May 2015 : 我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

我徬徨台北的夜世界 ~My Twinkle Story with Taiwanese girls~

私は台北で駐在生活を4年間送りました。昼間は世界の平和と日本の経済発展を目指して全力でお仕事。夜になると地表にちょこんと顔出して、五木の街あたりを彷徨っています。そこで私は数多くの天使達と悪魔に出逢いました。そんな私の夜の彷徨いを台湾社会の複雑な仕組みなども紹介しながら書き綴っていきます。ほとんどの日本人が深くかかわることが難しいと思われる台北の夜世界の様子とエピソードの紹介が中心です。これは心優しい台妹たちを愛し、そこで出逢った人達とのかかわりや心のつながりをとても大切にしながら、これからも彷徨い続けていく私の軌跡です。

May 2015

We're all alone

 休載をしばらくしておりましたが、現在も30名限定のプライベート会員の方をはじめ、約300名ほどの恒常的な読者の方がいらっしゃいます。おかげ様でLIVEDOORのお水ブログランキングは1位か2位を、海外ナイトライフブログランキングでは、900以上のブログで20位以内をKEEPさせていただいております。ブログを始めてからの累積アクセスも35万アクセスを越えました。これも皆様の温かいご支援のおかげと思っています。また、プライベート会員には30名という枠があるため、一度リセットさせていただければと思っております。継続希望、新規希望される方は5月中にメッセージをいただけたらと思います。よろしくお願いします。

 今までの芊芊的故事の中で多くの方から、とても反響があったブログ、僕と芊芊の信頼関係がどうして構築されていったかといった内容のブログを<参照>としてリンクしてあります。徹夜で読んじゃいました、泣いちゃいましたなどというありがたいお声をいただいた方も多く、初めての方などは是非かいつまんでぜひ読まれてみてください。女性の読者もたくさんいて、メッセージもいただきます。芊芊との出会いは第100話から。できれば最初の出会いの顛末を読んでいただくといきさつがよくわかります。タグ「芊芊的故事」でまとめてあります。

 時系列編を前回のブログから再開しました。芊芊的故事の続きからです。


W BAR Loungeで鶏尾酒(カクテル)を心地良い風に吹かれて飲みながら、芊芊は話し出しました。

woman_img02

芊芊は元々、台中の高中ではリーダーだった子でとても聡明でした。英語を比較的流ちょうに話すことができた彼女はその語学力を生かして酒店では欧米人や香港人の客人を接客することが多く、PT妹班の中でも特別な存在でした。幼少の頃から学業に秀でていた彼女は日本統治時代の研究やレポート、英語のコンテストで何度も表彰を受け、大勢の来賓の前でも発表したほどでした。

芊芊は貧しい家庭の生まれだったのですが、きっとその聡明さが彼女の人生の方向を少しばかり変えてしまったのかもしれません。

台湾の首都の国立大學である政治大學(日本でいうところの一橋大学といった感じ)を目指していたけど、失敗。彼女は英語や日本事情に詳しいという長所を生かして国際社会で活躍する律師(弁護士のこと)を目指していましたから、法律學系のある中國文化大学に入学をしていました。しかし、中國文化大学は台北にある私立大學。仕送りもなければ、學費も自分で支払わなければならなかった彼女は最初は士林夜市でTシャツを売る打工をしていましたが時給90元+歩合だけの収入では当然ながら生活費や学費を賄うことはできず、夜の世界へ。

<参照>芊芊的故事:我孤獨

しかし、昼夜逆転の生活、学校は休学となり、シラバスを消化するどころか、一緒に入学した友人も生活リズムのちがいから失い、この大都会・台北で孤独な生活を送っていました。そんな彼女と偶然出会った私は彼女とともに不思議な生活を始め、彼女の復学を応援していました。

<参照>芊芊的故事:第150話 芊芊的禮物
<参照>芊芊的故事:屋頂上 -The Tops-
<参照>芊芊的故事:我想念書 

芊芊は嘘が言えない性格で、すぐに表情に出てしまう子でした。この時も何か私に言いにくそうにしていることがあるのが、すぐにわかりました。

「其實已經我已經復學、不過為了 晉級必須與教授面談」

(実はね。もう復学はしたんだけど、進級するために教授と面談しなきゃいけないんだ」

「没有問題了、芊芊」 (それなら、別に問題はないだろう、芊芊)

「不是、有問題的」 (ううん、それが問題があるんだよ)

「什麼?」 (何?)

「父母必須一起去」 (親が一緒に行かなきゃいけないんだよね)

芊芊によく話を聞いてみると、學費も休学のため、滞納になっていて、それは支払ったものの、これからの大學生活について単位をとって追いついていくために保護者が一緒に行って教授の指導を受けて、芊芊の学生生活を看護していく協力をしなければいけないとのことでした。家出同然で台中を飛び出して台北にやってきた芊芊は今更、両親に頼むことなどできるはずもなく、僕に台北での後見人を両親から頼まれているという名目で面談に来て欲しいというものでした。

<参照>芊芊的故事:故郷の街・銀都
<参照>芊芊的故事:潘朵拉的盒子

「如果我好、可以的」 (しょうがないなあ、僕でよかったらいいよ)

「真的OK嗎?」 (本当にいいの?)

「不要擔心、芊芊」 (心配しないで、芊芊)

この大都会・台北で心から芊芊が信頼できる人は彼女のまわりにいないことはわかっていました。

以前の吃軟飯男人とのかかわりを絶つ時や中絶手術の時など、いつも彼女が明るさを失わないで強がっているのも心の底にある寂しさや孤独感の裏返しであることを僕はいつも感じていました。芊芊を娘のように支えていこう、愛おしんでいこうと思ったのは芊芊の愛らしさももちろんありましたが、少なくとも彼女は自分をさらけ出して僕にかかわってくれたし、僕も彼女のためにできることはしていこうと、あの吉林路での中絶手術の時以来、思い続けていました。

<参照>芊芊的故事:吃軟飯男人
<参照>芊芊的故事:熊猫娘
<参照>芊芊的故事:我的利是5元
<参照>芊芊的故事:我没有MC
<参照>芊芊的故事:我不怕
<参照>芊芊的故事:溫柔的睡臉

20131118180100190

芊芊は急にホッとしたのでしょう。そんなこと、芊芊が心配しなくとも大丈夫なのに。
そして、芊芊が最も僕によく訊いたいつもの言葉をまた口ずさみました。

「 我很高興認識你。雖然我們遇到在酒店、我們是永遠的朋友、你呢?」

 (私はあなたと知り合えて本当にうれしいよ。私たちは酒店で出逢ったけど、永遠の友達だよね、あなたは?) 

「不是」 (ちがうよ)

冗談で芊芊に言うと、芊芊はニコニコ笑いながら僕の頭をその温かな手でコツンと叩きました。この頃には僕らにはある種、不思議な信頼感がありました。

そんなことを訊かなくても僕の答えはわかっているだろうに、芊芊。

でも孤独に耐えながらこの台北で生きてきた彼女にとっては、そんな当たり前のことを確認をついついしてしまうのでしょう。

「ChenChen,We're all alone」 (芊芊、僕たちは二人きりなんだ)

このBARは本当に秋風が心地良い。
彼女が持つ2杯目のカクテルグラスに、ウィンクしながら僕は軽く乾杯をしました。

<参照>芊芊的故事:我是像廖添丁
<参照>芊芊的故事:紅色的紙條
<参照>芊芊的故事:Stand by me
<参照>芊芊的故事:民族的認同
<参照>芊芊的故事:徳政碑


 
IMG01_f1090929dedfacdfe980d9704bb304dcfbf86eb6

  なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

My Flame

台北には素敵なBARがある。

そして、僕はここに来ると芊芊とのあの不思議な日々を思い出します。

200d2148



How long
How long have you been away
Oh, how long
I can't find the words to say

もうどのくらい長く
どのくらい長く 君と離れているのだろう
もうどのくらい長く
言うべき言葉を 見つけられないのだろう 

I've kept your picture on my shelf
Only there to remind myself
I have always cared for you
Do you still love me

棚の上にはまだ 君の写真が飾ってあるよ
君との思い出を大切にするためだけに
僕はいつでも 君のことを考えている
君はまだ 僕を愛してくれるのだろうか 

宜蘭の小旅行から戻った僕と芊芊(タグ:芊芊的故事を参照ください)はまた、いつもの不思議な生活に戻りました。彼女は文化大學の取得できていない単位をとるために大學へ酒店の打工をしながら、機車にのって陽明山に向かうという日々でした。秋も深まり、彼女との気ままな生活はいつまで続くのかまったくわかりませんでしたが、ちょっとわがままな娘と暮らしているようで、悪くはありませんでした。彼女は日頃の生活はとても真面目で質素でした。酒店小姐というと私生活も少しだらしない印象があるかもしれませんが、僕が関わってきた多くの子はほとんどが學生のPT妹という こともあって、いたって真面目でした。

自助餐のような安い食事だけではなく、時にはお洒落に・・・・ということで、おいしいもの食べて、心地良く、おいしいお酒で酔うために芊芊とはBAR HOPPINGにもしばしば出かけました。彼女は酒店に勤めていましたから、お酒なんてもういいと思っているかもと僕は勝手に思い込んでいました。しかし、TPOはとても重要だと芊芊はよく言っていて、仕事で飲むお酒と気持ちや心を開放して飲むお酒の味はすごく違っているとのこと。

だから、僕らにはいくつものお気に入りのBARがありました。それらは今でも芊芊との思い出を感じさせる場所。さすがのお気楽娘・芊芊も飲酒して開車というのはまずいので、いつも計程車で夜の中山北路から新生北路をとばして・・・というのがパターンでした。

一番よく行ったのは「W Bar Lounge」 。スノッブな台北在住の方だったら大概はご存じでしょうか?場所は仁愛路にありますが、MRT忠孝復興站近く というとおおよその位置がおわかりだと思います。ここは他の店にはなかなかない外に向いたテラス席があって、ぼんやりと101などの夜景を見ながらカクテルを飲むという雰囲気が大好きでした。2階が常玉廳という餐廳になっていて、夕食を食べた後に3FのW Bar Loungeでまったりというパターンが多かったでしょうか。

3d75c3759edfab2b_S

W Bar Lounge(FiFi茶酒沙龍)HP

2Fの常玉廳のベースは川滬私家料理と呼ばれる四川や上海といった中式料理なのですが、無国籍料理風の感じもあって、お洒落な感じだけではなく、味もあっさりしていて抜群です。値段もそんなには高くないかな。店内の雰囲気も溫慶珠という有名なデザイナーがアンティーク風の装演を手がけており、中洋折衷のような不思議な空間ですから、一度ぜひ、行かれてみてください。なお、1階は彼女のデザインしたプレタポルテやオートクチュールのブティックとkhakiというお洒落なカフェになっています。

 常玉廳
148bb96f4953db

bandicam 2015-05-15 01-41-03-906
 
 1階のブティック。大樓は3階で1Fがショッピングとカフェ、2Fが食事、3FがBARというつくりです。
bandicam 2015-05-15 01-40-00-131

2Fで晩餐を終えた後は3階のBARへ。オープンカフェのようなテラス席が気持ちよくて、僕と芊芊のお気にいりでした。仁愛路は台北でも大変きれいな通りですが、夜は木々の電飾や101がきれいで、うっとりと景色を見入るだけでも気持ちの良い時間をすごすことができます。ただ、芸能人や業界人が御用達の隠れ家のようなBARなので、テラス席については予約しておいた方が無難とは思います。

 W BAR LOUNGE。いろいろなバリエーションの空間があります。カウンターからソファまで。
1358232520-3283746161_m

 テラス席。開放感があってすごく気持ちいい。
wbar

秋風が心地良いある夜、私と芊芊はここにやってきました。

「簡單點了兩杯調酒、鶏尾酒?龍舌蘭日出比較好、顛覆墨西哥。以及一瓶義大利礦泉水。○○先生、常常你要馬丁尼、OK嗎?」

(あんまり考えないで2杯とりあえず頼んじゃうよ、カクテルかな? テキーラサンライズ、メキシコのテキーラベースのがいいんだ。それとイタリアのミネラルウォーターも。○○さんはいつものマティーニでいいよね)

1358232538-73550427_m

1358232546-3938205360_m

「啊,我有想說願一點」 (ねえ、少し話したいことがあるんだ・・・)

芊芊は急に仁愛路の街灯の明かりを見つめながら神妙な顔をして私に話しかけてきました。

ale-house-booze

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

A border town(泰国的夜世界)

休載期間があったにもかかわらず、本当に多くの温かいコメント・メッセージ、LINEなどありがとうございます。

このブログを始めた頃から今に至るまで、励ましていただいた読者の皆様やかかわりをもったの方々には頭が下がる思いです。これからまた、できる限り、ブログを更新できるようにしていきたいと思ってますし、このブログの本筋である台湾時系列編も何年かかっても継続していきますので、今後ともご支援のほど、よろしくお願いします。

さて、休載中もメッセージを何度もいただいた方々の中にタイ・バンコクの盟友XXXXXさんという方がいます。僕がタイにいた頃の情報と彼がいる現状のタイのレポをすりあわせるようなメッセージの交換はとても楽しくて、元気になるものが多く、私も彼のLINEやメッセージに苦しい期間、励まされてきました。

その彼からラオス・ビエンチャンより、彷徨いレポを最近いただいたのですが、タイの日本人がなかなかいないようなところを積極的に開拓していただいているようで、その点でも僕と方向性が合うと言いますか、すごく彼の個人的なレポは普通のネットに溢れている東南アジアの情報とはちがっていて、楽しいものが多いのです。彼からのメッセージが来ると間接的に今までもタイ情報などをこのブログで書いてきましたが、今回は彼が未開の地・タイの深南部についての情報をお届けしようかなと思っています。XXXXXさんに宗教対立によるテロの不安はありますが、タイに住み慣れているならば一度は行ってみてくださいとオススメしているところです。

タイの南部はイスラム系の政治勢力によるテロ爆破が頻発するため、この数年間はずっと外務省から注意喚起が出されていて、少しばかり勇気がいるというのが本当のところ。旅慣れていない人はいつ危険に巻き込まれるかは神のみぞ知るという状況ですから、駐在以外の方は疑似体験をしてもらうのがいいかもしれません。 

bandicam 2015-05-10 01-45-54-051

タイの南部ではハジャイ、ダンノック、コンガイスロクなどが代表的な彷徨える街ですが、危険度やリスクが高く、決して油断できません。それは宗教対立によるテロだけではなく、治安、トラブル、暴力などありとあらゆる種類の「人間の暗闇」「人間の欲望」が時として顔を出すことがあるからです。

今回はこの深南部の中で国境の街「サダオ(Sadao)郡ダンノック(Dannok)」を紹介していきます。私は6度ほどこの国境の街を訪れています。

 ハジャイ(Hat Yai)はタイ深南部の都市。ここから国境の街・Dnanokへ向かいます。
10808map3

 クリックすると拡大します。Hay Yai(ハジャイ)からまっすぐマレーシア国境まで下ったところがDannok(ダンノック)です。サダオ(Sadao)と表示されていることも多いですがサダオは正確には郡の名前です。
ハジャイマップ

そのダンノックですが、バンコクやパタヤ、イサーンなどの北部とは明らかに雰囲気がちがいます。より南に下るせいか、享楽的な雰囲気が街全体をつくっていて、華僑とコンマレー、コンタイが混在する無国籍タウン。パタヤとの一番のちがいはファランや日本人は本当に少ないということでしょう。危険な香りはプンプン。すべての価値観はここでは「Money」と言っても過言ではありません。「Money」を求めて女たちが集まり、刹那的に生きる街、それがDonnokです。

bandicam 2015-05-10 01-44-41-404

bandicam 2015-05-10 01-46-20-135

bandicam 2015-05-10 17-28-16-936

私はタイ各地を結構歩いているのですが、北部のイサーンなどに比べ、深南部はとにかく人種のサラダボウルというかコンマレーも華僑も出稼ぎのコンラオ 娘もごちゃ混ぜの世界。ハジャイ・ダンノック・スンガイコロクは何度も行っているのですが、今回は国境の街・ダンノックを紹介しようと思います。日本人が彷徨っているブログも見受けられますが、多くはないですね。いわゆる、ちょっと「通の世界」です。

まずはバンコクからハジャイ(HAT YAI)までエア・アジアかタイエアで。寝台列車などもありますが、私はいつも飛行機でひとっ飛びでした。およそ1時間半くらいのフライトだったでしょうか。ハジャイの空港はいかにも田舎町の空港という感じで郊外にあり、ここから街中にはタイのミニバスである1BOXのロットゥーかソンテウに乗って向かいますが、東南アジアなどを旅慣れていないとちょっと厳しいかもしれません。タイ語が不案内だと空港からなかなか市内へ行き着けないかも・・・・です。

私はいつもハジャイの常宿は「サクラグランドビューホテル」と決めていて、近くの青い外装の麺屋(バミーヘーンやバミーナムの店)がいかにもタイという小汚い感じながらめちゃくちゃうまいという理由とすぐ隣になかなか面白いKTVがあることでしょうか。いろいろなチケットやマッサージやクラブなどのクーポンを安く売っている旅行社もあって実にいいロケーションでした。ホテルの前にはいつもバイタクがいるので、足にも困りません。もちろん市内にはダイイチホテルやリーガーデンなどもありますが、まわりの環境が置屋街に近すぎて誘惑にかられてはいけないといつも敬遠していました(笑)。

 ハジャイのサクラグランドビューホテル。旧館のサクラホテルとはちがって設備はいいです。
P1380210

 サクラホテル裏の青い外装のめちゃくちゃうまいタイ麺屋(いつも満員ですぐわかります)。必死でネットで画像を捜しましたが、たった1枚しか見つからず。日本人はよほどの確率がないと出会うことはありません。
ハジャイ麺屋

ハジャイの街もなかなか面白いのですが、今日の話題はここからさらに下ったマレーシア国境の街・ダンノックなのでハジャイの詳しい状況はまたの機会にします。さて、ハジャイからダンノックへ向かうにはタクシーでも大丈夫ですが、現地化するのが好きな僕はいつもロットゥー。これが初めて行った時は困難でした。ハジャイ駅の近くに時計塔があってここが発着の基地になっているのですが、とにかくどのロットゥーがダンノックに行くのかよくわかりません。ちょっと路地の裏の方から出るのですが、とにかくまわりの人に聞いてたどり着くという感じでした。帰りは確かダンノックのコンビニの前から出発。慣れれば何てことはないのですが、最初は戸惑います。

 当時撮った時計塔。今はかなり周辺も整備されているようです。この近くの路地から出発。
img_9

 これは当時の撮った写真。これはダンノックからハジャイへ向かうロットゥー。これに乗り合わせて、ドライバーに「サクラグランドビュー」とか言っておくと、ハジャイ市内に入ってから主要なホテル前で止まってくれます。最初はよくわからず、ハジャイ駅で降りて歩いてましたが、すぐに気づきました。チケット買ってドライバーに行き先を告げて人が集まって満席になれば出発。出発時刻なんて適当です。
2009 タイ・バンコク 043

ハジャイからはプランレーション時代のゴム農林がまわりに続く単調な4号線という1本道を走るのですが、途中でよく人が乗り降りするので、1時間ほどかかるでしょうか。到着すると向こう側にマレーシアの国境ゲートが見えます。

 これは当時、ダンノックで撮ったもの。今はかなり歓楽街化も進み、かなりきちんとしてきたようですが、私が訪れていた頃は本当に治安が悪い感じがプンプンでいかにも多国籍の国境街、非合法の街といった雰囲気が昼でも漂っていて、あんまり撮影をゆっくりできる雰囲気はありませんでした。
2009 タイ・バンコク 041

街の構造は単純。4号線が真ん中にズドンとと通っていて、その両側に店やホテルがあり、ソイ(小道)が左右にあってそのソイ沿いにずらりと50店以上はあると思われるSEXYカラオケ(カラオケを実際にやるわけではありませんよ。実態は置屋です)やコヨーテクラブ、スコーピオンとかパタヤという名前のGOGO(2店舗ぐらいしかないと思います。パタヤの開放的な感じとはまったく雰囲気がちがう)が並んでいて、産業はまさにそれしかないと思います。そこで働く人たちのための衣料品、食品や生活用品などの店が間に挟まっているという奇妙な街です。街は狭く、地理把握も簡単なので、歩けばすぐに様子が把握できます。

ただし、衛生状態は注意が必要な街です。道路にはゴキブリやネズミが走るのは普通に見られますし、屋台の品には虫がいることなど普通。腹痛とか下痢、A型肝炎要注意と僕はいつも思っていて、火がしっかり通ったものを食べる、水や氷は要注意と思って食生活を送ってましたから、一度も体調が悪くなるということはありませんでした。中華料理やムスリム料理店も多いですし、ダンノックにはTMTホテル1Fにマックもありますから、あとは自分の選択能力が重要という感じになります。

ダンノックMAP

ダンノックのホテルはパスポートを預かってチェックインする仕組みでセーフティーボックスに預かるのとはちがいますから、ちょっと不安はありますが、私の経験ではチェックアウト戻って来ないことはなく大丈夫でした。でも何でもありの雰囲気でしたから偽造パスポートのソースとかにされないだろうかといつも不安はありましたね。それと、水まわりや諸設備には難点が必ずと言っていいほどあって、ゴキブリなどの害虫や蛾の類いは普通に登場しますし、治安はいいとは言えない雰囲気がありますから、注意はしていました。タイ語でクレームすることができないと我慢を強いられることがいくつかあるとは思います。

基本、ダンノックではほとんどの訪問客は遊びに来ていますから、KTV(置屋)で女の子をブックして、食事やクラブホッピングを一緒にしてお泊まりというパターンがほとんどで、いろいろなトラブルもあり、女の嬌声や罵声も聞こえるし、夜中はうるさいしで、とにかく油断はできません。それとソイ6にあるQeen Park Hotelというホテルは特に入口の階段付近に女の子や怪しいお兄さんがたむろしていてなかなかの雰囲気でした。

 Qeen Park Hotel。夜になるとこの周辺はとても妖しくて階段部分にもよく座り込んでいる人たちがいます。
557

 いつもダンノックで泊まっていた4号線に面するオスカーホテル。セブンイレブンやレストランや診療所などが道路の反対側にすぐあって地の利は抜群。老舗のホテルはここかオリバーホテル。オリバーホテル周辺はとにかくSEXYカラオケ(KTV)と大規模クラブ(ディスコ)が周辺にいっぱいあって、ローケーションからオスカーホテル以上のハプニングや喧噪があることもあってちょっと避けてはいました。但し、最近は新しいホテルもどんどんできている様子です。ただし、小さなソイ(横道)にあるホテルはちょっと治安に不安があるのと入口付近に女の子や怪しげなお兄さん方がよくたまっていることが多くて宿泊は敬遠していました。ダンノックのホテルに泊まる客の目的はほとんど決まっているので「ジョイナーフィー」などもちろんなく、コンマレーや華僑の皆さんなどとっかえひっかえです(笑)。ロビーあたりにいるといろいろな光景が見られますよ。
2009 タイ・バンコク 042

 ダンノックの中心はこの4号線。この両側と横道にいろいろな店が広がります。
2009 タイ・バンコク 032

 これは当時撮影した写真ですが、昼でも歩いているのは主にここで働いている娘たちとフラフラしている男たちで街の雰囲気ができていて、それを目当てに商売して物を売っているタイ人という日本では考えられない街です。いわゆるイサーンの小さな街などのような生活感はまったくありません。まあ、死ぬまでに一度ぐらいは行ってみてください。
2009 タイ・バンコク 034

 ハジャイのKTVは午前中とかにブッキングしておき、夕方に女の子を迎えに行くというのが主流ですが、ダンノックは基本的に24時間いつでも可能です。ただし、日中は暑いので女の子は店の中でグッタリしているようで店に入っていくとブザーやベルを店主が押し、奥から女の子がゾロゾロと顔見せで出てくるというパターンです。

ただ、パタヤなどと違ってとにかく夜遊びだけに特化した街ですから、昼はコミュニケーションをとるのが苦手な人はとにかくやることがありません。屋台で飯食べながら、だらだらと話しながらすごすみたいなことができないと本当につまらないかもしれません。しかし、夕方になると涼しくなって店頭に何人も出て、飲み食いしながらまったりしてますし、街も活況を呈して人並みも急に増えてきます。どこから人が出てくるのかと思うほど閑散としていた各ストリートに人や車、バイクの往来が激しくなります。

 昼間に撮影したSEXYカラオケ店。夕方から店の前にも女の子が出てまったりで雰囲気が変わります。
2009 タイ・バンコク 038

2009 タイ・バンコク 039

 こちらが夜の雰囲気。とにかく妖しい雰囲気。横道にあるホテルの階段や手すり部分にも大量の女の子が座り込んだりしていて、何が何やらよくわからないこともよく遭遇します。よく「煙草くれ」とか、女の子からも「飲み物買ってちょうだい」みたいなこと言われたり、とにかくよく話しかけられるし、話しかけると皆気軽に応えてくれます。GOGOのスコーピオンでは踊っている女が裸のまま降りてきて、いきなりご飯食べさせろみたいなこと言われたり、小銭ちょうだいとか言われて股間触られたり、よくわかりません。
photo-1

 夜の様子の動画はこちらをどうぞ。雰囲気がよくわかります。
 

夕方になって街歩きして、夕方6時から始まることが多いSEXYカラオケ(24時間ずっとやってる店の2~3倍はあります)に 時折入って、一緒に行動する子を捜すのがダンノックの彷徨い方。とにかく女の数がすごくて、男の2倍以上はいます。商売しているタイ人のおばさんを除いては、ほとんどが夜のお仕事か、フリーで客を捜している子ばかりです。ある意味、ここに来るとこんな街があるんだという感慨さえ覚えます。人間のありとあらゆる欲望だけが凝縮されています。かつてカンボジアにスワイパーというもう壊滅した幻の街がありましたが、それを商業化に徹した感じでパタヤのようなエンターテイメントも賑やかな感じとは明らかに異なります。

ただし、この狭い街・ダンノックでは人間関係とコミュニケーション能力が重要で、旅行者のようにただ入ってもまあ、一緒に行動したいという子を見つけることは至難の業。ブッキングというタイ深南部の主流のシステムをうまく使わないとといけません。それと女の子の友達紹介でしょうか。あっという間に3Pとか4P状態になります。すぐに「友達も一緒にいい?」とかなって、とにかくよくわかりません。昼から夜の間にこの街の妖しげな住人たちやリピーターと顔なじみになっておくことが重要でしょうか。

 こちらはタイ語ができないと検索できません。タイドメスティックのダンノックの紹介。貴重です。


 華僑やコンマレー、ムスリムと多国籍の人種が渦巻くサラダボールの街ですから、看板も中国語表記も多く、英語表記が一般的。日本語はまったく見かけませんでした。
2009 タイ・バンコク 037

2009 タイ・バンコク 036

さて、一緒に行動する子が決まったらだいたいは食事→クラブホッピングというコース。クラブはダンノックの夜の彷徨いの基本ですが、一人で行ってもあんまり盛り上がりません。やはり、一緒に行く子がいると楽しいです。

まずは最も大きな箱「Paragon」でしょうか。2013年12月22日にはテロによる爆発事故もありましたが、現在は復帰の模様。そして特筆すべきは超大音響と満員のカオス状態。普通の感覚だと完全に頭がおかしくなるぐらいの大音響で踊っている女の子たちは明らかに陶酔状態。一緒に行くとさすがに疲れますが、女の子たちは踊りまくってます。一度は体験してみてください。日本ではありえないクラブ・ディスコです。

ここの裏(国境側)にある「Yes Club」もDiscoの大御所。とにかくダンノックのDiscoは広くて体育館ほどあります。こちらはコヨーテのショーを中心にしていてややおとなしいものの、やはり大音響。次々と女の子が現れるのでとにかく見ていて飽きないとは思います。

Paragon 周辺のテロ爆破事件

DSC02454

 一番雰囲気が近いのがこれ。普通に録画したら音が割れまくりになります。頭がおかしくなります、確実に。


 Paragonは純粋なDiscoですが、こちらはコヨーテも登場のセクシークラブ。大箱です。とにかくどうしてこんなに女の子がいるのかというぐらいの大量姫。ラオスやミャンマーからも出稼ぎ多数です。
674

 
 

























 タイではお馴染みの花輪をもらうというコヨーテ。ダンノックではコヨーテもお遊びできる子多数です。コヨーテも連れ出すことが普通に出来て、花輪を買って送るとステージ降りたりしてきますから、あとはタイ語でコミュニケーションとってみてください。
タイ語 夜の会話集
タイ語@夜遊び編






 こちらは必見。日本風のショー。タイの日本?面白いです。
 

 Dannokの様々な動画のチャンネル「東南亜HOT」。お好みでどうぞ(しかし、削除が多い!)


 こちらは老舗のBangkok club。小プールのショーが有名ですね。




このオリバーホテル周辺は商店などを挟まずにテナントのようにとにかく無数のSEXYカラオケが並んでいて、Paragon周辺は夜は驚くべき光景となります。4号線の反対側のゴチャゴチャした感じの風景とは違って、とにかく「特化」しています。見て回るだけでもワンダーランドの世界があって、こんな街がありえるのか?と疑問が湧いてくるほどです。

 写真は秀逸のブログ物差しタイランドから掲載させていただきました。2014年10月現在のダンノックです。言ったことがある方はすぐにあのあたりとわかるはず。オリバーホテル周辺の「特化地区」です。
660 (1)

657 (1)

662 (1)

街では夜になると奇妙なカップル?が大勢います。コンラオの子は肌も白く、幼い感じの子も多いですが、そのような子はSEXYカラオケでは見つけることは難しいです。皆、紹介によるブッキングが主流なのでしょう。複数の子を連れ歩いている人も多数います。4人ぐらい連れ歩いている人もいますね。でも明らかに街全体が女の子の数の方が男性を上回っているようにいつも感じていました。女性が女性の本質で稼ぐということが徹底していて、その割り切り感はアッパレみたいなところもあります。刹那的な街なのでしょうが、計画性などあまりない生き方に身を時としてゆだねてみるのも人生には時々あってもいいかもしれません。

 当時、ダンノックでよく一緒に行動していたノイちゃん。出稼ぎの子はいかにも過ぎてあまり一緒には行動しませんでした。南部のある街出身のコンタイ、XX歳の明るい子でした。もう時効なので特別にご披露します。明るくノリの良い子で一緒にダンノックのレストランでまったりしながら、いろいろな話をしていました。今はどうしているかな?タイのパタヤなどにある食べ放題のレストランがダンノックにもあって、そこでいろいろ食べてました。
気立てのいい田舎娘という感じで思い出深いです。
2009 タイ・バンコク 031

 彼女がお気に入りだったのが南米・中米系の飲み物。CORONA BEERやタイでよく見かけるBacardi Breezarというキューバ原産でインドから入ってくる?と言っていたフルーツリキュール。いつもシンハやリオといったタイの原産ビールを飲んでましたから、結構新鮮だったかな。
3370843475_6867f09535_b

6a013486aec64c970c01538e945730970b

しかしながら、この猥雑な街、ダンノックも少しずつリゾート化も始まっているようです。華僑のMBI國際集團によるリゾートが2015年2月に完成し、ダンノックも少しずつパタヤ化が始まるかもしれません。

 泰國丹诺亚洲文化村
asia1

20141120180954605



XXXXXさんに休載の間のメッセージに感謝して僕の少しばかり知っているタイ深南部の街ダンノックのことを書き綴ってみました。危険な香りのする街ではありますが、こんな街があるんだという気持ちに絶対になりますから、機会があればテロに気をつけて行ってみてください。訪れている方も結構いますが、それでも、まず、日本人に出会うことはありません。ただ、タイ語などが使えて旅慣れている人向きではありますが。

日本人がいるところがあまり好きではない彼とタイで彷徨うことができるのはいつの日でしょうか? 
そしてその時、タイのこの国境の街はどのように変貌しているのでしょうか?



2009 タイ・バンコク 035

 bandicam 2015-05-10 17-28-31-352

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

一樓一鳳(休息一些)

一樓一鳳については以前も少しブログアップしましたが、香港の141<ブログタイトル:隠秘的地方(休息一些)>を読んでいただけると何となく、台北でのイメージも湧くと思います。ただし、簡単には旅行者や短期滞在の方には見つけられませんし、中国語でのやりとりが必須なので、「君子危うきに近寄らず」とコメントしておきます。絶対に興味本位では行かないことが鉄則。台湾社会の一断面を紹介する意味合いで書いています。

22ck9p

ニュースなどで有名になったのは萬華區西門の「金帝大厦」ですね。近くに國小と警察の派出所があるというロケーションですが、夜な夜な怪しげな女性が集まるというので、大きな話題に昨年の夏頃なって、今は若干沈静化しています。 ここは1階に性病科の醫院もあることもあって、かなり高齢の怪しい女性が集まっています。台北在住の方はニュースを見られたことがあるかもしれません。

西門町新淫窟「金帝大廈」 每小時30嫖客門口海選百妓

金帝大廈賣淫女排排站 嫖客樓下選妃帶到樓上賓館爽

台北直擊百妓攻佔大樓 警局旁當街選妃


画像資料:蘋果日報&蘋果即時
金帝5

金帝1

金帝2
金帝3

金帝4







このような一樓一鳳的な仕組みは台湾にはいたるところにあって「茶荘」などとも呼ばれていますが、すべて当然ながら非合法なので、その存在は人づてにネットの中で情報がまわっているというところでしょう。ただし、あまりにも事が大きくなるとスキャンダル大好きな台湾マスコミがどんどん取材して沈静化していくというのが流れ。ただし、場所を移していくだけというのが本当のところで、イタチごっこという感じはいなめません。ネットにはこのような書き込みも見られます。

很正常,台北也一樣 
台北市萬華桂林路康定路口,巷內就一堆20歲臉正身材又好的站壁 
馬路邊的話都是素質較差的,才需要出來拉客 

為什麼要當站壁的,因為當個5000元2S的魚,一天頂多2個客人 
畢竟要找魚要有特定管道 

站壁15分鐘1500,30分鐘3000,嫖客也不需要管道 
就車停好繞一圈挑自己喜歡的,挑好去橋邊鑽石大樓打一炮 
生意好的時候都被插爛了,一天至少15個客人 

我是沒消費過也沒興趣 
但是常陪朋友去 
因為我半夜都要去魚市場補貨,他都會跟去 
他在上面推炮,我在巷內跟20歲小姐聊天 

PS:巷內是有特定的,在鑽石大樓旁邊那條巷子 

地點報出來其實也沒差,桂林路鴿子所步行1分鐘就到了,飼料應該餵很多 

0Bf6@

いくつか過去にも摘発やスキャンダルの事件は数多くあって、その都度、このような「仕掛け」が白日の下にさらされることになりますが、それはあくまでもごく一部でそのほとんどは水面下で蠢いていると僕は思っています。

無管理員的大樓竟成「一樓一鳳」新據點!

 重慶北路二段上、專門隔間成出租小套房的「鑽石大樓」(画像提供:自由新報)
150

 こちらは新北市でのかつての事件





 東區大樓の女子大生による一樓一鳳の摘発


 こちらは台北警察による一樓一鳳の摘発

 
繰り返しになりますが、「君子危うきに近寄らず」。台湾の裏社会は奥が深く、外国人である日本人が興味本位でいくところではありません。台湾社会の裏表がわかる年月を重ねて初めていろいろな仕掛けがわかり、それでもそこには落とし穴や罠が仕掛けられているかもしれません。

ブログの中でいろいろな台湾社会の見えにくい断面も紹介していきますが、それは深い台湾社会の仕掛けや仕組みへの理解があってこそ。そこを見誤ったり、間違えてたりしてはいけません。

46675d57

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

14酒店熄燈 業者怨P柯掃蕩「浩劫」(休息一些)

皆様、長らくブログを休載しており、誠に申し訳ありませんでした。何とか復活しました。

昨年の12月頃から交通事故の後遺症による痛み止めや点滴の副作用が強くて、急性非アルコール性肝炎などを併発し、著しく体調を崩し、病休という状態になり、さらには私生活のいろいろなトラブルも数多く重なって、ついには仕事を切り替え、ベンチャー立ち上げての転職という状況になりました。今はそのベンチャーをかつての同僚の先輩と立ち上げたばかりで、資金繰りをはじめ、いろいろな条件整備がとても忙しくて、やっと何とか軌道に少し乗ってきたところかなというところです。

このブログを始めたのは1月1月でしたから、休載開けの再会は5月5日と思っておりました(実際にアップは5月6日の深夜になっちゃいましたけど)。命を失ったのでは・・というご心配もかけ、本当に不義理で申し訳ありませんでした。

ただ、休載している間も多くの方から温かいコメントやメッセージをいただきまして、大変心強く感じておりました。1月2日には、やや体調が良かったこともあって、ブログを熱心に読んでいただいている、現在は韓国在住のKJさんとも池袋でお会いすることができ、台湾にかかわる楽しい話もさせていただきました。ブログも休載している間も常連の皆様方が1日1回はチェックしていただいていたようで、アクセスカウンターや生ログのIPから日々300人ほどの方が来ていただいていたことがわかり、病床でも確認していました。ただただ感謝あるのみです。

0647195oqlzqq1eezu9890

さて台湾やタイもこのところ、いろいろな動きが夜世界ではあって、世界の健全化(笑)にむけてコンプライアンスがさらに前進している模様。日本も新宿・歌舞伎町などはいやはや、昔の猥雑さはなくなってしまい、つまらない飲み屋街になってしまっていますしね。ちょっと間が空きましたが、今の台北の酒店状況から今日はお伝えしたいと思います。

では、まずはちょっと古いのですが、幕開けは2014年の聖誕節にアップ予定だったご存じ・制服酒店の雄・五木の君悦でのはじけた様子から。制服の小姐がノリノリ。やはり酒店、制服店はこれだよね・・・という盛り上がりです。まずは気分、高めてもらえるといいかな。

 

それと酒店の様子をまとめた秀逸な動画をどうぞ。特に禮服店のリアルな様子がわかりますね。

 

ただ、2月頃から台北市長・柯文哲さんの方針で大掃黄(摘発のこと)が着々と準備されていて、ついにこの4月下旬にはついに大規模な臨檢が実施され14酒店がその日からしばらくは沈黙しました。まあ、酒店文化は台北の多くの産業を支えており、労働問題もありますから復帰は、大きな声では言えませんが、お約束といったところなのですが。ただ、当局の狙いは「毒品」と「未成年」へのくさびなので、ここをクリアにしていけば継続というところが落としどころでしょう。もちろん度が過ぎればやられちゃいますが、近代的な大酒店の公司はそんなにバカではないです(笑)。

例えば、この2月の台南最大の制服店「舞悅天」の摘発と逮捕はちょっと度が過ぎたから・・・ですね。





bx5a00_p_01_03

まあ、僕も台南ではよく行った酒店なんですが、ちょいと残念かな。しばらくすれば復帰とは見てるんですが。台南の制服店はブログで紹介しようと思ってはいましたが、とにかく、台北の倍以上の盛り上がりと言えばいいでしょうか。何でもあり・・・・の世界ですね。ただ、時代的にはちょっと行き過ぎ感はありましたね。

では、4月下旬の台北の臨檢ですが、一次的に営業停止になったのは次の14酒店です。(資料:蘋果日報)台北在住の方にとってはお馴染みの酒店がズラリ・・・・ってとこかな。

bandicam 2015-05-06 02-12-19-771

 臨檢を受ける小姐たち(資料:蘋果即時)
xJQRl6m

lE0qPK4

qMgaDIP

tAx3ZBO

B6kCMR1

fhOEHF6

いろいろなニュースは台北在住の方ならご覧になったでしょう。トップニュースでしたね。まだ、見てない方はぜひ、ひとうひとつご覧ください。中国語もわかりやすいので、ぜひ、状況を理解しておくといいと思います。









柯文哲市長の針對八大行業稽查原則は次の通り。

●登記項目不符
罰款,連罰3次就斷水斷電並勒令停業
●對執行臨檢警員動粗、辱罵
連續3天臨檢店家
●在店家內查獲毒品╱店家發生打架、滋事案件
採「保甲連坐法」,同一棟、隔鄰及同一業主其他八大行業場所連續臨檢3天

まあ、招牌(看板のこと)を換えての再出発で、ニュースもどちらかというと複雑な論調ですね。まあ、多くの業者と労働者がからんでますから、大失業になって経済効果も大幅に減少となると、さすがにちょっと困るといった論調もあり、桃園や台中に逃避してしまい、台北の夜の産業が大打撃を受けることも想定していますね。大陸の珠三角地方のように「必要悪」や「社会構造」といった問題も絡み、風紀を正すということは簡単ではありません。長い歴史の間、培われたある意味、影の文化ですから、そこは当局も配慮してるところもあるかもしれないです。

幹部とはLINEで連絡とってますが、すでにもう酒店は生き返ってます。台北在住の方はちょっとビクビクものですが、行ってみて、はじけてみたらどうでしょうか?ただ、ちょっとおとなしめかも。

 酒店の玩法のおさらい(笑)


shuten1

 074559js5ntnjhhm4harz4

 なお、ブログの記事に関係ある画像を貼っていきますが、絶対に転載は禁止ですので、ご注意ください。これらの写真は本人やその友人や私が撮影している私下(プライベート)での特別なものばかりです。従って、私との人間関係のつながりで判断してアップしているものです。画像の無断使用や流用については絶対に禁止です。ご理解をよろしくお願いします。    
 
 このブログは元々、台妹と良い心の交流をもちたいと思っている、あるBBSでご賛同いただいた方々に情報提供する目的で始めましたので、画像等も一定期間をすぎたらほとんどをプライベートモードにしております。プライベートモードは私が友達認証した方が入れますが、コメントなどをお書きいただいたり、メールなどを通じて交流などを深め、ご信頼した方を対象にさせていただいております。酒店と同じような形で一見の方はすぐに認証はできませんので、何度かやりとりをさせていただいてからになります。ご理解のほど、お願いいたします。 

今回の記事はいかがでしたか?
よろしければ、最後に下のバナー2pushのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ 

 ポイントをためて現金に換えよう!お得なサイト・ハピタスの登録はここから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

自我介紹-My Profile-
E-mail Messege
~ Blog's Thema ~   戀愛的幸運餅乾  台灣女大學生來跳舞­
~Beatiful Taiwan~  台湾心跳聲-蔡依林   
~I'm Not Yours~   蔡依林&安室奈美惠
青春無敵!台灣加油讚
近期發表文章50(有照)
LINE読者登録QRコード
今天你們的運氣好嗎?
今天我最美     今日の台湾美女Click⬇
我有懐念、美麗的歌曲
いずれも私にとっては思い出深い美しいバラードです。台湾を愛する皆様もぜひ、お聴きください。↓
禮物~劉力揚 Jeno Liu
夢中作憨人       ~阿密特(張惠妹)    
四季~黃麗玲 A-Lin  
愛台妹的訪客總數
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近14天、訪客總數

    愛台妹朋友大約200個人。謝謝

    瀏覧總數量

      記事・文章 搜尋
      Exchange-Rate
      惠靈頓・東京     倫敦・紐約 世界時刻
      FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX
      目前世界外匯情況
      Sugakiya名古屋の味 台湾ラーメンも有ります美味しい拉麺通販!!
      台湾セレクション    台湾グッズはここで!
      台北楽天市場店   美味台湾グルメ通販!
      台湾小集      台湾関連商品超充実!
      宝島-台湾料理&食材 日本で台湾食材GET!
      紅利點積分變現金
      日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

      QRコード
      QRコード
      • ライブドアブログ