出川哲朗さんの好感度が上がっています。小学生や中学生の「友達になりたい芸能人」では堂々の1位。女性へのアンケート調査の番組でも8割の人たちが好きなタレントだと答えたとのこと。出川さんは「時代がやっと俺に追いついて来た」と冗談めかして答えていましたが、裏表がなく、気さく、何でも全力体当たりの「リアクション芸人」はもっと早く評価されても良かったと思っています。

出川哲朗の持論

 出川さんがコギャルの子たちに語る。「絶対にブレないことの大切さ」・・ジーンときます。

かつて明石家さんまさんが「出川は一流だ!」と恋のから騒ぎで出川をバカにする女子大生をたしなめた話は有名ですが、本当にプロとして一流ですよね。出川さんのプロ意識には学ぶところが多いです。


僕は出川哲朗さんと江頭2:50さんのデビュー当時からの長いファンで、彼らこそ笑いのProffessionalとずっと思っています。

江頭2:50と出川哲朗は、1993年10月から放送されたテレビ東京制作のバラエティ番組『名門パープリン大学日本校』にも出演していた。「過激な内容を含む様々な実験企画を放送するドキュメントバラエティ」と言われ、演出をテリー伊藤が手掛けたことからも2人の苦労が目に浮かぶようだ。

出川さんや江頭さんは「抱かれたくない男」「嫌いな男性タレント」ランキングで長年上位でしたが、お二人とも笑いのために体を張ってよほどのこと以外はトライしていく姿勢は頭が下がります。

x20161231143444341_20161231-143443

江頭2:50さんは東日本大震災のときに消費者金融などでカネを借り、トラックを手配してすぐにボランティアに行かれていた話は有名です。オリンピックのレスリング競技にも自費で応援に行ったりしていてその直線的な熱い思いが知られています。

06

パチンコ営業はとても難しいと言われますが、江頭さんはギャンブラーを前にいつも成功させる腕前。結婚しないのも家族が出来たら、子供などが病気になったりしたら心配でそちらに行ってしまうから、仕事に集中できないので家族は持たないとコメントしています。仕事では「危険」「何するかわからない」という定評がありますが、プライベートでは極めて常識人で、笑いのために「出禁」を恐れずとことんやる(以前、公然わいせつで関係機関にも事情聴取されています)姿勢はまさに「徹底」してますよね。まあ、NHKの出演は今後、絶対にないと思いますが(笑)。

 面白過ぎます、江頭さんは。まあ、スタッフも江頭さんの勢いは予想を越えるので苦労がありますね。


 これがプロのエガちゃん。枠を飛び出すという笑いの軸はぶれません。


一方の出川さんはワニや猛獣と対決させられたり、変な実験の実験台にされたりで全身は怪我だらけ、危険なことも世界の各地に行ってやりきる出川さんのプロ根性はすごすぎます。どうやったら笑いをリアクションでとれるか、いつも綿密に考え、演技ではなく、そのシュミレーションをスタッフとともに何度も確認すると聞きます。

 画像をクリックすると出川哲朗さんのブログ「俺の女の口説き方」へジャンプします。
492595

特番だった出川さんの「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」がゴールデンタイムでレギュラー枠の初の冠番組として始まっていますが、これが実にほのぼのきて面白いです。奥田民生さんの名曲「さすらい」に乗せて日本の美しい風景をバックにまったりと電動バイクで雨でも雪でもリアルに走っていくシーンもいいですよね。

「さすらおう この世界を ころがり続けてうたうよ 旅路の歌を」
「風の先の終わりを見てたらこうなった 雲の形をまにうけてしまった」



「やばいよ、やばいよ」のテーマフレーズ通り、充電満タンで20kmしか走らない電動バイクで日本の各地を旅していく旅番組なんですが、電気が切れると行き当たりばったりで飛び込みで充電させてもらうという実にシンプルな企画。きっと出川さんのことですからテレ東のスタッフも見てればわかりますが、本当に出たとこ勝負のようです。

しかし、「充電」というのがツボで、充電は電気があればどこでもできること、充電させてもらっている間に充電先の様々なところで2時間ほど多くの人と交流するというのが実にいいアイデアです。お礼に呼び込みしたり、宣伝したり・・・・。笑いをとりあながら、おじいさんやおばあさんに気さくに声をかけ、子供たちには励ましのエールを送ります。

 「高千穂から行くぞ!別府 九州温泉めぐりの旅」温泉も熱いけど、出会う方々の応援も温かい・・・。
充電させてもらえませんか? 別府温泉へ
bandicam 2017-07-13 15-29-14-229

泊まる宿や入ろうとする温泉も満室や営業終了でよく断られたり、食事も予約してないと食べられなかったり、閉店してたりしています。最終目的地に行っても温泉が営業していなかったり、ロープウェイが止まっていたりで、一体ここまでの苦労は何だったのかと思わせる展開がいかにも出川さんが隊長らしい旅番組ですね。

電動バイクでひた走る出川さん一向に声がかかります。「がんばれー」「応援してるよー」。レギュラー番組になって第1回にゲストで登場した出川ガール・鈴木奈々さんはまわりの人の温かさに感動して涙ぐむシーンも。

レギュラー番組になった「充電させてもらえませんか」では「2016年の特番~出川哲朗の世界遺産“富士山”グルっと一周160キロ!絶景からパワースポットまでバンバン見せます!鈴木奈々が暴走ヤバイよヤバイよSP!!」と「レギュラー第1回横浜の実家から目指せ伊勢神宮編」で「出川ガール」の鈴木奈々さんが登場しました。お嬢・河北麻友子さんにいつかは登場してもらいたいものですね。

レギュラー第1回出川哲朗の充電させてもらえませんか?~横浜の実家から目指せ伊勢神宮(前編)~
鈴木奈々&出川哲朗 充電させてもらえませんか?
鈴木奈々&出川哲朗
(写真:Nana Suzuki Official Blog )

普通、タレントさんならすべてスタッフが手配して事前に準備するのが当然のことですが、出川さんならどんな急展開の状況でも大丈夫みたいなゆるい雰囲気があって、電気が切れると手押しでバイクを押させて充電できるところを探したりします。出川さんならではのリアリティ感が半端なくいいんです。

出川さんは「海外でもやりたいなあ、最初は台湾あたりでやりたい」とコメントしているので、電動バイクが普及している台湾や大陸がまずは可能性としてありそうです。出川さんは台湾でもよく知られていますから、台南から高雄までとかを近いうちに走破して欲しいものですね。

 実家は横浜の海苔の老舗「つた金」。出川ブランドの海苔も売っています。
uploaded-4
img10553524843

また、旅先で出会った人たちとのふれあいが秀逸で、出川さんの率直な裏表のない接し方に多くの方がやさしく接していきます。特に小学生やお年寄り、おばさん方に大人気で全国津々浦々の街に突然現れて多くの人に取り囲まれますが、彼は嫌な顔を一切しません。まわりの人も「出川さん」なら気遣いなく、芸能人というよりは気さくな面白いおじさんという感じなんでしょう。屈託のない小学生の登場が実に微笑ましくて、子供たちに接する出川さんの笑顔がすごく素敵です。きっと出川さんに会うとその人柄にひかれてファンに皆、なっちゃうんでしょうね。今は出川哲朗さん、嫌いな人いるのかな?

受電させてもらえませんか? 実家から伊勢神宮へ

twitterで走行している様子を出川さんたち一行を見かけた方がリアル配信で連絡しているようで沿道にはマラソンを応援している方のように多くのファンが集って、出川さんたちに「頑張ってー」とか「応援してるよー」と温かく声をかけます。話しかける一般の方々も出川さんだと気遣いしないし、近づきやすいんでしょう。それにスターぶらず、一生懸命一人ひとり応える出川さんも立派ですね。

出川哲朗に1日密着 テレ東のガチンコロケ番組はどこまで本当か検証

毎回、スイカヘルメットをかぶったゲストが登場して出川隊長と一緒に走るんですが、ぜひ、一番可愛がっているお嬢の河北麻友子さんには登場してもらいたいところ。隊長と一緒に走るためにわざわざ鮫洲で原付免許を取るタレントさんも出現してますが、ゲストとのからみも面白いです。

記念すべきレギュラー第1回は具志堅用高さん・鈴木奈々さん・ロッチ中岡さん・千秋さんと出川さんと親しいゲストが登場して、東海道をつないでいきました。千秋さんの「てっちゃん、ゴールデンで冠番組もつのが夢だったんだよね」と言うと出川さんは「だから、古くからの仲間にみんなこの番組に来てもらいたいんだよね」と答えます。千秋さんと伊勢神宮の参道をバイクをひいて歩くシーンでは出川さんらを声援する多くの人が集まって気軽に声をかけます。なんか、雰囲気いいですよね。

レギュラー第1回出川哲朗の充電させてもらえませんか?~横浜の実家から目指せ伊勢神宮(後編)~

伊勢神宮到着
伊勢神宮到着

昔ならバカにされたり、叩かれたりしてその自虐性で笑いをとってたでしょうが、今は出川さんに接する人たちが本当にやさしく、「がんばってー」「応援してます」という声が多いのは彼の何でも嫌がらずにまわりの人に気遣いしながら「お笑い」という仕事にがんばって取り組んできた姿勢に多くの人が共感しているからだと思います。

「俺はいくら悪口言われても慣れてるし、いいけど、人の悪口を言ったりはしません」という出川さんのやさしやや朴訥な実直さは今の時代、人の心を動かすのに十分にちがいありません。

  どんなムチャブリでも体を張って笑いに変えていく。それが出川哲朗さんの凄さ。

どんな仕事においても「軸がぶれず」、自分のやってることが間違っていないと信じて継続してやっていけるのが本当のProffessionalだと僕は思っています。それが人にバカにされたり、いろいろ言われても頑張っていれば必ず、それを見ていて評価してくれる人が現れるにちがいありません。

プロとは

このところの出川哲朗さんの好感度が上がっていることは、そのことを私たちに教えてくれます。
いい仕事をすることは結局、自分の意識とまわりへの配慮次第なのでしょう。

出川プロ

出川さんや江頭さんのくだらなさを見て思いっきり笑って元気になる。
多くの人に笑顔を与える仕事って、結構素敵じゃないですか。

今回の記事はいかがでしたか?よろしければ、右下の拍手をお願いします。
よろしければ、最後に左下のバナー1pushのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 台湾壽賀喜屋へ行こう!クリックでHPへ。  
台湾スガキヤ
                
 ポイントをためて現金に換金!登録はこちら。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス