飛行機の中でスーミエとのいろいろな出来事を思い返しているとヤンゴンからあっという間にバンコクのドンムアン空港へ。久しぶりのバンコクはいつものような青空と明るい南国の太陽で僕を迎えてくれました。今日はバンコクに泊らず、昼過ぎのバスに乗って夕方にはパタヤに到着の予定です。

本当はヤンゴンから直接上海へと思っていましたが、大陸のコロナの広がりが著しく、街がかなりの統制下におかれておりゴーストタウンになっているからまだ帰らない方が良いというスタッフからの連絡を受けてとりあえず一週間大陸へ渡ることの延期をミャンマー滞在中に決めていました。

とりあえずパタヤに滞在かな?

と考えたのは海があって気持ちがいいし、物価も安くて英語も良よく通じ暮らしやすいこと、そして夜社会の楽しさと開放感が捨てがたかったからでしょうか。

IMG_20200209_100109

ドンムアン空港からエアポートバスA2に乗ってアーリー駅で下車、ここにあったショッピングモールの日本食屋で昼食をとり、BTSでエカマイへ。

 LCC発着が中心のドンムアン空港はBTSなどの駅が近くにはなくアクセスは良くありません。エアポートバスかタクシー利用になります。
IMG_20200209_104920

 アーリーのショッピングモール。大戸屋があって日本食を食べましたが、ヤンゴンのスーミエと行ったおししい寿司の価格があまりにも安かったことを再確認(笑)。
IMG_20200209_111928

エカマイからパタヤにバスで向かいますが、大型のバスではなく、今回はロットーで行ってみるかと奥のカウンターでチケットを買いました。安いかなと思ったら大型バスと価格は同じ。失敗したかもという悪い予感。

IMG_20200209_132156

 青い大型バスは外国人観光客がほとんどですが、ロットーはタイ人がほとんど。いつも通りのギュウギュウ詰めで途中での乗降が多く、青い大型バスの方が圧倒的にいいです。到着はパタヤのロットーバスターミナルなので北のバスターミナルよりは南パタヤに近いですね。
IMG_20200209_133647

バスはやや狭苦しくて途中のストップが多かったものの、まあそんなに時間がかからず3時過ぎにはパタヤ(スクンビット通り沿いのロットーターミナル)に無事到着し、バイタクでウォーキングストリートへ。今回には以前出会ったプロイたちがいるソイ15の3つのA GOGOを中心にナイトライフは送ろうと思っていましたのでウォーキングストリートのど真ん中にあるゲストハウスを予約してみました。

 ゲストハウスはA GOGOの横の階段を上がるとこんな簡単なフロントがあって細いガラスの防人ドアをカードキーで開けて部屋のある廊下に入るしくみ。結果から言うと大当たりのゲストハウスで階段を下りればウォーキングストリート、歩いて1分でコンビニ。部屋のシャワーマシンは新しいパナソニック製でセキュリティ金庫もすごくいいのがしっかりあります。シートや部屋の片づけはフロントに申告すれば随時やってくれます。これはパタヤの時間感覚が普通の社会とは違うから。これで1泊500バーツ(1800円ぐらい)は安すぎ。
IMG_20200211_184300

 客室に行く廊下には外部からは人が入れません。持ってる部屋のカードキーをタッチすると開く仕組み。
IMG_20200211_184245
IMG_20200211_183926

 安いゲストハウスにありがちな機器の不調はまったくありません。シャワーに使う電気式の瞬間湯沸かし器は絶好調。WIFIのルーターも新しく3系統ほどあって流量や帯域、速度は十分でした。
IMG_20200211_184015
IMG_20200211_184215

今朝は早朝にスーミエと起きたこともあって、シャワーを浴びて横になっていたら眠ってしまいました。目が覚めたらもうあたりは暗くなりかけてい
夜の7時近く。ミャンマーでは連日ハードに出歩いていたこともあり、疲れもたまっていたようでした。とりあえず、SIMカードを買わなきゃと思い、外へ。当初の大陸への帰国はミャンマーから直接の予定でしたから、大陸で借りた多国籍用のルーターが期限切れで使えなくなってしまったため、WIFIがないとネットにつなげなくなってしまったからです。

 ゲストハウスの看板。ウォーキングストリートに面していて非常に便利。音は遮断されていて非常に静か。ただし、窓はなく景色は見えません。
IMG_20200209_183749

 気を付けていないと見落とすような狭い入口です。この階段を上がるとフロント。
IMG_20200209_183805

ウォーキングストリートストリートを出たところからセカンドロードのソンテウ乗り場へ。ここからセントラルフェスティバルというパタヤ中央にあるショッピングモールのTRUEに行くことにしました。

IMG_20200211_185646

夜のパタヤは相変わらず気持ちが良くて、街の喧噪も変わっていませんでした。ただ、以前Kさんと来た時よりももっと人がいなくなっていて、中国人や韓国人はさらにタイへの入国規制(ホテルで2週間は基本的に外出せずに検温などをし、異常がなかったら自由に行動できる)が強まっていたため、もうアジア人自体が見かけなくなっていました。

セントラルフェスティバルに到着、1階のTRUEでSIMカードを購入し、マシンでの料金の追加の仕方を店員に教わって確認して終了。これでGoogle Mapをはじめ、ネットが自由自在に使えるようになりました。

IMG_20200210_150004

 とても対応が良く、英語でも問題ありません。ルーターよりもSIMの方が音声通話も使えて便利ですし、SMSが受け取れるのでいろいろなPINも電話接続の確認で来ますからルーターよりも安くてオススメ。台湾のように2種類の身分証明は要せず、パスポートのみでOK。
IMG_20200210_150732
IMG_20200210_150745

ビーチロードに出て再びソンテウに乗ってウォーキングストリートへ。ソイ15に行き、お決まりのナナ・シーフードで夕食。ほぼ1週間ぶりに食べたカオマンガイはすごく美味くて、おばさん(タイに赴任したころから愛用しているKさんによると昔は若かったとのこと)や看板娘もいつも通り元気に働いていました。

うん、パタヤに戻ってきたな という感じ。

IMG_20200209_180802

さて時間は8時半頃になっていて、早速プロイがいるかなと思ってドールハウスへ。時間が早いこともあってすごく空いていて、女の子もまだそんなには多くはありませんが、すでに店は始まっていました。

 ウォーキングストリートはコロナの影響が広がり、さらに人が少なくなっていていました。店によっては誰も入っていないA GOGOもありました。この頃からロックダウンへのカウントダウンが実際には始まっていました。


IMG_20200209_182916

しばらく、ボーッと踊っている子を見ながらドラフトビールを飲んでいるといきなり、プロイの声が。

「กลับมาแล้วเหรอ? (戻ってきたの?)」

いつもながらのニコニコした顔で深く物事を考えないのか、いきなり

「กรุณามาพบฉันทุกวันจากนี้ไป (これから毎日、プロイに会いにきて!)とのこと。

あきれるやら、この遠慮なしの屈託のなさはタイの子、特にイサーンの子の特徴のような気がします。

「プロイも元気でよかったよ。今日、ミャンマーから戻ったんだ。でも、どうしてすぐにわかったの?」

「ฉันได้ยินข่าวลือว่านายกําลังมา (あなたが来ているらしいって噂を聞いたの)」

「พม่าเป็นอย่างไรบ้าง?คุณเจอผู้หญิงน่ารักอย่างฉันไหม?(ミャンマーどうだった?私みたいな可愛い子に逢えた?)」

「うん、すごくいい子に偶然出会ったよ。だけどもう、会えないかもね」

「มันค่อนข้างจะแตกสลาย (それってちょっとした失恋だね)」

Who needs friends who never show
I'll tell you what you want to know
誰が必要とするの はっきりしない友達を
教えてあげる 貴方が知りたいことを

I could have saved a broken heart
If I'd found out long ago
私は救えたかもしれない 傷ついた心を
もし気付いていたなら もっと前に

I heard a rumour
Ooh, ooh, I heard a rumour
They say you got a broken heart
聞いたの 噂を
噂を聞いたのよ
彼らは言ってる あなたが失恋したと


ドールハウスの子たちは基本的に何も着ていなくて生まれたままの格好で踊っている子が多く、プロイもその一人。肌が黒く、胸は店で一番大きいぐらいでスタイルは抜群。しかし、サイボーグではなく天然もののところがプロイの自慢。さらに彼女にはもうひとつの自慢があってそれは「へこたれない底抜けの明るさ」だそうだ。

「ฉันจะเล่นให้เด็กเมียนม่าร์ (私がそのミャンマーの子の代わりに遊んであげるから)」

「ฉันน่ารักจัง เพราะเป็นวีนัสของคุณ (私は可愛いから大丈夫。あなたのヴィーナスになってあげる)

She's got it,
Yeah, baby, she's got it.
彼女はわかっている
彼女にはわかっていた

Well, I'm your Venus,
I'm your fire at your desire.
Well, I'm your Venus,
I'm your fire at your desire.
私はあなたのヴィーナス
その欲望に火をつける
私はあなたの女神
その欲望を燃え上がらせる

翻訳:http://musiclyrics.blog.jp/archives/8804077.html

 
バナナラマがリメイクして大ヒットしましたが、原曲はオランダのショッキングブルーです。実は僕の本当のヴィーナスはエレクトリックブルーにいたんですけどね。


イサーンの子たちは本当に明るいし、遠慮がないというか、気持ちの小細工がないというか。

友達には見栄をはってよいところを見せたがるし、おねだりは遠慮なくストレートにどんどん言ってきますから気の弱い日本人男性ならすぐにやられちゃいますね。かく言う僕もよくやられています(笑)。

「プロイは可愛いけど、ミャンマーで知り合った子の10分の一でも謙虚さがあれば、いいのになあ」

プロイはそんなことなどあんまり聞いていなくて、微笑みながら僕に言いました。

「ฉันมีเตกีล่าไหม (ねえ、テキーラ飲んでいい?)」

僕はパタヤ・ソイ15でこのヴィーナスか悪魔かわからない子たちと2週間近くを共にすることになりました。

shutterstock_1107459155

 
 なお、ブログの記事に関係ある夜世界関係の画像や動画がありますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真には本人や友人、親しい幹部や客服、そして私が撮影している私下(プライベート)での特別なものがあります。従って私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたら一部はプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス