ドールハウスを出ると時間は午前1時過ぎ。以前パタヤにいたときによく呼んでいた黒髪の子がいるビーバーズへ。ビーバーズはパタヤでは新しい店で以前はベイビードールズがあったのですが、隣のエレクトリックブルーと中でつなげて2店舗を実質1店舗を区切るという形にしています。向かい側にあるドールハウスと同じグループで、やる人がいるかどうかはわかりませんが、ドールハウスからドラフトビールとキャッシャーレシートを持って移動することも可能。どこで最終会計をしてもかまいません。

 ビーバーズは2019年8月にオープン。グループ3店舗の中では唯一の新店です。
67703248_1323568411141678_6503067101643669504_n

女の子も店側の新陳代謝の意味合いもあるのか、この3店でよく入れ替わっています。以前のブログで紹介しましたが、イメージカラーがあってドールハウスは紫とピンク、ビーバースは赤、エレクトリックブルーは水色っぽい青(ライトブルー)となっていて、制服や腕にしているナンバーサポーターもすべてこの色でコラボされています。また、多くのA GOGOはビキニで踊っていますが、この3店舗はそれぞれのカラーのセーラー服(ドールハウスはピンク)で踊っていて、これは下がノーパン・ノーブラであるため。HPの画像とは実際に行くとわかりますが、コスチュームが違います。

三店舗にはそれぞれ特徴があって、私見ですが、こんな印象があります。

 ★それぞれの店名画像をクリックすると各店のHPにジャンプします。

ドールハウス→箱が広く二階もある大店舗。女の子の数も多く、玉石混交で広い選択肢がとれる。バブルスポットと特設ショーステージの両方があり、二階は1対1的なダンスステージがあって多様な遊び方ができる。全裸半分、ノーブラノーパンで制服半分。
img_6684-1-1280x720

ビーバーズ→女の子の質はここが一番↓かな?バイブなど持参する変態ファランも多く、アクティブ度は3店舗でナンバー1。女の子のノリもいい。ショーステージではいつも女の子2人が大開脚でくぱぁ連発。スケベな人にはうってつけ。ただし、ウィンドミル系列には負ける。全裸8割。制服組は少ない。
img_6683-1-1280x720

エレクトリックブルー→女の子のアットホームさと平均的レベルは3店では高め。アクティブ度は最も低く、バブルスポットや特設ショーステージがここだけなし。いうなれば一番節度がある。全裸4割、ノーパンノーブラで制服6割。
unnamed (4)

ビーバーズでいつもの黒髪の子につかまり、結局1時間ほどいました。この子とはいつも決め事があって、1000バーツ以上は消費しないと言ってあるので、そこを目指してその子もドリンクをおかわりして時間の使い方を塩梅するという感じになります。

この店は会話というよりも完全にセクハラ系で、しっとりといった感じはあまりというよりはほとんどありません。隣のソファでもファランがバイブの出し入れしていたり、クンニしてたりであまり落ち着ける感じではないですね(笑)。まあ、どの子も大胆で周りに人がいようが関係ありません。この辺はあっけらかんとしたパタヤの雰囲気かもしれません。

EEBcK4hW4AEMpcd

ビーバーズを出たらもう2時過ぎでA GOGOは3時までなので、もう帰るかなと思っていたら隣のエレクトリックブルーの前に以前ドールハウスにいた娘がいて、客引き。今はとても空いているから寄ってってと腕をつかんで甘えて言います。

「เรามีลูกค้าไม่กี่วันนี้ (このところお客さんがとても少ないんだよ)」

「ตอนนี้แทบไม่มีใคร ผมอยากให้คุณแวะมา (今もほとんど誰もいないから、寄って行って)」

まあ、懇意に比較的していた子ですし、今日はビーバーズに入ってすぐに知り合いの子につかまってしまってエレクトリックブルーの様子は全く見ていませんでした。それとドールハウスに知り合いの子が複数いることもあって、ドールハウスに最初から行って長居することが多く、エレクトリックブルーはちょっと女の子のノリが悪いイメージもあってあまり今まで行っていませんでした。

「わかった、わかった、一杯だけビール飲んでいくよ」

普通ビーバーズからエレクトリックブルーに行くときは内部で移動するのですが、一度外に出てからまた隣のエレクトリックブルーに入るという変な展開になってしまいました。

P2210343

エレクトリックブルーに入ると、客はたった一人しかいませんでした。確かにガラガラ。僕は入って左側のステージの正面に座り、ドラフトビールを頼もうとすると否や、僕にとってA GOGOで初めて経験することが起こり出しました。

客がほぼおらず、女の子たちは踊るというよりは適当にステージの上で隣の子とおしゃべりしたり、ただ何となく立っていたりするだけなのですが、急にステージの上にいた10人前後のおんなの子がこちらにただ一人座っている僕を見て、全員が「私を選んで!」とアピールしだしたのです。座ったりしゃがんだりしている子もいて更にM字開脚している子やトップレスの自慢の胸をつきだしている子なども複数。みんな大声で騒いでいて自分の顔に指をさして” Call me "を連呼。

 おばさんにならない森高千里と違って姿も声もすっかりおばさんになった2009年のBlondeiのLIVEから。当時の悪魔的な雰囲気から意地悪な姑風になったような印象ですね、ちょっと悪いですが。この曲のCallは電話のコールですが、僕の場合はステージ上からのコール(笑)


僕はただ一杯ビールを飲んで、終わり際のルークトゥンの大盛り上がりを見ようと思っていた程度で女の子を呼んで傍らにつけようなんてこれっぽっちも思っていませんでした。しかし、この展開だと呼ばない訳にはもういけない状況。とにかくアピールがすごくて、3つの店の中で一番おとなし目の店かなという印象のあったエレクトリックブルーでこんな展開になるとは思ってもみませんでした。

3E4A9924-e1581749360340

とりあえず、女の子大集団の3分ほどのアピール合戦の末、僕は一番ニコニコしていた明るい感じでやや色黒のXX番の子を呼びました(未だ彼女は現役でコロナ問題収束後は復帰と思われるので伏字)。ステージでこの子は大げさに喜びを爆発、周りの子も拍手したり、大声で何か言っていたりの興奮状態。ダンスの曲が流れていますが、ダンスなんか誰もしていません。

「何なの、この状態?」

呼んだ子に訊いてみました。

「อย่างไรก็ตามเนื่องจากมีลูกค้าไม่กี่เพราะปัญหาไวรัสทุกคนไม่ได้ทํากําไรจริงๆ (とにかくウィルスの問題で客が少ないから、みんな本当に儲かっていないから)」

「ร้านนี้เป็นที่เงียบสงบที่สุดในกลุ่มดังนั้นมันจึงยากที่จะได้รับใน (この店はグループで一番おとなしいから、なかなか客が入ってこないこともあるし)」

「มันเป็นครั้งสุดท้ายแล้วและเราทั้งหมดต้องการที่จะสร้างรายได้เพราะ 100 บาท (もう最後の時間ということもあって、みんな100バーツでいいから稼ぎたいんだ)

さっそく、XX番にドリンクをねだられてオーダー。するとこの子は水色の制服を着ているのですが、下はノーブラ、ノーパンということもあって制服のセーラー服の前の結んである部分をほどき、ボタンを外しての前回状態に。めちゃくちゃ節度がある感じのエレクトリックブルーにしては大胆な彼女の行動に驚きました。

「โทรหาทุกคน (みんなも呼んでてよ!)」

とさかんに彼女が言うこともあって、適当にステージ上の愛想の良さそうな子を読んだら、その友達もついてきてあっという間に女の子が5人ほど(人数がよくわからない)が集まってきて、多くの子がもう生まれたままの姿(トップレス・ボトムレス)なので、陳腐な言葉ですが「酒池肉林」状態に。

さらに時間が2時30分。店内にはルークトゥンが大音量で流れ出して、もうステージの上も含めて乱痴気騒ぎ状態に。Kさんが以前のHappy(かつてはパタヤの名店だったA GOGO。今は少し凋落した印象)の閉店前のルークトゥンでの盛り上がりがすごくて、ショートで戻ってきた子を含めてそれは見事だったとおっしゃってました。まあ、この日のエレクトリックブルーも遜色なかったように類推(Happyのラストを僕は見ていないので)しています。それぐらいの大フィーバー。

 フィーバーという言葉自体がもう死語かも? 六本木や新宿を中心としたディスコが大フィーバーしていた懐かしい時代ですね。その後、パチンコでも777が揃う、フィーバーという言葉が出てきました。多くのダンス映画やバブル時代のジュリアナ文化へも発展。マンハッタンとブルックリンの対比も描いたこの映画は今見ると陳腐かもしれませんが、その社会への影響力やBee Geesのブレイクなど多くの事象を生み出した、やはり傑作ですね。


「まあ、こんな日もあっていいか」

と僕も大奥か竜宮城(ハーレムまではいかないですね)気分で「もうどうにでもなれ」と女の子たちに促されるままにドリンクオーダー連発したら、わずか1時間なのに2000バーツ(まあ一人一杯ぐらいなのと時間が閉店までわすかしかなかったので傷が浅かった)近くになってしまいました。

 この店の2020年2月のHPに出ている子たちはほぼ間違いなく顔を知っています。この後のパタヤボヘミアン生活では、この日の経緯もあってエレクトリックブルーが最も通う店になったことがその理由。3店の中で、言うなれば一番、節度があったこともあります。まあ、この日は特別でしたが。
3E4A9920-e1581749374541

午前3時になって、全員の女の子たちの大拍手と歓声でいつものように閉店。この何気なく入ったエレクトリックブルーのXX番に結果的に僕は翻弄されていくことになるとは。

後から思うとそのときは何でもないようなちょっとしたことが、運命を結果的に変えていくことって人生で時々ありますよね。この日の" Call me "がまさしくそれでした。

bandicam 2020-05-02 14-56-03-718

 セカンドロード側からソイ15を通ってウォーキングストリートへ。右側にドールハウス、左側にビーバーズ、エレクトリックブルーと続きます。エレクトリックブルーの向かいはワッツアップというA GOGOですが、この店には二階があって、普通パタヤのA GOGOは当局の指導もあって午前3時までですが、この階段を上がった店は朝6時まで秘密に営業しています。そしてダンスでは一番と思われるサファイアクラブがあり、ファミマのあるウォーキングストリート交差点へという風景ですね。


  なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス