バンセンの地獄寺を出て、まずはバンセンビーチでまったりすごして、ちょいとお昼寝。

moblog_94fc50ac

夕方近くになってきたこともあって、シラチャでゆっくりとしようかと3号線か7号線かに出ようとバイクを走らせていると道路の交差点に何やら日本語の看板が見えました。

なんと「草津温泉」の表示。

おおおおおお、近くまで行くとこんなチョンブリ県の中途半端なとことにスーパー銭湯&スパがあるじゃないですか!温泉との表示も。ずっと湯船につかるようなことはこのところなかったので、これはもう行くしかありません。

IMG_20200219_173126

IMG_20200219_173131

しかし、シラチャからもちょっと距離があるこんな所になぜ?

とりあえず中に入ってフロントのお兄さんとお姉さんにシステムを訊きました。日本語はあまりできず、タイ語中心での対応でしたが、ここは日本人相手というよりはタイの皆さんに日本の温泉スタイルを味わってもらうため、そして日本の良さを知ってもらうために作ったというようなことを話してくれました。

 日本語ができるのかと思いきや、本当に片言程度でしたが、すごく誠実に対応していろいろ教えてくれました。英語交じりのタイ語でおおよその意味は把握できました。
IMG_20200219_173311
IMG_20200219_183756

 日本語とタイ語のパンフレットがあって各コースの料金と内容が掲載されています。
IMG_20200219_181356

KUSATSU ONSEN CHONBURI 公式HP

基本的な入浴料金は490B(日本円で約2000円ほど)でタイの物価相場では高級なんですが、とにかく安い高いというよりも日本的な風呂に入りたいという欲望には勝てません。腕に番号の入ったブレスレットをつけ(よくある番号ですべて会計するパターン)、靴は預かられて(会計せずに逃げないようにという鉄則ですね)風呂場へGO!

IMG_20200219_183803

男湯の暖簾をくぐるとすごくきれいな脱衣所があって、ここは本当にタイなのか?と思ってしまいました。すごくひとつひとつが日本的なきめ細かいサービスという印象でロッカーを腕のブレスレットでピピッとあけるとご覧の通り。

IMG_20200219_173558

 竹とヒノキの香りが気持ち良過ぎ。とにかく掃除も行き届いていてピカピカでした。
IMG_20200219_173729


浴槽のある中へ入ると露天風呂はもちろん、通常のサウナやミストサウナに水風呂、さらには樽風呂も。内湯は天然ミネラル温泉になっていて(ただし、本当の温泉ではないです。入浴剤などを配合して温泉のように仕立てていると思われる)、客は夕方ということもあって僕とタイ人の若い2人組だけ。

 浴槽は檜でできていて香りがプンプン。もう天国です。
IMG_20200219_180649

 内湯の天然ミネラル湯。入溶剤で温泉仕立ての乳白色にしていますが、雰囲気は十分。すごくいいお湯でした。思わず何度も入ってしまいました(笑)。
IMG_20200219_180751

 露天風呂も充実。通常の岩風呂に樽風呂があって、小さいながらも立派な日本庭園も。

IMG_20200219_180700
IMG_20200219_180709
IMG_20200219_180713

ますは風呂にゆっくりつかって、リラックス。サウナにも何度も入ってボディシャンプーでバイクで埃っぽかった体を洗って、シャンプー。洗い場もすごくよくて、きれい、さすがに感動しました。

IMG_20200219_180636

タイではこのようなスーパー銭湯がタイ人には人気があって、上海でも極楽湯や大江戸温泉物語が進出して人気ですが、もうスーパーー銭湯は日本の大きな輸出アイテムという感じですね。僕は行ったことがないのですがバンコクでは「湯の森」というスーパー銭湯があったり、柏屋旅館の大風呂が人気のようです。

 バンコクで大人気の「湯の森」。館内施設もかなり充実していて大アミューズメント施設ですね。写真をクリックすると湯の森の公式HPにジャンプします。
unnamed

 日本人が多いプロンポンにある柏屋旅館の風呂。お風呂だけでも入れるとのこと。写真をクリックすると紹介記事のブログ「バンコクでお風呂に入るなら柏屋旅館!スーパー銭湯よりも安くて落ち着く」にジャンプします。
IMG_5607

いやあ、本当に温泉(まあ本当の天然温泉ではないけど)は良い!
タイにも天然温泉が結構あるようで、クラビの方やチェンマイの近くにはかなり良い天然温泉もあるようです。

温泉+密林タイで見つけた温泉楽園 ワリーラック温泉リトリート


タイのユニークな温泉めぐり~すごく充実のタイ温泉紹介

心も体もリフレッシュします。もうシラチャには寄らず、ここでちょっとまったりしようという気になりました。ここの2階には「未来寿司」という日本料理店もあって、夕食はそこで食べればいいかなと。まあ、パタヤまでバイクで1時間ほど走るのがダルいですが、それは仕方がありません。これがパタヤにあればどれほどいいことか。

 OFR48によるドリフの名曲「いい湯だな」。日本人にとって温泉はやはり欠かせません。


2時間ほどお風呂に出たり入ったりした温泉スパを出て、二階の未来寿司へ。日本人は誰もいないのですが、タイ人のお客さんでほぼ満席。雰囲気も完全に「日本」でバンコクやシラチャならともかくなぜ、チョンブリのバンセンにあるのか、頭がグルングルン。

IMG_20200219_190023

 タイ人の板前さん。手付きも鮮やかで味も間違いなしでした。美味い!
IMG_20200219_190118

 店内は盛況。掘りごたつ方式の和風座席も良く、タイの方々でほぼ満席。
IMG_20200219_190126

IMG_20200219_190349

さて腹もいっぱいになったし、一路パタヤへ。さすがにバイクで1時間はやや風呂も入って、腹もふくれた後だけに辛いですが、ここは入り抜けるしかありません。幸い道は国道3号線一本を南下するだけ。もう、草津温泉を出る頃には、あたりはすっかり夜の帳がおりていました。

 相席居酒屋に久しぶりによって、カラオケかスナックでも覗くかなと思っていたシラチャも素通
り。やはりリフレッシュすると一気にホテルまでまずは戻りたくなりますね。
IMG_20200219_201912

 国道3号線沿いのセブンイレブンで小休止。こんなところにも祠があって思わず、事故らないようにお祈り。信号が少なくて平均時速80~100kmぐらいで走り抜けていますから、何かあったら終わりです。無事にパタヤに着けますようにと願いました。
IMG_20200219_210324

パタヤに到着するのはちょうど九時前ぐらい。戻ったら少し休んで、早速地獄寺の報告をレックにしなきゃ。パタヤに向けて快調にバイクをとばしながらプロイやメイ、レックの顔が頭に浮かびました。

地獄寺から天国のような気分になるスパへ。天国と地獄は意外とすぐ近くにありました(笑)。

 画像は良くないのですが中国語訳が入っています。コロナによる新型肺炎で亡くなられた志村けんさん、そしてもう随分前に亡くなられたリーダーのいかりや長介さんやオリジナルメンバーの荒井注さん。多くのコントで私達を楽しませてくれたドリフターズ。意外と知られていませんが、実はビートルズ日本公演の前座も務めています。いかりやさんや新井さん、そして志村さん、天国でもみんなを笑わせているんだろうな。合掌。


IMG_20200219_194855

  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス