メイに聞いていたラン島へ行こうと今日は早起きして9:30発のバリハイ桟橋から出るフェリーに乗ることにしました。パタヤには何度も来ていますが、どうしても生活リズムが夜型になってしまうこともあり、起きるのがお昼前後になってしまいますから、今までラン島には行く機会がありませんでした。

 早朝のウォーキングストリートはこんな感じで閑散。歩いているのはラン島へ向かうフェリーが出るバリハイ埠頭に向って歩いている人ぐらい。
IMG_20200216_084553
IMG_20200216_085406

バリハイ桟橋はウォーキングストリートから歩いて15分ほど。少し早めに着いたので入口のカフェでブレックファースト。今日も天気が抜群に良くて、カフェから見る海はなかなか。

IMG_20200217_113756
IMG_20200217_105349

あなたも私たちも おそらく誰もが皆
体を、いや心を癒しに海に出かけていくのでしょうね。
吹き付ける風と打ち寄せる波と
沈む太陽と伸びゆく影を感じながらふとまにまにこう思う。




時間が近づき、バリハイ埠頭へ。途中にはサングラスや帽子、寝ゴザなどの海用品を売るおじさんやおばさんがいて、煩雑に声をかけられますが、適当にかわして埠頭を進みます。埠頭からはスピードボートが出ていますが、安いフェリーで行くのが得策。ゆっくり行っても約30分ほどで到着します。桟橋にはA~Eまでそれぞれの船の種類が出ていてフェリーは一番奥のE埠頭。

IMG_20200216_085813
IMG_20200216_085850

フェリーの入口にいるおばさんに30バーツを渡してフェリーに乗ります。ライフジャケットが完全に装備されてはいますが、着用している人は半分ほど。いつ死んでもいいと思っている僕は当然、身軽さを優先して着用せず(笑)。

IMG_20200216_091842
IMG_20200216_092355

 遠ざかるパタヤとは逆にだんだんとラン島が見えてきます。
IMG_20200216_093615

 ラン島の玄関、ナーバン埠頭。コンビニやレストラン、レンタルバイク屋などが軒を連ねています。
IMG_20200216_094827

なかなか快適で揺れも少なく、風も気持ちいい。遠くなっていくパタヤビーチを見ながらまったりしているとフェリーはナーバン桟橋に到着。フェリーはこのナーバン桟橋とメインビーチであるターウェンビーチに行く便がほぼ交互に出ていますが、ナーバン桟橋はラン島のメインポートであり、セブンイレブンもあって、レンタルバイク屋も充実しているので、圧倒的にナーバン桟橋行きが出発の起点としては便利だと思います。

IMG_20200216_094837
IMG_20200216_095201

ナーバン桟橋あたりにはレンタルバイク屋がずらりと並んでいて、僕もまずは足を確保と思い、いくつかのレンタルバイク屋を回るとだいだい1日300~400バーツ。海岸なので潮の影響もあり、故障しそうなバイクは極力避けたいので細かくいろいろな店のバイクをチェックしていました。そのとき、おばさんが声をかけてきました。

IMG_20200216_100319

「คุณคุ้นเคยกับรถจักรยานยนต์หรือไม่?คุณญี่ปุ่น? (あなた、バイクのこと詳しいの? 日本人?)」

「そう、日本人だよ。バイクに詳しいとまではいかないけど、一応自動二輪の免許は持ってて昔乗ってたから、潮風とかでサスペンションとかブレーキがいかれていないかを見ているだけだよ)

「งั้นคุณก็ปลอดภัย คนญี่ปุ่นสามารถเชื่อถือได้จักรยานคันนี้ทําในประเทศญี่ปุ่น (それなら安心だ。日本人なら信用できるし、このバイクも日本製)」

「เราเช่าจักรยานส่วนตัวเป็นคู่ไม่ใช่ในร้าน (私たちは店じゃなくて夫婦でバイクを個人的に貸しているから)」

「นั่นเป็นเหตุผลที่ฉันต้องการยืมมันให้คนดี ราคา 200 บาทต่อวันปรับ (だからきちんとした人に貸したいんだよ、一日200バーツでいいよ)」

これは安い!バイクもすごく新しくて状態もいいので、即決。保証金を1000バーツ払ってすぐにレンタルしました。パスポートは見せただけで普通の紙に名前とパスポート番号と電話番号を書いて1分ほど手続きは終了。パタヤとは違ってガソリンも満タンにしてあり、返すときに満タン返しでいいとのこと。

IMG_20200216_102003

ラン島には七つのビーチがあって、今日は時間も十分にあるから、できる限り多くのビーチを回ろうかなと思っていました。まずはナーバン桟橋のソンテウ(バイクに乗れない場合はこのソンテウがビーチと桟橋をつなく交通手段で、年配のファランや肥満体のファランの皆さんが利用してました)乗り場があり、その前に立派なワットと祠があって、今日の無事を祈るために早速参拝。最近はミャンマー方式で参拝のときは裸足になることにしています。

 ナーバン桟橋の店が集まっているあたりから3分ほどの所にあるソンテウ乗り場。ここからいろいろなビーチにアクセスするソンテウが出ています。
IMG_20200216_103007

 海外生活で重要なことはケガをしないこと。特に交通事故は日本と交通事情が異なるため、十分に気を付けないといけません。バイクはすべて125cc 以上なので、乗り慣れていない人はよく転んでいます。パタヤからバンコクに行くバスで一緒になった日本人の男子大学生の一人が大けがしていて、ラン島でバイクのアクセルふかしたら、ウィリー状態になって転んだと言っていました。油断せず、今日も無事であるように、いつも祠で祈りを捧げるようにしています。
IMG_20200216_102912
IMG_20200216_103526

 ラン島には七つのビーチがあってターウェンビーチが最も賑やか。セームビーチやティエンビーチが空いていて、水も最もきれいだということでターウェンビーチの様子を見てからセームビーチかティエンビーチでゆっくりしようと計画を立てました。クリックすると拡大します。
5_4_photo_11

早速、バイクをとばしてターウェンビーチへ。ラン島でメインのビーチだけあって諸設備や店が充実、さらにいろいろなアクティビティもあって楽しめるビーチでした。ただ、やはり人が多くて、ゆっくりという感じはなく、30分ほどいて退散。

IMG_20200216_105743

ターウェンビーチでコーラを飲んでいるときに店の女の子に訊くとラン島はビーチだけではなくていくつかの山があり、そこからの景色は絶景だと教えてもらい、スマホを見せてGoogle Mapで場所を指さしで教えてもらって把握。ビーチ間を移動する時に寄ってみることにしました。ターウェンビーチからセームビーチ方面に向かう間の山にワットがあって、まずはそこへ。

 頂上には巨大な神像があって、ここがラン島で最も高いポイントということです。ハングライダーもここから飛んでいて、ターウェンビーチが一望できる絶景。
IMG_20200216_110531

 クリックすると拡大します。タウェンビーチにはフェリーが到着する桟橋もあって、パタヤからここに来て一日島を動かずにここでゆっくり過ごして帰る人も多いです。
IMG_20200216_110618

本当に気持ちが良くて、パタヤの海は湘南のような印象があり、それほどきれいという感じはしなかったのですが、ラン島に来ると水の透明度が違います。天気がいいとさらに太陽光が海に光を散乱させるので、その美しさはなかなかのものでした。

ワットのある山頂から降りて今度は水が一番きれいというセームビーチへ。

あまりにも 絵になりそうな
去到那猶如圖畫一般的
魅力的な長いハッピービーチ
迷人而漫長的快樂海灘
渚へ 行こう 乗り込んで行こう
讓我們到海邊去 坐上車就走
リズムがはじけて恋するモード
活潑的節奏 是戀愛的形式

 
タイでPVが撮影されたパフィーの「渚にまつわるエトセトラ」。奥田民生のアジア意識やさすらいの感覚ってすごくいいですよね。このPVが撮影されたのはプーケットかラン島のようですね。


セームビーチは噂通りすごく空いていて、設備やアクティビティはあまりないものの、ゆっくりするには十分。ビーチサイドに基地をつくって、後ろのオープンレストランで昼食とタイガービールという贅沢な時間。これは最高に気持ちがいい。

 ームビーチは浮き輪ぐらいしかアクティビティがないのですが、バイクを置く駐輪場からもアクセスが良く、空いていて水もきれいなのでオススメ。
IMG_20200216_113734
IMG_20200216_124325
IMG_20200216_124331

 水はご覧の通りで、透明。サンゴ礁ではないので砂が多少は巻き上がりますが、波が静かなために透明度は極めて高いです。
IMG_20200216_140717

 クリックすると拡大します。「渚へ 行こう 乗り込んで行こう」セームビーチ版です。
IMG_20200216_124039
IMG_20200216_124004
IMG_20200216_124054

3時間ぐらいセームビーチで泳いだり、昼寝(昨晩のドールハウスでの夜更かしが効いてました)したりでゆったりとすごし、頃合いを見計らってティエンビーチへ。ここはやや磯や岩場があって海の水が砂を巻き上げないためさらに水が透明でした。ただ、ややビーチへのアクセスが岩場に架かる木橋を500mぐらいは歩くのがちょっと不便ですね。

 
こんな木橋を駐輪場(ソンテウの発着場)まで歩いていきます。クリックすると拡大します。渚へ 行こう 乗り込んで行こう」ティエンビーチへの道 版です。
IMG_20200216_141953

 クリックすると拡大します。「渚へ 行こう 乗り込んで行こう」ティエンビーチ版です。
IMG_20200216_141705

 ティエンビーチもラン島ではとても空いててオススメのビーチですね。セームビーチよりはアクティビティも充実していて水の透明度は多分、ラン島で一番。クリックすると拡大します。
IMG_20200216_141753

 クリックすると拡大します。「渚へ 行こう 乗り込んで行こう」ティエンビーチ版です。
IMG_20200216_142329
IMG_20200216_142419

ラン島はコロナ規制のせいで中国人・韓国人がまったくおらず、タイ人とファランだけでした。そのためかビーチのマナーは極めてよく、特にゴミの分別は素晴らしくて街やビーチでゴミを見かけることはありませんでした。

 すごく島はきれいで野犬が多いのですが、彼らが食べ散らかした残飯などもなく、とても環境に配慮した観光政策がとられています。
IMG_20200216_141102

次にティエンビーチからターウェンビーチの店の子から聞いたウィンドミル展望台へ。山の斜面に小型の風力発電機が大量に設置されていて、かなりバイクでも厳しい急斜面の細道を登って到着。道もわかりにくいし、この場所は地元の人じゃないとわからないかも。ほとんど来る人はおらず、僕以外にはしばらくしてファランのアベックが一組来ただけでした。

 こんな石畳の細い道をバイクで上がって行きます。かなり急斜面な所もあってハンドルもよくとられて、ブレーキをかけるとズルズル後退するので、自動二輪に乗り慣れていないと苦しいですね。
IMG_20200216_145927

 山の斜面には小型の風力発電機が1000基ほどあってなかなか壮観です。
IMG_20200216_144627
IMG_20200216_144639

頂上にはちょっとした展望台があって、パタヤもきれいに見えて360度の展望がきき、素晴らしい絶景が目の前に広がります。ワットのある山頂も良かったですが、こちらの方が視野が広くて、景色もより素晴らしいような気がします。

IMG_20200216_152857

 パタヤビーチ沿いの市街地がきれいに見えます。クリックすると拡大します。
IMG_20200216_145056

 先ほどいたティエンビーチ。上から見ても水の透明度が際立っています。クリックすると拡大します。
IMG_20200216_145436


ウインドミル展望台から南端のヌアンビーチへ向かい、少しくつろいだ後に6時のフェリーでパタヤへ。ヌアンビーチは家族連れが多く、磯の岩が防波堤のようになって天然のプールといった趣で小さな子も安心して泳げるといった感じ。穏やかな雰囲気があってとても良いビーチでした。

IMG_20200216_154635

 ヌアンビーチは天然のプールといった形状で泳ぐというよりは水浴といった感じで海につかっている人が多いビーチ。ペット連れも多くて犬も暑いのか、結構海に入ってました。クリックすると拡大します。渚へ 行こう 乗り込んで行こう」ヌアンビーチ版です。
IMG_20200216_155129

IMG_20200216_155137

ガソリンを満タンにしてナーバン埠頭に戻り、電話でバイクの貸主に連絡。店舗で借りてはいない個人貸しだったので、連絡はすべて電話でということになっていました。今度はご主人が現れて保証金を戻してもらって事故もなく、無事に帰還。足を怪我していて、それでバイクに乗れず貸しているとのこと。すごく親切な方々でバイクも絶好調でした。やはり人との直接のかかわりって重要だなあと思いました。ターウェンビーチの店屋の子に訊かなきゃ、ラン島の絶景ポイントもわかりませんでした。

IMG_20200216_162610

 ナーバン埠頭からフェリーでパタヤへ。ラン島は本当に手軽で便利なリゾート地でした。特にコロナ禍のこともあって、中国人と韓国人がまったくおらず、東アジア人はほとんど見かけなかったので、特殊な状況ではあったけど、マナーや環境への配慮も素晴らしいと感じました。
IMG_20200216_171134
IMG_20200216_171422
IMG_20200216_171533

ホテルへ戻ってシャワーを浴びてから、ナナ・シーフードで夕食、それからドールハウスに行って、メイにラン島の報告でもしよう。

また、メイに「ペイバーして私を連れて行けばもっと渚にまつわるエトセトラでいいことあったのに」と言われそう。

でもモグラはモグラ。

たった一度の人生、まだまだ全然知らない景色を見たい、見知らぬ世界を見たい.、そう思っています。



モグラはガンガンこの地球を休まず進む
ひたすらガシガシ掘り進んで海を渡って
そしてふと手を休めては星を眺めている


僕らもガンガンこの地球で負けずに進み
モグラがガシガシするみたいに両手を回す
まだまだ全然知らないはるかなとこの海を見たい、星を見たい
ゼンマイ巻いてぐるぐる巻いてもう少し上げていけ

まだまだ見えないよ どこにも見えないよ 考えてしまうよ

だから手を動かし続けよう 見ようよだから

誰も見てないよ 誰も聞いてないよ まちがえてしまうよ
だから手を動かし続けよう

まだまだ見えないよ どこにも見えないよ 考えてしまうよ

だから手を動かし続けよう 

掘って掘って また掘って 振り向けば道ができてたよ

IMG_20200216_142409


  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス