なパタヤのサイトでGOGOの開店閉店状況やカテゴリー別のアイコン、パタヤMAPなど素晴らしすぎです。HomePageやfacebookなどのリンクもバッチリで、このサイトを見れば基本的な情報はすべて把握できます。あとは実際にパタヤを彷徨いながらの実地踏査ですね。

パタヤの最新情報はここで!最も正確な情報サイト~PGnet パタヤ ゴーゴー情報 Top

僕は基本的にWSから入るソイにある店に行くことが多く、喧騒が絶えないWSのGOGOは敬遠することが多いです。日本人にとってはソイカと同じようにBACCARAが一番人気なのですが、パタヤの場合は店舗数も格段に多いので、あまり一点集中という感じがないのが救いでしょうか。

 BACCARA、Sensationsと並ぶ大箱のSapphire Club。ファラン御用達のGOGOで知られており、やや日本人が少なめかな。PATTAYAの3大GOGOは様々なタイプの子がいて早い時間に行けば、好みのタイプに出会える確率は高いです。ただし、客も多いので落ち着く感じはないかも。この店はWSから少し入るので、大箱ではまだ落ち着く方ですね。
Sapphire Girls

 この店はいかにもタイといった色黒の子が多く、トロピカル系がタイプの人にはツボの店です。ただ、ファランを中心にどんどんBFされて、次々と女の子が出ていくので、早めに行くか、一回転終わった終了直前の深夜に行くかでしょうね。
Sapphire Girls 02

 それとバンコクではあまり見かけないのですが、ファランの女子客もちょくちょくいて
、座席でレズってるのも時折見ます。日本では男女ともに楽しめるということはまずないですよね。さすが何でもありのパタヤです。
Sapphire in PATAYA

 PATTAYA・WSのA Go-Go、Suger Baby。以前は人気店でしたが? 最近はXXXXXX店との連携もさらに深め、スリム系の可愛い子も増えて復活の兆しがあります。もう少し様子を見ないといけないですね。
Suger Baby 70

 XXXXXよりはおとなしめですが、可愛い子はこちらの方が多いですね。
suger Baby 01

Suger Baby 02

 PATTAYAの子は偽乳・整形のサイボーグ系も多いのですが、ここは平胸が多く、完全に夢莉路線です。
Suger Baby 02

実はパタヤには僕とKさんがよく行っていた或るGOGOがあります。かつては日本人とあまり会うことはなかったのですが、最近はチラホラと見かけるというKさんの報告がありました。Walking Streetから少し入ったところにある小箱でベネルクス系の名前の店なんですが、とてもアクティブで猥雑さに満ちたおバカ店のひとつです。まあ、参加型と言うんでしょうか、完全に時代に逆行しています(笑)。

 GOGO嬢の画像を紹介したSuger Babyとこの店は関係があります。コスチュームが似ているのも・・・・・。このGOGOのfacebookより、GOGO嬢の一部をご紹介。アホらしくなるぐらい面白い子が多くて双方向的に楽しむのがコツ。嬢もバカっぽいノリなので自分もバカになりきりましょう。早く休業が開けて欲しいなあ。
windmil1
PATAYA 00

ではKさんのこのGOGOの近況Reportから。

「私の赴任した5年程前は、楽しいオバケ屋敷(笑)といった感じで、 今日はこの子を連れ出して食事に行こう!などとはとても考えられない子ばかりでしたが、このところ女の子のレベルも上 がってきてまして、日本人が好みそうな娘もチラホラと見かけられるようになりました。砂被り席を抑えるのはかなりの運も必要ですが、ここでそこそこレベルの高くなった娘らにちょっかい出しながら飲むのは本当に楽しい限りです。たまに砂ならぬ変な液体が顔にかかって困ることがありますけどね(笑) 。ホームページを見ると『Our motto “pussy without attitude”.』とありました。モットーは挨拶代わりにアソコ...なんですね。挨拶なんてしないでいいからアソコを見せろ!って感じですかね。素晴らしい、流石です。(笑)」

 無口で無表情に見ているだけのような人はこの店に来ても楽しめません。あくまでも参加。
PATAYA 01
windmil2

しかし、何とKさんの報告によると、ここも店舗改装のために7月末から休業になってしまいました。ついにここも・・・・という悪い予感があります。コヨーテ導入や小奇麗な店内にして、雰囲気の一新を図るのかもしれません。現在ここの女の子は同じタイプの大規模系列店○○○○○(店名ではなく伏せ字)に移動しています。ただ、相変わらずのバカ騒ぎをしてくれているようではあるのですが・・・・・。

 現在は系列店に彼女たちは移動中ですが、系列店は70名ぐらいの大箱ですから、実際はどうかな?
PATAYA 02

ただ、バンコクと違い、パタヤはまだまだ元気なようです。しかしながら、ズーッと当局の摘発と警告は断続的に続いており、状況はよく見ていかないといけないと思います。

パタヤのGOGOはWSから入ったソイに実は面白いお店が多く、まあ、アクティブ系なのでそこは好みにもよりますが、いろいろな自粛が続くパタヤでもまだ、多少の元気が残っているGOGOがあります。

 WSから入ったソイの元気店1
PATAYA GOGO

 WSから入ったソイの元気店2
Doll House 01

D0ll House 02


 WSから入ったソイの元気店3
bandicam 2017-08-10 02-05-14-547

hottest

 この元気店3は超アクティブなので、ノリで次々と面白いことが起こります。
haven

 タイ全土からカネと豊かな生活を求めて女の子たちが、ここパタヤにやってきます。自分の美貌を武器に若い間だけできるつかの間の派手な世界へ。明日のことは考えない、それがパタヤかもしれません。
PATAYA GIRLS
PATAYA A GO-GO

 ナナ・プラザにあるマンダリンのパタヤ店も7月末から再開しました。
15400509_1842238706052762_1743226991087111160_n

 PATTAYA a Go-Go 2017。まだまだ、バンコクに比べればアクティブさは失われていません。トップレスや生まれたままの姿で踊る店も健在。ただ、過激さはだんだんと失われつつあります。



 パタヤの老舗、Happy a Go-Go。日本人客もいつも多く見かけます。長い間、安定のGOGOですが、最近は大量にコヨーテが導入され、かつての元気さはなくなってきました。残念。鍵はよろしく。


パタヤは典型的な歓楽街ですから風俗系の店だけではなく、過去、歴史的に暴力沙汰やドラッグ、未成年雇用などの関連捜査も多く、タイ人しか行かないようなPubやDJクラブでも摘発があります。酒に酔ったファランやドラッグを使ってラリってるタイ女など普通にいますから、「君子危うきに近寄らず」がパタヤの鉄則です。

 2017年2月14日のWS・GOGO捜査の様子。いつ来るか、まったくわからないのが今のタイ。


 2016年のGOGOの多店舗同時手入れ。未成年嬢がいないかが目的の摘発でした。
Officials Inspected Pattaya Walking Street(クリックすると当時のNEWS記事へJump)
thumbnail__MG_0152

 2015年4月にポーランド人男性に暴行を働いた容疑で手入れを受けたGOGO。ドラッグ使用の嫌疑も当然かかるため、尿検査は必須となります。現在はこの店は普通に復活して営業中。
Image
Image (1)


 こちらは2016年にドラッグを無料で渡して女子高生を吸引していたPUBの摘発。


「パタヤでも手入れは頻繁に行われているようで、6月下旬にもジ ェントルメンズクラブ「Rioja」であったようです。捕まったファランが間抜けで結構笑えます。ジェントルメンズクラブ(どこがジェントルだかよく分かりませんが (笑))は、パタヤ滞在中の昼間~夕方とかにちょっとスケベな雰囲気で まったり飲めたりするので、私もたまに利用するのですが、最近手入れのニュースが多くて少し怖いなと感じていて、やはりこのような、その場で行為に及ぶことができる店舗型経営の店は危険だなと思っております」

 歴史も伝統もあった老舗ジェントルメンズクラブ「Rioja」。ここの摘発は他のクラブへの見せしめ的な効果もあったように思います。


 6月下旬、白昼に突然あった手入れ。さすがに予期できないでしょう、これは。
rioja
rioja-4


「ソイ6なんですが、ここは昼過ぎからポツポツと女の子も出てきます。ソイ6のような猥雑で活気のある雰囲気も好きなので昼間に限らず訪れることがあるのですが、 最近はここでも警官がうろついているので、”どうしても”という場合には店舗に残るのではなく、女の子を連れ出して朝まで貸し切るのがいいと思います。普通は途中でリリースして一人でWSとかに行くことになるのですが、その方が安全でゆっくりできるんじゃないでしょうか」

「ソイ6は昼から女の子と飲めるなんて書きましたけど、実際には夕方18時前には営業してはいけない!とか布告が今は出ていますよね。実際にはまだ無視してやってるようですけど、 いずれ厳しくなっていく可能性はありますね。WSのGOGOなども閉店午前3時と指導されてるようです。最後の楽園も次第に魅力のない街になっていきそうですね。残念です」

規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか(クリックするとリンク先の記事にJump)

 午後ぐらいから活気を帯び始めるソイ6。規制はあっても実際は?でもルールが有る以上は・・・。



さらには8月に入って道に飛び出している看板の撤去命令が出されました。賑やかなイルミネーションとネオンに彩られたド派手なWSも、もうこの夏が見納めになるかもしれません。

PATAYA WS

Is this the beginning of the end for Walking Street? Bars ordered to rip down signs(クリックするとリンク先の記事にJump)

ある意味、信じられない街・パタヤ。タイ南端のダンノックに行くとさらにクレージーな異世界が展開されますが、バンコクから手軽に行けるクレージータウンと言えば、やはりパタヤでしょう。

bandicam 2017-08-10 02-04-01-402

20156075_640452786144092_869465492309417131_n

しかしながら、確実に時代の波はパタヤにも押し寄せてきています。人間が年月をかけて創り上げてきた、ある意味、刹那的な世界は砂の城のように少しずつ崩れていくのかもしれません。でも、そこに生きる人々のバイタリティは簡単には消えません。不死鳥のようなパタヤのエネルギッシュな世界が簡単には失われないと思いたいものですね。

「また、来週あたりパタヤに行くので、ちょっと様子見てきます」

特派員Kさんの言葉が耳に残ります。

Sapphire Club

  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Standardized a Go-Go bar in BangKok(特派員Report~泰国的夜世界)

バンコクでGOGOと言えば、パッポンナナソイカスティサンになります。しかし、タイのGOGOもここ数年で随分、変化が出てきたようで、Kさんからも最近の状況の報告をいただきました。

 ソイカ、パッポン、ナナ、2017。いつもながらのバンコク。でも少しずつ変化が・・・・。


 台湾のニュースでレポされているタイのGOGOの紹介。日本からの観光客の話題も・・・・。



タイの政治状況は目まぐるしく変化していますが、世界のコンプライアンス化の波とともに変貌していくタイの夜。それはGOGOも決して例外ではありません。

gogo

「最近はコヨーテの割合が増えてきていて、コヨーテとgogo嬢を混同した店がトレンドでして、若くてダンスの上手いコヨーテととにかくエロいgogo嬢という2通りの楽しみ方ができます。でも、コヨーテのくせにやたらとサービスの凄い嬢とかいますよ(笑)。まあ、gogo嬢をいつも横目で見ていたらそうなるんでしょうけどね。コヨーテと普通のgogo嬢との区別がつかなくなってきています。もう、ごちゃごちゃです」

 抜群の映像と音のOTTO TVの動画から2016年のナナ・コヨーテ特集。このところ導入店が格段に増えてきています。2016年6月のナタリー事件以降は急加速している感じですね。動画の下はOTTO TVのコヨーテ解説。コンパクトにまとまっており、掲載させてもらいました。


 今回はNANA PLAZA内のダンスを職業としているCOYOTEをピックアップしてみました。
バンコクの夜遊びといえばGOGO BARですが、GOGOで踊るCOYOTE嬢はここ数年急激に増えてきました。もともとCOYOTEといえばお金持ちのタイ人があそぶローカルコヨーテ(郊外におおくある高額な大人の社交場。ビッグアップルなどが有名 )として認識されていました。アグリーコヨーテという職業ダンサーとしても有名ですがここでは割愛します。

 COYOTE嬢とGOGO嬢のちがいは?
お店によって異なるため一概には言えません。出勤形態がちがっていたるため給与はCOYOTEのほうが高いことが多いです。そのためPB代金も高くGOGO嬢をPBするよりも高く設定されていることが多いです。SOI COWBOYほどではありませんがCOYOTEのいる店のドリンクは高く設定されていることが多いです。

blog_import_551ab42c37a93

まずはパッポンですが、タニヤと同じシーロムにあり、タニヤから女の子連れて流れてくる、いけすかない態度の日本人が多いこともあり、僕は基本的にはあまり行きませんでした。特派員Kさんからの報告もまずありません。僕は行くとしたら屋台でショッピングの冷やかしといった感じがほとんどで、偽モノのブランド品とかまがい物が多く、見ているだけで楽しい街、それがパッポンという感じですね。

pat pong1


パッポンにあるゴーゴーバーの相場やシステム、店内で行われているすごい事について

続いて定番のソイカことソイ・カーボーイの今をKさんがウォッチングしてReportしてくれました。

 2017年初頭のソイカ。抜群のウルトラ4K映像。ソイをまるで歩いているような秀逸の動画です。


今も日本人旅行者や短期滞在者に多分、一番人気なのはソイカのBACCARAであることは間違いないと思います。容姿端麗な子も本当に多いですし、1階と2階に別れた独特の構造による特異性もありますからね。いつ行っても超満員です。

BACCRA

BACCARA UNDER

ただし、女の子たちは本当に日本人慣れしているのとビジネスライクやルーティンワークという感じの子が多いですから、勘違いは絶対にしてはいけません。いろいろな相場もかっちりしてて柔軟性はほぼなく、価格は高めで「意気に感じる子」は少ないように思います。

 あまりにも有名な立体構造のBACCARA。火災の後、すぐに立ち直り再び人気ナンバー1店に。日本人客がすごく多くて、いろいろな状況を見るので、僕もKさんも覗いてもまったりはしないかな。1階で黙ってズーッとガラス天井を見上げている日本人が多いですが、女の子は動いているし、実はそんなによくは見えません。大昔に流行った日本のノーパン喫茶を思い出します(笑)。とても滑稽に見えるのでやめて欲しいなあ。
p2

 BACCARAの動画はいっぱいありますが、映像と音が良いものと2017年の初夏のものをピックアップ。



 BACCARAの2階です。僕は喫煙するので行くとしたら2階でした。2010年頃のかなり昔の動画ですが、映像と音が極めて良く、雰囲気がよくわかります。今も大きな変化はありません。このアップ主はすごい撮影技術です!これは早く見ないとYouTubeでは削除かロックの可能性大。必見。





「早速ですが、先週、ソイカに行った時に、XXXX(店名ではなく伏せ字)に立ち寄りました。店内を改装したとの事でかなり綺麗になっていました。店内の写真を撮ろうかと思ったのですが、さすがにステージ上の全裸のオバちゃんから、『メ.ダーイ!』を連発されて許可が下り ることはありませんでした(笑)。左側のカ ーテンが出口で右側にはドリンクを作るカウンターが出来ていまし た。以前は出口から見て一番奥にあったのですが、出入り口付近に 移設しました。改装前はここにはコーナーテーブルがあって、ファランがエロいサービスを受ける専用席になっていましたね。私は残 念ながら(?)サービスを受けたことはありませんけど。現在は系列のローハイドなどから比較的若い水着コヨーテが7.8名移動し てきていて、昔ながらの全裸ゴーゴー嬢(オバちゃんですけど) が5.6名という布陣で交互に踊っているといった感じです。 コヨーテが入ってきたので、従来のエロ接待はすっかりなくな ってしまいました。オバちゃんのエロ接待など期待してませんが、 少し寂しいですね」

 
Kさんが何とか撮ってきてくれた改装後の小箱・A GOGO 「XXXX」。すっかり小奇麗になってかつての猥雑な雰囲気はなくなってしまいました。僕はこの店が好きでKさんとの共通話題のひとつ。コヨーテを導入するなんて昔は考えられなかった独自路線だったんですが。
②

僕自身ソイカの小箱GOGOは日本人とまず遭遇せず、まったりできて好きなこともありますが、Kさんもそこは同じような感覚がおありなようです。GOGOの一番のキモはビール飲みながらボーッと踊る子達を見て、気が合いそうな子がいたら、ちょいセクハラしながらダラダラするというパターン。タイ在住時当時は今のような小奇麗な感じはほとんどなく、いかにも「熱帯の東南アジア」という雰囲気が好きでしたが、このところCoyoteの導入がどの店も進み、「標準化」してきています。

ソイカウボーイで遊ぶ前に知っておくべき料金相場から注意点

「ここや△△△△△(店名ではなく伏せ字)のような小箱でもコヨーテが導入されていること は既報の通りですが、さまざまな面でA.GOGO-BARも変 化してきていると感じます。昔ながらのA.GOGO-BARが形態を変えていくのは寂しいですが、あの高層ビルの間に佇む異様な エネルギーを持った空間が、どんな形にせよ残って欲しいと思うの は私だけではないですよね」

「スージーウォンも一昨年の摘発のあとバカラに買収されましたが、やはりオーナーもちゃんと心得ているのか、今まで通りの路線を継承していまして、バカラ2にはなりませんでしたね。以前より過激さはなくなりましたが、まだ今のところは健在ですよ(笑)」

 
2009年当時のスージーウォン。伝統的なこのスタイルは細々と2017年も健在。ただ、もう風前の灯火かもしれません。ダンスステージからそのままの格好で多くの子が座ってくれる貴重なGOGOです。ただ、いかにもタイという子が多く、日本人は少ないです。目をこらして御覧ください(笑)。音は悪いですよ。

 少し古いですが、2015年末のソイカの様子。映像がきれいで雰囲気がよくわかります。このときよりさらにコヨーテの導入が進んできており、GOGO嬢との区別もつきにくくなっています。


 「△△△△△の店外テーブルでよく煙草を吸うのですが、そこから見たカウボーイ2とスパイスガールズの写真 ↓↓↓ です。最近の人気店カウボーイ2は女の子が多くて、少しスケベなキャバクラといった感じで、いつも店内はお客さんで一杯です。元祖コヨーテバーのスパイスガールズは、女の子のレベルは高いですが、人数が少ない.ボッタクリの傾向があり.基本ペイバーは出来ないといった特徴があります」

「この系列店がゴーゴーにコヨーテを導入したせいで、今のような進化した形態になったのですが、昔からのゴーゴー好きには嬉しくない存在です。スパイスガールズ系には、キッス.サハラ.デジャブなどがあり、どこも同じようなサービス内容なので客は非常に少なく、何も知らない観光客相手といったところです。 店の外を見ても、その差ははっきりと表れているのがよく分かると思います。あまり客が入らないので、最近はコヨーテでもバカ高いバーファインで連れ出せる娘がいたりして、もう何だか区別がつかなくてよく分かりません」 

⑤

 最近の人気コヨーテ店、カウボーイ2。映像はいつものOTTO TV(2016年3月)。


では、ソイカに続いてナナ・プラザの現在の特派員Reportをお届けします。
僕はスクンビット方面ならナナよりソイカなんですが、ナナはソイカ以上に様相が変化してきているようです。一番変わってきたのは無駄にLBの店が増えて来ていること。やはり立体構造の店マンダリンはかつてよく行った店ですが、今ではやはりコヨーテが入ってきて上の階でも脱ぎはなしになってしまいました。

nana-front_ss-672x372

 2017年初頭のナナ・プラザ。このBangkok69もOTTO TV同様、素晴らしい映像と音の動画がアップされます。Bangkok69の良いところはタイの日常風景や周辺の生活感のある動画を盛り込んでおり、タイという国の社会性が俯瞰できること。チャンネル登録されていろいろ見られるといいですよ。


ただ、ナナの良い所はソイカよりもドリンクなどが安めなことと女の子たちがかなり気さくなことです。ソイカは見て楽しむ、ナナはペイバーで一緒に屋台で買物したり、食事したり・・・という感じが多かったです。以前のブログで紹介した懇意にしていたFちゃんという子もナナのマンダリンの子でした。この子はイサーンから来たとても天真爛漫な子で、タイにいた時に最もよく買い物や食事に出かけた子でした(詳しくはリンク先の以前の記事を御覧ください)。

ナナ・プラザは日本語を片言で話す子も多くおり、日本人慣れしている子が多い感もなきにしもあらずですが、イサーンや北部から身一つで出てきたような素朴な子にも行き合うことがあります。GOGOの楽しみ方は人それぞれですが、僕はナナで出会った子を連れてソイカとかのGOGOに一緒に行くのもよくしていました。アクティブに楽しむとき、疲れてボーッと何気なく踊っている子をみているとき、その時々の楽しみ方ができるのがGOGOの良さですね。

 1年ほど前ですが、コヨーテが導入されたマンダリンとレインボー4,キャンディーランド2。


ナナプラザの夜遊びで損しないために知っておくべき相場や特徴

それとナタリー事件以降、GOGOでも摘発が相次いでいましたが、現在は沈静化しているようです。

「ナナのマンダリンやソイカのライトハウスで摘発に遭遇しましたが、本気度はなく、事前に店には情報も入っていて、 危ない娘はすでに退避した後でした。この手入れの後、危ない娘達は戻ってきて踊り始めたのを見て流石タイだなと思いましたが(笑)、最近では問題のある危ない娘を雇いませんので、バンコクのGOGOでは手入れ自体が少なくなっているように思います。 すでに健全化(?)されていて、叩いても何も出てきません」

 
ナタリー事件すぐにKさんが遭遇したソイカ・ライトハウスの摘発の様子。
① (2)

 特派員Kさんがナナ・マンダリンで遭遇した摘発の様子。
② (2)

「大人の遊園地(笑)ナナプラザも同様に残して欲しい場所ですが、最近のナナプラザはレディーボーイ店が 増えてしまって気持ち悪いですよ。マンダリン2Fの隣、以前ブロ グでも紹介されていたマーキュリーも、店名はそのままですが、6月からオカマの店になっ てしまいました。感覚的ですがナナプラザ全体の3~4割はレディ ーボーイ店になっていますから、しだいに足が遠のくことになりそ うです。オカマってそんなに需要あるんですかね? 私には理解不能です」

 
ナナ・プラザ2017。日本人によるアップ。ナナ・プラザの概略がわかります。

 昔の動画ですが、今では数少なくなってしまった脱ぎ店のひとつエンジェル・ウィッチ。ファランが多くて、日本人は比較的少ない店で(NANAでは日本人はRainbow系列とかビルボードに多いです)、ショーもあるのでマンダリンとともにかつてはよくまったりしてました。ママも個性的な方でしたね(今もやってるかな?)。


 
多くのGOGO映像の中で繰り返しになりますが、OTTO TVは抜群の音と映像の良さ。少し古いですが、雰囲気はわかります。


 2010年頃のレインボー4。懐かしい時代です。今は猥雑で混沌とした雰囲気よりもGOGOの中でも洗練された雰囲気が強くなってしまい、見るよりも選ぶということが主流になってしまいました。



ナナやソイカはやはり、交通も便利で日本人がよく泊まっているホテルはスクンビット界隈が多いこともあり、日本人をまったく見ないということはありません。どんなにマイナーな小箱GOGOでも行き合うことがあり、特にGWとかお盆休み、年末年始などの観光客が多くなる時期とかはインタマラ(スティサン)方面にバイタクでビューンと行っていました。

 スティサンのローカルGOGO。ソイカやナナのような華やかさとは違い、ローカル色豊かです。
ste
img_1 (1)

ただ、ナタリー事件以降、このローカル地区の摘発も相次ぎ、時間無関係に朝方近くまでやっていたGOGOも午前2時~3時には閉店するようにとのお達しがあった模様です。以前は年齢不詳のコンラオが多く、まさに超カオスだったんですが、もう今はその面影はありません。

タイ語でGOGOは「อะโกโก้」とそのままの当て字になりますが、スティサンあたりの超ローカルはソイカやナナとオーダーの仕方もちがうし、超ローカルで日本人やファランを見掛けることはまずありません。僕もKさんもこのような超ドメスティックなところを彷徨いたくなるのですが、旅行者や観光客の方は慣れなければ、勢いだけでいくとトラブりますからご注意ください。

 スティサンの地図。クリックすると拡大します。慣れない方は避けるが無難です。多分、ある程度のエキスパートでないと面白くありません。
Sutthisan map

sutthisan Map


 まあ、ローカルなอะโกโก้はこんなもの。かつてイサーンのGOGOに行った時は2人ぐらいしかGOGO嬢がいなかったり、真っ暗で眼が慣れるまで何も見えなかったりもありました。ダンノックでは大音響(半端ないですよ、耳が壊れそうなぐらい)で頭がクラクラでGOGO嬢も狂ったように踊っている姿は標準化してきたソイカやナナとは異なる世界です。


一見さんに対するスティサン・レインボーの対応(クリックするとサイトにJumpします)

「スティサンも最近は行ってないんです。昨年、FOR-Uが店をソイカやナナの有名店並みに綺麗にして営業を始めました。元々ここには多くの怪しげなコンラオがいて私も大好きだったのですが、店が綺麗になってやたらと客が入り始めました。そして、しばらくしてから手入れがあり、やはり閉店に追い込まれました。恐らく大盛況を見て妬んだレインボーなどの他店が警察ではなく軍に通報したのではないかと言われています。警察には裏金を払ってますから問題ありませんが、ナタリーの件以来、軍が本気になってますから面倒です。そんなことがあって少し怖くなりまして様子を見ている状況です」

 
ソイカやナナのGOGOとは雰囲気が異なっています。日本人やファランもほぼ見かけません。
foru12009
rcaone12009
RCA2

時代とともに街も変わっていきます。

バンコクのナイトライフの枠組みも当然ながら変わってきています。
僕らは何もすることはできませんが、時代の波をとらえて夜を彷徨っていくしかありません。

NANA

  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

เพียง 7 นาที~ซอยธนิยะ, Soi Thaniya(特派員Report~泰国的夜世界)

タイの最も一般的なナイトライフを送るときに気軽に足を運ぶことができるのはGOGOでしょう。最近はコヨーテの導入が増えて華やかさが増してきました。ただ、猥雑さは反比例ですが(笑)。

タニヤのような日系クラブで飲むということもあるのでしょうが、ちょっと店を覗いて次に行くこともでき、ビール一杯で何時間でもいることができるGOGOはコスパもよく、南国の雰囲気を味わうことができます。個人的にはGOGOはフィリピンなどより断然タイですね。

maxresdefault (9)

 これがThai、Coyote。軽快なタイのダンス・ミュージックとDJ MIXで奔放に踊る彼女たち。せっかくタイにいるのなら、タイに行くのなら疑似日本から離れてみてはどうでしょうか。2017年夏のタイ。


夏に入り、このところバンコクやパタヤ、プーケットに来ている日本人が当然ながら増えてきています。ただ、やはり全てではありませんが、夜観光ツアーをメインに来ている日本人の評判や一部の長期滞在者の噂はいつも概してよくありません。これは外国に駐在したことがある日本人なら感じることですが、やはり、各国には長い歴史背景や社会文化があり、そのベースをよく理解して行動しなければいけないと僕は考えています。

各国には各国の良さや美しさがあります。その国をリスペクトしていくことが基本ですよね。

 วง L.กฮ.(TMG) の大ヒット曲「7 นาที」に乗せて韓国の ดีเจ โซดา(DJ Soda)が魅せるベトナム。

 วง L.กฮ.(TMG) の大ヒット曲「7 นาที」に乗せて韓国の ดีเจ โซดา(DJ Soda)が魅せる日本。


タイ特派員・Kさんの夏休みが本格的に始まった今のバンコクの様子の報告です。

「8月に入ってから急に日本人を見掛けるようになりました。やたらと気分が高揚していて調子に乗ってる人が多い印象ですね。日本人だからモテると勘違いしているようですが、傲慢で汗臭いセンスのかけらもないオジサンがモテる訳ありません。影でタイの子たちから悪口を言われているとも知らずにいい気なものです」

 バンコクへ行ったら、まずはエラワンプームで願い事を。空港からホテルへ着いた途端、いきなりタニヤ目指したり、MPにタクシーで乗り付けたりするのはさすがにみっともなくありませんか?
gh-erawan-026

このブログでもよく台湾の習俗や社会構造を単なる観光ガイド的なサイトとは異なる形にして紹介しているのはそのためです。自分を含め、そのことがいかに大切かを外国暮らしをされている多くの方々は当然、理解しているのですが、土足で人の家に上がるようなことは慎むべきと思っています。

KさんからのReportでは、やはり、来タイしている日本人観光客の方々の中には目に余る行動(日本人として恥ずかしい)ということがこの夏になって増えているとのこと。現地に入ったら、片言でもいいから現地の言葉を使ってコミュニケーションをとって道を切り開く(ご紹介した出川イングリッシュのように)ことが基本ですが、まるでタイは日本の植民地のように日本語で大声で騒ぎ、ボディランゲージのみに終始したり、女の子への接し方も一方的で双方向的でなかったりという行為が目立つようです。

A GOGO

タイの夜世界はカネだけではありません。間違ってはいけません。気性の激しいタイの子たちはその時々で「意気に感じる」ことが少なくはなく、気持ちだけで刹那的に生きようとする部分も持ち合わせています。

タイに来るクズ日本人をウォッチングしようぜ

当然ながら現地で駐在などする多くの日本人はタイ社会とうまくやることで仕事もうまく運んでいるわけで、懇意にしている店や女の子がおり、そういうところからいろいろな話が入ってきます。特にタニヤあたりでは日本人接待が多く、ママはいろいろな情報をもっています。

 シーロムのソイ・タニヤを歩けば、普通に日本語が聞こえます。日本食を食べるには悪くはないですが、カラオケやクラブには日本人慣れしたしたたかな子も多いのでご注意を。
タニヤ

僕が台湾の日系ラウンジやクラブ、スナックのことを詳しくあまりブログで紹介しないのは、接待というビジネスの場としてかかわることが多かったため、日本社会との接点という側面があり、ドメスティックな場ではなく、そこは疑似的な「日本」だからです。そしてあまり言いたくはありませんが、「嫌な日本人」の姿をたくさん見たからです。

タイについても過去にブログで何回か書いていますが、タニヤの紹介はしたことがありません。これは台湾における上記の理由とまったく同じです。ただ、台湾と異なるのはタイの場合、MPやGOGOの敷居が低く、台湾の酒店のように現地のドメスティック夜社会へ気軽に足を踏み入れにくいということがなく、情報も多いため「嫌な日本人」の方々が大量にGOGOやMPなどに来ているということです。

タニヤは行けばわかりますが、日本語の看板が多く、日本食屋も揃っています(僕は大戸屋よく行きました)。通りに出ている客引きも日本人バイトがおり、タイの子たちも椅子に座りながら日本語で声をかけてきます。僕は接待以外ではカラオケやクラブにはあまり行かなかったですし、外国の邦人社会というのは極めて狭い社会なのですぐに変な噂が立ちますから、あまり気楽にはすごせない感がありました。

 椅子を並べてタイの子が「お兄さん、ちょっと寄ってって」とか日本語で行ってくる摩訶不思議な光景。まあ、一度ぐらいは様子を見ておくのもいいのではないでしょうか。
maxresdefault (8)


 Kさんによるとタニヤで一人勝ちと言われるAGEHA。日本人経営で日本的な居酒屋サービスなどをきめ細かく踏襲していて観光客や出張者にも「疑似日本」が再現されているため、入りやすい店となっています。いろいろなコースがあり、バリエーションも豊富です。
1972390_725609727491573_5597909304246629913_n
10312387_724220050963874_5549040860982941429_n


現在バンコクで仕事をされているKさんも接待でタニヤに行かれることがあるようですが、当然、仕事ですので心を開放するというところには仲々なれないようです。僕も同じように日向が苦手なもぐらですから、タイにいた当時は、GOGOならナナよりソイカ、ソイカよりインタマラ(スティサン)、シーロムあたりよりシーナカリンのフローレンス、タイの川向うのトンブリーのルーフトップバーやエンターテイメントクラブ、アジアンタウンならタニヤより伝説のジュライホテルや台北ホテル(今はどちらも閉館)で有名だったヤワラーといったところに足が向いていました。

 何でもあり。それがヤワラーのチャイナタウン。人のいろいろなものを飲み込む怪しい街です。
a058de797ae0d63246dd029847182321f81f3509_57e7f97fb8ae1_p

 KさんとLINEでやりとりした中で話題となったインタマラにあるスダ・パレス・ホテル。近くには激安のスパープ・ホテル。まあ、観光客や初級旅行者には縁のないホテルですね(笑)
523012_14012409300018142247
 近くのスパープ・ホテル。エアコンのないファン部屋とか泊まるとローカル色プンプン。
スパープホテル

タニヤで疲れたら日本人があまり来ないGOGOにフラッといって、ボーッと踊る子たちをビールを飲みながら見る開放感は悪くはありません。

タニヤは7分だけでいい。極彩色の街、バンコク。次はどこへ行こうか・・・・・・・・。

Phat Pong、NANA、Soi Cowboy ・・・・・・・次回はタイの王道"A Go Go"の今を。

 疲れたらコヨーテで「7 นาที」。何と700万アクセス!


 7 นาที のThaniyaから นานา(NANA)へ。タイの夜はまだまだ続きます。
NANA HOTEL


  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


Compliance(特派員Report~泰国的夜世界)

世界的なコンプライアンスが進んでおり、ここ数年で台湾・大陸、そして泰国夜世界の在り方も大きく変わりました。

09070702

タイ駐在のKさんは特派員としては格段の眼力がある方で、僕がタイにいた頃から変わってきている「今のタイ」をよくご報告いただきます。昨年6月のナタリーの摘発から始まったMPをはじめとする広い範囲での摘発は断続的に続いているようで、タイ警察や軍も一過性ではなく、どうやら本腰を長期的に入れているようです。

泰妹

では4月~この7月末までの近況のReportです。

「被害が大きくなかったので日本ではほとんど報道されてませんが、4月ぐらいからすでに3~4回の爆破事件が起こっておりまして、そのうちの一つは軍関連の病院で起こったりしており、少なからず夜遊びにも影響がでているみたいです。ナナやソイカは元々2時半ぐらいには閉店しますが、平気で朝まで営業するスティサンなどのローカルの遊び場でも2時半には閉店とのお達しが出ているようです。遊ぶ側からしたら爆破テロには慣れっ子になっていますので気にはなりませんけど、ローカル店は盛り上がっている時間帯に閉店では少し可哀想ですね」

タイの政治状況と治安状況は振り子のように状況が次々変化するのですが、しばらくすればまた、元のように・・・・・というのが基本でした。しかし、昨年からの本気度はかなり今までとは違っていて、特に外国人の不法滞在、麻薬、違法賭博、未成年雇用などには業種を厭わず、摘発しています。今までは警察に対して「賄賂」という方法で店もうまくやっていたのですが、軍政は警察の権益を絶ち、より一層の健全化を目指しているようです。癒着していた警察幹部は事実が発覚すると「更迭」されており、今までの「馴れ合い警察」の弱体化を図っているようです。その逆恨みもあるのでしょう。軍関連施設でのテロはその証ではないでしょうか。少なくともこの大摘発によって多くの権益を失った方々がいますからね。

Kさんによると上記の理由から警察をはずしての軍による摘発が増えているのが今のタイです。

「頻度はかなり高くて、最近ではゲ ストハウスなどもその対象になっているようですし、タイ人しかいないようなクラブでも行われています。ポイントは所轄警察を入れずに軍だけで行う時は本気度がまったく 違いますので注意が必要です。まあ、その場合は事前に情報は流れ ませんから注意のしようがないですけどね」

かつてはあまり摘発がなかった風俗業とは言いにくいDJクラブやナイトクラブ・パブなども外国人不法滞在問題や麻薬・賭博関連の容疑でやられています。まあ、そのようなことにまったく関わっていない僕らとしてはとばっちりという感じなのですが。

 2017年早々にあったクラブの摘発。カメルーン人などのアフリカ系外人の違法滞在と麻薬。
21213
21210

 パブの違法賭博と客の麻薬使用の容疑での摘発。
16065
16064
16063

摘発があったときにその場に入れば、今は間違いなく身分証の提示と尿検査がありますから、パスポートなどのみぶんしょうはの携帯はより必須となってきていますね。

 尿検査による薬物陽性検査。やってはいなくても、検査をされること自体が嫌ですよね。
16068

「昨年6月のナタリーの摘発以来、MPも相変わらず状況は厳しくなってきているようで、少し古くなりますが、2017年2月にファイクワーンにあるターンティップという店が 摘発を受けています。この店はナタリーがなくなった後、ポストナタリーの一番手と言われていました。駅からは少し遠いものの大型店で日本人好みの子が多くて、タイ滞在の駐在員などの間でも知られる存在になりつつありましたが、観光客に知られる前にやられてしまいました」

21875
21874

 ポスト・ナタリーと言われていたターンティップの摘発の様子。


 こちらはやはり違法路線が強かったと言われるコロンゼ。


さらにKさんからのMP関連の特派員Reportは次のように続きます。

MPの最新情報は二つありまして、
①閉店したRAMA9にあった高級MPのアムステルダムが同じく 閉店したエマニュエルに移る。(すでに営業を始めた?)
②閉鎖されていたナタリーに清掃業者が出入りしている。
どちらも私自身は未確認ですが、特に②は興味ありますね。噂によると、ナタリーのオーナーは海外に逃亡していて未だに捕まってい ませんし、ナタリーという名前で同じようなサービスで復活はあり得ないでしょうけど、水槽で優雅に泳いでいたアロワナは元気なんですかね。(笑)



「何でもあり」と言われたタイも、世界的なコンプライアンスの波から逃れることはできませんでした。北のイサーン・ウドンやノンカーイそしてチェンマイやチェンライもかつての夜世界の面影はなくなりつつあります。南のハジャイやスンガイコロク、ダンノックあたりは現在の状況がよくわからないので何とも言えませんが、少なくともテロの可能性は当時よりも増えており、雰囲気も変わってきているのではないかと類推しています。

10年一昔とは言いますが、あの猥雑な雰囲気に満ちていたタイはもう終わりが近いのかもしれません。

 タイのぱっつん娘たちのダンスで元気をもらいましょう! 




f16d99ba


  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

"We must make sure" บัตรประจำตัวบัตรประชาชน(泰国的夜世界)

バンコクの特派員XXXXXさんから、ナタリー事件以来、今の状況についての続報が届きました。さすがにMPは現状ではいつ、どの店に入るかわからないという可能性が継続しており、なかなか近づけない状況のようです。きっとどのMPも閑古鳥が泣いているのは間違いないと思われます。

MPを中心とした風俗関係業種店舗などの捜査は相変わらず継続しており、バンコクのみならず、タイ全土で活性化しているようです。政府の強い国際的なアピールの場となっていることもあり、振り上げた拳を下ろせないという状況にも近くなっています。

先日もソイカのGOGOで警察の捜査に遭遇したとのレポートを送ってきてくれました。

Black-Pagoda-Bar-Bangkok 1

 タイの王道と言えばやはりGOGOでしょう。きらびやかな世界は多くの人を魅了します。
best-go-go-bars-bangkok0

GOGO girl

 日本人に人気ナンバー1のバカラ。ここもあまりにも有名ですから、アピール度は抜群。もう、外国人や未成年がいたとしてもとんでるでしょうから、摘発ではなく、不意打ちの捜査として狙われるかも・・・・ですね。
baccara_04
 とにかく画像がいいです。臨場感いっぱいのATTO TV/BACCARAの様子。

では、そのレポートを差し障りのない程度に掲載させていただきます。XXXXXさんも現地化して彷徨っている方で日本人が多いGOGOにはあまり行きません。そのため僕がかつてよく行っていたGOGOと被ってます(笑)。そこから見た手入れの様子の雰囲気がよく伝わってきます。彼がその時いたGOGOは小規模店で、ファランが多い店ですから、きっと日本人は彼一人だったと思います。

 とにかく画像が良くてタイの風景を切り取る、臨場感いっぱいのソイカ。秀逸動画集のATTO TVより。

 Bangkok Report now 1 
MPはさすがに行けませんが、今週2回ほどGO-BARに行きました。昨日はソイカに行ってみましたが、コヨーテバー.カウボーイ2の前を通りかかると人だかりが...さっそくガサ入れに遭遇です。カウボーイ2が終わると対面にあるライトハウスに警官隊が移動してまたチェックを始めました。ただこれはそれほど真剣に行っているという感じではなくて、形式的にIDチェックをやっているようでした。実際にそのあとカウボーイ2に入り嬢に聞きましたが、やはりIDカードを見せただけと言ってました。昨年、スージーウォンやレインボー4が摘発にあった時は数か月前から内偵されていたようで、確実に未成年がいるとなって摘発となりました。

実はその摘発の時も◯◯◯◯◯で飲んでいたので外から見ていたのですが、今回のガサ入れはその時のような迫力はまったくなく本当にいつもの定期的な捜査と見えました。しかし、あまり警察にうろつかれると気持ちの良いものではありませんし、もしかするとナタリーや他のMP摘発など一連の流れを汲むものだとしたら不安ですね。

 
ソイカのライトハウス3周年記念パーティー(ATTO TV)

soicowboynewyears1

 ソイカのドールハウス。明るく元気な子が多い活気のあるGOGO。今のところ平和のようです。
Dollhouse-Soi-Cowboy-Bangkok7

 ナナのマーキュリー。日本人はとにかくレインボー系列に多いので、少しマイナーなGOGOはゆっくりできます。人気店よりもどちらかと言うと女の子もとても親しみやすい子が多いです。
The Mercury Is Rising(とてもブログ全体の画像がきれいです。必見)
Mercury-Bar-Nana-Plaza-Bangkok20
Mercury-Bar-Nana-Plaza-Bangkok1
Mercury-Bar-Nana-Plaza-Bangkok21

 バンコクではありませんが、パタヤのGOGOはセクシーなショーも多く、バスタブのエリアがあるGOGOもとても多いです。バンコクよりもさらに参加型、エンターテイメントに徹している感じがあります。
GOGO show

PATAYA(最新のパタヤの今を映す、画質抜群の秀逸動画集:オススメ)

 人間のあらゆる欲望がぎゅっと凝縮された街、パタヤ。あの刹那的とも言える明るさも輝きを失わないようにと思います。バンコクからパタヤにも影響は少しずつですが、出始めているようです。
DancingThaiLady

この6月17日にもラチャダー地区の新し目のMP、Mariaに捜査が入っています。主に営業許可内容の確認とキャストのIDカードのチェックによる年齢とタイ国籍の確認、そして尿検査による薬物使用をしていないかという確認で、他のMPと操作状況は同じです。ナタリーのように事前の潜伏調査や内偵はないようで、今は少しばかり行き当たりばったり的なところも出てきました。ただ、遊びに行っている時にいきなり、警察がやってくるのは当然ながら気持ちの良いものではなく、客の足が遠のき、出勤するキャストが減っていくのは普通の心理でしょう。

 MPのキャストたちが溢れるぐらいいた風景もこれから、また見られるようになっていくのでしょうか。
015735ta7kczka72ucp9hq

kinngyobachi3

dadad
 かつてのパタヤ・ラスプーチン。今はどうなんでしょうか?

 MPを舞台にしたPVです。さすがタイ。

 MPのキャストも出勤が少なく、どこもお姉さん系の子ばかりになってきているようです。いろいろなタイプの子たちがバサッという感じで大量に並んでいた金魚鉢を見ることは今は難しくなってきています。
4221592_orig

 ラチャダーの有名なMP。ナタリー、ロード、コパカバーナ、エマニュエル、マリア・・・・。摘発と捜査が次々と入っています。虱潰しにも見える一連の当局の動きはいつになったら一段落するのか予想がつきません。
バンコクのマッサージパーラー人気地区ラチャダーの店舗まとめてみた【MP】
mp

MARIA HOTEL&SPA
maria00

maria_massage_2
maria_massage_5

ตร.บุกค้นมาเรียอาบอบนวดรัชดาฯไม่พบผิดกม. 

 豪華で高級感を売りにしていたラチャダー地区の新規店舗、Mariaも手入れの対象となりました。
 maria3
maria1
maria4

 タイ深南部のハジャイでも5月頃から6月にかけて、MPや置屋地区の手入れや摘発が頻繁に行われ、以前と状況は大きく変わってきています。ハジャイの3箇所あった密集地もこの一連の動きで縮小されてきています。ダンノックやスンガイコロクもそのうち・・・・・・なのでしょうか?
5
fsest20150915162815

6

でも、摘発された後の彼女たちの行き先はどこなのでしょうか?もちろん、強制送還などが一般的な考え方ですが、MPなどにいて摘発の不安を感じた子たちは自ら辞めていったとも思っています。家族への仕送りやブローカーとの約束、バンス・・・・いろいろなことがきっと絡んでいるでしょうから、簡単ではないはずです。

 フリーの子たちが集まるスクンビットのテルメ・カフェ。MPを終えた子や休みの子も以前から混じっていましたから、一連の事件の後、やって来るようになった子もいるかもしれません。でも危険も潜みます。
thermae freelancer

今はきっとどこの店も今は外国人雇用や未成年雇用に敏感になっており、タイ人が必ず持っているIDカード~บัตรประจำตัวบัตรประชาชน バート・プラチャーチョン(国民身分証明書)を確認してから就業させているでしょうから、これを持っていない外国人などが非合法の店や街でビジネスを始めなければいいのですが・・・・・・・。テルメなどの現在の状況はよくわからないのですが、いろいろな意味でやはりこの一連の取り締まりの影響が出ているのかもしれません。

タイのIDカード
763352-img-1398580486-1

タイの子をホテルに入れようとするとしっかりしたホテルはこのIDカードを必ずフロントなどで確認しますし、ジョイナーフィーを要求されます。IDカードの確認なしやケチってジョイナーフィーなしのホテルを好んで泊まる方もいますが、僕はどちらかというとそのようなホテルは危険なども感じますし、トラブルがあった時などのために必ずIDカードの確認があるホテル、ジョイナーフィーがあるホテルの泊まることにしています。

black_pagoda_patpong1_001

バンコクに出張で行くときの常宿はいつも決まっていて、アソークとナナの間でMRTナナ駅最寄りのスクンビット通りから少し入ったサービスアパートメントタイプのホテルと決めています。バンコクでは老舗とも言える非常に快適なサービスアパートメントでビュッフェ形式の朝食もうまく、セキュリティもいいです。値段も内容の割にはリーズナブルと僕は思います。

やはり、日本人が多いとは言え、外国は外国ですから、そこはわきまえてもいます。また、ここはほとんど日本人はいません。増えてしまうと困りますから、申し訳ありませんが、サービスアパートメントの名前は秘密にしておきます。長居してゆっくりすることが多いので簡単なキッチンがあったりするとすごく便利ですし、いろいろな間取りの部屋もあり、気に入っています。

grand pesident

それとXXXXXさんからもうひとつレポートの中に気になる情報がありました。

 Bangkok Report now 2 
ナタリーに関して、あくまでも噂ですが、ひとつ嫌な情報を聞きました。警察が店でクレジットカード決済した客にカード会社に協力させて連絡をしているとか。まあ、日本に帰国していたら今更淫行で捕まることはないでしょうけど、恥ずかしい話です。私は使ったことありませんが、連れて行った客人は結構カード使ってました(笑)しかも会社のカード使ってた連中もいます。あの程度の遊び代ぐらい自分で払ってほしいところです。

確かにおっしゃる通りです。「人の金で遊ばない」というのは僕の彷徨う時のポリシーのひとつで、よほどでない限り(支払いが予想を超えて持ちあわせがない)時以外はすべて自分の持っている現金です。現金を持ち歩くのは危険では?と思う方もいるでしょうが、その現金の範囲内で遊ぶ、治安などが極めて危険な場所には近寄らないという嗅覚みたいなのも長年、異国にいると少しあって、あまり、ひどい被害にあったことはありません。ただ、台北で懇意にしていてとても信頼していた子にコーヒーに睡眠薬入れられて有り金を全部盗られたことが一度だけ、ありました(ブログでそのことを詳しく書いた記事があります)。

XXXXXさんがおっしゃる通り、クレジットカードとは言え、クレジットカード会社に立て替えてもらうことに間違いはありませんから、個人情報もしっかりと記録されてしまいます。夜を彷徨っているといろいろなトラブルに会う可能性もなきにしもあらずですから、やはり、その場その場で決済していくに越したことはないと思っています。

Image5

さて、この一連の騒動でチェックに引っかかりそうになって、先に逃げてしまった子たちはどうなっているのでしょうか?ナタリーの子などは逮捕されていますから、強制送還や施設などに入所ということになるのでしょうが、摘発の可能性を感じて、いわゆる「とんでしまった」子たちが結構、多くいるのではないでしょうか?

 バンコクには有名な場所がいくつかあります。そのような場所での非合法なビジネスが広がらなければいいのですが。店舗という後ろ盾がなく、その日その日の日銭を稼ぐという状況は新たな危険を産みます。
aa1106

iStock_000045111044_Small-550x365

ナタリー事件から10日ほど経ち、しかし、その余震はまだまだ続いています。タイのある意味、必要悪として産業構造に組み込まれていた世界のあり方が変わるという大きな変化の節目に今、なっているのでしょう。

僕たち自身も街を彷徨う時に、状況をよく見極める目としっかりした状況判断こそ、今のタイではきっと最も必要なスキルと思っています。

aa214-630x418

 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている方々に向けて、2012年1月1日から、あるBBSでご賛同いただいた皆さんに情報提供する、または私が体験した素敵な出来事を私だけが知っていることがもったいなく思って書き始めたものです。従って画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深めたりして、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同様で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、右下の拍手をクリックいただき、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

   

"Continue" ตำรวจบุกตรวจ อาบอบนวด(泰国的夜世界)

ノア、ナタリーと続いたMPの当局による摘発、監視の余波は現在も続いています。ラチャダーピセーク、ラマ9世にあるMPも警察当局による摘発が継続しています。

ナタリーの摘発は6月7日でしたが、6月10日にラチャダー・ピセークの「コパカバーナ」、ラマ9世通りの「ラ・ディフェンス」と警察の立ち入り捜査が実施され、不法就労外国人と未成年労働者、薬物などの違法行為がないかどうかの確認が継続しています。今はタイのMPのどこが急に捜査が入ってもおかしくない状況だと思われます。
ラチャダー地区以外のラマ9世通り(ถนนพระราม 9)、バンカピ地区(แขวงบางกะปิ)の店舗にも捜査が広がっています。


MPの数は本当にタイには星のごとく山程あって、一体次はどこに捜査が入るのか、現状ではまったくわからない状態が続いています。ノア、ナタリー、コパカバーナ、エマニュエル・・・・・。そしてパタヤの5店舗やチェンマイの数店舗も捜査があったとの情報。いつ捜査が入るかわからない状況ではこれから危険を避けて客も激減、周辺産業にかかわる方も含めて死活問題にならなければ良いのですが。

 前回のブログでも紹介したナタリーに続いて行われた10日のコパカバーナの捜査の様子です。

 次々とMPの捜査が続いています。ロード、エマニュエル・・・・。営業許可の確認を基本に外国人の不法就労や未成年就労、違法薬物の使用がないかというこの3点についての捜査が続いています。

massage girl2

I like massage.com(タイのMPサイト。各店舗のキャストや状況がわかります)

6月13日の夕方4時過ぎから、やはりラチャダー・ピセークの大規模店「エマニュエル(เอ็มมานูเอล)」をはじめとするMPに捜査が入りました。キャストには尿検査が実施され、麻薬をはじめとする違法薬物の仕様がないかどうかと年齢や国籍確認が行われています。

エマニュエル

 現在のエマニュエルのトップキャストたち。このMPの雰囲気がわかります。
エマニュエル1
bandicam 2016-06-14 04-27-19-785
bandicam 2016-06-14 04-28-12-689

Emmanuelle HP (代表的な各キャストの写真とプロフ)

エマニュエルはナタリーの隣りにあるMPですが、ナタリーのキャストと雰囲気が異なり、可愛いというよりは美人、モデル系のキャストが多い人気店で料金も平均よりやや高めというどちらかというと高級店志向のあるお店だと思います。キャストの年齢層も高めで未成年はいないという印象ですが、外国人就労と薬物に関しての捜査が中心だったようです。しかし、キャストのカテゴリーからしてエマニュエルも・・・というのは意外な感じでした。

 エマニュエルの捜査の様子です。


'นครบาล'ล้อมคอก ลุยตรวจ'อาบอบนวด'รายวัน

エマニュエル01
エマニュエル02
エマニュエル03

同時にいくつかのMPも前述したように捜査を受けており、ナタリー事件の余波はまだまだ続いています。

ตำรวจบุกตรวจ ‘อาบอบนวด’ ย่านรัชดา-ห้วยขวาง

อ่าง1

อ่าง2

อ่าง3

 to nite1

さらにはスワンブワーム空港からの新交通システム・エアポートレールリンクの出発駅があるマッカサン・ペッチャブリー地区も警察の手入れを受けています。
บก.น.1 ปล่อยแถวตรวจสถานบริการอาบอบนวด พื้นที่มักกะสัน-ห้วยขวาง อ่านข่าวต่อได้ที่

マッカサン
マッカサン02

また、タイにはDSIと呼ばれる法務省直下の特別捜査局があり、警察庁とは別のFBIのような捜査機関があります。実際には複雑な犯罪や国際的な犯罪など特別な事案について独自に活動していますが、DSIが各関係機関と連携し、摘発を行うこともあります。

 15歳の未成年女性が組織によって売春さえられていたのを救出した事例です。
未成年売春
DSI บุกจับอาบอบนวดชื่อดัง กลางเมืองหาดใหญ่


タイ法務省や内務省のコンプライス方針の浸透がこれから一層図られていくでしょう。

バンコク特派員のXXXXXさんからの現状のメッセージをいただきましたので、差し障りの無いところを紹介させていただきます。

「GOGOでも最近はたまにガサ入れがあります。マンダリンでも一度遭遇しました。でもその時は前もって情報が入っていて、これから警察が来るけど気にしないでね!と言われて、従業員がIDチェツクされてる間も女の子と飲んでました。去年の6月ぐらいだったかスージーウォンでもあったし、レインボー4でもありました。狙いはやはり未成年者の性風俗雇用と不法滞在でした」
   
 
MPからGOGOなどへと当局の矛先も向いていくかもしれません。特にスージーウォンなどは女の子がスッポンポンで踊りまくることでも知られていて、タイの開放的な雰囲気のあるGOGOですから、ちょっと気にはなります。
せめてタイの夜らしさは今の軍政の中でも残していって欲しいものです。ただ、国際的なアピールという側面が今回の一連の騒動には含まれていますから、今、閉めだされたコンパマーやコンラオなどの若い彼女たちが集まり始めているのは特派員XXXXXさんのレポートによると「あの地区」ではないかという見解があり、実際にそのようです。

suzy-wongs-II
Suzy Wongs HP

 MPとGOGOがタイの王道。このようなめくるめく世界がいつまで見られるのでしょうか。

  PATAYAの人気GOGO Happy


TV ATTO

  Bangkok,Soi-Cowboy. GoGobar SuzieWong
suzie wong


  人気ブログ、プラザ奈々さんの「タイの夜お楽しむ方法」から。底抜けに明るくスケベな子が揃うSusie Wongやあっけらかんとした子が多いDoll houseの動画です。





※鍵はすべて前回のブログの鍵あり動画と同じ4桁の数字です。
よろしくお願いします。

MPではないのですが、2014年5月のクーデターで政権を奪取したタイ軍部は路上の屋台撤去に力を入れ、バンコクの中華街や王宮周辺などで違法な市場や屋台群を撤去しています。タイの原風景だった路上ーマーケット。道路を不法占拠していたとしてトンローsoi38の名物屋台村や深夜1時過ぎから明け方まで大賑わいだったフワイクワンのナイトマーケットも撤去という方針が打ち出され、いわゆる人間の生活に根ざしたきれいに形付けられない営みもこのところ、きれいに整理していかれています。

 いかにもゴチャゴチャしたタイの風景だったトンローsoi38の屋台村。かつては賑わっていましたが、今はすっかり屋台も減り、あの熱気は消えつつあります。
トンロー屋台村

トンロー屋台村2


 遊び帰りの客やMPの従業員やキャストなども多く利用していたフワイクワン・ナイトマーケット。夜中の2~3時が盛況で明け方まで賑わっていました。しかし、ここも撤去命令が出されており、まもなく姿を消していきます。
フワイクワン

Huai Khwang Night Market

huai-khwang-night-market03


ホイクワン・ナイトマーケットの露店と屋台が撤去!

バンコクにとどまらず、チェンマイの「サユリコンプレックス」をはじめとするいくつかのMPでも捜査と摘発が続いています。すでにイサーンや北部にあった怪しい通りは何もないのに近い状況になってきており(笑)、非合法の場所はタイ全土から、その姿を奥深くへ隠しつつあります。従って今度は届け出をしているMPやGOGOなどの店内での違法行為の摘発へと捜査レベルが上ってきているという印象です。

 バンコクにとどまらず、パタヤやチェンマイでも手入れが継続しており、チェンマイで最もポピュラーな「SAYURI」も捜査の対象となりました。チェンマイではユーロ2016の間に違法で行われた大規模なサッカー賭博も摘発の対象となりました。
sayuri

230
573
sayuri2
sayuri3

ปราบค้ามนุษย์ เมืองเชียงใหม่ บุกค้นอาบอบนวด จับ “แพนโดรา” ไร้บัญชีสาว ตรวจโอเกะดังต่างด้าวเพียบ
ลุยตรวจ 10 อาบอบนวดกลางเมืองเชียงใหม่

今後は各店舗ともかなり厳格にキャストの年齢や国籍のチェックなどが実施され、いわゆる「人身売買」と揶揄されていたブラックな部分や闇の取引をするブローカーの存在も消えていく方向性にあるのは間違いありません。
危ない香りがしない健全なMP(笑い)へと生まれ変わっていく時代の趨勢は止めることは難しいかもしれません。今回の騒動で逆にいろいろな部分が地下に潜らなければいいのですが。

今後、タイのMPをはじめとする夜の世界が具体的にどのように変貌し、そしてそれがどのような新たな動きを生むのか、それはきっと誰にもわかりません。タイのことですから、何もなかったように数年経ったら元に戻っているのかもしれません。

しかしながら夜の街を彷徨っているとき、ふとした落とし穴に足をとられないよう、慎重に状況を判断しながら行動することが今のバンコクやパタヤでは最も必要なことに間違いはありません。

 これからはこの世界から足を洗う子や仕事がなくなる子も出てくるのでしょうか。金魚鉢ももっとガラーンとしてしまうかもしれないですね。余波はしばらく続くと見ていいでしょう。ただ、タイの逞しい彼女とお店ですから、簡単には終わらないとは見ていますが。
kinngyobachi2

เปิดกรุสถานที่ อาบ อบ นวด ยอดนิยมในกรุงเทพ(人気のMP タイ版)

TMM Club facebook

Thai massage models since 2008(日本語版あり。会員制のHP)

รวม อายุ 18+ ใน EDTguide(18歳以上の遊び場:タイ現地情報)

10574285_492305694238983_5387387657687023701_n

Bangkok 112 (2016のBangkokやPatayaなどThai's Night lifeを含む日常を記録した秀逸のチャンネル)

このMPの後はGOGOなどにも動きが波及していく可能性は決してないとは言えず、タイはタイではあるものの、しばらくは様子を注視していかなければならないと思っています。

Emmanuelle-Entertainment
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている方々に向けて、2012年1月1日から、あるBBSでご賛同いただいた皆さんに情報提供する、または私が体験した素敵な出来事を私だけが知っていることがもったいなく思って書き始めたものです。従って画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深めたりして、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同様で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、右下の拍手をクリックいただき、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

  
自我介紹-My Profile-
E-mail Messege
~ Blog's Thema ~   戀愛的幸運餅乾  台灣女大學生來跳舞­
~Beatiful Taiwan~  台湾心跳聲-蔡依林   
~I'm Not Yours~   蔡依林&安室奈美惠
青春無敵!台灣加油讚
近期發表文章50(有照)
LINE読者登録QRコード
今天你們的運氣好嗎?
今天我最美     今日の台湾美女Click⬇
我有懐念、美麗的歌曲
いずれも私にとっては思い出深い美しいバラードです。台湾を愛する皆様もぜひ、お聴きください。↓
禮物~劉力揚 Jeno Liu
夢中作憨人       ~阿密特(張惠妹)    
四季~黃麗玲 A-Lin  
愛台妹的訪客總數
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近14天、訪客總數

    愛台妹朋友大約200個人。謝謝

    瀏覧總數量

      記事・文章 搜尋
      Exchange-Rate
      惠靈頓・東京     倫敦・紐約 世界時刻
      FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX
      目前世界外匯情況
      Sugakiya名古屋の味 台湾ラーメンも有ります美味しい拉麺通販!!
      台湾セレクション    台湾グッズはここで!
      台北楽天市場店   美味台湾グルメ通販!
      台湾小集      台湾関連商品超充実!
      宝島-台湾料理&食材 日本で台湾食材GET!
      紅利點積分變現金
      日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ